世界の時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウントダウン

フォト

・地図&交通

2013年12月13日 (金)

【台湾】九份行き方歩き方帰り方

九份への行き方覚書です。

 
 
今回私たちはバスで九份まで行きました。

ツアーなども検討したけど、高いのと、ネットで調べると自分でも行けそうだなと。また、昼間と夜、提灯が灯った両方の九份の姿が見たいということで、自分たちで時間調整をして出かけることにしました。

 
 

九份へはバス1本で行く方法と、電車&バスを使う方法と2種類あります。

私たちは、1度乗ってしまえば自動的に九份へ着く楽ちんなバスを選びました。というわけで、ここではバスでの九份の行き方です(後半、電車も少し書いてみました)。

 

ガイドブックにはあまり詳しく書かれていなくてですね、少々不親切な印象でした。電車は書かれていても、バスは書かれていないし、電車の行き方もバス停はどのあたりとか、そういったことは書かれていませんでした。あと、帰り方も載ってなかったなぁ。。


 
 
  
 
【行き方】

  
  

大きな地図で見る

↑駅からバス停までの道順。 
 
 

 

まずはMRTに乗って、忠考復興駅へ。

1番出口を出ると、左手に道路を挟んでそごうが見えます。


1387084901665.jpg
 


↑これが駅を出てすぐのところ。

以前のバス停はここをまっすぐ行ったところにあったらしい。今はこれを逆方向に進んでいきます。


以前のバス停と、現在のバス停と、どちらが本当なのか行くまでよくわからず半信半疑という感じだったのですが、2013年12月現在では、復興南路一段という道路沿いにあります。 
 

 
1387084903361.jpg

 

そごう。
大きいです。
 


1387084905205.jpg


駅を出て逆方向を向くと、モノレール?の高架が見えますので、そちらに向かって歩いていきます。


駅出口を出た瞬間、「九份九份?」「安く行けるよ」「タクシー早いよ」などなど、かなりのキャッチがやってきますが全部無視で(笑)。彼らはバス停までついてきますが、ムシムシムシで進んでいきます。


なお、新バス停の場所がよくわからず、キャッチに旧バス停を教えられたというブログも目にしました。旧バス停へ行くもバスが来ない→不安になる→タクシーに乗せるという作戦らしい。気を付けてください。 
 


1387084906273.jpg

↑こっちに向かって進んでください。 

1387084906983.jpg


 
出口逆方向を高架に向かって進み、最初の曲がり角を左に曲がります。そのまま道なりに進んでください。その間もキャッチが色々言ってきますが無視です。

 

1387084908005.jpg
 
 
ほどなくしてバス停に到着。
1062番の「九份・金瓜石行き」というバスが九份に行きます。 


テイスティという焼肉屋さんの目の前にありますので、目印にしてみてください。


 
1387084908900.jpg

 

↑こちらがテイスティ。
赤いお店なので目立ちます。有り難やぁ~( ̄▽ ̄)。

 

1387084909649.jpg


↑1062番確認して乗車!
乗る時、一応運転手さんに確認。 
 
 
乗車賃も色々なうわさがあったのですが、私たちの時は1人100元(約300円)でした。行きは乗車時に支払いましたが、帰りはカードを渡され、下車するときに支払いました。


バス内は観光バスのような作り。
幸運にも3人とも座れたので、1時間ちょっとの間楽々で九份まで行くことができました。 
 
 
  

 
 
バスの時刻表はとくにありませんでした。

九份行きの1062番以外にもいくつか乗り合わせるので、確認が必要です。


 
1度正面には「1062」と書かれていたのに、ドア横に違う番号が書かれた何とも紛らわしいバスが来まして。

先頭だった私たちが乗ろうとして運転手に「これは九份には行かない」と言われ、「???」な顔をしていると、キャッチのおじさんたちが「九份行きはしばらく来ないみたいだ(だからタクシーがおススメだよ)」としきりに言うんですよ。。

一瞬「!?」状態になっていた私たちを見て、親切な地元のおじさんが「あれは違うよ。九份は1062だよ」と、バス停を説明しながら教えてくれたんですが、それを見たキャッチのおじさんたちが「余計なことをするな」と怒っていました…。ゴメンおじさん&教えてくれてありがとうございますヾ(;´Д`A。
 
  

結局30分ほど待ち、ようやく1062番がやってきました。タイミングが良ければすぐに乗れるのでしょうが、結構待ちました。。。 
  
  
 
  
 
 
バス停で待っている間も、続々とキャッチがやってきます。


しーかーもー、かなりしつこい\(*`∧´)/

 

向こうの言い分としては、

・バスだと1時間半かかるけど、タクシーなら40分で着く
・一人200元(600円くらい)

だそうです。


 
ただ、例えば私たち3人組が計600元で行けるかというとそうではなくてですね、何人かで相乗りして行くので、結局他のメンバーが集まるまでは出発しないし、どれくらいの大きさの車に何人乗せられるのか、わかりません。

ちなみに1番熱心に話しかけてきたおじさんのタクシーは、普通のタクシーよりやや大きめでしたが、そこに8人くらい一緒に乗せようとしていたんだよなぁ~。快適なのか、かなりギュウギュウなのか、どうだったんだろうか。。。 
  
 
 
1人200元で、場合によってはバスよりも短い待ち時間で直行してくれるので、便利と言えば便利かもしれませんが、あのがっつき具合を見る限り、私はあまりいい印象は得られなかったな…。取り越し苦労かもしれないけれど、乗ってしまったら追加料金など請求されても文句は言えないので。


タクシー利用を考えている方は、相乗りなども踏まえた上で、よく人を選んで乗るのが賢明かもしれません。
 
  
  
 
  
 
 
【歩き方】
 
 
1時間ちょっと。 
無事九份に到着。 
 
 
途中最寄駅の「瑞芳駅」に立ち寄り、電車で来た方を拾います。時間が良かったのか、曜日や時期が良かったのか、ここでもあまり混雑はしておらず、瑞芳駅から乗車した人も椅子に座れるくらいは空いていました(ここでほぼ満席の状態)。
 
 

 
九份にバスで向かうときは、「九份」とその上にある「旧道」と2か所のバス停で降りる事ができます。



大きな地図で見る


 
山道の上の方が「旧道バス停(A)」で、ふもとが「九份バス停(B)」です。


九份で降りて旧道へ登るも良し、旧道で降りて九份へ下るも良し、見どころだけ見たい方は九份で降りて九份に戻るというパターンもあるそう。 
 
  

私は旧道でおりて九份から乗って帰るのがおススメ。

というか、ほとんどの観光客はそうしている模様です。階段を上る必要もないので疲れなくていいですしね。 
 

 

1387084910775.jpg

 

ここが「旧道」バス停前。
このセブン前で降ろされます。

セブン横の人がいっぱいいるところが、九份への入口。その横には公衆トイレもあります。 
 
 
 
1387084911805.jpg


↑入口はこちら 
道なりに進んで行きます。


1387084912817.jpg

 

この地図は南北が逆になっていますね。

地図によりこんな風に南北が逆になっているので注意。今自分がどこにいるのかわかりにくかった。また、非常に簡素化した地図も多く、とてもわかりにくかったです。

 

私たちはセブン横からスタートし、そのまま道なりに基山街という通りを進んで行きました。

グーグル地図のルートでは九份茶坊手前を右に曲がっていますが、私たちはそのルートに気付かずそのまま直進。九份茶坊をさらに進むと、突き当りに見晴らしのいい景色(上の地図の□のところ)が広がります。海や町並みが見えるので、行ってみるのもおススメ。


突き当りの道は左へと続いているのですが、進めば進むほど寂しい通りに…ライトや提灯も消え、「ほんとにこっち!?」感がどんどん膨らんできました。

  


そう!!

グーグル地図のルートに乗っている、九份茶坊の手前を右に曲がらなければ、よくある九份の通りには出られないのです(´・ω・`)。


 
1387084913601.jpg


↑これが九份茶坊

この先に□マークの展望台があります。そこを引き返して、堅崎路へと入っていくのがおススメ。

 

1387084914967.jpg


□印からの眺め。

暗くなり始めていたので、左手には民家?の明かりも灯りきれいでした。右手には海も見えます。

 

1387084915891.jpg


そしてここが有名な堅崎路へと入っていく道。

上の地図、○印で右に曲がります。目印は左上のこの看板。この黄色い看板が見えたら、路地を右折です。この写真は旧道バス停を背にした方角から見た風景。この写真の奥に□印があります。


1387084916823.jpg


↑おりてくとこ

 
  
 
道中、私たちと同じように「有名な湯婆婆の建物がある道って、どっちですか?」と迷われている方が多数いました。私たちも質問されたのだけど、その時はわからず状態だったので、答えられず…。

九份て、地図に載っているような大きな通り(と言ってもかなり細いです)の他にも、横道がたくさんあって、まるで迷路みたいでした。
 
   
  

 
 
 
【帰り道】


そして帰りは堅崎路をそのまままっすぐ下に降りていくだけ。 
 

1387084917940.jpg


ずーっと下っていくと、この大きな猫が屋根に乗ったお店?が見えます。その目の前がバス停のある道路。  


1387084918860.jpg


コンビニの目の前がバス停。
タクシーもここから乗れます。


猫がいる建物の反対側に公衆トイレがありますが、コンビニにもあるのでこちらを拝借。

コンビニの隣は郵便局でした。 
 

  
 
 
帰りは私たちがコンビニの横に降りてきたときに、1062番のバスが到着。

ダッシュでバスへ向かったのだけど、最後に乗った女の人(乗客)に「このバスは満員だから、もう乗れない」と言われ、降ろされてしまいました。


あまりに急だったので、私たちも降りてしまったのだけど、思い返すとなぜ運転手ではなく彼女が乗車を拒否するのか…。確かに立っている人もいましたが、後ろの方はまだ空間があったので、3人くらいなら乗れたような。


でもこのバスを逃した後、バス停にいた人から「あの人になんて言われたの?」と聞かれたので、他の人も乗車拒否された様子でした。 
 
 
  

 
その後20分ほど待って、ようやくバスが来ました。

瑞芳駅行きなどもあったので、電車で帰る方もタクシーだけでなくバスで駅まで向かうこともできるようです。
 
 

1387084919884.jpg
 
 
 
帰りはガラガラだったので、座って帰ることができました。

このチケット↑を乗車時に受け取り、下車時に100元支払う仕組み。来るときと同じく、忠考復興駅で降りられます。こちらが終点のよう。
 
 
 
帰りはバス情報がよくわからず、もしいいバスが無ければ電車で帰ろうかと話していたのですが、運よく1062番に乗れ、行きと同じく1本で帰ってくることができました。ラッキー。 
 
   

 
★追記★
 

2014年夏に行ったときに思ったことなど。


時刻表(ネットで検索すると出てきますが必ずしも正確ではない)を見ると、夕方の17時頃までは比較的台北に向かうバスの数があるのですが、その時間を過ぎると一気に本数が減っていました。駅へ向かうバスは比較的あるのですが、台北へ向かうバスの数が少ないです。

多くの観光客はライトアップした九份も見たいわけですから、17時以降に帰る人も多く、そうすると本数の少ないバスにたくさんの人が乗ろうとするため、定員オーバーで乗れないということも。


2013年12月に行ったときは、1本乗り過ごして2本目で運よく乗れたのですが、2014年8月に行ったときは、やってきても定員オーバーで停車すらしてもらえず、結局2時間待ちました(それでも来なかったのでタクシーで台北まで帰りました)。

季節によって観光客の数も違うので、夏は混んでいたのかなーとも思いますが、2時間も待つのならサッサとタクシーに乗って帰るか、コンビニ&郵便局前のバス停ではなく、1つ前のセブンイレブン前の「旧道」バス停から乗った方が賢明です(階段を下りたところのバス停ではなく、階段を上ったところのバス停)。

 
タクシーは台北までが一律1000元。
バスよりは割高ですが4~5人くらいまでなら乗れるので、その人数のグループの方や急いでいる方、現地のバスが混んでいて中々乗れない方はタクシーに乗ってしまった方が良いと思います。

行きの呼び込みタクシーよりは断然雰囲気も良かったですし、到着後変な値上げなどもなく何よりバスよりもあっという間について快適でした(それでも一応乗る前に値段はしっかり確認した方が良いと思います)。そして次の目的地まで行ってくれるので、移動が少し短縮されるのも楽ちんで良かったです。 
  

 
また4名以下の場合ですが、同じように何時間もバスを待っている場合。そろそろタクシーに乗ってしまおうか・・・という空気がバス停に流れます(笑)。日本人観光客も多いですから、隣り合った同じ空気を発する人に声をかけて、乗り合いをしても良いかもしれないと思います。

同じように、「えー、また定員オーバー!?せめて停まってくれよ・・・一体いつになったらバス乗れるんだよ・・・というかいつバス来るんだよ・・・(´□`。)。でも〇人じゃタクシー高いし(-_-)!!!」という人、必ずいると思います(笑)。

危なくなさそうな人(女性なら同じ日本人女性のグループなど)だったら、思い切って声をかけてみては?
 

 
 
 
【電車の場合】


電車の場合も少しだけ。
もっと詳しく紹介しているサイトやブログなどもあるので、そちらも参考にしてみてください。

 
 
電車で行く場合は台北駅からの出発。

九份の最寄駅、「瑞芳(ルイファン)駅」までの乗車券を買います。特急で30~40分、急行で40~50分ほど。値段ももちろん異なります。


切符はインターネットで事前購入の他、窓口でも購入可能。私たちはもし電車で帰る場合は窓口購入にしようと思っていたので、特に予約などはしていませんでした。
 

窓口では、

・乗車日
・行先(行きは「瑞芳」、帰りは「台北」)
・列車の種類
・枚数
・片道か往復か
・発車時刻

を告げると発券してくれます。メモを見せての購入も可。今回は実際に駅で購入はしなかったので、詳しい様子はわかりません、すみません。

 

乗車券を買ったら、掲示板などでホーム(月台という)を確認し、列車に乗ります。指定席の場合はその席に、指定ではない場合は空席に座ってもいいそう。


瑞芳駅で降りたら、駅前広場の向かいにあるバス停へ移動。「1062番・九份-金瓜石行き」に乗って20分弱で到着です。ここから乗るバスは、私たちが台北から乗ったバスと同じものですので、下車時は「九份」または「旧道」で降りてください。

2013年12月10日 (火)

【台湾】3日目-のんびりフカヒレランチへ

台湾3日目です。


昨日は結局寝たのは2時過ぎ…。
今日は自由行動だから少し寝坊しようということで、8時起床9時出発と考えていましたが、起きたら10時Σ(゚д゚;)。。。。


皆そろって寝坊してしまったー(lll゚Д゚)。

 
 
 
 
準備に支度にと、気づけば11時過ぎ。

午前中の西門町散策は飛ばして、お昼ご飯のフカヒレを食べに行きたいと思います!! 

 
 
 
板南線西門駅から乗って中考新生駅で新蘆線に乗り換え。行天宮駅で下車。

目指すは慶泰大飯店・ガラホテルです。 
 
  
 

大きな地図で見る 
 
 
 
 
1,2年くらい前にテレビ東京の「海外行くならこーでねーと」という番組で台北特集をしたときにですね、こちらのホテルのレストランが登場しまして。格安でフカヒレランチが食べられる、地元民も通う店として紹介されていました。


ずーーっと気になっていたので、2人に許可をとり、お昼はフカヒレランチを食べに行きます!!


 
1387082848870.jpg


こちらが行天宮駅。

南へ向かってしばらく歩いていきます。

 

1387082850894.jpg
↑スタバは割とあちこちにあります

 
 
おしゃれなビジネスホテルに到着。

今泊まっているニューワールドよりは格上な感じ。ドアマンがおり、レストランへ案内してくれます。

 

1387082851981.jpg


こちら、お目当てのレストラン「金満庁」。


1387082852803.jpg


丁度お昼時。

店内はほぼ満席。
そしてそのほとんどは地元の方。おじいちゃんおばあちゃんの集団もいらっしゃいました。

観光客っぽい方もいましたが、この日は日本人らしき人はいませんでした。 
 
 
 
席に着くと、メニューを持ってきてくれます。

日本語も書かれているので安心。

周りを見ると、このランチメニュー以外にもメニューがあるようで、そこから一品料理的なものを注文している方も結構いらっしゃいましたが、私たちのところにはランチメニューだけがやってきました。


1387082854029.jpg

 
 
1387082855565.jpg


こちらがランチメニュー。


1387082857614.jpg


左、380元のものを注文しました。

右は左のメニューと全く一緒で、フカヒレのスープが異なるバージョン。

 

1387082858537.jpg


この辺りは少々お高めのメニュー。
と言っても安いですが。

イセエビやアワビが入っています。
あとはフカヒレの大きさの違いなど。
後から後悔したのですが、奮発してこちらにしても良かったかなー(;´Д`A ```。


アワビぃー( ´;ω;`)。 

1387082859665.jpg


こちらは飲み物のメニュー。

飲み物を注文しなかった場合でも、各テーブルに大きな急須のお茶が置かれています。


ちなみに、メニューを眺めるのも中々楽しい。
赤ワインは紅酒、白ワインは白酒というんですね~。 
 
 
 
 
まず一品目は前菜。


というかピクルス(笑)。
小さい小鉢に大根や人参などの野菜が盛りつけられていました。

味は普通。

 
 
1387082860380.jpg

続いてフカヒレー。

もうっ!?
メインディッシュなのにもう出てくるの!?!?


1500円しないランチなのと、ほとんどフカヒレが入っていなかったーという口コミも目にしたこともあり、期待しつつ期待しすぎずという感じでしたが、思っていたよりは(小ぶりだけど)立派なフカヒレが入っていました。

春雨みたいな繊維状のものだけではなくて、ちゃんと形になっているというか。


おいしかったーヽ(´▽`)/

ただスープはやや薄味かな。
Hちゃんは大絶賛だったので、好みかもしれないけど。

タイで食べたフカヒレスープの方が、味がしっかりしていて私好みでした。でもこのお値段なら全然。おいしかったです。 
 

 
1387082861402.jpg
↑周りの白いのはモヤシ
 


1387082862333.jpg


3品目。
季節の野菜料理。

エビと(多分)空芯菜の炒め物。

こちらもあっさり塩味でうまみもあり、おいしかったです。ギトギトしていなくて、すごく好きー♪ 
 

 
1387082863071.jpg


4&5品目。
鮭炒飯とスペアリブ。


この炒飯もめっちゃおいしかったです。
ぱらっぱらで、これぞ炒飯な感じ!!

そして何より肉が入っていないのが(私は)うれしいheart01


横のスペアリブも、私は食べませんでしたがとてもおいしかったそうです。

甘辛ソースで、ジューシーだったそう。


 
1387082864167.jpg


6&7品目。
デザートとフルーツ。

デザートがあってフルーツもあるんだcoldsweats01

 

フルーツのスイカ、とても甘くておいしかったのですが、それよりもパイナップルのおいしさにびっくりしました。

酸味がほとんどなく、めっちゃジューシーで甘かった~。スーパーでパイナップルに挑戦すればよかったかなぁ。

 

デザートの方は、なんだろう。
ガイドに載っていた「紅豆湯」に似ています。日本でいうお汁粉のような感じですが、豆ではなくお米なんだとか。

お汁粉よりもさらっとしていて、あまり甘くない。あっさりしています。お米を食べているという感じはあまりしなくてですね、言われなければ豆の一種だと思うくらいです。小豆より小ぶりなので、というか米なので?、ほくほく感はあまりありません。


が!
私はこっちの方が好きだなー。

これが食べやすいと感じるってことは、お汁粉の何がニガテって、あの甘さがニガテだったんだなぁーということがわかりました(笑)。と言って、毎日食べたいかと言われたら、1年に1回くらいでいいかな(笑)。


1387082864884.jpg
↑不思議なデザート 
 

 
 
 
 
 
ごちそうさまでしたー( ̄▽ ̄)。


1300円くらいで、この中身なら大満足です。

酷評レビューもあったけど、私はこれはこれでありかな。この値段を考えたら、かなりお得なランチではないかと。

もっとちゃんとしたフカヒレ料理を食べるのも、それはそれで魅力的ですが、手軽にお得に食べてみたいという方には、おススメです。 
 

もし今度また台北に来ることがあったら、多分また来ると思います。と思いつつ、高級店も食べ比べてみたいなとも思ったり(笑)。
 
 
 
  

お腹も満たされたところで、気付けばいい時間。

フカヒレから炒飯までの時間がかなりあり(混んでたから?)、昼ごはんにかなり時間を使ってしまいました。。。 
 
  

このまま九份へ向かいたいと思います。

2013年12月 9日 (月)

【台湾】2日目ー夜歩きその2★プチ飲茶から足ツボから居酒屋からプチ飲み会からのスーパー

西門町に帰ってきました。


そろそろいい時間なので、この後の予定は夕飯とスーパーなどなど。それと、足つぼマッサージに行ってみたいと思います。 
 
 
 
 
 
 

大きな地図で見る  
 
 

 
A-西門駅
B-世運食品(飲茶を買ったパン屋さん)
C-大脚Y養生館(足つぼ)
D-無名日本料理店(おでんを食べた居酒屋)
E-よく行ったファミマ(向かいには肉まん屋さん)
F-スーパー頂好
G-ニューワールドホテル


ホテルがある昆明街にはほかに、串焼き屋さんや揚げ物屋さん、鶏料理屋さんやお茶やさん(タピオカミルクティー的な)、鍋料理やさん、スープ屋さんなどのごはん屋さんも充実していました。
  
 
 
 
 
  
 
 
 
西門町からずっと続く大通りをホテルに向かって歩いていくと、「世運食品」というパン屋さんがありまして。

Yがお土産に探している月餅があるかなぁと、ちょと寄り道。

 

すると、パン屋なのにおでんと飲茶が売っている!!

閉店が近かったのか、おでんは具も少ない感じでしたが(店内のパンも少な目)、飲茶は何種類かあり買ってみる事にしました。1個からでも買えます。

 

1387080160975.jpg
↑パン屋の飲茶、お味やいかに 
 
 
お店のおばちゃんに、「これは何?」「何が入ってるの?」「これちょうだい」などなど聞いてみると、丁寧に教えてくれます。

エビ蒸し餃子プリップリしていておいしそーだー。ホタテやカニ焼売、普通の焼売に餃子などなど、パン屋の飲茶の割に(失礼)、かなり種類がありました。YとHちゃんもお試しに購入。


→帰り道に食べてみましたが、とってもおいしかった!!パン屋の飲茶とナメていましたが(失礼)、プリプリでおいしいぃhappy02。手軽で種類もありおススメ!!

 

1387080162522.jpg  1387080163635.jpg
 
 
 
私はこのほか、エッグタルトと大根餅も買ってみました。

Hちゃんは他にパンとチーズケーキも購入。

 
 
Yが探していた月餅は大きいサイズのものしかなかったのですが、化粧箱に入ったパイナップルケーキなども売られていました。1個からバラ売りもあります(1つ40元か45元)。

私はここのパンは食べずじまいでしたが、中々おいしそうでした。 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 

パン屋さんを後にし、続いては足つぼ。

 

そろそろ9時近くなってきたので、本当は夕ご飯にしたいのですが、マッサージって食事直後は避けた方がいいっていいますもんね。なので先に足つぼへ。

 

日本で調べてきた西門町にある足つぼのうち、


足満足-クーポンが使えて、40分380元や60分600元(全身+足つぼ)という魅力的なお値段。ただしホテルから15分弱歩く。

大脚Y養生館-クーポンなし。40分400元、60分1000元など足満足より高いけど、ホテルからめっちゃ近い。


で迷い、二人にも相談。 
(リンクはクーポンが載っていた’台北ナビ’というサイト) 
 

 
値段だけ見ると足満足は魅力的ですが、夜も遅くなってきて、その後にごはん。さらにせっかくマッサージをしたのにまた歩いて帰ってくるのもかったるいかなぁというわけで、ホテルから近いY養生館にしました。 
  

こちらは24時間営業。

多少の日本語が通じます。
支払いはカードも可です。
 
 

1387080164651.jpg


私たちが選んだのは足つぼ&全身マッサージで60分のコース。


まずはパジャマっぽいズボンに着替え。

初めにプチジャグジーみたいな足湯で足を温め、その後足つぼが始まりましたが痛いこと痛いこと…(/□≦、)。
 


立ち仕事をしているHちゃんと私はしきりに「肩、腰、足、リンパ!!硬い硬い!!!」と言われました。

私はこのほか頭とか目、内臓、胃腸などなど色々言われたなぁ……そしてそのほとんどが思い当たる節ありますよ(;゚∇゚)。。。痛かったけど、気持ちよかった。確かに足が軽くなった感覚があります!!!
 

 
 
 
その後2階のベッドがある部屋に移動して、全身マッサージ。

中々強めに押してくれ、こちらも痛気持ちいぃ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。!!!!


肩、特に肩甲骨の周りと、おしりの側面というか腰なのか?が特に痛かった…。Hちゃんも同じく肩とおしり(腰)が効いたようです。 
 
  
 
なお、痛い!!と言っても、「悪いところ=硬いから痛い、痛い=気持ちいい」という風に解釈されている場合が多い印象です。まあ実際そうなのですが。。

もし本当に「痛い」場合は、ハッキリと「弱くしてください」と伝えたほうがよさそう。 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
続いて、ようやくの夕ご飯!

 
この時点で午後10時過ぎ。
いくつかの飲食店は閉まっています。。。 
 
 
気になっていたスープ屋さんはすでに閉店。

鍋料理屋さんへ行って3人で鍋を一つつつこうか(その後おでんも食べたかったし)と向かったのですが、1人1鍋でないと注文できないと言われ断念(´・ω・`)。そんなには食べられないんだよなぁ。。。

 
 

 
 
と、いうわけで怪しい日本料理屋さんへ。

店頭で屋台っぽいおでんがぐつぐつ煮込まれています。 
 
 
 
店に行くと2階へ通されました。

メニューは壁にはってあるもののみ。注文票に書いてある食べ物横に、自分が欲しい個数を記入して店員さんに渡すと持ってきてくれるという仕組み。なおメニューは台湾語のみで日本語も英語も全く通じません。 
  

1387080165573.jpg


ここでおでんがぐつぐつ煮込まれています。

日本の居酒屋的な雰囲気。


1387080166610.jpg


どんな日本料理屋かと思いましたが、刺身があるくらいでここは日本料理屋ではなかった(笑)。

 
  
席に着きまして、メニューとにらめっこ。


「これ何?」
「魚…刺身かな?」
「麺て書いてあるよ、これ」
「これチャーハンじゃない??」

 
などなど、漢字から推測&ガイドに載っているメニューを参考に推測。わからないーwobblysweat01!!!
 
  

とりあえず目的はおでんでしたので、それとついでにチャーハンを注文。「(炒飯を)肉抜きにしてください」は、事前に調べてきたのでそれを伝えました。


ちなみに台湾のおでんのルーツは日本らしいです。こっちでは関東煮というそう。 
 
 

1387080168238.jpg

 
こちらが台湾おでん。


イメージと違う!!
というかスープに浸っていない!!! 
 
 
上のタレは甘いです~(。>0<。)。
甘味噌的な…甘辛い感じ。 
 
 
なおおでんは大か小の2サイズのみで、具材の指定はできませんでした。言えばそれをくれるのかもしれないけど、何があるのかは書かれていなかったので、お任せ状態。


私たちのお皿に盛られていたのは、大根、さつま揚げ、ロールキャベツ、(竹輪に見える)豚足?。


タレがかかっていない部分は、薄味おでんという感じ。これはタレありきの料理なんだなぁー。豚足は私は食べられないので、2人に食べてもらいました。やわやわでおいしかったそう。 
 
 
中々じっくり煮込まれていて、おいしかったけど、私は日本のおでんの方が好きかなぁ。タレが甘い…のと、肉が多いイメージ。まあそれは完全に私の好みなのですが。こっちの人って肉好きなんだなぁー。
 
  
 
1387080168971.jpg
 
 
続いて炒飯。

本場?なのにパラパラじゃない炒飯(笑)。


見た目はアレですがこれ、すっごくおいしかったーhappy01!!!

台湾で食べた炒飯はハズレが無かった印象。味や質感(パラパラしているかなど)などお店によって多少異なるのですが、どれもおいしかった。


もっと食べてくれば良かったー。゜゜(´□`。)°゜。


 
 
 
  
 
 
思いの外お腹がいっぱいになり、他の屋台も気になったり、さっきパン屋さんで買ったものもあるねということで、無名日本料理屋さんでは、ここでオーダーストップ。 
 
 
ホテルまでの帰り道、串焼きやポテトなど買い込み、いったんホテルへ戻ります。 
 

 
1387080169902.jpg


途中ファミマに寄って、Hちゃんが例のあの卵をお買い上げ。

向かいにあった肉まん屋さんで、中華まんとちまきを買おうかーと話していたんだけど、ファミマから出たら閉店準備していた…(;д;)ショック。ついさっきまで行列ができていたのに。。。。 
 

 
1387080170394.jpg
↑ファミマのなめこ弁当、こっちでも人気なのか

 

1387080171348.jpg
↑ホテル前の道。そこまで雰囲気は悪くない

 

1387080172078.jpg
↑今日はこの串揚げさん 
 
 
こちらの串揚げ屋さんも中々の盛況ぶりです。

欲しい具を告げると、その場で衣をつけてあげてくれます。最後に調味料をフリフリ。手軽に食べられるので、いいですね。 
 
 
 
 
  
 
 
 
そしてホテルに戻って参りました。


明日は帰宅が何時になるかわからん&明後日の朝が早いということで、この後スーパーでお土産を買いに行く予定。


その前に、腹ごしらえ第二弾ですrestaurant
しかしこんな時間に食べて、太るだろうなぁーgawk笑。

 

1387080173869.jpg


昨日買って冷やしておいた、フルーツビールも試飲。よくお土産サイトやガイドブックに載っているビールです。
 

私→マンゴービール
Y→ライチビール
Hちゃん→パイナップルビール
 

それぞれ別のものを買ってみました。
おいしいものをお土産にしようという作戦。他にブドウやレモン、グレープフルーツ、バナナなどあります。

 
 
うん…。甘い。 
  
おいしいけど、甘い。


マンゴー→おいしいですが、たくさんはいらない。ビール感はあまりないです。3種の中では1番好きかも。

ライチ→YとHちゃんはおいしいと言っていましたが、私はあまり好きではなかった。人工的な甘さがしました。ライチ自体は大好きです。

パイナップル→これもおいしいけど、甘い。結構甘い。

 
私はたくさんはいいかなぁーという感じ。
ブドウとかレモンの方がさっぱりしていておいしいのかもしれない。

Yはチューハイみたいと言っていました。 

 

1387080174687.jpg


さてさて、あの卵の登場。

店内で香るほどの強い臭い(漢方とお茶で煮込んでいるらしい)はしません。

 

Hちゃん実食。

「………あれ? 思ったよりふつう」


Yと私:「え!? ウソーー!?!?」


確かに。
ほんのーり、あの香りがしますけども、味は普通の卵。見た目ほど塩気もありません。 
 
びっくりΣ(゚д゚;)。 
 

 
 
1387080176028.jpg


続いてエッグタルトと、大根餅。


エッグタルトって実は初めて食べたのですが、おいしいですねこれ。中の黄色い部分はプリンのようで。思ったより大きさがありました。二人にも好評。 
 
 
大根餅も初挑戦。
日本で似たようなもの、食べたことある気がする。なんだろう、よくわからないけどおいしい! もちもちしていてほんのり塩味。大根感はあまり強くは感じません。 もう1つ買って来ればよかったなぁ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

と、1時間ほどプチ飲み会をした後はスーパーへお買い物!! 
 
 
昨日と同じ、ホテル隣のスーパー頂好です。 
 
 
 

1387080176762.jpg


PBのレトルト食品も多数あります。

今回来られなかったMちゃんに、皆で何か1つずつスーパー土産を選ぼうという話に。私はこの牛肉黒胡椒なんとかを買ってみました。Yは茶梅を、Hちゃんはパイナップルケーキを購入。おいしいといいな。

 

1387080177986.jpg


こちらは米売り場。


そういえば台湾って主食はなんなんだろうか。

漠然と米だと思っていたけど、米の袋がこんなに小さくていいの…?? 種類も少ないし、10キロの袋なんておいていないですよ。麺もたくさん食べるイメージだけど、何がメインなんだろう?

 

1387080178809.jpg


ここはインスタントラーメン売り場。

日本並みに種類があります。
ガイドブックにもインスタントラーメンのお土産が載っていました。カップタイプならいいのですが、袋麺タイプは5パック入りがほとんどでしたので、1つだけ欲しいという方はコンビニなどがおススメ。 
 
 
日清のカップヌードルも売っていました。
XO醤味を試しに買ってみる事に。

 

1387080179737.jpg


出た!
刀削麺!!!

丸い塊状の生地を手に持ち、ぐつぐつの鍋に向かって刀っぽい包丁でシュッシュッって麺をそぎ落としていくやつですよね。


乾麺も売っているのかぁ~。
これは買って帰りたいlovely!! というわけでお買い上げです(笑)。

前に北京で生刀削麺を食べたことはあるんだけど、これはどんな感じだろう。きしめんみたいでおいしそう♪ 麺の幅がそろっているから食べやすそうだなヽ(´▽`)/。 
 

 
1387080180731.jpg


缶詰もたくさんありました。

ルーローファンという肉そぼろが乗ったご飯が夜市にもありましたが、その肉の部分の缶詰は種類もたくさんありました。


こちらは豆系甘味のデザート。

甘々なんだろうなぁーということで、私はパスです。


 
1387080181447.jpg


ぎゃーっΣ( ゜Д゜)!!!
饅頭が売ってるーーーー!!!!!


これきっと中身ないやつですよね。
買って帰りたい!!!
蒸し器でふかせば大丈夫ですよね。


部屋に冷蔵庫もあるから出発まで冷やせるし、半日くらいなら常温でも大丈夫だろう、冬だし!!ということでお買い上げlovely!!! 饅頭幸せーheart02heart01heart02heart01
 

1387080182989.jpg


隣には玄米が練りこんである?っぽい、茶色い生地のものもありました。


 
 
 
皆それぞれ悩みに悩んで1時間(笑)。
とりあえず、食品土産の買い物は終了。

明日時間と場合によってまた来るかも。
近いしね。

 

最後にパッションフルーツを購入。
パイナップルも食べたかったのですが、緑色っぽかったのでやめこちらに。

今朝のバナナの失敗があるので、やや不安ですが…。
   
 
 

1387080183903.jpg


ホテル到着!!

順番にお風呂に入っている間に、パッションフルーツを皆で味見。


おいしぃーーーv( ̄▽ ̄)!!!!!


これですよ、これ。
このプチプチ感と酸味。ちゃんと甘味もあってうまい♪ 
 
 
 
 
 
 
明日は自由行動の日。


午前中は西門町散策。
フカヒレを食べて、午後九份に行く予定です。

なので、少し寝坊して8時起床ということで床につきました。


今日はよく動いたー((w´ω`w))。


 
おやすみなさいーsleepy


 

【台湾】2日目-夜歩きその1★迪化街から甘味からの夜市

市内観光を終えまして、続いて迪化街へ向かいます。


市内観光の解散場所が、中山駅から徒歩五分くらいの場所。そこから徒歩で迪化街へと向かいます。


 

大きな地図で見る


 
 
道中の大通りは途中まではお店が続きます。

途中しばしさみしくなりますが、やがて商店が見えてきますし、夏寧夜市の看板も! 
 
 

1387079057232.jpg


肉まん屋さん発見♪


具材色々。
甘いもの系(チョコとか豆とか)もあるようです。


私は中身のない饅頭が食べたくて、思わず購入。Hちゃんは渦巻き型のチョコを購入しましたが、こちらも中身が入っていないタイプでした。


1387079059396.jpg


こちらがマントウ。

日本には具なしって売ってないので、うれしいheart01。日本の肉まんよりもかなり大きいです。1つ20元(60円)だか30元(90円)くらいだったと思います。具なしが1番安価です。

 

1387079060612.jpg


肉まん屋さんを通って歩いていると、今度は猫発見。

おしりのところが、ハートマークになっています。

 

1387079061395.jpg


道を通っていると、夜市っぽいものを発見。

道路わきに「夏寧夜市」の看板が。こんなところにもあるんですねぇ~。まだ準備中の模様、帰りにはにぎわっているでしょうか。 
 
 
 
 
そのまま道をずーっと進み、だんだんお菓子の問屋さんのような商店が並んできます。

それを更にまっすぐ進むと、目的の迪化街に到着!!! 
 
 
 
もうすぐ6時。

あたりも暗くなってきました。
まだ通りの手前はお店も開いている様子。良かった~。 
 

1387079062763.jpg 

きくらげはもちろん、日本ではあまり見ない白きくらげにシイタケ、フカヒレやカラスミ、貝柱に干しエビと、食材のオンパレード( ̄ー ̄)shine。めっちゃ興奮するぅ~~~ヽ(*≧ε≦*)φ!!!!!


反対の通りには、お茶や漢方、ドライフルーツのお店が並んでいます。


そして日本で買うよりも安い!!!
ひゃっほーぃヽ(´▽`)/ 


問屋さんなので「1袋」は結構大きいものが多いですが、半分の量だったり量り売りも可能です。是非お店の方に交渉・相談してみてください。
 
食材の使い方、調理法なども教えてくれますよ。
 

1387079063990.jpg


1387079064743.jpg


1387079066042.jpg

 

白きくらげは、台湾では甘味に使われます。

甘いシロップの中にこの白きくらげとクコの実が入ったソース?を豆花にかけて食べる、デザートなどが有名です。

 
私も少し買ってみたのですが、「どうやって食べるのがオススメ?」と聞いたものの、「台湾はデザート(↑コレ)にしか使わないから、料理には使わないなぁ」と言われてしまいました…。炒め物やスープなどいける気がするんだけど、どうなんだろ?


1387079067199.jpg


1387079068731.jpg

 

このお店では、フルーツアイスが売られていました。

私はパッションアイスをチョイス。
果実感たっぷりでおいしかった~♪

スイカバーみたいな偽物の種ではなく、本物の種が入っています。
 


1387079069523.jpg


これーーーっっっヾ(.;.;゚Д゚)ノ!!!

ガイドブックでよく見かけたやつーーーーー!!!!!!


私のツボだなぁ、かわいいなぁ、欲しいなぁ、蒸し器がないとなんだかわからないかなぁ、でも蒸し器ごとじゃ邪魔だよなぁ、そして何より高いなぁ……などなど思っていたのですが、実物は想像通りというか。かわいかった!!!

そしてやっぱりこれで6000円弱(3つ入り)は高いと思ってしまった!!!


うぅ~ん。。。

今思うと買ってもよかったかなぁーと思わなくもないけどーーーー。。。どうでしょう。
 
 
ちなみに今回の道中では、この蒸し器はこのお店でしか見かけませんでした。今度台湾に行くまでに、まだ売ってるかなー。もしまだ売っていたら買います(笑)。 
 
 
 

1387079070955.jpg


 
そして奥へ向かって歩いていると、神社が登場。その名も台北霞海城隍廟。

YとHちゃんがこの神社を見て、「お葬式か何かかなぁ」なんて言っていたのは、工事中だったからです(笑)。パッと見地味でわかりにくいです。


そして私たちがここに入ろうとしたその時、目の前にタクシーが横付けされ、中から日本人女子達がるるぶ片手に出てきました。迪化街そっちのけで、ここへ直で来るほど、有名な縁結びの神様がいるのです。 
 
 
 
ふぅーん、そうなんだぁw(゚o゚)w
ってなノリで、お参りする私たち。ガイドに載っているのは知っていたのだけど、まさかこんなに有名だとは…coldsweats01。 
 
 
月下美人が祀られているそうで、初めての方はお供えやお線香など購入が必要です。お参りの仕方は、スタッフのお兄さんが教えてくれます。
 
 

1387079071981.jpg


長い線香。


1387079073026.jpg


最後にここで名前住所を言って、先行を投げ入れます。

地元の方も結構訪れていました。 
 
 
 
 
 
 
その後私はお目当てのきくらげと干しエビを購入。

貝柱は日本産だと高くて(それでも日本より安いし、日本産以外もある)買うのをやめてしまったのだけど、買えばよかったなーと後悔。


からすみも、1本くらい買って来ればよかったかなぁ。

チャーハンやパスタに入れるとおいしいそうですよ。お店によっては味見もさせてくれます。 
 
 
また私は1か所できくらげ・干しエビ・白きくらげを購入したので、少し安くしてもらえました。多少なら交渉の余地ありそうです。 
 
 
 
あとはお茶と漢方、ドライフルーツもこの通りで買えば良かったかなぁと思いました。

今回ドライフルーツには興味はなく、漢方はよさそうならー程度にしか考えていませんでした。漢方屋さんはちょっと入りにくかったのと、同行者もいたので今回は寄らずに来てしまいました(迪化街で大興奮だったのは私だけcoldsweats01)。少しだけでも覗けばよかったかなー。


ドライフルーツ、マンゴーはおススメです。
日本でドライマンゴーというとフィリピン産が多いのですが、台湾のものはオレンジ色をした色も味も濃いものでした。少しくらい買って来ればよかった。とてもおいしかった。
 
 
 
台北霞海城隍廟の向こう側はほとんど見ることができず、永楽市場も見学できませんでした。

ここは昼間に行くべきですねー。たぶん活気とかも違うんじゃなかろうか。すでに閉店しているお店も多かったので。

料理好きの方は、きっと楽しいと思いますよ~。 そうでない方も、お土産探しにもおススメです!!


うぅー、もう1回じっくり見たいなーbearing
これは次回の宿題にします!!!   
 
 
 
    
  
 
  


 
と、いうわけで迪化街を後にしまして。


途中甘味屋さんを見かけ、入ってみることにしました。「古早味豆花」というお店。
 


1387079073617.jpg

 
豆花という、豆腐っぽいデザートに色々なものを載せるという感じ。

早速頼んでみます。


1387079074951.jpg


席につくと、なにやらいたるところに写真が!!

日本の有名人の写真もたくさんはってあるー。奥には船越さんもいました。もしかして有名店なのかしら?


1387079075973.jpg


一人ずつ注文です。

「豆花+○○」という形ですでにメニューがいくつかありまして、+お好みで具をトッピングできます。


1387079078433.jpg


これが私が頼んだやつ。

先ほどかった白きくらげにしてみました。これが店員さんがいっていたやつねー。どんな味だろう。わくわく。


1387079080175.jpg

 
皆で食べながら何気なくガイドを開くと、このお店が載っていました。

やっぱり有名なのかな。 
 
  

ちなみに私が頼んだ白きくらげ、めっちゃ甘かったー(ノ;´Д`)ノ。

砂糖シロップ漬け的な味で、後半は豆花ときくらげだけすくって食べるという感じ。。。 


写真左奥、豆乳と一緒になったものは、甘さも控えめで食べやすくおいしかったです。
 
 
 
ちなみに、アイスとホットと選べまして、Yが頼んだホット(豆乳)はおいしかったです。私はあんまりごてごてしていなくて、甘さ控えめな方が好みかな。思えば、あんこもあまり好きではありません。 
 
 
 
 
 
甘味処を後にし、来るときに見かけた夏寧夜市をのぞいて帰ります。


士林夜市に比べると、大分規模は小さ目。
道路1通り50mくらい?に、屋台などが並んでいる感じですが、地元民でにぎわい中々盛況です。 
 

1387079081094.jpg
↑ガイドには載っていませんでした 


1387079082013.jpg

 
目新しいものがあったら何か食べようかとも話していたのですが、昨日と同じ感じ&西門町で行きたいお店もあったので、ここでは特になにも食べずでした。

エビチャーハン食べればよかったなー。
おいしそうだった。 
 
 

1387079083308.jpg
↑串焼きやさん
 


1387079084268.jpg
↑人人人です、迷子注意
 


1387079085832.jpg
↑ゆでトウモロコシ

 

1387079086520.jpg
↑でました台湾おでん!!


少々気になるけど、この後おでん屋さんに行く予定なのでガマンです。
 
 
 
 
 
 
そしてもう一つ。


夜市から駅に行く途中、台湾バーガー(肉を挟んだパオみたいな)で有名なお店があるとの事でしたが、行ってみたら閉店sad。隣のお店のおじさんに、「今日は休みだよー」と言われてしまいました。。。


気を取り直し、西門町へ帰ります!!! 
 
 


1387079087354.jpg
↑ご当地マックが気になりつつも結局入らず

【台湾】2日目-市内観光へ

台湾2日目。

今日はHISのツアーについている、市内観光に参加します。


コースはこちら。

・行天宮-A
・お茶セミナー
・総統府-B
・中正紀念堂-C
・民芸品店-D
・昼ごはん-梅子--E
・忠烈祠-F
・故宮博物院-G
・足つぼマッサージ-滋和堂--H
・金龍民芸品店-I 
 
 
 

大きな地図で見る


なお、昨日の出迎えからすべてナルワントツアーという会社が請け負っています。

 
 
 
 
ホテルのお迎えが7時50分。

6時50分に起きて、身支度。
早速昨日買ってきたバナナを食べてみます。


1387076471908.jpg
↑台湾バナナかなー(期待)

 
 
ヾ(lll゚Д゚)ノ!?!?

 
 
まっず!!!!!!
ていうか固い!!!!!!


1387076472884.jpg


見た目は食べ頃バナナだろうに、なんですかこれは。

私の歪んだ顔を見たHちゃんは、勇ましくもこのバナナを味見。同じくうぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)と吐き出す。ゴメンバナナ、これは食べられないわ。

 
 
というわけで、朝食の調達へ!

こういうのって朝食付きプランが多いですが、今回は無し。一人200元で朝食付きに変更もできるのだけど、ちょっと高いよなーということで、無しのままにしました。

周辺には朝から食べられるお店もあるということで期待。


 
今日はあまり時間がないので、近くのファミマへ買い出しに出かけます。朝食を食べないYは、まだ身支度中。後程ホテルのロビーで待ち合わせ。


1387076474404.jpg
↑ファミマの朝ごはん


おにぎりを買おうかなーと思ったのだけど、あまりおいしそうな具材はなく。肉ばかりー(;;;´Д`)。梅干しみたいな漬物系はありませんでした。

お粥などは食べられなさそうだしなぁと、おにぎり(明太エビマヨ)と明太チーズパンを購入(明太ばかりになってしまったのは、他に食べたいのが無かったから)。一緒に買ったマンゴージュースがめっちゃおいしかったです。

 
おにぎりは…うーん。甘い。
パンはもちもちでおいしかった! 
 
 
 
空港からの帰り道同様、他のホテルの方を拾っていきます。


1387076475220.jpg
↑看板ギリギリΣ(゚д゚;)


 
昨日のガイドさんは女性でしたが、今日は男性。チンさんというそうです。
 
どんな時でも、話し始めるときに「こんにちは、チンと申します。よろしくお願いします」と言います(笑)。
  
 
  
 
 
【行天宮】
 

初めのスポット、行天宮に到着です。


お寺前の商店にて、傘を買う人はどうぞ―としばし立ち寄りました。お供えに使うお菓子などの食品がたくさん売っています。


1387076476249.jpg

1387076477274.jpg

中に入り、チンさんが行天宮について説明してくれます。


ここに祀られているのは、三国志で有名な関羽。割とオールマイティな感じのようですが、商売の神様として人気が高いらしい。

また、関羽は皇帝になったことはありませんが、その功績を称えられ帝の称号が授けられたそうです。
 
 

1387076478394.jpg


1387076479215.jpg


屋根の先端についた龍。
龍の爪の数で、そこに祀られている人の地位がわかるそうです。

爪が5本なのは皇帝の印。
なので、日光東照宮の龍は5本爪ではないそう。徳川家康は将軍にはなったけど、帝にはなっていないですからね。


なるほどなぁ~。


1387076480443.jpg


これは敷地内にある、ラッキー玉。
触るとご利益があるそうな。

霊感がある人がこれに触ると、オーラを感じるそう。


お参りの方法などを教わり、いよいよ中に入ります。

 
1387076481058.jpg

1387076482091.jpg


手前の席で、なにやら本を読む人の姿が。
お経か何かでしょうか。


1387076482903.jpg


1387076484464.jpg


これを2枚同時に投げて、願い事の吉凶を占います。

・両方とも文字が書いてある面→ダメ
・両方とも文字なしの面→ダメ
・1枚が文字あり、1枚が文字なし→OK


だそうで。

結果がダメな時は、ニュアンスを変えて何度か質問してもいいそうです。

台湾では選挙で2人が同じ票だった時や、子供の名前をつけるとき、家を買うときなどにもこれを使うという、かなり真面目な占いのよう。

 

ちなみに私は5回くらい連続NGでした。

決して欲張った願いではなかったのですが……未来に不安を覚えます。

 
 
  

【お茶セミナー】  
 
 
続いてお茶セミナーへ。

これは前に北京に行ったときにも似たようなところへ行ったなぁということで、台湾はどんな感じか少し楽しみ!! 
 

1387076484970.jpg
↑お茶屋入口


1387076486015.jpg


中に入ると、ぷ~んとお茶の匂いが。

下へ降りていくと、巨大な容器でお茶が蒸されて(?)いました。←最後チンさんに「あれは何茶なの?」と聞いたところ、「あれは茎であって茶葉ではないから、正式にはお茶ではないんだよ。茎も茎茶として飲む場合もあるけど、台湾では茎はお茶に含まれないんだ」と話していました。


へぇ~。
でも香りは十分お茶です。
 
 
 
奥のセミナー席へ通されました。

今回説明してくれるのは、こちらのおばあちゃま。日本語めっちゃ上手です。


1387076486690.jpg
↑御年80うん歳、お肌ピッカピカ


 
北京の時と同じように、こちらで販売しているお茶を順番に飲ませてくれます。


まず初めは烏龍茶。
 
1387076487714.jpg


ここに来る前にチンさんが何度も話していましたが、日本の烏龍茶とは違い、緑茶のような色。甘味があります。

去年イタリアの帰りに北京に寄った時に、自分でお茶屋さんに入って烏龍茶を飲んだのですが、その時飲んだものと同じような感じです。でも甘味はその時の方があったかなー。


ちなみに、日本でサン○リーが販売しているこげ茶色の烏龍茶。あれは安い茶葉を焦がして香りを倍増し、その焦げを利用して色を付けているのだそうで、台湾人からしたら「けしからん」烏龍茶なんだそう。そうなのかー。

日本人の中では、もう完全に焦げ茶の烏龍茶=烏龍茶ですよね。

 

1387076488640.jpg


続いて高山茶。

先ほどのものより色味は薄いです。味も柔らかな感じかな。


私たちはおばあちゃんの横側に座ったのですが、早口小声で話すため、たまに説明が聞き取れず…(´□`。)。

 
 
 
続いてはプーアル茶です。

これは日本でもおなじみですよね。といって、日常的には飲まないけど(^-^;)。


1387076489571.jpg


プーアル茶は熟成させて作るそうです。
その熟成具合によって、価格や価値が決まるそう。

おばあちゃんが手に持っている固まりがプーアル茶です。でかっ!!


1387076490686.jpg


この塊をほぐしまして、ぬるま湯に着けると濃いぃ煮汁のようなものが出てきまして。それを薄めて?飲むらしい。


1387076491399.jpg
↑ここにドバドバお茶が入ります


1387076492731.jpg


今までのものよりも濃い色でした。

緑茶や烏龍茶に比べて少しクセはありますが、飲みやすいです。何よりダイエットに効果的だと聞けば、日本で飲もうかしらという気になります(笑)。
 
 
 
最後は東方美人茶。


1387076493348.jpg


こちらは茶葉も今までと異なり、まだら色をしています。

紅茶っぽいとの事でしたが、確かに!!
はちみつなど入れて飲んだらおいしそうです。 
 
 
 
 
以上試飲会終わり。
思ったよりも少なかったかなー。


北京ツアーの時は、フルーツティなどもあった気がする。合計したら同じくらいかな。


あとは北京の時は中国茶の作法通りに香りをかいだりしながら飲んだのですが、こちらではおちょこのような容器にただ注がれ、それを飲むだけでした。

中国茶とはまた違うのかしら?と思ったけど、るるぶにも地歩にも作法が載っていたので省かれた模様。それはちょっと残念。


 
1387076494888.jpg
↑土産物一覧

 

1387076495515.jpg


店内にはお土産屋さんが併設。

スーパーのものは安物だとしても、街のお茶屋さんに比べても少々割高です。でも結構買われている方が多かったです。


ここではYがお買い物。

私とHちゃんはなぜか売っているメンマの漬物を試食→入口にあった巨大容器のお茶で写真撮影をしながら遊んでいました。ふぁさ~って手でやると、香りが広がります(笑)。

 

1387076496632.jpg


帰りに、アンケート記入でお茶がもらえるというのでやってみました。台湾茶と書かれていますが、何茶でしょう?

 
 
 
 
 
【総統府】 
 
 
続いて総統府へ。
こちらは車窓のみなので、あっという間に通り過ぎます。

小雨が降っていたので、昨日のライトアップの方がキレイだったなー。


ちなみに、昨日これを見た時に思わず「東京駅みたい」だと言いましたが、東京駅を設計した方の弟子が設計したそうです。なるほどねー。


1387076497265.jpg


  
 
 

 
【中正紀念堂】 

 
続きまして、中正紀念堂へ向かいます。


ここでもチンさんがバスの中で何度も注意。

「とってもとっても広いですから、迷子になる人が必ずいますから、みなさん気を付けて下さい。本当に気を付けてください!!!」


だ、大丈夫なのか…(lll゚Д゚)??
 


1387076498158.jpg


こちらが入口。

この手前の門に似た入口が他にもあるため、間違える人がいるのだとか。はじめはチンさんと共に中へ。その後解散して、再びここに集合です。


 
中正紀念堂は蒋介石を記念して1980年に建てられた、比較的新しい建物です。

中には博物館や企画展もあるもよう。中国本土の方は蒋介石についてほとんど触れられずに育つため、ここで彼について学ぶ方も多いと話していました。

中の大きな建物の他にはコンサートホールや、大きな広場もあるそうです。


1387077416607.jpg
↑とにかく広くて大きい


1387077418356.jpg


1387077419670.jpg
↑ミニチュアも かなり広いです


1387077420818.jpg
↑池もあるのかな


1387077421823.jpg

 
 
 
エレベーターで上に上がって、銅像前に到着。

あと10分弱で衛兵交代式が見られるらしい。


1387077422849.jpg


1387077423973.jpg
↑瞬きもしないのだとか…ドライアイの私には拷問だな

 
 
11時。
衛兵交代式が始まります。


係の人によって、観光客が横へと移動させられます。


1387077424791.jpg

1387077425714.jpg
↑一気に写真が撮りやすくなった


1387077426843.jpg


独特の動作をしながら、奥から新しい衛兵がやってきます。

無事に交代完了。


急いで外の景色を見て、バスに戻らねば!!!


1387077427971.jpg
↑外から


広ーーーー!!!!

このテラスの横にある階段をダッシュで駆け下り、そのまま走ってバスへ向かいます。衛兵交代式を最後まで見ていたら、割とカツカツだったーヾ(.;.;゚Д゚)ノ

 
 
 
 
【民芸品】 
 
 
続きまして、民芸品店へ。

これはもうあれですね。
ツアーお約束な感じの、客にお金を落としていただこう的なお店ですね。


1387077429093.jpg


入口にて5%割引券をもらいます。


売っているものは大体同じ。
ブランド品、食べ物系土産、民芸品、彫刻など、宝石などなど。


ここでもYは化粧品を探し、私とHちゃんは食品土産の試食めぐり(爆)。

チンさんおすすめのタケノコクラッカーがおいしかったです。これは後々スーパーでも見かけなかったので、買えばよかったかなぁと後悔。あとは前に土産でもらった烏龍茶チョコもここでしか見かけませんでした。おいしいです。


エリンギやメンマなどの漬物、ネギクラッカー、パイナップルケーキ各種などなど色々食べ比べ。出来立てよ~と持ってきたパイナップルケーキがおいしかったのですが、そこにいたおばさまが「チンするだけでOK」と言っていました。ふむふむ。


1387077430017.jpg


あとカラスミもすごい人気。

この市内観光の後、迪化街にてカラスミを買う予定だったのですが、Yはこちらでお買い上げ。大中小とサイズによって値段が異なります。


1387077431359.jpg
↑隣はトイザらス


1387077432273.jpg
↑なぜか毛沢東


 
 
【お昼ご飯-梅子-】 
 

次はいよいよお昼ご飯へ!!


1387077433189.jpg


HISのツアーに行かれた方のブログを見ると大抵載っている梅子。るるぶには老舗として紹介されていましたが、どうなんでしょうか。


1387077434039.jpg


怪しい雰囲気満載です(笑)。


1387077434726.jpg


メニュー。
今回はツアー料理なので、勝手に料理が出てくる仕組み。普通に来ればカラスミなども食べられるようです。


1387077435543.jpg


水槽には魚やらカニやら色々。


1387077436569.jpg


1テーブルに何人かが座るため、必然的に合席になります。

ご飯も大皿にどーんと盛られてきますが、特に気まずさなども感じませんでした。


1387077437499.jpg


大きめの中華箸。


1387077438311.jpg


まずはごはんと切り干し大根オムレツが。


まさか切り干し大根がオムレツに合うとは思いもしませんで、びっくり。かなりおいしかった!! 卵部分はだし巻き卵風。昨日のカキオムレツのように片栗粉は使っていないので、卵感満載です。美味ーヽ(´▽`)/

 

1387077439949.jpg


続いて角煮です。

私は肉嫌いなので食べませんでしたが、食べた二人によればおいしかったそうです。


1387077440781.jpg


こちらはスープ。

イカ?のすり身団子が入っています。塩鶏がら風のあっさりスープです。

1387077441486.jpg


麻婆豆腐とカキの野菜炒め。


麻婆豆腐は普通かな。
山椒が効いてたのは良かったですが、もうちょっと辛味とコクがあったなら。。


カキ炒めはオイスターソース風。
昨日のカキオムレツでも思いましたが、台湾のカキって小ぶりなんですね。

 

1387077442511.jpg


続きまして、魚の煮物とイカのオイスター炒め。


魚はなんの魚だろう?
普通の煮魚でした。


イカはめっちゃおいしかったー♪
大根オムレツと並んで、この昼ごはんナンバー1で気に入りました(◎´∀`)ノ

イカはプリップリ、キュウリも程よく歯ごたえが残り、おいしかったです。

 

1387077443633.jpg


そしてデザートのオレンジ。

レモンにしか見えませんが、かなり甘くおいしかったです。

 
 
そんなこんな、チンさんが一言。

「次の衛兵交代式に間に合わないので、あと5分で出発です」


ご、五分て…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
早すぎないかチンさん。

正味30分もない、なんとも慌ただしい昼ごはんでした(笑)。
 
 

1387077444252.jpg
↑1Fには地元民でにぎわうごはん屋さん

 
 
 
【忠烈祠】


ダッシュで梅子を後にしたおかげか、衛兵交代式に間に合いました。

 
1387077445171.jpg


白シャツの方は、かつて衛兵を経験した先輩だそうで。

現役衛兵の身の回りの世話をするそうです。交代後、制服の乱れなど彼らが直していました。


1387077445602.jpg


奥から交代する方々がやってきます。

ここも独特の動きですが、中正紀念堂よりもかなりゆっくりな動き。足かなり辛そー∑(゚∇゚|||)


1387077446665.jpg


1387077447529.jpg


1387077448752.jpg


1387077450493.jpg


交代して、新しく来た方。

平常を保っていますが、かなりゼェゼェしていました。そりゃー疲れますよね・・・。これから1時間、瞬きもできずにやるなんて大変だー。

 
 
ちなみに衛兵に選ばれるのは平均20歳、176センチの男子。

顔もそれなりにイケメンが選ばれることから、衛兵になる人は「国家に認められたイケメン」なんだそうです。


台湾では男性は2年間の兵役義務があるそうで、チンさんもかつては兵隊として地獄の日々を過ごしたのだとか。朝晩10キロのマラソン、腕立て腹筋など毎日500回だそうで。嫌でもお腹が割れていくそうな。

そして散々運動させられた台湾男子はその後運動嫌いになる人が多く、故におじさんになるころには立派なぷっくりお腹になるそう(笑)。

 
 
1387077451520.jpg


意外にもブーツインではない。
靴も靴ひももピッカピカだなぁ。。。

この靴底に金属が仕込まれているおかげで、行進の時にカチカチっと音がするそうです。


1387077452260.jpg


黒くて光っている銃。
なんだかおもちゃっぽく見えるような。。。
 
 

 
 
 
【故宮博物院】


1387077453075.jpg


続いて、故宮博物院へ。
こちらは撮影NGでしたので、入口のみです。
 
 
ここでもチンさんはかなり厳しく「ここが集合場所です、3時20分です。いいですか!ここです、ここ!!!」と連呼。


入口から入って、有名どころをチンさんのガイドで見学。その後解散して自由行動ですが、集合場所まで5分以上歩くのと、お土産だトイレだなんだとやっていると他の展示品など見る時間はありません。

じっくり見たい方は、別途自分で訪れる方が良いです。 
 

1387077454082.jpg
 
   
有名な「翡玉白菜」は、チンさんが言うように「ちっさ!!!」という感じ(笑)。

固い石、つまり宝石があの大きさになることの奇跡がまずすごいということ、そんでもってもともとの風合いを生かして白菜を作り上げるということなどなどすごいんだなぁというのは伝わってきました。

でも小さい。そして薄い(笑)。
あれはガイドブックが盛り過ぎですね。

 

同じく有名な「肉形石」は、大きさは想像通りといった感じ。

ですが、角度によってはあまり角煮には見えず、この位置から見ると~という感じでした。でも本当に角煮みたいですねぇ。白菜に角煮なんて、かわいい芸術品ですよね。 
 
 
 
続いてオリーブの種に彫られた彫刻の数々。

凄いですね、あれ。
船など中の網部分とか、どうやって彫ったのでしょうか。

人の彫刻も細部までかなり細かく削られていて、私は白菜よりも感動しました。 
 
  

その先にあるのは「象牙玉」。

この作品周辺含め、すごいですね。
虫めがねでないと見えない、ピクニック道具の彫刻など本当に細かい!!

象牙玉もびっくり。

20層(だったかな、22?)の、彫刻が施してある玉が重なった代物で、中の球は全てクルクル動くという。どうやってこんなもの作ったの? 球を20層重ねる(削る?)だけでも大変そうなのに、その一つ一つに彫刻を施すなんて。。。。今回見た中ではベストかも。

宇宙人の仕業にしか見えませんでした(@Д@;)。
 

 
 

あまり期待してなかったのですが(失礼)、かなり面白かった。
所蔵品によっては、 もう少しじっくり見たいなーと思いました。
 
 
  
  
 
その後ミュージアムショップに立ち寄って、5分前くらいに集合場所へ。

点呼を取って、少々離れたところにあるバスへ皆で移動します。


が!
バスの外ではチンさんが行ったり来たり。中々出発しない。どうしたんだろう?と話していると、衝撃の真実が。

実は参加者に、台湾人が1人いたのです。日本語ペラペラの方で、現在は高雄に住んでいるとの事。どういう経緯でこのツアーに参加したのかはわかりませんが、1人で参加されていました。私たちにも気軽に話しかけてくれたり、これはこうだああだと色々教えてくれた、陽気な感じの人。


その人が行方不明らしい。

 

えぇぇぇーΣ( ゜Д゜;)!?
 


まじか……。
集合時間を過ぎても来ず、探しに行っても見つからず、仕方ないので出発することに。。。


チンさんは、「同じ台湾人として申し訳ない、すみません」と言っていたが、彼女は大丈夫なのでしょうかー。 


なんでもツアーで迷子になる人は、「若い人、いいカメラを持っていて旅慣れた人=自分に自信がある人」だそうで。自信があるから人の話をちゃんと聞いていない=集合時間や場所を聞き逃しているパターンがあるそう。

また、不安な人はガイドのそばを離れないので、端からガイドから遠いところにいる人も要注意なんだとか。


彼女もここは台湾だからという余裕があったのでしょうかー。何か巻き込まれた場合とか、大丈夫なのでしょうか? 次のバスが拾うにもどうやって連絡を取るのだろうか。だし、故宮博物院って、ちょっと駅から離れているしで不便なような。


無事であることを願うのみです。
 
 
 
 
 
【足つぼマッサージ】 


1387077455206.jpg


滋和堂というお店へ。


1387077456297.jpg


店内に入ると、すでに料金など説明されている様子。

私たちはバスの後部に座っていたので、話に間に合わなかったのですが、40分700元とこれまた噂通りの値段です。


女性人はほぼ全員マッサージへ。
男性も何人か。


私たちは他の店でやろうと、ここではパス。


マッサージを受けない人は、別の部屋でツボ講座&特製漢方薬のセールスが始まります。


1387077457357.jpg


日本の芸能人の写真。

「美人じゃない伊○美咲がいるよ」とのことでしたが、確かに雰囲気違うようなー。でもどれもこれも94~96年頃の写真が多く、最近のものはありませんでした。

リピートしてないんか?
 
 

1387077458284.jpg


講座の始まり始まりー。
なんだか学校の授業みたい。

この先生、日本人かというくらい自然な日本語ペラペラでした。

 

1387077460232.jpg
↑気になったけど、一度も話に触れられなかったマネキン


 
 
足つぼを後にし、再び土産物屋へ。

ここでこの後別ツアーに参加する方の確認をし、解散となりました。

 
 
大体5時前くらいかな。 

ギュウギュウで中々ハードでしたが、とりあえず名所はかいつまんで見られたので私は満足です。台湾が初めてなら、参加してもいいのでは? お昼もついて無料だったし。
 
  
 

それでは次は迪化街へ向かいます!!!

2013年10月30日 (水)

【ブエナパーク】3日目ーロスからブエナパークヘ

ホテルをチェックアウトし、ロスの南・ナッツベリーファームがあるブエナパークまでバスで向かいます。

 

まずはハリウッドウェスタン駅からダウンタウンのパーシング駅まで地下鉄レッドラインで1本。

駅出口前の道路を渡り、サブウェイを背にして歩く。公園の向かいにあるバス停から乗ります。バス番号は460番。ディズニーがあるアナハイムやナッツのあるブエナパークまでノンストップで便利です。


片道2時間前後とのうわさ。
お金は一律1.5ドルとも、運転手によっては遠いから3ドル近く取られるとも聞きますが実際はどうでしょうか。 

 

 
1383214858590.jpg


これがバス停の看板。
460番は裏に隠れていて見にくいです。


ネットでバスの時刻表も確認できます。

それぞれの停留所の時間というよりは、ダウンタウン何か所かの時間、ナッツの時間、ディズニーの時間という感じでした。多少前後しますが、大体時間通りにバスは来た。

バス内にも時刻表が置いてあったので、翌日ディズニーに行くためもらっておきました。


1383214879204.jpg

 
一人2.9ドル。
おつりや両替はないので、1ドルは準備していたのですが80セントを出すのが面倒(というかあるのかわからないし)で、二人で6ドルを入れました。 


バスは10分ほど遅れて到着。
現地には1時間20分ほどで到着しました。途中渋滞につかまることも無かったのでよかった。


1383214887807.jpg
↑ブエナパークのバス停
 


ブエナのバス停に到着。
ロスより心なしか暖かい。というか暑い。

 


ブエナパーク l   l
――――――    ―――――
         交差点
――――――    ―――――
        ★l   l
      

バス停の位置はこの星印★です。

交差点の向かいにブエナの敷地の角がありますが、入口はもっと先。←の方向に向かって歩道をしばらく歩いていくと、入口が現れます。バスを降り立つと、ここどこ?状態で少しわかりにくかったです。


ナッツホテルに泊まる場合は、テーマパーク入口を通り過ぎ、カリフォルニアマーケット(お土産屋さん通り)を通り過ぎ、ナッツホテル駐車場を通りぬけ、建物をぐるっとまわって入り口へ向かいます。


 
1383214904292.jpg
↑ナッツベリーの看板!


 
ホテルは古い建物ですが、中はとてもきれいでした。
フロントも解放感があり、気持ちがいい感じ。

チェックインをしたときにナッツベリーファームの入場券をもらいます(私は込みのプランにしたため。別でチケットを買うよりもかなり安く買えます)。夜はスヌーピーが部屋に尋ねてくるので、その時間を聞き。


また宿泊者は1階レストランがランチ・ディナーに限り20%オフで食べられるそうです。ホテル併設のレストランの割には雰囲気や広さも良く、値段がかなり良心的でびっくりしました。ディナーも10ドル前後のものがほとんど!! アメリカン料理です。
 
 

1383214912588.jpg


まずは部屋へ荷物を置いて、ナッツへ出発。

スヌルームエリアは隔離されており、中に入るとまず廊下にスヌーピー。母大興奮で部屋い入るとスヌーピースヌーピースヌーピー、窓にもスヌーピーで母さらに大興奮。


ナッツへ行く前に一通り写真を撮って、ようやくナッツベリーファームに出発です。

 
 
 
1383214920130.jpg
↑アーケード


ナッツベリーファームの入り口付近には、日本のディズニーランドとイクスピアリのように(そこまで規模は大きくないけど)、カリフォルニアマーケットという飲食店・お土産屋さんが立ち並んでいます。

この日(時期?)は夜9時半まで開いているとの事でしたので、遊園地の後に見ることにしました。が、スヌショップだけは先にチェック。


1383214927743.jpg


スヌーピーだらけでびっくり。


1383214935431.jpg


1383214944639.jpg


このカリフォルニアマーケットは、ナッツベリーファームに入らなくても立ち寄れますので、ここでお土産だけ買ったり、名物のチキンだけ食べにくるなんてことも可能です。


1383214953648.jpg

 

1383214959490.jpg
↑他の店も気になる

 
 
この時点で11時半頃。

この時期は二部制に分かれており、5時半でいったん閉園。その後ナッツスケアリーファームとして再オープンします。

中のお食事処はイマイチとの情報を得たので、外にあるピンクスでお昼ご飯を食べてから中に向かうことに。


1383214968291.jpg


1383214977255.jpg


大好きなチリチーズドッグを購入。

母は初めてのチリチーズドッグ。カレーみたいでおいしいと、気に入った様子。出来立てなので、アツアツです。


 
 
では、いよいよナッツベリーに入ります。

2013年10月 8日 (火)

【渡航国地図】世界地図編


Worldmap_6


1381160392518_2
 
 


完全なる自己満足です。


Webページに載せている地図が何故だか切れてしまったので、こちらにも一応。と言っても、こちらも何故だかPC版は切れていますが。・゚・(ノД`)・゚・。スマホだと何故か見られます。


海外に何度か行かれた事のある方は、一度は地図に印をつけたいという衝動に駆られるのでは?

年上の知り合いは、「それは若い時だけだ」と言っていましたが、果たして私はどうでしょう。おばあちゃんになってもやってる気がする(笑)。


 
塗ってみて思いましたが、やはり国土面積の広い国を塗ると「制覇した感」が一気にアップしますね。ロシアとかオーストラリアなど塗ったら全体的に赤くなりそうです。

南北米、アジア、ヨーロッパ、アフリカと訪れたので、地図的には中東とオーストラリアに行ければバランスがいいのになんて。考えています。
 


あと同じく国に何度も訪れていても、地図に変化がないというのも少しさみしい。

この場合は下の「訪れた都市にピンが刺さってるよ地図」の作成ですかね。でもこれも同じ都市に何度も訪れていたら、結果ピンが集中してしまいますね。

アメリカなんかは色々周ったつもりでしたが、これを見るとそうでもないなぁ。


 
これからも、可能な限りちょこちょこ足していきたいと思います。

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉* | *15’那須*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ