世界の時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウントダウン

フォト

☆九份(台湾)

2015年1月14日 (水)

【台湾】フォトブックがきた

先日注文していた、フォトブックが届きました。

今回はクーポン券使用だったため、サイズとページ数指定のものでした。母の希望でこの間の夏に行った台湾旅行と昔のハワイ旅行をフォトブック化し、そのうちの台湾編がまず届きました。


前回は21㎝だったのですが、今回は18センチなので2まわりくらい小さいです。これでもありだけど、写真集にするなら21㎝の方がおススメです。

 
あまり大きさは変わらないかな~とか思っていたけど、手に取って並べてみると、結構違います。 


表紙。
 

裏表紙。 

ちょっとごちゃごちゃしすぎた。
 

10pなので紙は5枚。
ちゃんと本になるのかなーと思っていたけど、一応ちゃんと本になっています。

背表紙のタイトルもきちんと読めます。 
 

本ページが始まる前には、半透明のページも1枚。 
 

中身。

前と違って、ページに余裕がなかったので、説明文などは入れられませんでした。全体的にコマ数の多いページを使用しているので、タグなどスタンプを使って説明書きを入れました。
 

中身。

全編にわたって、大体同じ中身です。
 
 
 
 
 
 
 
今回送料など込みで4000円ちょっとのところ、650円で作れたので、かなりラッキー!だったのですが、実際に自分で作るならもう少し奮発してページ数を増やすかなぁ。

前は21㎝・100pで作って、15000円弱だったと思うのですが、90pも多くてサイズも大きく、写真も見やすくて文字も色々入れられるとあったら、そちらの方がいいのかなーなんて思いました。私はそうしょっちゅう作るものでもない(と思う)ので、何かの節目などにね。 
 
 
でも前回同様、中々良い仕上がりで満足していますヽ(´▽`)/。

 

マイブックHPはこちら

2015年1月 6日 (火)

【ハワイ・台湾】フォトブックを注文しました

以前母とアメリカに行った際、母の希望でフォトブックを作りました


その時利用したのがアスカネットのマイブックだったのですが、今回そちらのフォトブックのクーポン券を頂いたので、せっかくだからと作成しました。


今回はハードカバー・18㎝正方形のサイズで10ページ指定のもの。
3240円+送料が650円で作れるというものでした。


さて何をフォトブックにしようかなぁというところで、今回も母希望により家族で行ったハワイ旅行(結構昔)とこの間の夏の台湾の写真をそれぞれ本にすることにしました。

10ページしかないので、あまり写真は載せられないですしね(^-^;)。 
  

 
以前作ったことがあるので、作業はしやすかったです。ただページ数が少ないので、必然的に1ページのコマ数が多くなり・・・以前のように余裕をもった仕上がりにはできませんでした。旅行のフォトブックで10ページは、やっぱりすくないかな。

表紙はシリーズものを意識して、同じ模様で作ってみました。


それにしても以前は100ページあったので、程よい厚みがあったのですが、今回紙は5枚?しかないのにちゃんとハードカバーになるのだろうか(笑)?
 


どんなものが出来上がるのか、今から楽しみですo(*^▽^*)o

2014年9月 1日 (月)

【台湾】お土産・2014

2014年夏の台湾旅行。

お土産覚書です。

  


今回は、前回よりも食べ物が少ないかもしれない。逆に物が多かったように思いますが、もっとあれ買えば良かったな・これ買っておけば良かったなーというものも。


特に、現金足りなくなったら困るーとセーブしていた分、最後の方で思いのほか余りまして。。もっと色々買って帰ればよかったです。


ちなみに前回(2013年)のお土産はこちら

 
 
1409924365562.jpg


こちらが全体図(笑)。

といっても4人分あります。

ソファ上の袋に入っているのは竹バッグ。 

  

【東方美人茶】

1409924367544.jpg


東方美人茶ラヴの弟が購入。
1つは母のお土産。

前回行ったときは、お茶屋さんのいいやつも買ったらしいが、今回はスーパーのもののみ買っていました。

もっと買って来ればよかったーとの事。やっぱり旅のお土産はやや多めに買うが吉です。
 
 
 
 
【梅粉】

1409924369622.jpg

台湾名物梅の粉。

と言っても、砂糖やら色々入っているらしい。
実は台湾でも食べたことないのですが、梅好きとしては以前からめっちゃ気になっていたわけで(笑)。


でもお土産屋さんとか迪化街とかで売ってるのって、ジャムくらいの大きさの入れ物かそれより大きなもので、値段もそれなりにする。食べたことがないだけに、そんなにはいらない…と、中々買えなかったのです。

こちらはスーパーで購入。
20元ちょっと。これならちょうどいいサイズ!


ちなみに現地では、グァバやトマトに振り掛けて食べるそうです。

どんな味だろう?

 

★感想★

正にスッパイマンの梅肉部分を粉にした感じです!!
 

↑これこれ!!!

甘じょっぱ酸っぱい感じで、個人的には好みの味だぁ~!!おいしい♪ が、粉状になっているため、どうやって使えばいいか悩みます。。。

よくあるトマトやグァバにつけるというのも、グァバはないのでトマトでやってみました。おいしかったけど、これじゃなくてもいいかなという感じ。どうやって食べたらいいかなぁ~。。。 
 

 
 
 
【パイナップルケーキ】

1409924370544.jpg


定番パイナップルケーキ!

今回買い物はカルフールでだったのですが、お菓子コーナーに安いものが置いてあるほか、レジ付近には土産物コーナーができておりまして、沢山のパイナップルケーキが並べてありました。


手前の透明ボックスに入ったものは、割とおいしかった。
餡も硬すぎずです。


上の方に乗っている同じ箱のものは、まさかの個包装ではなかったー\(;゚∇゚)/。

自宅用にしても、お土産用にしても、かなり食べにくいです。あと、このメーカーのものはパイナップルケーキ自体も小ぶりの長方形。餡もやや硬めです。おいしいにはおいしいけど。


それ以外は各自のお土産と化しましたので、味見していません。 
 
 
 
それから、今まで〇〇ケーキと言えばパイナップルしか興味なかったのですが、今回道中「メロンケーキ(餡の部分がメロン味)」というのを食べまして。それが意外においしかったんですよー。

今度台湾に行く機会があったら、パイナップル以外の味も色々買ってみたいと思いました(自分用にね)。
 
 
 
 
【いちご餅】

1409924372268.jpg

台湾とか全く関係ないんですが、私が食べてみたくて買いました。

人差し指と親指でOKを作った時の円くらいの大きさの餅の中に、イチゴクリームが入っています。普通においしかったです。

ただ、個包装のプリントに「いちご」ではなく「いもご」って書いてあったのが、ザンネンなところ(笑)。

 
 
 
【花椒】

1409924373016.jpg

おいしい麻婆豆腐を作るのが、目標の1つというかマイブームでして、花椒粉末を購入。

日本で買うより安いです。

 
 
 
【ビール】

1409924373817.jpg

弟が買っていました。

台湾ビールではなくて、なぜかハイネケン。安かったらしい。

  

 
【グリーンピースのお菓子】

1409924374548.jpg

これ、すごくおいしいのでおススメ!

ポリポリのグリーンピースにニンニク塩味みたいなのがついてます。おやつにもおつまみにも。便利な個包装で、結構たくさん入ってる。この袋は、ジャンプより2回りくらい大きなサイズ。


前回台湾から帰った後に、日本でこれを食べまして。

おいしい!と、今度台湾に行ったら見てみようと思っていたのです。甘くないお土産ってそんなに多くないので、おすすめです。豆臭くはないので、ニンニク嫌いではない限り万人受けする味だと思います。 
 
 
★追記★

日本に帰って開けてみたら、カルディのものと全く同じ商品でした(笑)。パッケージだけ違う模様。もちろん、おいしかったです。



↑まさしくこれ(笑)

 
 
 
【筍クラッカー】

1409924375562.jpg

前回市内観光の際に立ち寄った民芸品店にて、ガイドさんが「個人的にはこれがお勧め!」と言っていた、筍クラッカー。

なにが筍なのかわかりませんが(笑)、クセになる味でおいしい。いや決して主張のあるお菓子ではないのだけど、クセになるのです。


それでもって前回スーパーで探したけど、見つからず買えなかったんですよ。。。

ところが今回はカルフールで発見!
しかも色々味がある!!

プレーンを購入してみました。
おいしいかなぁ~~~♪♪♪

 
 
 
【新竹ビーフン&ガラスープ的なもの】

1409924376275.jpg

台湾名物ビーフン。

日本でも買えるのですが、日本より安かったので買ってみました。2パック組です。1袋の半量で大体3~4人分のビーフンが作れます。


買ってきたきくらげ入れて、ビーフン作ろう!!楽しみ♪
 

↑アマゾンでも買えます。
あとはカルディでも必ず売ってる。 

  

そしてもう一つガラスープ的なもの。

前回これと全く同じものの、キノコ味を購入したので、今回は鶏がら味を買ってみました。かなりたくさん入っていて400円しないので激安。
 
  

  

【烏龍茶】

1409924377196.jpg

スーパーにて。
100包入りです。

前に買ったのは凍頂烏龍茶だったので、少し味が違うのかな?

お茶は好きでたくさん飲むので、これはこれでいいのだけど、1度くらいいいやつ買ってもいいかなーと思う。

今度行ったら、街のお茶屋さんものぞいてみたい。

 
 
 
【きくらげ】

1409924378837.jpg


1409924379556.jpg

結局600グラム買いました。

前回とは違うお店で購入してみようと他を当たったのですが、前買ったお店の方が安かったし、もっと値引いてくれました…。あれだけたくさんお店があるから、お気に入りの店を見つけるのは中々むずかしいですね。


きくらげって軽くていいのですが、硬さがあるので体積がこれ以上小さくならないという(笑)。パイナップルケーキの箱といい、スーツケースの場所をかなりとります。
 
 
 
 
【ドライフルーツ】

1409924380476.jpg

台湾マンゴーとトマトを購入。


トマト、すっごくおいしい。
ほんのり塩味で、味が濃い!! 


台湾のドライマンゴーは初めて食べたのですが、かなりおいしい! 普段日本で食べているフィリピンのドライマンゴーとは全くの別物ですねコレ。

味が濃厚で甘味がすごい! フィリピン産と比べるとかなり高いですが、せっかく台湾まで行くのだから買う価値あります。もっと買って来ればよかった~。 
 
 
カルフールにもドライフルーツの量り売りがあったのですが、食べ比べようにも買ってみればよかったです。

 
 
 
【マントウ】

1409924381306.jpg

今回もマントウを買ってきました。

こちらは迪化街に出ていた市場で購入したもの。奥の袋は大分食べちゃっていますが、小さいサイズのものがたくさん入っていました。

そして手前。
私の好きな餡無しかと思いきや、思いっきり小豆餡が入っていたー(泣)。ショックすぎる…すべて母行きです。


スーパーでもマントウ買おうと思っていたのですが、時間がなくてすっかり忘れ…。次回リベンジです。

 
1409924382009.jpg

↑色々支店がある模様。かなりたくさんの種類が売られていました。

 
 
 
【からすみ】

1409924383034.jpg

からすみ!

前回は買おうかどうしようか悩み、もったいないからいいやと止め…。今回も迪化街で目にするたびに買おうか悩んで止め…でもやっぱり買おう!と、購入(優柔不断)。


ガイドブックなんかによく載っている、永久號というお店で買いました。

客が店内に入ってから商品を冷蔵庫から出してくれます。大小とあって、こちらは小。小は500元との情報でしたが、600元に値上がりしていました。


でも確かに、他で試食したどのからすみよりも、ここで食べたものの方がおいしかった! 脂もよくのっています。お店の人いわく、「あまり小さいのは脂がのっていないので、おいしくない」そうです。


1409924383751.jpg
↑左右対称・光に透ける物がいいものらしい


1409924384365.jpg
↑この脂の染み出し具合が、他の店よりすごかった 
 
 
 
<永久號烏魚子專賣店>

住所:台北市延平北路2段36巷10号
電話番号: 02-2555-7581
営業時間:営業時間:8:00~18:00 
定休日:無
日本語:通じる
行き方:MRT中山駅から徒歩約20分

 

★感想★


おいしいっ!
ものっすごく好みの味!!!!

前回も悩まないで買えばよかった(笑)。


・火であぶってそのまま
・火であぶって大根スライスと
・カラスミチャーハンにして


食べてみましたが、そのまま食べるのが1番だな。

大根と食べるのもおいしいし、チャーハンもおいしくないわけないんですが、やっぱりそのままを味わうのが1番おいしかった。このねっとりかんと塩気がたまりませんな。

まだ半分あるので、じっくり味わいます♪


ちなみに、よく言われる「ミモレットとカラスミは、味が似ている」という件。私ミモレットも大好きですけど、全然似てないと思う。味が凝縮されている感という意味では似ているかもしれないけど、味も食感も香りも別物ですね。 
 
 
 
 
【弁当箱】

1409924368906.jpg


寧夏夜市の通りにある雑貨屋(生鮮食品を扱わない、スーパーみたいなとこ)で購入しました。

130元。
このメーカーのものと、もうちょっと高いメーカーのものと2種類。大きさや形も、もっと大きな円形や楕円など色々ありました。これは12cmの円形。


ゼブラやシーガルのお弁当箱にそっくりで即決。
中は2段になっています。もちろん外して使ってもOK。

実は私、ゼブラのお弁当箱を愛用しているのです。一応ステンレスと書かれていたし、ゼブラのそれと同じはずなのですが、ややちゃっちい感がするのは気のせいか・・・?


弁当箱いくつも持っていても仕方ないんですが、お金余っていたからもう少し買って来ればよかったなーと後悔。

ちなみに市内観光中、露店のおばちゃんがこれの楕円形を使っているのを目撃しました。 
 
 
  


↑これがゼブラ弁当箱

両方持っていますが、台湾で買ったものは右の丸型に似ています。ゼブラの丸型は実は二段式。折り畳みの取っ手もついていて、鍋にもなる優れものですが、台湾のものは普通のお弁当箱。でもかわいくて安いのでOK(笑)。 
 
 
  

↑こちらはシーガル弁当箱

シーガルの丸型は1段式です。左の形のものはタッパが付属していますが、ゼブラも大きさに応じてタッパ付が売っています(私が持っているのはゼブラの一番小さなサイズなので、タッパはついていない)。
 
 
 
【エコバッグ】

1409924385815.jpg

こちらは弟が本屋さんで購入。

最近、いい意味でアジアっぽくない、かわいい雑貨も多いです。

 
 
 
【皮のケース】

1409924388978.jpg

九份で一目ぼれして買いました。
180元。

いや偽ドラ〇もんていうのはわかってるんですけど、それにしてもかわいい! 偽感があまりない(笑)!!


こういうケースをじゃらじゃらまとめて売っているお店じゃなくて、1つ1つ見えるように下げていました。なのでこういうケースとかキーホルダーとか、他のお店より種類豊富。他に鞄も売っていました。


これともう一つ、オウム?もかわいくて悩んだのだけど、1番最初に一目ぼれしたドラえもんにしました。

財布にしては大きいし、デジカメ入れっていう感じの大きさかな。硬さがあるので入れにくそうだけど(笑)。iPhoneより大きいです。

 
 
 
【入浴剤】

1409924389795.jpg

現金消化のため立ち寄ったスーパーで購入。

容器がかわいくて買いました(笑)。

シャンプーとこの入浴剤の2種ありました。

 
 
 
【箸】

1409924390714.jpg

前に弟が台湾へ行ったときに買ってきたのですが、とても丈夫で使いやすいです。

10膳入って80元です。

 
 
 
【歯磨き粉】

1409924391355.jpg

これもよくガイドブックに載ってますね。

使っている方のブログなど見ると評判もいいようで、どんなかなーと買ってみました。

このブランドだけでも、何種類もありました。

 
 
 
【竹バッグ】

1409924392353.jpg


迪化街近く、林豊益商行というお店で買いました。

バッグから蒸籠、籠など色々な竹商品が売られています。

こちらは大中と2サイズあるうちの、中。手作りの為、1つ1つ微妙に大きさや持ち手の長さが異なります。中は60元、大は80元でした。


網代編みのお弁当箱がないかなーと訪れたのですが、残念ながらそれはありませんでした。竹編みの小物入れか、ピクニックバスケットになってしまった。


<林豊益商行>
住所 台北市迪化街一段214號
電話 02-2557-8734
営業時間 月曜~土曜9:00-20:00 / 日曜日9:00-17:00
定休日 無休
 

 
 
【編みバッグ】

1409924393146.jpg

こちらも林豊益商行で購入。

ビニールシートみたいな色もありました(ピンク緑青の縞々)。大きさはかなり種類がありました。
 
 
 
 
【本―料理本】

1409924394196.jpg

こちらは弟が購入したもの。
色々網羅していて、デザートも載ってます。

海鮮、野菜とまんべんなく載っていますが、肉料理が多い印象。

 
 
 
【本―料理本2】

1409924394835.jpg

こちらは私が買いました。

これもまんべんなく載ってます。麻婆豆腐の作り方が、上の本↑と違うのが面白かった。

 
 
 
【本―料理本3】

1409924395734.jpg

こちらも私が購入。
↑と同じシリーズで、こちらは粉もの系のレシピが載っています。

麺から包みもの、おやき系やら色々載っていて楽しい。


前回餃子の本を買わなくて後悔したのですが、それより最強なこちらを手に入れたので満足(笑)。

 
 
 
【本―台湾観光本】

1409924396347.jpg

こちらは弟が購入。
台北がメインの、台湾のガイドブックです。

そういえば、台湾版の地球の歩き方も売っていました。日本の(特に東京の)ガイドブックもたくさん売られていました。
 
 
 
 
【絵本―パンダ銭湯】

1409924397167.jpg


こちらは上記の本屋さんとは別の本屋で購入しました。

なにこれめっちゃ安い!と思ったら、別の国の値段表記でした(下の絵本も)。え!?そんなすんの(下の絵本と2冊で2000円ちょっと)!?
と思ったものの勢いで買ってしまいましたが、結構気に入っているので後悔はないです。


なんとなく読んでわかりますし、何より絵本なので絵だけでわかる。そうくるか!と話も好きです。
 
 

↑と思ったら日本からの輸入。日本語版がアマゾンにあります。 
 
 
絵本の追記はこちら
 
 
 
 
【絵本―スイカの種】

1409924401168.jpg


こちらも↑と同じ本屋で購入。

スイカ大好きなワニが、種を飲み込んでしまいショックを受けるが…という話。

絵がかわいくて好き。
 
 
 
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
 
 
 
という今回のお土産。

本を色々買えたのがうれしいし、冒頭にも書きましたが物を色々買うことができ良かった。と言っても、もっと色々見たかったなぁとかありますけども。


次回があれば、今回行けなかった台北駅付近の地下街や問屋街も見てみたかったし、お茶屋さんにも行ってみたいです。

前回よりフィーバーしなかったけど(笑)、スーパーももう少しゆっくり見たかったなぁ。。 
 
  
あと買おうか悩んでいた、Jump from paperの鞄。

台北の家で見ようと思っていたら、まさかの免税店に売っていたんです。自分が欲しいモデルはなかったのですが、それでもかわいくて悩みました。

1万円ちょっとかぁ。。。と悩みに悩んで、「かわいいんだけど、でもこれ実際街で使うの恥ずかしい気もするよなぁ」と、今回は見送り。もう少し悩んでみることにします(笑)。 
 
 
 

2014年8月28日 (木)

【台湾】2日目―九份&鼎泰豊で小籠包!

お昼を食べたガーラホテルの最寄駅・行天宮駅から、九份行きのバスが出ている忠孝復興駅へ移動します。


前回と同じく、今回もバスで九份へ行きたいと思います。


九份への行き方まとめはこちら
 
前回の九份観光はこちら
 
 
 
バス停に着いて早々。

丁度バスが来ました!!

前回と同じく、片道1人103元です。そして私達4人が乗り込んだところでドアが閉まりました(そこで満席になったので、私たちの後から来た人は次のバスに乗れと言うこと)。

あ、あぶな~sweat01
  
 

 
1時間ちょっと。

バスにゆられて到着です。

前よりも早い気がするのはきのせいだろうか。


1409928977633.jpg


旧道バス停下車です。


1409928979651.jpg


眼下には海が見えます。

では、九份観光スタート!


1409928980532.jpg


何やら大きな哺乳瓶が。

こちらはジュースです。


旧道から入っていくと、飲食店が多いですね。

逆に九份バス停から登っていくと、あまり飲食店は多くないかも。ちょっとお高めの台湾料理やお茶屋さんなどしかないので、飲食を考えている方は、旧道バス停付近まで上がるか、こちらから入った方が色々見られると思います。


1409928981257.jpg


1409928982372.jpg


レトロな雰囲気の飴。


1409928983293.jpg


スポンジボブもいる!


1409928985855.jpg


こういうお土産やさんも、旧道バス停から入っていった方がたくさんあります。


そういえば前回、友達がおつりをごまかされそうになったので、注意してください。

今回はそんなことはなかったのですが。


1409928986672.jpg


ノスタルジックですねぇ~。

父母大興奮です。


1409928988623.jpg


この半透明の食べ物、いったいなんなんでしょうか。

謎すぎる。


調べてみると、豚肉が入ったお餅だそうです。

なぜ半透明なのだろう。。でんぷん的な?


1409928989609.jpg


前回冬に来た時に食べた、ピーナツアイス。

前のお店と違う…?気がするのだけど、ここ以外に見当たらなかった。


ということで注文。

パクチー抜いてくれます。


1409928990975.jpg


やっぱり夏に食べたほうがおいしい。


1409928991793.jpg


爆睡中の猫。

全く起きません(笑)。


1409928993431.jpg


喉がかわいたので、マンゴージュースを購入。

80元と、九份ではまずまず安いと思います。

カットマンゴーやスイカジュースも販売していました。


1409928994157.jpg


海が見えたー!

夏だからか、前よりいい景色に見える。


そういえば、この辺りは海水浴はできないのでしょうか(もちろん九份ではなく、海岸近くの町)。


1409928995171.jpg


ではでは少し引き返して、湯婆婆のお店へ向かいます。


1409928995806.jpg


これがかの有名な阿妹茶樓。

建物に、湯婆婆の店と書かれているのがおもしろい(笑)。


母:「え、じゃあ千と千尋の後にできたの?」

私:「違う、逆逆(ジブリは否定しているので定かではないけど)」


1409928997037.jpg


父:「ここでお茶飲んでみたい」

ということで行ってみると、満席。


更に値段を聞いて、

父:「フカヒレより高い(笑)」


ということで、別の場所で休憩です。


1409928998246.jpg


ここから見える食事どころ兼カフェで休憩することにしました。


1409928999064.jpg


1409928999907.jpg


テラス席があるので、そちらにしようとしたら、あいにく日陰席は満席。

お店のお姉さんが、「外は暑いから中涼しいよー」ということで、中に移動です。


1409929000497.jpg


私はタピオカミルクティーを注文。

タピオカがゆでたてなのか、運ばれてすぐはほんのり暖かかったです。


歩いた体に染み渡る~!

美味しかった。

1409929001315.jpg


時間の都合やら両親の体力やらで、メジャーな通りしか歩かずに来たのですが、他の小路なども見ればよかったかな。

筆など売っているお店もあるとのことで、見たかったー。


1409929002148.jpg


残念ながら提灯が灯る前ですが、台北へ帰ります。


階段を下ると左手に猫のお店。
こちらにコンビニもあり、お手洗いも借りられます。


その向かいがバス停&タクシー乗り場です。


1409929003260.jpg


バス乗り場に着いて、3分。

丁度台北行きのバスが来ました。


ラッキー!

と、すでに並んでいた人(7,8人くらい)の後に並んで、いざ車内へというとき。運転手さんが、「もう満員だからダメ」と、締め出し。


そんなぁー。
これって、前回と同じパターンじゃ。。。。
 
 
 
 
 
その後、5時45分くらいから7時15分くらいまで待ったのですが、結局台北行きのバスが来たのは2本か3本。そのすべてが停車することなく「満員」の表示で通り過ぎて行きました。。。

始めは満員で通り過ぎたのが台北行きだと気付かなかったので、おそらく3本通り過ぎたと思われます。


ちなみに駅に行くバスは割と出ていました。


そして気付いたのですが、17時前までは台北行きのバスもそこそこ本数があるのです。

17時を過ぎると、本数がガクッと減ります。さらに、提灯が灯ったのを見てから帰ろうという観光客も増えるので、人は多いのにバスは少ないということに。


私達が初めに降りた「旧道」バス停から乗車すれば乗れる可能性は上がりますが、「九份」バス停で待つには、それなりの運やタイミングが必要なのかもしれません。

あとは、夏休みシーズンということもあり、冬に行った時よりも人が多かったのかなぁ?という気もします。 
 
 
 
 
 
そんなこんな、1時間半待ってさすがにくたくた。

次に来るバスは30~40分後で、満員通過の場合もある。この後台北で小龍包やらかき氷やらスーパーやら、まだまだ予定がある。


というわけで、タクシーで帰ってきました。

4人乗り1律1000元。
30分ちょっとで忠孝復興駅のそごう前までつきました。


速っ(笑)!!!

両親もいたし、最初からタクシー使えば良かった(笑)。 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけで、本日の夕ご飯は鼎泰豊で小龍包です。


九份からのバス停が忠孝復興駅のそばということで、(帰りはタクシーだったけど)そごうにある鼎泰豊にてご飯を食べたいと思います。


1409929003894.jpg

鼎泰豊・SOGO復興店


ちなみに私も初鼎泰豊です。

弟は前回の市内観光の際、昼食で行ったのだとか。うらやましー。


1409929004795.jpg
↑メニュー・日本語表記もあります


そごう忠孝復興館は、上の方の階にレストランフロアがありますが、それと別に地下2階にフードコートがあります。鼎泰豊は地下2階です。

8時前ということで混雑が心配でしたが、本店じゃないしそんなに待たないだろうと向かったら、90分待ち!!!
 

意外と待つのか・・・
 
ということでその時間を利用して、夕飯の後に行こうと思っていた誠品書店へ向かいます。


私達は外へ出ましたが、もちろんSOGOでお買い物などして待つこともできます。 すぐそばに時間つぶしができる場所があるのは、かなりポイント高いと思います。

 


【誠品書店】



・私が行った敦南店
・もっと大きい信義店


大きな本屋さんです。

本以外にも雑貨や食べ物も売っている!!ということでわくわくしながら向かったのですが、私がイメージしていたのは信義店だったようで…。敦南店もおもしろかったし大きかったのですが、思ったよりはでした。

 

いたるところでお客さんが本を読んでいまして、いい雰囲気。

滞在時間30分ということで、かなりダッシュ!!!30分後に入口に集合ということで、各自自由行動となりました。

 

日本の本(の翻訳)も気になるし、絵本も見たい。ガイドブックなんかも見たいけど、まずは料理本を見たい!!

お店の人に聞くと、丁寧に案内してくださいました。


沢山あって悩む~!!!

悩みに悩んで(と言っても、1冊ずつパラパラしている暇はなかったのでほぼ勘)、基本の台湾(中国)料理と、基本の粉もの(マントウとか麺とか色々)の本を買いました。


前回餃子の本が買えなくて心残りだったのですが、それよりもはるかに充実した本を買えたので、大満足!!


ちなみに絵本は時間がなく焦っていたので、すっかり忘れました(笑)。

あと誠品書店グッズ(鞄とか文具色々)があると聞いていたのですが、結構お高めの鞄2,3コしか見当たりませんでした。本を入れる丈夫で安いトートバッグか何かがあれば買おうかなと思っていたのだけど、ザンネン。
 
 
 
  
 

誠品書店を後にして、おお急ぎで鼎泰豊へ戻ります。


9時10分に来てくださいと言われていて、8時50分頃到着。とともに、番号が呼ばれました!危な~sweat01。 
 

1409929005514.jpg


外から作っているところが見られます。

ひゅいんひゅいんと、皮が宙を舞います。


1409929006503.jpg


見えますかね、ぶれてるのが宙に舞う皮。

 
 
本当は待ち時間の間に、食べたいものを選んでおけば、席に着いた時にすぐに食べられるというシステムなのですが、すぐに呼ばれてしまったため席で注文。


おいしいと聞いていた、キュウリの和え物は品切れ。ザンネン。。


1409929007314.jpg


まずは小籠包!!


お姉さんがタレをつくってくれました。

タレ絶妙!

スープ絶品!!


おいしーーーーーーーーーーい!!!


1409929008485.jpg


はっふはふだね。

小籠包大好き!!!!


1409929009306.jpg


続いて酸辣湯です。

父はあまり酸っぱいものが得意ではないので、酸辣湯もあまり好きではないのですが(父以外は大好き)、ここの酸辣湯は酸味がかなりマイルドですね。父も全然OKとのこと。


父が飲むかわからなかったのでMサイズを注文したのだけど、十分すぎるくらいの大きさでした。L頼まなくてよかった(笑)。


 
奥にあるのは空芯菜炒め。

こちらもとても美味しかったです。家族にも好評。

皆空芯菜初体験だったらしいけども、「シャキシャキでおいしい!」と、気に入った様子。


1409929010328.jpg


続きましてエビチャーハン。


台湾の炒飯ておいしくて好きだけど、このエビチャーハンが1番美味しかった!別・格!!

炒飯ラヴの父も、この炒飯美味しかったなぁと、日本に帰ってからも言ってます(笑)。もう1つ頼めばよかった。


 
奥に写るのは、担担麺です。

麺が食べたいという父の希望。


ここの担担麺は日本のようなスープはありません。ゴマダレのようなものに絡めていただきます。

辛さが選べますが、結構辛かった。

味もスタイルも、日本の担担麺とは別物ですね。 
 
 
 
 
 
もう少し入りそうなら、エビチャーハン、えびシューマイを頼もうか~。小龍包も~!なんて話していましたが、皆満腹。店を後にします。

九份観光の後の小龍包、おススメです。バス停からすぐそこなので、気軽に立ち寄れます。

 
 
ではこの後は本日最後のかき氷&スーパーでお買い物です。 
 
 
ごちそうさまでした!

2014年8月25日 (月)

【台湾】しおり完成

1408952910336.jpg


 
しおりが完成しましたー!

修学旅行みたいだ(笑)。 

 

面倒なのでパソコンでタタタタターと、必要事項のみ入力。

主にスケジュールなどです。

ガイドブックは全員が持っているわけではないのだけど、大体皆で読んだし、当日は回し読みすればよいので、そういうのは載せてません。 本屋の、何階には何があるとか、そういうのくらい。
 
 


1408952911538.jpg


旅行会社から来たスケジュールの他、自分たちのスケジュールと、


1408952912541.jpg


サバイバル台湾語も完備。


1408952913458.jpg


持ち物やお土産リストなどなど


1408952914377.jpg


そして、かき氷屋さんのメニューと、士林夜市全図! 
 
 
 
 
 
そういえば、前にフランスに行った時には旅行会社からしおりがきたなぁ。

あればあったで、便利ですよね。
私は結構好きだな。 
 
 
 
というわけで、ホチキスで綴じて早速配布します(笑)!!!

2014年8月24日 (日)

【台湾】今回のスケジュール

スケジュールが決まった!!!

中々めんど大変だった・・・(;;;´Д`)。


今回は中2日しかなく、かつ市内観光が盛り込まれているので、時間があるようでない。でも行きたいところは色々。前回と大して変わりはないのだけど、なんだか疲れたわ。 
 
 
一応決定スケジュール。
 
  
 
【2日目】

 
 
午前中:迪化街

本当は8時過ぎから向かいたいのだけど、開店時間は9時ころの模様。前回ゆっくり見られなかったので、満喫したい。11時過ぎにはホテルに戻って荷物を置き、次の場所へ向かいたい。


昼ごはん: 金満庁でランチ

他の場所とも迷ったけど、こっちに。小龍包のちゃんとしたお店も気になるが、今回は行けたらいくということにした(予定のままだと多分いけない)。


午後:九份

忠孝復興駅付近から、バスで向かいます。
バスの待ち時間、移動時間などもあるので余裕を持ったつもり(あくまでつもり)。19時半ごろまでには、台北市内に戻ってきたい。日没を見るのは難しいだろうか。


19時半:誠品書店

忠孝復興駅近くにあるので、徒歩で。ゆっくり見たいけど、その後が詰まっているので1時間の滞在予定。


20時半:士林夜市へor鼎泰豊へ

大体2時間ほど滞在。
人ごみなので、時間足りるかなぁ~。

場合により書店を先にして、夕飯はそごうの鼎泰豊に行きます。


22時半:かき氷

ピンザンへ行きます。
なんかいい具合に盛り込めず、こんな時間に。23時までやってるらしい。間に合うか。

 
23時:スーパーで買い物

お土産や飲食料雑貨など買い物に行きます。
ホテル近くに福利中心とウェルカムスーパー(規模は不明)があるのですが、もう少し行けばもっと規模の大きなカルフールがあるので、そちらへ行く予定。何よりかき氷のお店(隣駅)から徒歩でそのまま向かえるので、かえって便利かなと。その後は歩いても帰れるけど、荷物の多さや、見つかればタクシーで帰ります。


24時:ホテルへ

お風呂に入って、就寝。
 
 
 
  
 
が、もっと早くに帰りたいという要望が。

ナヌー!!!


もう一度相談ですが、士林夜市はやめて、そごうの鼎泰豊へ行くかもしれないです。

九份の帰り、バス停の目の前がそごうということ、小龍包を食べたいと言っていたのでちょうどいいこと、待つかもしれないけど士林夜市をぶらつくよりは早く帰れるかな?というこなどです。

本店ではないけど、なにせすぐ近くなので良いかなと。 
 
 
 
   
 

 
【3日目】
 

日中:市内観光


夕方:レーザー

今のところお連れ様2人が施術希望です。
私もやりたいけど、どうしようー。。。。レートが悪いので、7000円くらい。


19時ごろ:シャンプー

台湾シャンプーでさっぱり。
温泉は時間的に断念しました。


20時:マッサージ

ご飯の後のマッサージは危険なので、先にやってしまいます。
本当はマッサージの後にシャンプーが良かったのですが、営業時間の都合上この順序に。


20時半:中山ぶらぶら

とりあえず台北之家と台北牛乳大王に行ければ満足です。


21時ごろ:寧夏夜市へ

夕ご飯へ!
前回立ち寄ったものの食べなかったので、期待です。炒飯おいしそうだった!!!

 
23時ごろ:ホテルへ

ピックアップが0時の予定ですが、現地へ行かないと正確な時間はわかりません。余裕を持ってホテルに向かい、休憩する感じでよいのではーと思います。 
 
 
 
 
 
こんな感じ!

前回の台湾とあまり変わらない気がする(笑)。


あとはしおりの作成です。

2014年8月18日 (月)

【台湾】しおりを作成中

気付けば夏の台湾旅行が、目の前に迫ってきました。

 

以前決めた漠然すぎる計画(どこに行きたいかなど)以外、何も進んでおりません。やばい。

というわけで、皆の希望などをおさらい。今回4名中2名は初台湾、2名は2回目の訪台です。
 


さらに今回は、しおりを作ることとしました(笑)。

しおりつきの旅だなんて、数年ぶりだわー。 
 

  
皆の希望、私の希望、そのほか予定などはこちら。


・市内観光

 2名が初めてなので、効率よく回ってくれる市内観光利用。今の時期暑いし、バスで回ってくれるので良いかと。初めてならそんなに悪くなかったので、今回も利用します。私含め2回目の訪台組は、既に体験済みですが、まあまあそこはということで。

 

・台湾シャンプー

 今回3泊4日ですが、3泊目はホテルに宿泊しません。つまり、3泊目の夜中に台湾を飛び立つのです。そういうわけで、3泊目は入浴できない。でも夏!汗かく!せめてシャンプーくらいしたい!!と。有名な小林髪廊は安くてよさそうだけど、仕上がりがイマイチとの噂&どこにあるかイマイチ不明。ほかは観光客価格で高そう・・・と、はてどこがいいのかな。
 


・温泉

 上のシャンプーつながりで、1人が「ていうか、お風呂ないの?スーパー銭湯的な」と言いまして。そうだなぁ、そういえば台湾て温泉天国だよなぁと。そういうのって、郊外にあると思っていたのですが、台北市内にも温泉があることが判明! 片道40分くらいのところに2か所。ここでもいいかなぁ・・・。
 


台北之家

 お店兼カフェです。中山地区にあります。Jump from paperというおもしろ鞄がここで買えるとの事で、気になり中。
 


台北駅地下街

 面白商店がズラァ~っと立ち並んでいる模様。私も興味があるが、お連れが興味深々。

  

士林夜市

 やはり大きな夜市ということで。初台湾組がいるので、まずはここに行こうかと思います。
 

 
・マンゴーかき氷

 この時期に行くのだから、絶対にはずせない!!  思慕昔、マンゴーチャチャ、ピンザンなど有名店があるが、どこに行くか・・・。拠点がまだわからないので、それにもよるかと思います。マンゴー食べたい!!


 
レーザー

 お連れ様たっての希望。レーザーを顔面に当てて、シミしわを薄く!肌つるりん!になろうというもの。数年前は5000円くらいでできたみたいだけど、今は7000円弱。私もやりたいが、お財布と相談。


 
本屋(誠品書店)

 おもしろそう! 本屋さん、前回行けなかったので。またかわいい雑貨などもおいてあり、とにかくでかい!!楽しみ~。


 
・マッサージ

 やはり足つぼしてもらいたいです。これは宿が決まってから、検討しようと思います。 
 
 
 
・九份

 初組がいるので、行きます。夏なので、夜提灯が灯る時間も遅くなるのだろうか…。自由時間が正味1日半弱と、前回の台湾旅行よりも約半日短いので、結構カツカツです(;;;´Д`)。 


 
・迪化街

 今度こそゆっくり見たい!きくらげ買いたい! 同じく2回目のお連れは、前回こちらに行けなかったようで。。同じく楽しみにしております。多分沢山買って大荷物になるだろうから、一度宿に帰って荷物を置きたい。

 
 
・金満庁

 フカヒレランチ! 前回良かったなぁと思ったので、今回も行きます。今度はアワビも食べたい。ただ噂によると、値上がり&一番お得なランチメニューのフカヒレは姿煮ではなくなったとのこと。むー( ̄○ ̄;)。
 
 
 
 
 
 
こんなところだろうか。

多分、これ全部はいけない気がする。
調整せねば。

 

あとは、韓国の時に思ったのだけど、完全私流スケジュールだと、かなりハードに感じる場合があるらしい(前回台湾は皆で、韓国は私が一人で計画)。

前回の台湾も、食べ歩きなんかでぶらぶらしていて夜遅かったから、こんなもんかと思うのだけど。韓国に行った時は、お連れから「ハードすぎる」とややクレームがありました(笑)。

まあたくさん歩いたのもあるし、何より暑かったからなぁ。。。


とすると、今回は更に暑いと思うので、もっと休憩を入れないとまずいのでは?とも思ったり。確かに、以前東南アジアをまわった時、初めの国だったベトナムはまだ暑さになれなくて、結構ばててた気がする。

 
うーん。。。。


大丈夫か。

2013年12月20日 (金)

【2013・台湾】スケジュールまとめ

台湾でのスケジュールまとめです。


 
【1日目】
 

・日本出発

・台湾到着

・免税店(ツアーに組み込み)

・士林夜市

・スーパー頂好

 
 
 
 
【2日目】

・市内観光(ツアー)
 →行天宮
  お茶セミナー
  総統府
  中正紀念堂
  民芸品店
  昼ごはん-梅子-
  忠烈祠
  故宮博物院
  足つぼマッサージ-滋和堂-
  金龍民芸品店

・迪化街とその周辺

・夏寧夜市

・西門町(食べ歩き)

・足つぼマッサージ-大脚Y養生館- 
 
・スーパー頂好
 
 
  

【3日目】

・お昼ご飯-金満庁のフカヒレランチ-

・九份

・西門町

・スーパー頂好


 
 
 
【4日目】

・台湾出国

・日本に帰国

・帰り道、ソラマチでごはん

2013年12月13日 (金)

【台湾】九份行き方歩き方帰り方

九份への行き方覚書です。

 
 
今回私たちはバスで九份まで行きました。

ツアーなども検討したけど、高いのと、ネットで調べると自分でも行けそうだなと。また、昼間と夜、提灯が灯った両方の九份の姿が見たいということで、自分たちで時間調整をして出かけることにしました。

 
 

九份へはバス1本で行く方法と、電車&バスを使う方法と2種類あります。

私たちは、1度乗ってしまえば自動的に九份へ着く楽ちんなバスを選びました。というわけで、ここではバスでの九份の行き方です(後半、電車も少し書いてみました)。

 

ガイドブックにはあまり詳しく書かれていなくてですね、少々不親切な印象でした。電車は書かれていても、バスは書かれていないし、電車の行き方もバス停はどのあたりとか、そういったことは書かれていませんでした。あと、帰り方も載ってなかったなぁ。。


 
 
  
 
【行き方】

  
  

大きな地図で見る

↑駅からバス停までの道順。 
 
 

 

まずはMRTに乗って、忠考復興駅へ。

1番出口を出ると、左手に道路を挟んでそごうが見えます。


1387084901665.jpg
 


↑これが駅を出てすぐのところ。

以前のバス停はここをまっすぐ行ったところにあったらしい。今はこれを逆方向に進んでいきます。


以前のバス停と、現在のバス停と、どちらが本当なのか行くまでよくわからず半信半疑という感じだったのですが、2013年12月現在では、復興南路一段という道路沿いにあります。 
 

 
1387084903361.jpg

 

そごう。
大きいです。
 


1387084905205.jpg


駅を出て逆方向を向くと、モノレール?の高架が見えますので、そちらに向かって歩いていきます。


駅出口を出た瞬間、「九份九份?」「安く行けるよ」「タクシー早いよ」などなど、かなりのキャッチがやってきますが全部無視で(笑)。彼らはバス停までついてきますが、ムシムシムシで進んでいきます。


なお、新バス停の場所がよくわからず、キャッチに旧バス停を教えられたというブログも目にしました。旧バス停へ行くもバスが来ない→不安になる→タクシーに乗せるという作戦らしい。気を付けてください。 
 


1387084906273.jpg

↑こっちに向かって進んでください。 

1387084906983.jpg


 
出口逆方向を高架に向かって進み、最初の曲がり角を左に曲がります。そのまま道なりに進んでください。その間もキャッチが色々言ってきますが無視です。

 

1387084908005.jpg
 
 
ほどなくしてバス停に到着。
1062番の「九份・金瓜石行き」というバスが九份に行きます。 


テイスティという焼肉屋さんの目の前にありますので、目印にしてみてください。


 
1387084908900.jpg

 

↑こちらがテイスティ。
赤いお店なので目立ちます。有り難やぁ~( ̄▽ ̄)。

 

1387084909649.jpg


↑1062番確認して乗車!
乗る時、一応運転手さんに確認。 
 
 
乗車賃も色々なうわさがあったのですが、私たちの時は1人100元(約300円)でした。行きは乗車時に支払いましたが、帰りはカードを渡され、下車するときに支払いました。


バス内は観光バスのような作り。
幸運にも3人とも座れたので、1時間ちょっとの間楽々で九份まで行くことができました。 
 
 
  

 
 
バスの時刻表はとくにありませんでした。

九份行きの1062番以外にもいくつか乗り合わせるので、確認が必要です。


 
1度正面には「1062」と書かれていたのに、ドア横に違う番号が書かれた何とも紛らわしいバスが来まして。

先頭だった私たちが乗ろうとして運転手に「これは九份には行かない」と言われ、「???」な顔をしていると、キャッチのおじさんたちが「九份行きはしばらく来ないみたいだ(だからタクシーがおススメだよ)」としきりに言うんですよ。。

一瞬「!?」状態になっていた私たちを見て、親切な地元のおじさんが「あれは違うよ。九份は1062だよ」と、バス停を説明しながら教えてくれたんですが、それを見たキャッチのおじさんたちが「余計なことをするな」と怒っていました…。ゴメンおじさん&教えてくれてありがとうございますヾ(;´Д`A。
 
  

結局30分ほど待ち、ようやく1062番がやってきました。タイミングが良ければすぐに乗れるのでしょうが、結構待ちました。。。 
  
  
 
  
 
 
バス停で待っている間も、続々とキャッチがやってきます。


しーかーもー、かなりしつこい\(*`∧´)/

 

向こうの言い分としては、

・バスだと1時間半かかるけど、タクシーなら40分で着く
・一人200元(600円くらい)

だそうです。


 
ただ、例えば私たち3人組が計600元で行けるかというとそうではなくてですね、何人かで相乗りして行くので、結局他のメンバーが集まるまでは出発しないし、どれくらいの大きさの車に何人乗せられるのか、わかりません。

ちなみに1番熱心に話しかけてきたおじさんのタクシーは、普通のタクシーよりやや大きめでしたが、そこに8人くらい一緒に乗せようとしていたんだよなぁ~。快適なのか、かなりギュウギュウなのか、どうだったんだろうか。。。 
  
 
 
1人200元で、場合によってはバスよりも短い待ち時間で直行してくれるので、便利と言えば便利かもしれませんが、あのがっつき具合を見る限り、私はあまりいい印象は得られなかったな…。取り越し苦労かもしれないけれど、乗ってしまったら追加料金など請求されても文句は言えないので。


タクシー利用を考えている方は、相乗りなども踏まえた上で、よく人を選んで乗るのが賢明かもしれません。
 
  
  
 
  
 
 
【歩き方】
 
 
1時間ちょっと。 
無事九份に到着。 
 
 
途中最寄駅の「瑞芳駅」に立ち寄り、電車で来た方を拾います。時間が良かったのか、曜日や時期が良かったのか、ここでもあまり混雑はしておらず、瑞芳駅から乗車した人も椅子に座れるくらいは空いていました(ここでほぼ満席の状態)。
 
 

 
九份にバスで向かうときは、「九份」とその上にある「旧道」と2か所のバス停で降りる事ができます。



大きな地図で見る


 
山道の上の方が「旧道バス停(A)」で、ふもとが「九份バス停(B)」です。


九份で降りて旧道へ登るも良し、旧道で降りて九份へ下るも良し、見どころだけ見たい方は九份で降りて九份に戻るというパターンもあるそう。 
 
  

私は旧道でおりて九份から乗って帰るのがおススメ。

というか、ほとんどの観光客はそうしている模様です。階段を上る必要もないので疲れなくていいですしね。 
 

 

1387084910775.jpg

 

ここが「旧道」バス停前。
このセブン前で降ろされます。

セブン横の人がいっぱいいるところが、九份への入口。その横には公衆トイレもあります。 
 
 
 
1387084911805.jpg


↑入口はこちら 
道なりに進んで行きます。


1387084912817.jpg

 

この地図は南北が逆になっていますね。

地図によりこんな風に南北が逆になっているので注意。今自分がどこにいるのかわかりにくかった。また、非常に簡素化した地図も多く、とてもわかりにくかったです。

 

私たちはセブン横からスタートし、そのまま道なりに基山街という通りを進んで行きました。

グーグル地図のルートでは九份茶坊手前を右に曲がっていますが、私たちはそのルートに気付かずそのまま直進。九份茶坊をさらに進むと、突き当りに見晴らしのいい景色(上の地図の□のところ)が広がります。海や町並みが見えるので、行ってみるのもおススメ。


突き当りの道は左へと続いているのですが、進めば進むほど寂しい通りに…ライトや提灯も消え、「ほんとにこっち!?」感がどんどん膨らんできました。

  


そう!!

グーグル地図のルートに乗っている、九份茶坊の手前を右に曲がらなければ、よくある九份の通りには出られないのです(´・ω・`)。


 
1387084913601.jpg


↑これが九份茶坊

この先に□マークの展望台があります。そこを引き返して、堅崎路へと入っていくのがおススメ。

 

1387084914967.jpg


□印からの眺め。

暗くなり始めていたので、左手には民家?の明かりも灯りきれいでした。右手には海も見えます。

 

1387084915891.jpg


そしてここが有名な堅崎路へと入っていく道。

上の地図、○印で右に曲がります。目印は左上のこの看板。この黄色い看板が見えたら、路地を右折です。この写真は旧道バス停を背にした方角から見た風景。この写真の奥に□印があります。


1387084916823.jpg


↑おりてくとこ

 
  
 
道中、私たちと同じように「有名な湯婆婆の建物がある道って、どっちですか?」と迷われている方が多数いました。私たちも質問されたのだけど、その時はわからず状態だったので、答えられず…。

九份て、地図に載っているような大きな通り(と言ってもかなり細いです)の他にも、横道がたくさんあって、まるで迷路みたいでした。
 
   
  

 
 
 
【帰り道】


そして帰りは堅崎路をそのまままっすぐ下に降りていくだけ。 
 

1387084917940.jpg


ずーっと下っていくと、この大きな猫が屋根に乗ったお店?が見えます。その目の前がバス停のある道路。  


1387084918860.jpg


コンビニの目の前がバス停。
タクシーもここから乗れます。


猫がいる建物の反対側に公衆トイレがありますが、コンビニにもあるのでこちらを拝借。

コンビニの隣は郵便局でした。 
 

  
 
 
帰りは私たちがコンビニの横に降りてきたときに、1062番のバスが到着。

ダッシュでバスへ向かったのだけど、最後に乗った女の人(乗客)に「このバスは満員だから、もう乗れない」と言われ、降ろされてしまいました。


あまりに急だったので、私たちも降りてしまったのだけど、思い返すとなぜ運転手ではなく彼女が乗車を拒否するのか…。確かに立っている人もいましたが、後ろの方はまだ空間があったので、3人くらいなら乗れたような。


でもこのバスを逃した後、バス停にいた人から「あの人になんて言われたの?」と聞かれたので、他の人も乗車拒否された様子でした。 
 
 
  

 
その後20分ほど待って、ようやくバスが来ました。

瑞芳駅行きなどもあったので、電車で帰る方もタクシーだけでなくバスで駅まで向かうこともできるようです。
 
 

1387084919884.jpg
 
 
 
帰りはガラガラだったので、座って帰ることができました。

このチケット↑を乗車時に受け取り、下車時に100元支払う仕組み。来るときと同じく、忠考復興駅で降りられます。こちらが終点のよう。
 
 
 
帰りはバス情報がよくわからず、もしいいバスが無ければ電車で帰ろうかと話していたのですが、運よく1062番に乗れ、行きと同じく1本で帰ってくることができました。ラッキー。 
 
   

 
★追記★
 

2014年夏に行ったときに思ったことなど。


時刻表(ネットで検索すると出てきますが必ずしも正確ではない)を見ると、夕方の17時頃までは比較的台北に向かうバスの数があるのですが、その時間を過ぎると一気に本数が減っていました。駅へ向かうバスは比較的あるのですが、台北へ向かうバスの数が少ないです。

多くの観光客はライトアップした九份も見たいわけですから、17時以降に帰る人も多く、そうすると本数の少ないバスにたくさんの人が乗ろうとするため、定員オーバーで乗れないということも。


2013年12月に行ったときは、1本乗り過ごして2本目で運よく乗れたのですが、2014年8月に行ったときは、やってきても定員オーバーで停車すらしてもらえず、結局2時間待ちました(それでも来なかったのでタクシーで台北まで帰りました)。

季節によって観光客の数も違うので、夏は混んでいたのかなーとも思いますが、2時間も待つのならサッサとタクシーに乗って帰るか、コンビニ&郵便局前のバス停ではなく、1つ前のセブンイレブン前の「旧道」バス停から乗った方が賢明です(階段を下りたところのバス停ではなく、階段を上ったところのバス停)。

 
タクシーは台北までが一律1000元。
バスよりは割高ですが4~5人くらいまでなら乗れるので、その人数のグループの方や急いでいる方、現地のバスが混んでいて中々乗れない方はタクシーに乗ってしまった方が良いと思います。

行きの呼び込みタクシーよりは断然雰囲気も良かったですし、到着後変な値上げなどもなく何よりバスよりもあっという間について快適でした(それでも一応乗る前に値段はしっかり確認した方が良いと思います)。そして次の目的地まで行ってくれるので、移動が少し短縮されるのも楽ちんで良かったです。 
  

 
また4名以下の場合ですが、同じように何時間もバスを待っている場合。そろそろタクシーに乗ってしまおうか・・・という空気がバス停に流れます(笑)。日本人観光客も多いですから、隣り合った同じ空気を発する人に声をかけて、乗り合いをしても良いかもしれないと思います。

同じように、「えー、また定員オーバー!?せめて停まってくれよ・・・一体いつになったらバス乗れるんだよ・・・というかいつバス来るんだよ・・・(´□`。)。でも〇人じゃタクシー高いし(-_-)!!!」という人、必ずいると思います(笑)。

危なくなさそうな人(女性なら同じ日本人女性のグループなど)だったら、思い切って声をかけてみては?
 

 
 
 
【電車の場合】


電車の場合も少しだけ。
もっと詳しく紹介しているサイトやブログなどもあるので、そちらも参考にしてみてください。

 
 
電車で行く場合は台北駅からの出発。

九份の最寄駅、「瑞芳(ルイファン)駅」までの乗車券を買います。特急で30~40分、急行で40~50分ほど。値段ももちろん異なります。


切符はインターネットで事前購入の他、窓口でも購入可能。私たちはもし電車で帰る場合は窓口購入にしようと思っていたので、特に予約などはしていませんでした。
 

窓口では、

・乗車日
・行先(行きは「瑞芳」、帰りは「台北」)
・列車の種類
・枚数
・片道か往復か
・発車時刻

を告げると発券してくれます。メモを見せての購入も可。今回は実際に駅で購入はしなかったので、詳しい様子はわかりません、すみません。

 

乗車券を買ったら、掲示板などでホーム(月台という)を確認し、列車に乗ります。指定席の場合はその席に、指定ではない場合は空席に座ってもいいそう。


瑞芳駅で降りたら、駅前広場の向かいにあるバス停へ移動。「1062番・九份-金瓜石行き」に乗って20分弱で到着です。ここから乗るバスは、私たちが台北から乗ったバスと同じものですので、下車時は「九份」または「旧道」で降りてください。

2013年12月10日 (火)

【台湾】3日目-バスで九份へ行ってみた!!

お腹も満たされ、続いて九份に出発です。
 

九份へはバスで1本で行けるとの事で、今回はバスを使用しました。ほかにバスと電車で行く方法などがあります。

九份への行き方は、こちらにまとめてあります)
 
 
 
 
九份へのバスが出るのは、忠考復興駅前のバス停。

1番出口から出ると近いです。 


 
1387083640513.jpg

 
1番出口の向かいには大きなそごうがあります。出口を出て逆方向へ向かい、高架がある方向へ向かいます。


1387083642798.jpg


↑この方向です


1387083644294.jpg


曲がり角を左折して直進。
ほどなくして、バス停が出てきます。


1387083644841.jpg


↑この通り。
高架と同方向に歩いていきます。


1387083645598.jpg


↑こちらがバス停。
九份へは1062番のバス、「九份・金瓜石行き」に乗っていきます。


1387083646135.jpg


バス停は、こちらのテイスティ↑という焼肉屋さんの前にありますので、目印にするといいかも。
 

 
忠考復興駅を出た瞬間から、ものすごいキャッチの方々がおり、少々げんなりです。かーなーりぃー、しつこいヽ( )`ε´( )ノ。

1人200元でタクシーにて送ってくれるそうですが、ある程度人数が集まらないと出発してくれません。つまり相乗りです。

 
 
バスの待ち時間は10~45分と、なんともアバウトな情報でしたが、私たちは30分ほど待ちました。

このバス停、九份行き以外のバスも来るので、乗車の際はちゃんと番号と行先を確認してください。キャッチのおじさんが、余計なことを言って不安をあおってくる場合もあるので、注意。 
  

 
1387083646852.jpg


バス来た!!!

行先を確認、乗車時に100元支払いました。


この運賃も、ブログによって書いてある値段が違っているんですよね…。大体100元前後が多いけど、なんでこんなに値段が異なるのだろうか(# ̄З ̄)。

 

1387083647444.jpg


バスの中はこんな感じ。
公共バスというよりは、観光バス的なつくり。


幸運にも3人とも座っていくことができました。ラッキー★

道中1時間以上ありますので、座れるか否かは結構大事。しかもバスはかなりのスピードを出していたので、そういう意味でも大事。立ち乗りはきつそう…。

 

1387083649082.jpg


しばらく街中を走った後、高速に乗ります。


 
1387083649720.jpg
 
 
 
高速を降りて、ここはどこだろう?

だんだん田舎っぽい雰囲気になってきました。

温泉街みたいだなー。


 
1387083651024.jpg


ここが九份最寄駅の瑞芳駅。

電車で行く場合はここからバスに乗ります。台北から1本で来るバスと、最終的には合流するのね。


駅前は小さな広場というかロータリーがあります。その向かいがバス停。

軽井沢駅みたいな雰囲気です。 
 
 

1387083651665.jpg


線路走ってる。

 

1387083652576.jpg


↑旧道バス停をおりたところ


九份へ行く場合、バス停は2か所あります。山の上の方にある「旧道」、ふもとにある「九份」。

多くの観光客は旧道で降りるようです。
階段など下りながら観光できるので、あまり疲れずに済みます。

九份で降りる場合は、登りで旧道バス停まで行くか、また九份に戻ってくるというパターンのようです。 
 

 
1387083653136.jpg


ここが入口。
ものすごい人だー。


セブンの横が九份の通りの入口ですが、その通りを挟んだ向かいには公衆トイレもあります。ペーパーなどはありません。
 
 

1387083653922.jpg


凄い人ー!!!


1387083654642.jpg
 


1387083655642.jpg


怪しげな看板発見。

魔術って、マジックのこと…!?!?
トランプなど売っていました。


1387083656243.jpg


怪しい路地もあちこちにたくさんあって、迷路のようです。


1387083657167.jpg


1387083658600.jpg

 
お祭りの屋台を見ながら歩いている感じというか、浅草の雰囲気もあるような、ごちゃごちゃ感がいいですね。

でもいわゆるアジアな感じ…ともまた違うんだよなぁ。不思議な魅力満載です。


1387083659382.jpg


かわいいマスク発見。
アンパンマンいいですねぇ~。

Hちゃんがおみやげにいくつか購入していました。


この通りには、お土産屋さんや食べ物やさんなどが並んでいます。
 
 
こういうのを見ながら行くのも楽しいですね。  
 
 
1387083660244.jpg


こちらはHちゃんのガイドブック(まっぷる)に載っていた、おやつ。

右に見える茶色の四角い塊は、ピーナツが入った飴。それを鉋で粉状に削ったものを、クレープのような皮の上にまぶします。その上にアイスとパクチーを乗せ、くるっと巻いたら出来上がり!!


ガイドで見た時、おいしそうだなぁと思い。

アイス食べると寒そうだったけど、食べてみることにしました。 
 

1387083660863.jpg


中身はこんなん↑。

パクチーは言うと抜いてくれますし、「写真撮る?」と、お姉さんは手慣れた様子で写真撮影にも応じてくれます。 


1387083661775.jpg


とってもおいしー!!!
ただやっぱり夏に食べたほうがいいですね…寒い( ̄▽ ̄)。


カリカリの飴と、甘さ控えめのアイスがなんとも言えないハーモニー。周りの生地ももちっとしていておいしいです。

このアイスは一体何アイスなんだろう?
ちょっと灰色みたいな色なんですが…まさかタロイモではないよね? バニラ…でもなく、もっとあっさりしています。 


ちなみにこのクレープっぽいお店は、旧道から入ってわりとすぐのところにあります。もう1件あったような気がするんですが…、とにかく旧道近くにしかなかったので、食べようと思った方はその場で決めたほうが吉。
 
 
 
1387083662797.jpg


鼈甲飴。
お祭りみたいですね。 


1387083663435.jpg


↑なんかレトロでいいですねぇ(・∀・)。
タイムスリップしたようです。

 

1387083664334.jpg


出たー!あの卵。 
 
大なべで煮込まれていますよ~。
きっと国民食なんだなぁー。 
 

1387083665052.jpg


温泉卵的な立ち位置に見えますけど、普通に台北のコンビニにも売ってますものね。


 
1387083665975.jpg


こちらはお餅屋さん。
この草餅も人気だって、ガイドに書いてあったなぁ。


1つ10元(約30円)で、パック入りもあります。
お店の奥でお姉さま方がせっせと草餅作り。
 

どうなのかなぁ、でも名物だったらおいしいのかなぁ。と、店先で観察していると、台湾の方々が次々と購入。まさに飛ぶように売れていきます。

 
Hちゃんが1つ買ってみる!とのことで、店先でどれにしようか悩んでいると、横から20個まとめ買いしたお兄さんが「これが1番おいしいよ」とおススメを教えてくれました。それを見たお店の人も、「確かにこれが1番人気あるわね」と。

 
 
というわけで、Hちゃん実食。


ウゲェ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! 


中に入っていたのは、こしあんでも粒あんでも白あんでもなんでもなく、切・り・干・し・大・根!!!


シラスのような、ちょっとパサっとした切り干し大根が中にぎっしり。。。私とYも味見したけどギブアップ…。結局完食できず…。すみません(´・ω・`)。 これはちょっと私たちの口には合わなかった。。。 
 
 
 
 
  
 
 

気を取り直し、こちらはエビせん製造マシーン。

味見もできます。


1387083666560.jpg


1387083667510.jpg


ポンっと出てくる。
店のおじさんは呼び込みをするでもなく(笑)。


1387083668942.jpg


つんつんした飴。


1387083669868.jpg


カラフルー。
 
 
 

 
  
 
ハンコ屋さん出現。

何故か私たちが利用した(というかHISの下請けで、空港送迎と市内観光を担当)ナルワントツアーのシールがたくさん貼ってある(笑)。なぜなぜ??


ナルワントも、九份ツアーを勧めていました。
日本から申し込まなくても、初日のバスの中や市内観光の時に申込みもできるようです。


半日で1400元。
昼間のツアーと、夜のツアーとあるようです。


そいえば、九份を歩いていてもツアー中と思しきナルワントシールを貼っている方々がたくさんおりました。 
 
 
 
1387083670786.jpg

 
 
1387083671809.jpg


犬。
アジアらしく、野良犬は日本よりもいますが、タイやカンボジアなど東南アジアに比べると少ない印象。

この写真の犬は飼い犬ですもちろん。

 

1387083672733.jpg

1387083673681.jpg


↑これは何…でしょうね。。。

見た目はぶよぶよしていて、大きな円形のナゾの物体。 

1387083674603.jpg


こんな怪しい通りも、千と千尋の神隠しっぽいですねぇ~(´▽`)。

 

1387085889931.jpg


ここも気になる通りです。

ほっそい脇道なのに、人が結構行き来しております。
 


1387085894243.jpg


こちらは「九份茶坊」。

よくガイドブックなどに載っています。が、今回はパス。
 
 

1387085897359.jpg


先ほどの九份茶防を通り過ぎてまっすぐ進むと、突き当りに出ます(左に道が続いている)。

そこからは右手に海と、左手に民家?が見えます。


わ~、いい景色。
まだ完全に真っ暗になっていないので、奥の海も見渡せる!!


一つ残念だったのは、塀の外側にやたらと光る電灯というか蛍光灯がついていましてね…。写真を撮ると反射して白いスジが写りこむという。。。うーむ(´д`)

 

1387085898502.jpg


右手が海。

 

1387085899198.jpg


こちらは果物をしぼってジュースにしていた、ジュース屋さん。

この黄色いの、なんていう果物だろう?


やや細長いレモンのような形をしていますが、色はオレンジで大きさは金柑くらい。ちょっと気になります。

 
 
 
 
 

1387085900690.jpg

 
   
先ほどの突き当りは左へと道が続いているのですが、行けば行くほど提灯の数が少なくなってきました。

お店の数もだんだんとすくなくなり…。本当にこっちでいいの感が強くなってきまして。 
 
 
 
 
さっきの展望台のちょっと先にある、標識のところまで戻ってみるも、公園とかばっかりで知りたい標識がない。

うーん?
湯婆婆のお店があるところとか、どこにあるんだろ?

 
 
 
うろうろしていると、同じように日本人女性グループに「湯婆婆の建物ってどっちですか?」と聞かれました。 
 
「私たちも迷ってしまって、いったんここまで戻ってきたんです」と伝えると、「じゃあ私たちはこの先も行ってみます」と、そのまま進んで行きました。 
 
 

 
………うう。 

迷ったーーーー\(;゚∇゚)/
  
  
  
 
1387085901625.jpg


 
とりあえず、地図を確認。

九份の地図って簡易すぎてわかりにくい。。。実際は地図に書かれているよりもたくさんの路地があるし、大通りっぽく書かれている通りも大して大通りではない上に、横道に続く路地と大きさが変わらないため、どこがなんの通りなのかわからない。。 
 
  

 
先ほど通り過ぎた「九份茶坊」はどのガイドでも載っていることが多く、目印になります。

どうやらその先(つまり来た道を戻る)に、曲がり角があって、そこを曲がると湯婆婆のお店に続く階段に出るらしい。 
 
  
と、いうわけで来た道を戻ります!! 
 


1387085902645.jpg



道順に来ると(この奥が九份茶坊)、左上の方にこの黄色い看板があります↑。これが目印。

この看板があるところは、通りを横切るように細い階段が通っていまして。それを右に曲がると湯婆婆のお店がある通り(というか階段)に入っていきます。 
 


1387085903575.jpg


思えば、この道ってさっき「なんか気になる道だわぁ~」って言いながら写真を撮った道だ。。。

ここを曲がればよかったのか。


1387085904481.jpg 
 
 
千と千尋っぽいですね。


1387085905401.jpg


 
1387085906322.jpg


なぜかバス停が。
昔使っていたものなのでしょうか?


1387085907093.jpg
 
 
 
ここが湯婆婆の館のモデルとなったと言われているお店。「阿妹茶樓」です。

ていうか、思いっきり「湯婆婆の屋敷」って書いてある(笑)。
  


1387085908075.jpg


1387085908882.jpg


1387085909609.jpg


阿妹茶樓の入口までは入ることができまして(ちょっと遠慮気味に)、提灯など近くで見られます。下から見るのと、またちょっと違った雰囲気。


ここでお茶しても良いのですが、結構値段が高かったのと、まーいっかーということでパス。

テラス席は眺めも良いとガイドにも載っていて、それが見られないのはザンネンかもーという話はしていたのですが、ここでお茶を飲んでお腹ががぽがぽのなるのは、帰りのバスが怖い。。。


うんでも話のネタに、1度くらいは入ってもいいかも。
 
 

1387085910597.jpg


1387085911592.jpg
 


この辺りはよく写真などでも見かけるところかな。

雰囲気がありますね。 
 
 

1387085912678.jpg

 
 
湯婆婆の店前にある階段をひたすら下っていくと、帰り道です。

来た時に通り過ぎた、「九份」バス停があるので、そこを目指します。 
 
 
 
1387085913397.jpg

 

急激にさみしくなってきた(笑)。 

 
この少々薄暗い階段をさらに下ると、車が通っている道に出ます。左手に屋根に大きな猫が乗ったお店?(私たちが通った時は閉まっていたので、何の店かはわからず)が出てくるので、それを目印に。


1387085915258.jpg


その猫の店の左手にコンビニ(その隣は郵便局)、右手には公衆トイレがあります。バス停とタクシー乗り場は道路を渡って左手。
 
 
1387085914411.jpg
 
 
 
私たちは提灯が灯ってぶらぶらし、ここを出たのは7時前後くらいでした。

薄暗くなってきて、街灯はついても中々提灯はつかないんですよ。もったいぶっているのか(笑)。お店のおじさんに「提灯はもうちょっとだから、まだ帰らない方がいいよ」なんて言われました。

 

バス停がある通りに着いてすぐに台北行きのバスが来たので、ダッシュで乗り込もうとしたのですが、最後の乗客に「満員だからもう乗れない」と言われ、出されてしまいまして。。。

同じように追い出された方がいたらしく、バス停で待っていると「さっきなんて言われたの?」なんて声をかけられました。

  

そんなわけで思いのほか時間ができたので、コンビニでトイレを拝借し、バスを待つことに。

駅に行くバスや、金瓜石行きのバスをやり過ごし、20分ほど待ってようやくバスが来ました。こちらはガラガラでしたので、3人とも座って帰ることができました。


 

1387085916156.jpg


 
帰りは先払いではなく、後払いでした。

乗る時にこちらのカードを受け取り、帰りに返します。

 
 
帰りも行きと同じく1時間ちょっとで忠孝復興駅に到着。

行きのバス停ではなく、そこをもう少し進んだところで降ろされました。反対車線で降りるのかなと思ったら、同じ車線でした。 
 
 
 
ライトアップされた台北101がチラリと見えましたが、キレイでしたー。 
 
 
 
 
 
不安も色々ありましたが、無事にバスにて九份に行って帰ってこれました。 
 

電車もいいですが、1本で行けるバスは楽ちん。
個人的にはおススメです。

 
千と千尋気分も満喫できて、良かったです。
ノスタルジックな感じがステキだったわーヽ(´▽`)/。もっとじっくり写真を撮りたかったです。 
 
 
  
 

では、最後の夜歩きに出発です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ