世界の時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウントダウン

フォト

・山

2015年8月 8日 (土)

【グアム】マリンシューズとシュノーケル

エコアドベンチャーのハイキングに参加予定の父と弟。


汚れても良い服装・運動靴での参加と書いてありましたが、川歩きコースのため靴がぐちゃぐちゃになるとのこと。

マリンシューズで参加したという人がいたので、そうしようということになったのですが、肝心の2人のマリンシューズがない。2人のものは以前海に行ったときに壊れたらしく、既に捨ててしまった後でした。。。 

海に行くときも使うしということでアマゾンで注文。

  

↑ざっと見て、これに決定


マリンシューズは1300円前後からあるようですが、靴のサイズや色によって値段が違うということも。

これではなくもっと靴っぽいデザインのものがいいとの事でしたが、配送が間に合うものを選んでいたらあまり選択肢がなく、結局これになりました。でもレビューの評価は良さげ。

確かにマリンシューズというよりは、ダイビング用のシューズっぽいデザインです。

 
  

ついでに弟のシュノーケルも注文。

私は自前のものがあるのですが、これまで家族でシュノーケルをしに行ったときに、シュノーケルを使っていたのは私だけで、父&弟はゴーグルでシュノーケルをしていたんですよねぇ・・・(苦笑)。

安いんだから買っても良かったのに、なぜか家にあったゴーグルで息継ぎをしながらシュノーケルをしていた2人。すごいな。


父は今回シュノーケルはしないかもとのことだったので、弟はついにシュノーケルを購入(笑)。

昔に比べ種類も増えているし、ずいぶん安くなったんだなぁ。安いものは水が入ってきてしまって使い物にならないと思っていたけど、今は手軽なものでもしっかりした作りのものがあるようです(それでも安すぎるのはイマイチだと思う)。

特に、シュノーケルの先にちゃんと弁がついているのがすごいなーと思いました。昔はお手頃用と言えばただの筒状のもの(水が入り放題のタイプ)が多かったような気がする。

 


シュノーケルも色々あって逆にどれが良いのかわからないので(本当は現物を見ないとわからない)、評価が良さそう&人気のものかつ配送が間に合う物ということで、こちらを注文。

ダイビング用のを買うときなんかは、顔にマスクをくっつけて鼻で息を吸い、顔にピタっとくっつくものがサイズが合っていて品質的に良いと教わったけど、こういう包装されているものやネットで買う場合は試せないですからね・・・。レビュー頼み!! 
 

それにしても、シュノーケルグッズは「リーフツアラー」というメーカーのものばかりが出てくる。有名なのかしら。 
 
 
  
 

ついでに、も1つ気になるもの。
 


これ!
と、一緒に使うのはこれ↓!



先端に穴が開いておりまして、そこに箱メガネを設置しますと、シュノーケルを使わなくても海の中が覗けちゃう!!というものらしい。

すごい~。
こんなものがあるのかぁ~。

これなら泳げない人や、小さな子供でも楽しめますね。機会があれば、やってみたいです。 
  
 
 
 
 
 
 
 
明日の出発までに配送間に合うかな。

準備しなきゃ。

2015年8月 4日 (火)

【グアム】OP予約完了

オプションの予約が完了しました。

悩んで悩んで、決まったのはこちら。

 
 

ジャングルハイキング・エコアドベンチャー


グアムのジャングルの中を歩く、ハイキングツアーです。見たところ山歩きはこのジャングルハイキング2種と秘境探検2種の計4種あるようで、難易度はジャングル<秘境探検。

秘境探検の方は洞窟プールなどもあるようで、ジャングル&洞窟を歩きたいと言っていた弟は始め秘境探検の方を希望していたのですが、
 

・歩く時間や距離、難易度は秘境探検の方が上
・同行する父はキツイのが嫌
・弟も運動不足の為、秘境探検に不安を感じている
・洞窟プールは楽しそうだけど、ビショビショになるのが不安


ということで、結構悩んでエコアドベンチャーになりました。

ついでに、秘境探検の方は他の方のブログを見るとお昼はおにぎりなのですが、エコの方はガイドブックによく載っているパイレーツコーブでのハンバーガー付き。秘境はエコの1.5倍の料金なのに、こんなにお昼に差が(笑)。行程が長いから、お弁当じゃないと多分間に合わないのかなと思いますけども。


第一希望の潜水艦を連呼していた父だけど、第二希望がジャングルクルーズだったので、同じジャングルつながりでこれでもいい?と聞いたところ、やや渋っていたけどOKとのこと(フィッシュアイに行くということでOKした)。

こちらは参加日が偶数か奇数かでコースが変わるようで、奇数だと洞窟探検(秘境探検の洞窟とは別なのでたぶんプールはない)、偶数だと川歩きとのこと。

私たちが参加するのは偶数日なので川歩きコースです(弟も了承済み)。 
 
 
ちなみに、ベルトラやてるみくらぶのオプションなど見比べていたのですが、秘境探検はどちらも110ドルだったものの、エコアドベンチャーはベルトラだと70ドルですが、てるみからだと63ドル。2人分で14ドル分とかなりお得です。

てるみくらぶでツアーを予約していない人でも申し込めるので、かなりおススメです。

 
あ、ただ私達が泊まる「アクアスイーツグアム」には迎えが来ないので、最寄のヒルトンまでタクシーで来てくれと言われました(;´Д`A ```。

レオパレスみたいにめっちゃ遠いわけでもないし、というかヒルトンまで車で5分なんだから、来てくれてもいいのにと思うのだけど・・・。バスとか停まらないから不便だというのに、その上タクシーで来いってなんだかなぁ(本音が漏れたよ)。

一応レンタカーが確保できたので、送迎は私達でやる予定です。 
 
 
 
 
 
 
セスナ体験操縦


もうひとつはセスナになりました。

これは私が行きたいなぁ~と思っていたもの。まぁー間を取って皆でジャングルクルーズとかでも良かったのだけど、弟がジャングル行きたいといいだし、ハイキング・トレッキング系は私も母も行かないので、それなら好きなのやってもいいかなと。 
 

また、これもてるみくらぶのオプションで、安いセスナ体験があったのも決めた要因です。

大体セスナは120~300ドルのものが多いのですが、その内訳は参加する人の年齢が低いかどうか(小さな子供でもできる!のですが、小さいほど高い)、操縦時間の長短、経験者がもうちょっと難易度の高いものをやるかどうか。などなど。

あとびっくりしたのは、同乗者2名は無料で乗れるということ!


セスナはナスカの地上絵を見た時に乗ったのですが、機体が小さい分決して乗り心地がいいものというわけではないんですよね(特に後ろに乗る人)。私はその時酔い止めを飲んでいたので特に酔わなかったのですが、一緒に乗り合わせた男の子はグロッキー状態でした・・・。

そんなわけで、後ろに母が乗る予定もあり、操縦時間はそんなに長くなくてよいなと。で、1番短いフライト時間のものが95ドルでした。

これはベルトラには載っていないので、ちょっとだけセスナを体験してみたいわ!なんて人にはおすすめです。 
 
 
 
 
 
 
【おまけ・フィッシュアイマリンパーク】


母と父に自分で行ってもらいます(笑)。

ツアーもあるのだけど、ランチ込みで36ドル。ランチがあるから時間は1つしか選べないのだけど、わが家が行きたいのは午後&自分で行った方が安いということで、自分で行ってもらいます。


今回父が海で泳げるかわからんということで、潜水艦を希望していたのですが、それがかなわなかったためこちらを勧めました。

私と弟が海で泳いでいる間に、行ってきてもらおうと思います。

2013年10月29日 (火)

【セコイア国立公園】2日目ーセコイア国立公園へ

今日はいよいよセコイア国立公園へ出発です。

私にとっては、今回の旅のハイライト。唯一の私の希望です。


ツアーの会社により、朝7時にピックアップ。今回は私と母の2人だけの参加ですが、この会社ではセコイアに関わらず、1ツアーMAX9人まで行けるそうです。ミニバンなど借りれば、20人までOK。


さてさて。
ロサンゼルスからは、片道およそ4〜5時間。300キロ程離れています。


道中は基本的には田舎道や山路を走行しますが、途中に見えるオレンジ畑がすごかったです。広大な土地にモッサモッサとどこまでも続くオレンジの木。私は初めて見たのですが、幹の部分が短いというか、枝や葉に覆い隠されていて、まるで大きな植木のようです。


オレンジの他にもぶどう畑やオリーブ畑、石油の採掘などいろんな景色が見えます。ロスの街並みから一変するので、おもしろい。


途中スタバで休憩を挟み、フリーウェイを降りていよいよセコイアへ。

ロスも寒かったけど、こちらもかなり肌寒い。数日前には雪が降ったようで、入口にてチェーンの有無など聞かれました。


1383127514121.jpg


↑入り口

結構大きいです。
これもセコイアの木を使ってるんだって。

昔はこの土地にもネイティブの方が暮らしていたそう。


1383127522658.jpg


↑続いてビジターセンターへ

ミニミュージアム付きです。
少ないですが、お土産も少々売っています。


1383127527445.jpg


↑これがセコイアの種

セコイアは杉科なんだそう。
松ぼっくりみたい。なんにせよ、世界最大の生き物に成長する生物の種がこの大きさとはびっくり。


1383127532259.jpg


↑こちらは別の種類の松ぼっくり。

横についているカサ?はグラグラしていて、ポキと折れそうな感じ。

そういえば小学校の校長室の前に、「アメリカの松ぼっくり」と題して、こんな感じの松ぼっくりが飾ってありました。あの時の松ぼっくりは、これと同じ種類だろうか。


1383127536970.jpg


↑こちらが昔の看板
色を塗ったのは最近だそう。


1383127542165.jpg


↑岩トンネルです

昔はこの下を車が通れたらしい。今は通行止め。ザンネン。

この岩の上に登ることもできます。


ここでホスピタルロック横のピクニックエリアへ。

お昼の詳細が書かれていなくて尋ねたところ、持参か途中で買うか、レストランかと案内されました。持参もいいのでは?と言われていたのでそうしたのですが、持ってきた人は初めてらしい(笑)。普段は道中のメキシカン料理屋さんに注文して、それをお昼にするのだとか。もしくは、公園内にある唯一のホテルにあるレストランで食事が可能だそうです。


同じ国立公園でもヨセミテの方が飲食店の環境は整っているそうです。レストランや商店や売店だけでなく、飲み物を売っているところもありません。レストランを利用しない場合は、それなりに準備が必要です。なおピクニックエリアはBBQもできるそうです(これはちょと意外)。


1383127547414.jpg


↑後ろにはモロロック


本当ならモロロックも登る予定だったのですが、今日は雪の為通行止めだそうで、そちらは中止に。ざんねん〜(;´༎ຶД༎ຶ`)。

個人的には、モロロックよりもセコイアの木をくり抜いたトンネルなどが見られないのがザンネンでした。それらはモロロック方面にあるそう。


1383127552241.jpg


↑こちらはホスピタルロック横にある場所。

かつてネイティブアメリカンの方が、ここでドングリをすりつぶしていたそう。食用だったんだそうです。後ろは崖というか急な坂というか…結構危ないところにあります。


1383127557721.jpg


↑ホスピタルロック入り口


1383127562669.jpg


ホスピタルロックには、赤い象形文字のようなものが描かれています。一体なんて書いてあるのだろうか。ガイドさん推理曰く、何か薬などの調合を記したのではないかということです。ちょうど岩の下は影になっていて、雨風をしのげる場所なので、そこで治療などしたのでは?と。あくまで推理の一つです。


1383127567279.jpg


↑続いて川へ行きます


1383127572808.jpg


↑モンスターボールみたいなドングリ?発見!!


1383127577927.jpg


↑ナニコレ珍百景な岩も発見

ここの他にも、よく崩れないなーというような大きな岩がゴロゴロ。


1383127583283.jpg


結構流れが早いです。
丸みのある大きな岩ががたくさん。水もキレイです。


1383127588681.jpg


では、メインのシャーマン将軍の木を目指します。

先ほどのホスピタルロックから更に山を登っていきます。段々と雲も暑くなってきました。そして雪も。進めば進む程、どんどん雪も深くなって行きます。シャツに薄手のセーターにパーカーなんですが、外大丈夫だろうか꒰。・ω・`;꒱。。。。


1383127594003.jpg


↑シャーマン将軍のトレイル


ここからトレイルスタート。
みんなめっちゃ厚着してるー(;ω;)。手袋だけお借りしたのですが、寒い!!


行きは緩やかな下り。
雪かきを一部してくださっていますが、氷状の部分もあり、滑りそうで怖い。


でも、うっすら雪をかぶった木々はこれまた幻想的でキレイ。空も曇っているのですが、この情景なら全然アリです!! 晴れは晴れできれいなのだろうけど、雪景色も中々ステキだー♪


1383127599228.jpg


進みます。


1383127604554.jpg


ずんずん進みます。


1383127609980.jpg


↑この広場、シャーマン将軍の直径と同じ長さなのだそう。広いねぇ。


1383127615102.jpg

1383127619504.jpg


↑そしていよいよシャーマン将軍の木!


確かに大きい〜。
これが世界最大の生き物だそう。クジラよりも大きいんだからすごい。

写真だとわかりにくいですが、人と比べるとわかりやすいと思います。上の方についている枝でさえ、枝とは思えない大きさです。


シャーマン将軍の木は、これを取り囲むようにしてトレイルができていますので、後ろから見ることも可能。落雷により落ちた、大きすぎる枝は目の前で見られます。ちなみに囲いがしてあり、シャーマン将軍の木に直接触ることはできません。


1383127624111.jpg


1383127629546.jpg


↑幅の図
とんでもない。


1383127633534.jpg


↑これが折れた枝。
枝じゃないよね、木だよねこれ。


1383127638151.jpg


セコイアの木は表面はふかふかと柔らかく、反対に木の中心部はとても硬いそうです。

またタンニンを多く含むことから、腐りにくいのだとか。それなら家を作る材木に向いているのでは?と思うのだけど、ヒビが入りやすいんだって。

ちなみに、このセコイアの木が生息する為には豊富な水とある程度の標高が必要だそうです。そういったこともあり、生息地が限られているのだそう。


1383127642557.jpg


↑奥にも道は続きますが、時間により少し進んでUターン


1383127647255.jpg


入口からずーっとまっすぐ行くと、Y字路にぶつかります。それを右へ進むとシャーマン将軍の木なのですが、左へ行くと、この双子セコイアの木が見られます。こちらはタッチ可能。

穴のように黒くえぐれた部分がありますが、落雷の跡だそうです。


1383127651314.jpg


こんなに大きな木なのに、意外な事にセコイアの根は浅いのだそう。

それじゃあどうやってあんなに大きな体を支えるのかいうと、縦ではなく横に根が広がっているのだそうです。

よく行かれた方のブログで、この大きな根っこと一緒に写真を撮っているものを見かけますが、今日はそう言った事はありませんでした。車窓からそれらしいものは見たのだけど、降りてそばに行ってーというのはなかったなぁ。ちょっとザンネン。


1383127655036.jpg


↑こちらは囲いがないのでさわれます。


セコイアの木、本当にフカフカしていました。
コルクのような、コルクとはまた違った柔らかさというような。叩くと中身が詰まっていないような、ポコポコという音がします。

おもしろいです。


1383127659746.jpg


↑雪を恐れずにだきつく(笑)


1383127663859.jpg

1383127667732.jpg


↑表面には毛のようなものが生えています
モフモフ…まではいかないんだけど、ファサファサしてる。


1383127672852.jpg


↑誰かが作ったのかな? 雪だるま。


ここでシャーマントレイルは終了。

この後ミュージアムと別のトレイルのどちらがいいかと聞かれ、寒かったけどもトレイルを選択しました。ビッグツリートレイルです。


1383127677325.jpg


ビッグツリーは、開けた原っぱのようなところをぐるっと1周するトレイル。

ここはほとんど雪かきがしていなかったのと、時間もなかったので1周はせず入口付近の木を見学してきました。ここはさっきのシャーマントレイルよりもセコイアの木が多い気がする。大きな木も多いです。囲いがないところも多いので、触る事もできます。


1383127682375.jpg

1383127686060.jpg


↑コケが生えている木もたくさん


1383127689921.jpg


↑セコイアの隣にある木。
これはこれで大きいのですが、やっぱり小さく感じる。


•**••**••**••**••**••**••**•


これにてセコイア国立公園は終了。

あっという間、感動した!
天気が崩れたのは残念だったけど、幻想的な雪景色が見られたのはとても満足です。


ただ、ちょと物足りない感じも。
予定は9時までだったのですが、帰宅は7時過ぎでした。雪で通行止めなど仕方ないこともあるけど、もっと色んなトレイルをゆっくり見てみたいなぁ。今度の宿題にします(*^▽^*)。


それと、防寒対策は必須ですね。
まだ雪が降るには早いそうですが、今の時期最悪雪が降ればこれだけ寒いよーというのを教えて欲しかったかな。事前に聞いた時は、雲があれば肌寒いくらいにしか聞いていなかったので。。。

自分でも気温など調べていたけど、入口と標高の高いところと何カ所か温度計があり、場所により全然温度が違うのだそう。私が調べていたのは低い標高の気温だったようで、予想以上に寒かったということでした。

雪が降る可能性がある時に行かれる方、防寒と防水性のある靴を準備して行かれることをオススメします。


•**••**••**••**••**••**••**•


帰り道、安くてオススメだという無人のフルーツ販売所に立ち寄りました。


周りはオレンジ畑だらけ。
そこで採れるオレンジの他、今日は柿とザクロもありました。畑の熟れたオレンジを食べた鶏が生んだ卵とやらもたまにうっているそうですが、これが中々おいしいそうです。


1383127693708.jpg


↑オレンジスタンド・かわえぇ。


1383127697738.jpg


↑大きないちじく(75セント)とオレンジ(4つで1ドル)を買ってみました

2013年1月 1日 (火)

【高尾山】初詣に行く

あけましておめでとうございます(゚▽゚*)。
2013年が始まりました!


このブログをスタートしてから、半年ちょっとが過ぎましたが…。未だ思うように過去記事を書き終えていないというなんともなブログです(ノ_≦。)。

本当はもう少し、週に○度とか書く日を決めてちょこちょこアップしたいなぁなんて思っているのですが、写真のこととか、書きだしたらあれもこれもだったりとか、中々サクサクとは進まずです。

とりあえずはリアルタイム旅(もあと何回行けるかナゾですので)を優先して、気長にのんびりと書いていこうと思っています。


というわけで、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

 
そんな私の2013年の幕開けは、高尾山で始まりましたー。

実は私、高尾山って行ったことなくて。

この間の紅葉の時期に訪れようと計画するも、混雑していて断念(車で突撃してしまった)。今回はそのリベンジってわけでもないのですが、「高尾山に初日の出見に行こー」と誘われるままに、八王子まで出向きました。


出向いたんですけどね。。。

「ていうか今日寒くない!?しかも絶対その(私の)格好じゃ寒いから!!←仕事後に直接合流したのですが、それなりに暖かい格好を準備してたんだけどなぁ」


とかなんとか、さっむいよね云々、混んでるよ凄いよほんとやばいよ云々…と、初日の出はなくなり、初詣になり。


1日のお昼過ぎに到着train
駅を降りた瞬間から、もっとこうブワっと人がいるのかと思いましたが、そうでもなかったです。

 

お昼ご飯は、山菜とろろそばっ!
めっちゃおいしかったー♪

お店によっては少し並ぶところもありましたが、いずれにせよお昼を過ぎていたからか、すぐに席に着くことができました。
 


その後はリフトに乗って、上まで行きます。

中腹までリフトかロープウェーまたは徒歩という選択肢があるのですが、私がこのリフトに乗ってみたくて…ヾ(´ε`*)ゝ。

小さい頃スキーには何度も行ったことがあって、嫌というほどリフトは乗ったのですが、雪がないリフト! 靴を履いてのリフト!ってのに乗ってみたくてshine


しかも紅葉の時期にTVでやっていた高尾山特集で、このリフトに乗っていたのですが、それがまたおもしろそうで。。「乗りたい!!」と提案し、無事!?リフトに乗り込みました。

待ち時間は20分くらい。
ロープウェーなら10分弱でした。


ちなみに、一緒にいた人が高所恐怖症でして。リフトはOKなのかしらと思って確認したら「大丈夫だ」とのことでしたので乗ったのですが、途中から結構アウトだったようで、しりとりをしてやり過ごしました(ごめんねcoldsweats02)。


私の感想はというと、リフト楽しかったですーhappy01
(ほんとごめんね、T)

景色も良くて、気持ちよかった♪


 
そこからお団子をおやつに、上を目指します。

話しながら進むと、薬王院はあっという間。
そこへ行くまでに2か所ほど視界が開けているところがあり、東京が一望できます。天気も良かったので、キレイでしたsun


 
薬王院まで行っておみくじ引いて、帰りはリフトに乗らずに歩いて帰りました。

普通に徒歩でも歩ける距離ですが、思った以上に急でびっくりしました。ところどころ雨?で濡れていたので、滑るんじゃないかとヒヤヒヤ。

 
昼過ぎだったのが良かったのか。
人はギュウギュウということもなく、良かったです。

参拝には、行列ができていましたが。


1357283567007.jpg
↑今回、写真はほとんど撮れずでした(;;;´Д`)


おみくじは中吉でした。
扇子の形をしています。


今度はもう少しゆっくり高尾山に行きたいな。
初夏など気持ちよさそうですsun

2012年8月 1日 (水)

【静岡】静岡の静岡へ

イタリア紀行文が途中ですが、先日の静岡ミニ旅行について、先に書いておこうかと思います。


唐突ですが、先日静岡へ行ってきました。

ドイツへお嫁に行った、大学時代の友達Sが帰国するということで、久しぶりに集う事に。今は静岡の実家へ帰っているHの所へ、2人で遊びに行く事になりました。


Sは京都旅行の帰りに寄ると言う事で、現地集合。久しぶりの再会です。当時の仲間全員というわけにはいかなかったけど、普段ドイツにいるSや、今は静岡にいるHとは、そうしょっちゅうは会えないですからね(^_^;)。貴重な旅でした。


♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬


と、いうわけで。
私は節約してバスで出発。

渋谷ー静岡まで、2時間半〜3時間弱。あっという間です。

1343744090294.jpg
↑渋谷マークシティから。
行ってきま〜す。


午後1時半。
無事に到着&再会。

Hの案内で、日本平展望台へ。
とってもいい景色〜♪ 海も見えます。


この日は富士山はあまり見えず…。
晴れてはいるんだけど、夏など暑い日は上空がモヤっとして見えにくいんだとか。


続いて、久能山東照宮を目指します。

1343744091504.jpg
↑あまりに暑くて皆でアイスタイム。

私は桜えびアイスに挑戦。
しょっぱかった(笑)。
これはこれでアリかなと思ったけど、2人には不評(笑)。


ロープウェイで、東照宮を目指します。
平日だからか、空いていました。

国宝に指定されてからは、観光客も増大中のよう。確かにこの日も観光バスが何台か停まっていました。


1343744092375.jpg
↑結構高い&揺れます。
5分ほどの旅ですが、結構おもろい。


1343744093197.jpg
↑久能山入口


1343744094021.jpg
↑日光にそっくり!
色合いとか、なんとなく似ています。


1343744094729.jpg
↑家康の手形が。
一見大きそうだけど、私とたいして変わらなかった…(^_^;)。


1343744096335.jpg
↑小ぶりだけど、確かに日光と似ている。
先に建てられたのは、こちら。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


ではでは、東照宮を後にします。
帰りはロープウェイを使わずに、山の裏側から続く階段から帰ります。


1343744097290.jpg
↑山の裏側。海が見えます。

眼下には石垣イチゴのビニールハウスが続いています。高さがあるため(石垣だから)腰が痛い人には、オススメのイチゴ狩りのやり方なんだとか。


思ったよりも早く見終わったということで、清見寺へ。

ここは徳川家康がその昔、人質として暮らしていた所だそうです。


1343744098111.jpg
↑時間ギリギリでしたが、ご好意で入れてくれました。


1343744098937.jpg
↑なんだかお寺と言うより、旅館のような作りと雰囲気。

こういう旅館あったら、ぜったいウケそうなのにねと談笑(笑)。


1343744099698.jpg
↑昔のトイレ発見!
畳だから、掃除が大変そう…⁈


1343744100371.jpg
↑とってもいい眺めsun


1343744101280.jpg
↑見下ろすと電車が


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


清見寺を後にして、Hの実家へ。

とっても大きなおうち!
周りは山に囲まれ、まるで田舎のおばあちゃんちに来たようでした(うちのおばあちゃんちは、どちらも埼玉なのであくまでイメージ・笑)。

お父さんもお母さんも、とっても明るく迎えてくれました。


夕飯までまだ時間があるという事で、近くの川まで散歩をする事に。

1343744102174.jpg
↑家庭菜園のような感じで、あちこちに茶畑が広がっている。すごい〜\(^o^)/


1343744103026.jpg
↑裏道?民家?を抜けて…


1343744104930.jpg
↑川に到着!
入りたい〜(>_<)‼ けど入れない〜‼


帰ってお風呂をいただき、夕ご飯。
至れり尽くせりです(^_^;)。

1343744107742.jpg
↑豪華な食事が。
美味しかったです。


1343744111122.jpg
↑Hの好物・ながらみ。

ながらみは鮮度命故、静岡でしか食べられないそう。
ミニサザエみたいな巻貝で、汁につけてあるので味がついています。私サザエはちょっと苦手なんだけど、これはホントに美味しかった〜happy01


1343744111707.jpg
↑静岡おでん
もちろん黒はんぺん入り!


1343744112681.jpg
↑初・黒はんぺんのフライ

おでんで食べるのとは味が違うんです、これ。個人的には、黒はんぺんはフライが一番好きかも。


1343744113467.jpg
↑桜えびのかき揚げ
これも最高でした!


夜は庭で花火スタート。
花火なんてひさしぶり~heart03


1343791356606.jpg


1343791357673.jpg
↑スパークスパーク


1343791358304.jpg
↑スイカもいただきます♪


1343791360535.jpg
↑ハートをつくってみる


後ろのお宅の庭には、ミニ茶畑が。
お茶の葉は、夜になると閉じるそう。朝顔みたい。

1343791361253.jpg
↑真夜中のお茶


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


翌日はHが仕事の為、朝皆で電車に乗って静岡駅へ。

スタバで最後のおしゃべりの後、チャリ・新幹線・バスに乗ってそれぞれ解散しました。


1343744114695.jpg
↑しらすパイ


うなぎパイの話題が出た時に(大学時代、Hは里帰りするとよくうなぎパイをお土産に買って来てくれたのです)、Hが「うなぎパイの会社がしらすパイを新しく作った」と、教えてくれました。

Hを見送った後、お土産屋さんを覗いていたら、噂のしらすパイ発見! Hいわく「やっぱうなぎパイ」らしいですが、しらすもちょっと気になる…(笑)。


1343744116143.jpg
↑結局お土産は桜えび


1343744117050.jpg
↑も一つお土産の信玄桃
行きのSAで気になって、購入。

1343744117972.jpg
↑ひよこみたいな感じでした。


♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬ ♩ ♪ ♫ ♬


久しぶりの静岡。
久しぶりの友達。

あっという間だったけど、濃密でとても楽しかった(*^_^*)。

またいつか、皆で集まれる日までがんばろーと思いました。


H家の皆さんも、お世話になりました!

2012年5月17日 (木)

【奈良】いざ吉野山へ・その2

続いて中千本周辺を目指します。


ゆるい上り坂が続きますが、周りはお店が立ち並びにぎやかなので、歩いているだけでも楽しい。

途中、吉水神社の小さな入口を発見。

ここは、ロープウェー乗り場で、おじさんたちに教えてもらったおススメスポットです。


「これかぁ!」


と、思ったのもつかの間。

その先には階段と下り坂が続いているではありませんか…coldsweats02

せっかくここまでえっちらおっちら登ってきたのに、下るのーbearing!?と、正直一瞬行くのを躊躇したのですが(実際、入口を前にして「(帰り道に)また登るなんて嫌だsad」と、立ち寄らない人々もちらほらいました)、おじさんを信じて下り坂を進んでいきます。


【吉水神社】

階段や坂を下って、登ってを少し繰り返すと入口が見えてきます。

ここで茅葺屋根修復の募金をして、中へ。

入ってすぐ右手に人がたくさん集まっているので、そこを目指すと山一面の桜が!!


おじさん、疑ってごめんなさいbearing

そしてこんなきれいなところ教えてくれてありがとうhappy02!!


という、絶景ですfuji

写真やテレビで見る、あの山一面の桜が眼下に広がっているlovely!!!


とってもきれいで、おススメです。
秀吉がお花見をしたのも、この場所なんだとか。

あの小さな入口からのぞく、下りの階段なんて気にしちゃダメです(笑)。ここまで来たのだから、少しくらい疲れたって見る価値はありますっ!!!


1337244337806.jpg
↑写真だと、全然迫力が伝わらない

1337242408527.jpg
↑ここにも桜が

1337242409696.jpg
↑奥にある世界遺産の建物の中にあった、義経の鎧
 


【中千本周辺】

吉水神社を後にして、中千本、その上の上千本を目指します。


中千本に入るのかな?

清水ちっくな坂が二手に分かれ、その一方は狭ーい道。車の通りも激しい上に、傾斜がかなり急になってきました。


ま…また上り坂sadsweat01
ひーっ!!!!!!


と、登り続け、しばらくすると上千本の入口が。


ここもまたかなり急な上り坂…coldsweats02


ここまで来たんだ、行ったるかー!

と、進んだ右手に何やら広場のような場所があり、みなさん宴会中。

お昼も過ぎていたことだし、私もここで一休み。

ベンチに座っておにぎり弁当riceballを食べます。

1337242411371.jpg
↑最高に気持ちよかった~cherryblossom

1337242412827.jpg
↑山だからもっと涼しいかと思ったけど、ちょっと暑いくらい
 


【上千本】

お腹もいっぱいになったことだし、上千本を目指します。

坂はここが一番急なのではないかなbearing
はじめはずーっと一本道。

しばらくすると道がひらけてきて、いろは坂のような道に変わります。

相変わらず道は急だけど登っても登ってもまだ先があるという、なんともしんどい道でした(^-^;。


途中、(実際どこまで行けばいいのか、よくわからなかったこともあるのですが)ここまででいいかな。桜は十分きれいだし。

と、何度か心折れそうになったのだけれど、目に見える坂の一番上までは行ってみようということで、少し登っては写真を撮りつつ休み、また少し登っては水飲んで休みと、のろのろと上を目指しました。


ら、ここでもまた絶景がcrying


吉水神社やその先でも標高は徐々に高くなっているので、キレイはキレイなんですが、上から見る桜は本当に絶景です。

今までの桜をすべて見下ろす形になるのですが、山一面の桜がとてもとてもきれいでした。

1337242413695.jpg
↑上千本 いろは坂の上から

1337242414895.jpg
↑思わず沿道に座って見入ってしまいます


先ほど書いたように、今までのルートを見下ろせる位置にあるわけで、下千本の方のお店が立ち並ぶあたりから、寺などが遠くの方に見渡せます(一眼を望遠鏡がわりにいろいろ見回す)。

こんなに歩いてきたんだぁ~と、我ながらビックリ(笑)。
さて、それでは駅に向かって帰りたいと思います。


 
【帰り道】

下りはなんと早いこと(笑)。

あんなに時間がかかった行きが嘘のようです。

ただ、下りといっても坂が急なので、下るのもそれはそれで足がプルプルします。

1337242416115.jpg
↑みんなに「もっさりやなぁ」と言われていた桜

1337242417328.jpg
↑タケノコ発見

1337242418865.jpg
↑ちょっと欲しかったけど、お値段を見て断念weep


無駄な買い食いは控えていました。

が、どおしても食べたくてお茶タイム!

1337242419873.jpg
↑吉野くずもちと抹茶
おいしかったぁ~heart02


帰り道に、もみじ発見。
春と秋のコラボですね。

秋はもみじもキレイなのかな?

1337242420835.jpg


駅入口に到着。

ホームもすごい人ですーdash

1337242421908.jpg

乗り換えの駅まで1時間強。
できたら座って帰りたいですね。

1337242771199.jpg

1337242423813.jpg
↑よしのぷれーと撮るの忘れてた


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


17時頃吉野を出発。

19時頃、京都駅に到着しました。


【電車】

乗り換えの駅から吉野駅までは特急も出ています。

追加料金で座席確保も可(ただし前売り券?で完売の模様)。

また、この乗り換えの駅から乗る乗客の9割以上は吉野を目指しているので、座っていきたい方は時間に余裕をもって出られることをおススメします。


【ロープウェーとバス】

吉野からのロープウェーとバスについて。

ロープウェーは乗らなくてもよいと思います。足に自信がない方でも、ゆっくり景色を楽しむうちにつける距離です。

バスは、中千本行き、上千本行き、奥千本行きがありました。

こちらも長蛇の列だったので、そういった意味での覚悟は必至です。一気に上・奥千本へ行きたいという方には便利かもしれません。

また、ご年配の方、体力に自信のない方でも気軽に訪れることができるという意味で、バスやロープウェーの存在は大きいかと思います。


【トイレ】

思ったよりあちこちにあって、急ぎでなければ待てる範囲(女性)。

駅には簡易トイレもあります。

トイレ事情さっぱりだった私は、次いつ入れるのかと思うと、トイレを見つけるたびに立ち寄っていました(笑)。


【開花状況】

http://www.yoshinoyama-sakura.jp/top.htm

吉野の観光協会です。
私はこれと、iphoneの「るるぶお花見特集(ちょっと遅い気もする)」を見て、参考にして出かけました。


【混み具合】

私が今回訪れたのは、4月の18日。

今年は遅咲きだったため、下千本と中千本がほぼ同時に見ごろを迎えていたそうです。

駅に着いたときは、あまりの人ごみに圧倒されたのですが、その後道を歩いているときは「人でにぎわっているけど、混雑しているというほどではない」といった感じでした。

平日だったのもよかったのかも。

ロープウェーのおじさん曰く、土日はもっと混雑するとか。道の脇にお食事処のほか、宿もかなりあったのですが、混雑するときは、こういったところに宿泊して、朝早く、観光客がまだ来ないうちに散策するのが良いと言っていました。

桜の開花具合と、平日・休日、さらに自分の休みを合わせるのって中々大変ですからね…dash。色々難しい気もします。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


国内の一人旅って久しぶりなので、なんだか出発してから緊張してしまったりしたのですが(笑)。

とても楽しかったですhappy01


ついでだった京都も、天気にも恵まれ自分の好きな場所をのんびりぶらりできて。1日だけの観光でしたが、満足度は高かったです。


そして奈良・吉野。

写真や映像で見る吉野の桜って、色がバラバラというか、悪くいうと汚く映っている印象があって、「行ってみたいな」、「でも折角行っていまいちだったらどうしよう」と、ずっと思っていたのです。

でも!
写真と本物がこれほどまでに違うのも、久しぶりでした!!

本当に、吉野の桜は自分の目で見ないとあの感動は伝わらない。それくらい、きれいでした。


私の勝手な「死ぬまでに行った方がいいおススメスポット」に、リストアップ決定です(笑)。


またいつか、行ってみたいと思います。

【奈良】ついに吉野山へ・その1

午前6時起床。
とっても眠いです(ノ_-。)。

シャワーを浴びて、同室の方とおしゃべりをして(京都市内の大学に通っている方でした)、昨日買ったおにぎりを食べて、出発です。

1337232483653.jpg
↑お世話になりました!

吉野山について。
家を出るまでに調べた事は以下の3点。

・京都から吉野山までの行き方(2時間もかかる!)
・吉野山のアバウトな地図をケータイに保存
・下千本、中千本、上千本、奥千本というエリアにわかれている(下から順番に桜が咲いていくので、4月の1か月間、常にどこかが満開になるそうです)

それだけです(笑)。

よくテレビや写真で見る、山一面の桜はどこで見られるのかしらと思ったんだけどよくわからず、なんとか展望台っていうのがあるから、そこに行けばいいのかな。というくらいの知識でしたcoldsweats01

2時間後、ようやく吉野駅に到着。

すごい人人人wobbly

し、しかもおじさんおばさん・おじいちゃんおばあちゃん率が高い。

とりあえず駅にあった地図(これも大分アバウトな感じだった)をもらって、道なりに進みます。

事前情報では、ここからロープウェーが出ているとのことだったので、その乗り場(物凄い列)に並んでみることに。

前にいたおじさんグループに色々聞いてみると、歩道の入口まで徒歩でも行けるらしい。その入口までの歩道が結構キツくて長い(いろは坂みたいな感じ)とのことで、みなさんロープウェーに並んでいるそう(見どころまで教えてもらいましたscissors)。

ロープウェーに加えて、バスもありました(こっちも長蛇の列)。

はじめは列に並んでいたのですが、一向に進まず。

「若いんだから、歩けるよ〜。あっはっは。」というおじさんの言葉におされて、徒歩を選択しました。

【下千本入口まで】

確かにキツい(笑)。
汗がどっと流れてきました。

1337184112083.jpg
↑途中急なショートカットもあり

でも歩けない距離ではないです。

むしろあの時間並んで待つのだったら、ゆっくり景色を見ながら歩いて行った方が気持ちいいかもしれません。

1337184117124.jpg

【下千本周辺】

ロープウェー到着駅の少し手前から、お食事処や土産物など、お店が所狭しと並んでいます。

1337184121255.jpg

まるで、清水寺に続く道みたい。

時間配分がよくわからないので、あんまりのんびりしすぎない程度に進んでいきます。

1337184123328.jpg
↑ここキレイだったなぁ

下千本は終わりかけでした。

一面の桜も、本当にキレイだったのだけれど、あちこちで見た桜吹雪が感動するくらいにキレイでした。文字通り「吹雪」というくらい、はらはらはら~っと桜がlovely

動画はこちら↓

その2へ続く→

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ