世界の時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウントダウン

フォト

・海

2015年8月10日 (月)

【グアム】2日目―ようやく出発&早速海へ!!

おはようございます。

旅2日目にしてようやく出発です。

  

今日は朝7時発のシャトルバスで成田空港へ。
バスはほぼ満席でした。皆結構早いんだなぁ~。

弟は、おニューのカメラが使いたくて、朝5時起きして成田山へ行っていたらしい。すごいバイタリティー∑(゚∇゚|||)。

 
  
 

 
というわけで、成田に到着!!


1440078698304.jpg


ちゃんと10時発になっている。
ようやくグアムへ行ける~! 
 

 
1440078699803.jpg


チャイナエアラインから、昨日のお詫びにとミールクーポンを頂きました。

が、もう朝食食べてしまったー。


全く使わないのもなんだか勿体ないので、コーヒーを飲んで、おやつにパンを購入。


 
1440078701297.jpg


こちらの機体でグアムへ。

やっぱり格安航空よりも席が広い(笑)。
そしてテレビがついている~。

 
 
 
席は窓際2列を前後で取れました。

ところで、私は窓際席が大好きなのですが、


母:「おかあさん窓際ね!」

私:「おとんと座れば?」

母:「それはいいっ(*゚▽゚)ノ」

私:「私も窓が・・・」

母:「帰りに座っていいからっ(*゚▽゚)ノ」

私:「・・・・・ちーん」


というわけで、私は通路側に座ります。 
 
 

1440078702726.jpg


こういう気遣いがうれしいです。


母:「手を振ってくれてる~」

 

1440078703581.jpg


ちょっと雲が多いかな。

現地の天気予報、ずっと雨曇り雷なんですよね・・・。予報会社によっては、今日と明日の午前まで晴れのものもあるけど、どうなんでしょうか。

せっかくの海だし、晴れてほしいなぁ。 
 
 
 
 
 
 
1時間ほどで機内食。


CAさん:「ポークライスorビーフライス?」

私@心の声:「ポークライスって・・・何?豚丼・牛丼的な!?」


私は肉が食べられないので、ぶっちゃけどっちでも良いのですが(笑)。よくわからないままポークライスを、おかんはビーフライスを注文。


1440078704164.jpg


こちらがポークライス。

肉部分は母が味見をしていましたが、ビーフもポークも同じ味付けだったらしい(笑)。


デザートのケーキ、よくある感じでパサパサなのかなぁと思ったら、かなりしっとりしていておいしかったです。


1440078705420.jpg


こちらがビーフライス。

ビーフはご飯の全面に肉が覆いかぶさっています。 
 
 
 
1440078705921.jpg


グアムが見えてきた!

海がきれいだ~ヽ(´▽`)/


これは昨日の夜出発では見られなかった景色なので、ラッキーshine!!

 

1440078706515.jpg


もうすぐ着きます!

早く海に入りたい!! 
 


1440078707154.jpg


着いた~o(*^▽^*)o

もっとムワっとして暑いのかと思ったけど、いまのところそうでもない。むしろ日本の方が暑い。 
 
 

1440078707847.jpg


よくブログに出てくるやつ。

結構皆歩く速度が速くて、ゆっくり写真が撮れない(汗)。 
 
 

1440078708665.jpg


時間がかかると聞いていた入国審査は、1時間弱並んだかなという感じでした。

私達のラインは日本人ばかりで、並んでいる人は少ないのに、なぜだかやたらと時間がかかっていた。途中指紋をとる機械が壊れた?とかなんとかで、更に時間がかかりました( ̄Д ̄;)。 
 
 

1440078709501.jpg


入国審査を通過したら、てるみのカウンターへ。


係のおじさん:「ホテルに行くバスの準備が出来たら呼ぶので、ちょっと待ってて」

20分前後待って、ようやくバスへ。

 

が、ここでも人が中々そろわず、更に30分ほどバスの中で待ちました。

皆同じ便で降り立って、ほとんどの人が同じタイミングでバスに乗り込んだのですが、10人ほどが遅れてやってきました。進みの悪い審査の列にでも掴まってしまったのでしょうか?


   

ようやくホテルへ出発!

順番に色んなホテルに降ろされるパターンかなと思ったけど、全員同じホテルでした。こんなに沢山アクアグアムスイーツの人がいるなんて驚き。 
  
 
 

14時40分に飛行機がついて、2時間後くらいにはホテルについていたら~と思っていましたが、着いたのは17時半頃。その後各自でチェックイン。

急いで着替えて、レンタカー屋さんに行くため大阪屋さんに電話して迎えに来てもらいます。 
 
 
  
大阪屋さんについて、向かいのリッチレンタカーへ。無事にレンタカーを借りられました。

キューブと聞いていたけど、違う車だった。特に不便はないのでOKです。

 
 
 

そのままイパオビーチへ向かいます。

只今18時過ぎ。
今日のサンセットは18時58分頃なので、1時間弱泳げるかな。


1440078712654.jpg


やっぱりちょっと薄暗くなっていますが、意外とたくさん人がいる!

そして日本より涼しい。
不思議な感じだー。


1440078714965.jpg


芝生の上にシートを敷きます。

裏には公園が広がっていて、BBQをしている人も。

 

1440078716750.jpg


1440078718392.jpg


遠くにはスコールが。

小笠原を思い出す。雨の境目を見られるって、日本ではなかなかないですよね。


1440078730082.jpg


いい年だけど、いえーい♪
魚もいっぱい!

ちょっと薄暗くなってきたのが残念。
夕焼けは雲があり見られませんでしたが、中々いい雰囲気でした。
 


1440078736916.jpg


短い時間だったけど、楽しかった!

1度ホテルへ戻ってシャワーを浴び、夕ご飯を食べに行きます。

2015年8月 8日 (土)

【グアム】マリンシューズとシュノーケル

エコアドベンチャーのハイキングに参加予定の父と弟。


汚れても良い服装・運動靴での参加と書いてありましたが、川歩きコースのため靴がぐちゃぐちゃになるとのこと。

マリンシューズで参加したという人がいたので、そうしようということになったのですが、肝心の2人のマリンシューズがない。2人のものは以前海に行ったときに壊れたらしく、既に捨ててしまった後でした。。。 

海に行くときも使うしということでアマゾンで注文。

  

↑ざっと見て、これに決定


マリンシューズは1300円前後からあるようですが、靴のサイズや色によって値段が違うということも。

これではなくもっと靴っぽいデザインのものがいいとの事でしたが、配送が間に合うものを選んでいたらあまり選択肢がなく、結局これになりました。でもレビューの評価は良さげ。

確かにマリンシューズというよりは、ダイビング用のシューズっぽいデザインです。

 
  

ついでに弟のシュノーケルも注文。

私は自前のものがあるのですが、これまで家族でシュノーケルをしに行ったときに、シュノーケルを使っていたのは私だけで、父&弟はゴーグルでシュノーケルをしていたんですよねぇ・・・(苦笑)。

安いんだから買っても良かったのに、なぜか家にあったゴーグルで息継ぎをしながらシュノーケルをしていた2人。すごいな。


父は今回シュノーケルはしないかもとのことだったので、弟はついにシュノーケルを購入(笑)。

昔に比べ種類も増えているし、ずいぶん安くなったんだなぁ。安いものは水が入ってきてしまって使い物にならないと思っていたけど、今は手軽なものでもしっかりした作りのものがあるようです(それでも安すぎるのはイマイチだと思う)。

特に、シュノーケルの先にちゃんと弁がついているのがすごいなーと思いました。昔はお手頃用と言えばただの筒状のもの(水が入り放題のタイプ)が多かったような気がする。

 


シュノーケルも色々あって逆にどれが良いのかわからないので(本当は現物を見ないとわからない)、評価が良さそう&人気のものかつ配送が間に合う物ということで、こちらを注文。

ダイビング用のを買うときなんかは、顔にマスクをくっつけて鼻で息を吸い、顔にピタっとくっつくものがサイズが合っていて品質的に良いと教わったけど、こういう包装されているものやネットで買う場合は試せないですからね・・・。レビュー頼み!! 
 

それにしても、シュノーケルグッズは「リーフツアラー」というメーカーのものばかりが出てくる。有名なのかしら。 
 
 
  
 

ついでに、も1つ気になるもの。
 


これ!
と、一緒に使うのはこれ↓!



先端に穴が開いておりまして、そこに箱メガネを設置しますと、シュノーケルを使わなくても海の中が覗けちゃう!!というものらしい。

すごい~。
こんなものがあるのかぁ~。

これなら泳げない人や、小さな子供でも楽しめますね。機会があれば、やってみたいです。 
  
 
 
 
 
 
 
 
明日の出発までに配送間に合うかな。

準備しなきゃ。

2015年8月 4日 (火)

【グアム】OP予約完了

オプションの予約が完了しました。

悩んで悩んで、決まったのはこちら。

 
 

ジャングルハイキング・エコアドベンチャー


グアムのジャングルの中を歩く、ハイキングツアーです。見たところ山歩きはこのジャングルハイキング2種と秘境探検2種の計4種あるようで、難易度はジャングル<秘境探検。

秘境探検の方は洞窟プールなどもあるようで、ジャングル&洞窟を歩きたいと言っていた弟は始め秘境探検の方を希望していたのですが、
 

・歩く時間や距離、難易度は秘境探検の方が上
・同行する父はキツイのが嫌
・弟も運動不足の為、秘境探検に不安を感じている
・洞窟プールは楽しそうだけど、ビショビショになるのが不安


ということで、結構悩んでエコアドベンチャーになりました。

ついでに、秘境探検の方は他の方のブログを見るとお昼はおにぎりなのですが、エコの方はガイドブックによく載っているパイレーツコーブでのハンバーガー付き。秘境はエコの1.5倍の料金なのに、こんなにお昼に差が(笑)。行程が長いから、お弁当じゃないと多分間に合わないのかなと思いますけども。


第一希望の潜水艦を連呼していた父だけど、第二希望がジャングルクルーズだったので、同じジャングルつながりでこれでもいい?と聞いたところ、やや渋っていたけどOKとのこと(フィッシュアイに行くということでOKした)。

こちらは参加日が偶数か奇数かでコースが変わるようで、奇数だと洞窟探検(秘境探検の洞窟とは別なのでたぶんプールはない)、偶数だと川歩きとのこと。

私たちが参加するのは偶数日なので川歩きコースです(弟も了承済み)。 
 
 
ちなみに、ベルトラやてるみくらぶのオプションなど見比べていたのですが、秘境探検はどちらも110ドルだったものの、エコアドベンチャーはベルトラだと70ドルですが、てるみからだと63ドル。2人分で14ドル分とかなりお得です。

てるみくらぶでツアーを予約していない人でも申し込めるので、かなりおススメです。

 
あ、ただ私達が泊まる「アクアスイーツグアム」には迎えが来ないので、最寄のヒルトンまでタクシーで来てくれと言われました(;´Д`A ```。

レオパレスみたいにめっちゃ遠いわけでもないし、というかヒルトンまで車で5分なんだから、来てくれてもいいのにと思うのだけど・・・。バスとか停まらないから不便だというのに、その上タクシーで来いってなんだかなぁ(本音が漏れたよ)。

一応レンタカーが確保できたので、送迎は私達でやる予定です。 
 
 
 
 
 
 
セスナ体験操縦


もうひとつはセスナになりました。

これは私が行きたいなぁ~と思っていたもの。まぁー間を取って皆でジャングルクルーズとかでも良かったのだけど、弟がジャングル行きたいといいだし、ハイキング・トレッキング系は私も母も行かないので、それなら好きなのやってもいいかなと。 
 

また、これもてるみくらぶのオプションで、安いセスナ体験があったのも決めた要因です。

大体セスナは120~300ドルのものが多いのですが、その内訳は参加する人の年齢が低いかどうか(小さな子供でもできる!のですが、小さいほど高い)、操縦時間の長短、経験者がもうちょっと難易度の高いものをやるかどうか。などなど。

あとびっくりしたのは、同乗者2名は無料で乗れるということ!


セスナはナスカの地上絵を見た時に乗ったのですが、機体が小さい分決して乗り心地がいいものというわけではないんですよね(特に後ろに乗る人)。私はその時酔い止めを飲んでいたので特に酔わなかったのですが、一緒に乗り合わせた男の子はグロッキー状態でした・・・。

そんなわけで、後ろに母が乗る予定もあり、操縦時間はそんなに長くなくてよいなと。で、1番短いフライト時間のものが95ドルでした。

これはベルトラには載っていないので、ちょっとだけセスナを体験してみたいわ!なんて人にはおすすめです。 
 
 
 
 
 
 
【おまけ・フィッシュアイマリンパーク】


母と父に自分で行ってもらいます(笑)。

ツアーもあるのだけど、ランチ込みで36ドル。ランチがあるから時間は1つしか選べないのだけど、わが家が行きたいのは午後&自分で行った方が安いということで、自分で行ってもらいます。


今回父が海で泳げるかわからんということで、潜水艦を希望していたのですが、それがかなわなかったためこちらを勧めました。

私と弟が海で泳いでいる間に、行ってきてもらおうと思います。

2014年1月 1日 (水)

【千葉】2014年は初日の出を見に犬吠埼へ!

明けましておめでとうございます(◎´∀`)ノ


いよいよ2014年がやってきましたhorse

歳を取るにつれ、1年があっという間であっという間で…。ぼやっとしてる間に1年が終わらぬよう気をつけねば(;;;´Д`)。

 
今年もどうぞよろしくお願いします。
まずは書き途中の記事を完成させたいです、、、、 
 
 
 
 
 
昨年の元旦は高尾山へ初詣で幕を開けましたが、今年は千葉県は銚子にあります、犬吠崎へ初日の出を見に行ってきました。

 
初めは去年見られなかった初日の出を見に高尾山へという話だったのですが、31日の夜に?予定変更。しかもx銚子に着くまでどこに行くか知らされず…。新年早々ミステリーツアーすぎる\(;゚∇゚)/。 
 
  

そんなわけでしたので、夜11時前に都内を出発。新年のカウントダウンは高速の中で迎えましたfuji。 
  
 
 

 
 
私も同行者も、犬吠崎へ初日の出を見に行くのは初めて。

カーナビに連れて行ってもらいながら、着いたのは深夜2時前後。


暗くて良く見えなかったのですが、犬吠崎周辺の海岸沿いにあるたくさんの駐車場はどこも満車!!!今満車なの!? 今!? この時間でヾ(.;.;゚Д゚)ノ!?!?
 
車がたくさん停まっている…という事の他に、警備員さんや警官もたくさんおりまして。駐車場入り口に立って、「満車」のポスターを掲げている。。。。


 
皆、いったい何時に来ているのだろうか。。。

↑夜調べてみたのですが、徹夜がふつうのようですね。。。早い方だと、31日の昼ごろから来るのだとか。そして犬吠崎の灯台下で初日の出を拝めるのはそういった超早乗りの方たちで、多くの方は周辺の海岸から初日の出をみるらしい。
  
 
 
  
  
犬吠崎を過ぎ、ウロウロしていると学校の校庭(銚子市立高神小学校-向かいの中学校も駐車場)を駐車場にしたという第○駐車場を発見。幸いこちらはまだガラガラでしたので、ここに駐車することに。


簡易トイレも設置しているので、一応一安心。

周辺には自販機はありますが、コンビニは隣の犬吠駅前のセブンまで行かねばならず、およそ1キロほどあります。

なので、必要なものがある方は事前に買い込んでくるといいかも(1度自販機に飲み物を買いに行ったのですが、寒かったーwobbly。星はめっちゃキレイでしたが)。

 
 
 
 
 
ここから数時間は待ち時間になるので、車内で睡眠。


が、が、が!!!
寒くて眠れないーー\(;゚∇゚)/

うとうと…っと数十分寝ては目覚め、寝ては目覚めを繰り返し。

 
  
 

そんなこんなしながら朝を迎えました。

 
犬吠崎までは小学校から徒歩20分くらい。
なのですが、手前の海岸で見ることに。既にたくさんの人が集まっています。
 
 
 
1389188992565.jpg

 

水平線の真上には残念ながら雲が。

その雲の上にようやく太陽が出てきました。

  
 
1389188993697.jpg
  

 
ぴかーんsun
きたきたきたーっshineshineshine
 

  
1389188995002.jpg


 
初日の出を見るなんて、何年ぶりだろう。

ご存知の方も多いと思いますが、犬吠崎って日本本土で1番初めに初日の出が見られるところらしいです。そりゃたくさん人が来ますわなぁ。 

 
 
1389188995936.jpg

 

大好きな太陽の道もキレイに。

これは日の出直後ではなく、しばらくたってからがキレイです。輝いている~~(≧∇≦)!!!

 
 
1389188996948.jpg

 

浜辺もキラキラしていました。

  
  
  
  
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
 
 
 
無事に初日の出を拝め、同行者にも感謝ですfuji
運転ありがとう。 

 
 
 
ちなみに。

私も同行者も大晦日は朝から晩まで仕事をしていたのですが、夕飯は食べずに銚子へ向かうという何ともナゾな行動をとっておりまして。


当然夜中に私はお腹が空いたのですが、コンビニまで行くのが億劫で(笑)寝ておりましたら、見たのはこんな初夢↓でした。
 


同行者が御盆いっぱいにおにぎりを乗せ、「作った―」と満面の笑みで私に持ってくるという夢(笑)。そのおにぎりがまた三角定規のごとく超三角形で、海苔が全面に巻かれているというもので。

それについて私が「○○家のおにぎりは、めっちゃ三角形なんだねぇ~(*゚▽゚)」なんて言っているところで起床。

 

私どれだけ食い意地張ってるねん!という夢でした(笑)。

2012年8月30日 (木)

【静岡】2、3年ぶり井田海水浴♪

先日、静岡県は西伊豆にあります、井田へ海水浴に行ってきました。


初めて行ったのは、中学1年生の夏。
それ以来気に入ってしまって、何度か足を運びました。今回は2,3年ぶりの井田です。


伊豆と言えば海ですが、実際砂で濁っていたりして、必ずしも全ての伊豆の海がキレイな海shineというわけではないんですよね。でも井田がある西伊豆は比較的キレイ。上から眺めると、透明で、水面もキラキラ光っていい感じ。

中でも井田は、首都圏から行ける海の中では、かなりの透明度だと思います(個人的にね)。そして何より魚が沢山泳いでいるので、シュノーケルにぴったりです。


あまり大きな海水浴場ではないため、人には知られたくないのですが…。興味のある方はおススメです。集落には、民宿やダイビングセンターもあります。釣りもできますよ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


と、いうわけで井田へ出発!!


1346637939137.jpg
↑首都高大好き


今回はスケジュールの都合上、夕方出発の1泊旅行でした。
海は次の日に昼ごろまで楽しんで、その後埼玉に戻ります。


1346637940277.jpg
↑もうすぐ夕日


1346637941516.jpg
↑富士山登場!


道が思いの外混んでいて、6時ごろ宿に到着。
いつもお世話になっている、「青海」さんです。


女将さんと明るくて元気な若女将が笑顔いっぱいでもてなしてくれます。ご飯もおいしいんですhappy02


早速荷物を置いて、まずはお風呂へ!
さっぱりしたところで夕飯を頂きますrestaurant


1346637942209.jpg


1346637943542.jpg
↑ながらみ


この間静岡の友達のところでご馳走してもらった、「ながらみ」が登場!! まさかこんなに早く再会するとは(笑)。おいしかったです。


1346637944874.jpg
↑アワビも最高


この日は24時間テレビがやってましたねー。
昨日まで過密スケジュールだったので、夜はみんなあっという間に熟睡……sleepy


1346637945823.jpg


昨日あんなに食べたのに、朝からたくさん食べられる不思議。


1346637946649.jpg
↑今日も富士山がよく見えます


実はこの時、南の方に台風がきていました(小笠原のあたりだったかな)。
直接本島に影響が出るまでではなかったのですが、やはり海はうねり気味。そして海水が混ざってしまっていて、井田100パーセントではなかった…残念。


1346637947630.jpg
↑まだ人は少なめ


私の井田のお気に入りポイントは、

・砂浜ではない
 →なので足が汚くならない

・入るとすぐに水深が深くなる
 →シュノーケル向き。小さい子は水辺で遊ぶか浮き輪が良い。

・魚が沢山いる
 →堤防の反対側ではダイバーがダイビングをするくらいです。30センチくらいの魚から、小魚の群れやイカの群れも!

・透明度がいい
 →シュノーケルが楽しい♪

・熱海のように混まない
 →とはいえ、最近は昔より混んでいる印象。特にピーク時。

・四角いはんぺんみたいなのが浮いている
 →海水スペース内の奥に2か所、人が乗れる浮きがあります。柔らかくはないですが、そこから飛び込んだり、上でごろごろしたりと、楽しいですよ~。

などなど。


水に入って少し泳ぐと、もう足はつきません。
深いとこで泳ぎなれていない人や、泳ぎの苦手な人は、初めは躊躇するかもしれませんが、シュノーケルとフィンがあれば誰でも浮くので、ぜひシュノーケルを楽しんでほしいです。

浮き輪やライフジャケットを持参している方もよく見かけますが、シュノーケルならライフジャケットの方が体勢は楽かと思います。


1346637949062.jpg
↑準備万端


1346637949799.jpg
↑やっぱりちょっと波荒め


ちなみに。
この井田海水浴場、海の家や売店などはありません。

ダイビングセンターが兼ねている?(関係ないのかな?)お食事処がありまして、そこでご飯ものを食べる事はできますが(そこが海の家っぽい感じ)、いわゆる海の家や露店なんかはありません。


集落に商店も多分無いと思うので、必要なもの、おやつなどは事前に準備しておく方が吉です。

浮き輪やバケツなど、民宿によっては貸出しているところもありますので、問い合わせてみてください。


海水浴場付近にあるお店的なもの、公共施設的なものといえば、先ほどの食事処、ダイビングセンター、自動販売機と公衆トイレくらいです。


1346637950598.jpg
↑なんか捕獲


1346637951728.jpg
↑青いさかな


前に来たときは、幼馴染のお父さんがバケツでウツボを捕まえていました(笑)。まさか本人もバケツで捕れると思わなかったようで、はしゃいでいました(波で押されて偶然水際のそばにいたらしい)。


1346637952480.jpg
↑いい天気


写真左手にあった、堤防に行ってみます。

ここはよく釣り人が釣りをしていますねー。
上から海を覗くと、魚が沢山泳いでいるのがわかります。

海の中にいる魚を見ながらの釣りです(笑)。
小さい魚なら、おもしろいように釣れます。


それから、この堤防。
木村拓哉主演のドラマ、「HERO」のロケ地にもなった場所なんですよ~。

確かスペシャル?か何かの時。
キムタクが堤防から飛び込むシーンがありましたが、それがこの堤防なんだそう。へぇ~。


1346637953173.jpg


1346637954093.jpg
↑小魚の群れ
今日はあまり魚は見られず


今度は、カニを捕獲。
小さくてかわいい。

1346637955757.jpg


1346637956631.jpg
↑海を背に振り返ると、田園風景が広がっています。田舎に来たような感じも好きです。


1346637960130.jpg
↑癒されます


と、いうわけで楽しい時間はあっという間に終わり。。。

一度民宿に戻って荷物を取り、埼玉に戻ります。


1346637961090.jpg
↑民宿「青海」


シャワーだけお借りする予定でしたが、ご厚意でお風呂に入れていただきました。私たちが帰る日がちょうど宿がお休みだったらしく、他にお客さんもいないからいいですよーと言っていただきました。本当にありがとうございましたhappy01


身体も温まり、さっぱりしたところで女将さんたちとお別れ。
また必ず戻ってきますconfident


→【民宿・青海】
http://business1.plala.or.jp/seigai/


そして、井田集落を出た道。
帰り道は左へ曲がるのですが、ちょっと寄り道をして右の道へ。

展望台があり、そこから井田の景色が一望できるのです!


1346637961973.jpg


1346637962781.jpg
↑ハイキングコース


こんなのもあるんですねー。
中々ハードそうだと思うのは私だけ?


1346637963570.jpg
↑この池も井田の観光ポイントに載っています


さて、道中お土産さがしもかねて、道の駅へ寄り道。
ここは前回井田に来た帰りに初めて立ち寄った所です。


→【伊豆 村の駅】
http://www.muranoeki.com/


1346637964216.jpg


魚介、野菜、酒、パン、生菓子、土産物、卵をテーマにした土産などがそろいます。

海鮮丼、そば、卵料理のフードコーナーや、ちょっとつまめる軽食などもあります。


1346637964932.jpg
↑駿河丼

この道の駅で食事するのは初めてです。

一番初めに目についた海鮮丼のお店で食事をすることに。ベタすぎますが、駿河丼を頂きました。


1346637965756.jpg
↑桜エビおいしー!


1346637966792.jpg
↑地元の野菜も販売。安いです。


1346637967495.jpg
↑静岡サイダーを発見!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


久しぶりの井田、楽しかったです。

台風のせいで、100パーセントじゃなかったのが残念だったけど、雨も降らなかったし、それこそ台風で中止になんてならなかったので良かったのかな。


私が前回来たときは日帰りダイビングで訪れていたため、宿には泊まりませんでした。なので「青海」の皆さんに会うのは5年ぶりくらい!? みなさん元気そうで何よりでした。


来年の夏もまた、行けたらいいなぁ♪
以下井田情報です。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【井田の観光ページ】
http://www.izu-ita.com/


【民宿・青海】
http://business1.plala.or.jp/seigai/


【井田ダイビングセンター】
http://itadc.com/
以前利用させていただいたところです


【西伊豆観光協会】
http://www.nishiizu-kankou.com/


【伊豆 村の駅】
http://www.muranoeki.com/
立ち寄った道の駅です

2012年6月27日 (水)

【カプリ島】3日目・いざ、青の洞窟へ!

2012年6月7日木曜日(晴)

 

イタリア3日目!
今日は青の洞窟を見るため、南イタリアにあるカプリ島を目指します。


見られるかどうか、つまり洞窟に入れるかどうか…。とっても不安でした。


夏場は入れる確率が上がるものの、全体の確立そのものが年々下がってきていること。夏でも「絶対」入れるわけではないこと。雨など降ってしまったらアウトだということ。晴れていても、風や波の状況など、簡単に入れなくなってしまうということ。天候に恵まれたとして、混雑具合、到着時間などによりきれいに見られないこともあること……などなど心配事をあげたらきりがありませんcoldsweats01


一応、確立が高いというその為だけに、この時期に思い切ってイタリアに行くことを決めました。さらに、直前の天気予報を確認してカプリ島に行く日を決めました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


 
午前中がきれいに見られるということで、ナポリ行きの1番早い電車を予約。


朝7時ころの電車です。
さすがに昨日あんなに歩き回ったので、ちょっと眠いsleepy

電車移動も初めてなので、色々と不安です。


 
予約した紙をもって、駅のホームへ。


当日券を購入した場合は、飛行機のチケットのような大きな切符に、自分で日付を刻印しなくてはなりません(駅のあちこちに黄色い刻印機があるので、それにチケットを入れる)。

ウェブ予約は、刻印の必要なしとのことですが、念のためインフォメーションで確認してから乗車しました。

 
 
1344491799545.jpg
↑時刻表

 
時間ギリギリまで、自分の電車がどこのホームに入ってくるのかわかりません。


ただ唯一わかりやすかったことと言えば、駅は1階建てのフラットな構造なので、ホームなどがわかりやすいということ。例えば向かって左が1番ホームなら、右に行くほどホーム番号の数も大きくなっていきます。日本の駅のように構造が複雑ではないので、外国人旅行者にとってはわかりやすかったです。


 
1344491800643.jpg
↑駅のホーム


日本の駅のように、改札口はありません。故に浮浪者などもいることもあるので、貴重品の取り扱いには注意。


 
1344491802325.jpg
↑電車の中


思ったよりキレイ。
新幹線みたいー。


ここからナポリ駅までは、ノンストップ。
所要時間は2時間くらいです。

 
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


 
無事にナポリに到着。
電車はガラガラでした。
 


昨日市内散策中に出会ったMさん夫妻によると、ナポリは相当治安の悪い場所なんだとか…。

イタリア人でも、あまり近寄りたくないんだそう(個人的主観もあるかもしれないので、全員そう思っているかどうかはわかりませんが)。とくに旦那さんいわく、女一人でナポリだなんて、絶対に反対だそう(汗)。彼女や奥さんが一人でナポリに行くなんて言ったら、何が何でも止めると言われました。。。


そ…そんなに恐ろしいのかナポリはcoldsweats02。 


でももう電車も予約しちゃったし、何より1番楽しみにしている青の洞窟に行くためには、ナポリに行かないといけないし……。お二人のアドバイスをしっかりと自覚し、ナポリに乗り込んだのでした。

 

ちなみに、ナポリ駅もかなり治安が悪いそうです。Mさんも鞄をひったくられそうになったらしい。電車でナポリを訪れる際は、皆様もお気を付け下さい。

 
 
 
 
 


気を取り直して。

まずは、ナポリ駅からカプリ島行きのフェリーが出る港へと移動しなければなりません。駅前からのトラムに乗る予定が、駅前数百メートルが工事中で様子がよくわからず、乗り場がわからない!


とりあえず道なりに進んでうろうろしていると、「どうしたの? 何さがしているの?」と声をかけてくる男性が。


やばい、来たーーー!!(゚ロ゚屮)屮!!!!
逃走体勢ーーーーーーーー!!!!!!


 
と思ったら、警官でした(笑)。
しかも、目的のトラム乗り場はすぐ目の前(汗)。


 
ようやく自分が乗るトラムに乗ったと思ったら(バス停にいた人に聞いた)、なんと違うトラムcrying。トラム内で、地元のイタリア人のおじさんとおばさんに「どこから来たの?」「どこに行くの?」と聞かれ、答えていたときの事でした。
 

「このトラムじゃ港にはいかないから、乗り換えないと!」と言われ、急きょ下車wobblysweat01。さらに、おばさんが「教えるから、ついてきて」と言ってくれてweep。すいませんーsweat01。 


結構通りの多い大きな道路を横断、数百メートル歩き、別のバス停へ。ところが待てども待てどもお目当てのトラムは来ず…。仕方なく、当初乗る予定だった番号のトラムが来るバス停を目指して、更に100mほど歩き、連れて行ってくれました。

 
 
バス停着後、グッドタイミングでトラムがflair。おばさんも、わざわざ一緒に乗ってくれました(ほんと、すいません(´□`。)。

「このトラムに乗っても(自分の目的地に)着くから、大丈夫よ」と、明るく笑ってくれました。「ここで降りるのよ、フェリー乗り場はあっちだからねhappy01」と。


 
 
確かにナポリは怖いところかもしれない。けど、こんなに優しい人たちもいました。本当に、ありがとうございましたbearing


 
 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 
 


さてさて。
ようやく港に到着!

 

そこで今度は韓国の女の子に声をかけられました。
 
スペインに留学中で、同じく青の洞窟が見たくてイタリア一人旅。私が電車の中で地球の歩き方を開いているのを見て、日本人だとわかったようです。同じ女一人旅同士、一緒に島を目指すことにしました。


いくつかのフェリー会社がある中から、チケット購入。
無事に買えたのはいいけど、ここを出るころにはもう10時過ぎ…。間に合うだろうか。

1344491803364.jpg
↑船のチケット


 
カプリ行きの船は酔うとのうわさを聞いていましたが、全くでした。一応アネロンという酔い止めを飲んでいたのもあったけど、波はほとんどないベタ凪。冬だと揺れるのでしょうか?

 
 

またカプリへの道中、日本人カップルにも声をかけられました。

洞窟への行き方、ツアー船の予約の有無などを問われました。地球の歩き方「イタリア」では、カプリのページが少なく、ほとんど情報がありません。地歩も事前のブログ情報などを見ても、予約はなしで、当日島に行ってツアーを申し込むことがほとんどと書かれていたので、その旨を伝えました。


 
 

ようやく島に到着!
思ったよりも大きいです。そして、断崖絶壁というか、ごつごつしている。


 
韓国の女の子とは、ここでお別れ。
彼女は陸路で、私は船で洞窟を目指します。私も陸路は散々考えたのですが、悩んだ末に海から目指すことにしました。


 
と、お別れしたのはいいけど、洞窟へ行くツアー船どこにしよう、早くしなくちゃとキョロキョロ。とりあえず、フェリーを降りて真っ先に目に入ったツアー船に申し込むことにしました。

列に並んでいると、前には見覚えのあるカップルが。フェリーで声をかけられた方たちでした。

 

いよいよ私の番!
青の洞窟直行ツアーは次回(30分?1時間後?)まで売り切れ。カプリ島一周ツアーなら空きがあるとのことで、そっちのチケットを購入。 


3,400円の差で島1周できるなら、よし。
今すぐ出発できるなら、なおよしです。

しかも、直行ツアーは予約などできないそうで、そちらがよければまた時間を空けて来いと言われました。時間通り来たところで、またこの列にならばねばならないとしたら、次回の船に乗れる保証なんてないんじゃ…sad

 
 

チケットをもって船に乗り込もうとしたその時。先ほどのカップルに声をかけられました。どうやらチケットが買えなかった模様…。島一周なら買えましたよと伝えると、もう一度列に並んでいきました。


確かに、私の時も最初の一言は「チケットはない」でした。自分で看板(ツアーメニュー?)を見て、「これ(島一周)はないのか?次はいつ出るのか?」と聞いていくと、チケットが買えました。

 
「NO」と言われてもあっさりあきらめず、自分から色々聞くことも大事なのかもしれません。ガイドさんがいないのなら、自分しか問題は解決できないわけですから…。今までの経験上、納得いくまで誰かに聞くが吉です。

 
 

1344491805492.jpg
↑いよいよクルーズ出発


 
船の運転手さんというか、ガイドさんかっこよかった(笑)。


外国人のお客さんもいるとのことで、イタリア語に加え英語でも観光名所の説明をしてくれます。

どのタイミングで洞窟に行くんだろうと思っていたけど、どうやら1番最後のようでした。


 
何が何でもお昼には行きたいこちらとしては、やはり直行便の方がよかったのかなーbearing

島を外から見られること(見どころも一応色々あるのです)、海が本当にキレイでshine。時間に余裕さえあればこちらの方が良いですが、時間ギリギリですとなんとも言えない。とはいえ、次の直行便がいつ出発したのかもわからないし…これでよかったと信じることに。


 
 

1344491806240.jpg
↑小笠原の海みたい
入りたいー!!!


 
1344491807454.jpg
↑一応他にも見所があるよ

 
 

そしてようやくcrying
待ちに待った青の洞窟の入り口前に到着!!!


 
 

…と思ったら。。。
別のクルーザー(もっと大きい)に乗り換えて待つことに。

 
 
びっくりしたのは、なんのためにほかの舟に乗り換えるのかということ。なんとここまで来て青の洞窟に入らずに帰る人がいるのです。ナゼ!? もう何度も来た事があるのか…!!??

 
私が乗っていた船では、乗客の3分の2がそのまま港へ。私は別の船に乗り換えて待機です。海の上での船の移動、初めてだったのでちょっと怖かったsweat01

 

1344491808061.jpg
↑他の船に乗り換えて待つ

 
 
 
待ち時間は2~3時間だとのアナウンス。
ナ、長い……saddash

 
 
 
 
1時間ほど経つか経たないかというところで、小さな小舟に乗り換えるよう指示がでました。そろそろか!?
  

1344491808879.jpg
↑これに乗り換え

洞窟の入り口では、さらに小さな小舟に乗り換えるのですが、この順番待ちをクルーザーでするそう。波が荒れているとキツイですね。海上での静止はちょっと苦手なので、酔わないことを祈るのみです。

また、暑さもあるので結構体力を消耗します。

 
 

どうやらいよいよ洞窟内部へ行けるらしい。

3時間と聞かされていたので拍子抜け。4人一組になって乗れと言われ、どうしようかと思っていたら(まわりは家族などのグループばかり)、台湾から来た男の子2人l組が声をかけてくれ、一緒に乗せてもらえることに。ありがとうございますーsweat01


 
1344491809609.jpg
↑ようやく小舟

 

本当に小さい舟です。


洞窟入口手前で、入場料と小舟代をお支払い。ツアーに、この料金は入っていないので要注意です。日本からの団体ツアーなんかだと含まれている場合あり。


また、それとは別に小舟の船頭にチップを渡します←これは最後に。相場は5ユーロくらい? というか、向こうが「自分のサービスに満足したら、5ユーロね」と言ってきました。


入場料、チップともにお釣りはないものと考え、細かいお金も持っていくが吉です。


また、船頭によっては多くのチップを要求する人がいるとの情報も耳にしました。あるいは、初めにチップを徴収し、少ないとサッサと洞窟から出てしまうなど…。こればっかりは運ですが、小舟に乗り換える際に様子がうかがえるようでしたら、人の好さそうな船頭さんの時にのるのがいい…のかな?

 

いろんな意味で、運まかせすぎですねココは(^-^;。
 
 
 
 
 

いよいよ洞窟へ!


ほんっとうに小さな入口から中に入ります。

ぶつかるんじゃないかと、恐怖感さえ覚えるような小さな入口。皆舟に寝そべって、船頭さんが鎖を引き引き中へと入っていきます。

 

中に入ると、入口からは想像できないくらいの広い空間が。そして濃い青色に輝いている。

船頭さんが、「今奥に行くからね」と言い、進んでいきます。奥から入口をのぞむのが、いわゆる有名な青の洞窟の写真などの絵図。

 

1344491810550.jpg
↑青の洞窟内部


 
ほんっとうに、ほんっとうにキレイでしたヾ(;□;)э


青く、蒼く、碧く輝いていました。底からライトが当たっているような、なんとも言えない輝き。写真も十分キレイだけど、これは自分の目で見ないと感動は伝わりきらない!!! それくらいキレイ!!!!!


私の「死ぬまでに行った方がいい場所リスト」に、リストアップ決定です(笑)。


 
船頭さんは歌を歌いながら、洞窟内をゆっくりと2周まわってくれました。声が響いていい感じです。

1344491811439.jpg
↑出口付近<

そしていよいよ出口へ。 

他の舟が入ってくるため、タイミングを見て外に出ます。次から次へと小舟が入ってくるので、しばらく待機。入口付近は水色に輝いていて、それはもうキレイ。ここでだったら、いくらでも待機します~(笑)♪


 
1344491812137.jpg
↑出口付近2

出口近く、動画はこちら↓


 

1344491812873.jpg
↑まだまだ待つ人


 
外では、まだまだ待つ人。
奥には、陸路から来た人々の姿も見えます(壁沿い階段にズラっと並んでいる人たち)。

 
 
なんと、私が洞窟に入る直前。
行きのフェリーをともにした韓国人の女の子が階段に。思わぬ再会。到着時刻に大差はないようでした。


 
 
 
 
 

あ~~~~~。
見られてよかった!


 
1344491813708.jpg
↑戻ってきました


 

折角なので、ロープウェイでカプリ地区へ行ってみます。

マリーナ・グランデ周辺はいくつかおお土産屋さんとレストラン、海水浴場がありますが、そんなに広くはないです。ロープウェイで山をのぼったところにある、カプリ・アナカプリ地区に食事・ショッピングどころが広がっている模様。

 

1344491814510.jpg
↑ロープウェイに乗って、上へ


 
上から海を見下ろす景色。
きれ~~いsmile


 
1344491815433.jpg
↑もうすぐ到着・結構急な坂です


 

上に到着です。
結構人がいますね。


 
1344491816147.jpg
↑すごい景色lovely


 
1344491816985.jpg
↑気持ちいい~sun


 
付近の動画はこちら↓


 
 
ロープウェイ乗り場から、少し歩いてみます。

フェリーの時間があるので、あまり時間はありませんが、ちょっとうろうろ。お土産屋さんや、反対方面に行くと細くて狭い路地が入り組んでいて、ブランドショップが軒を連ねています。


 
1344491817579.jpg
↑上はショッピング街

 

1344491818232.jpg
↑皆海見てのんびり


 
1344491818914.jpg
↑南イタリアも最高


 
1344491819637.jpg
↑お土産屋さん


 
1344491820792.jpg
↑カプリ島全図


 
1344491821720.jpg
↑街並み


 
1344491822400.jpg
↑やっぱりお土産はリモンチェッロ


 
ローマにはリモンチェッロ以外にメロンチェッロなども。ですがここはガンガンにレモン推しですね(笑)。

レモングッズもたくさんあって、かわいい。でもお土産は陶器が多くて、バックパッカー、しかもまだ旅はじめの私にはちょっと厳しいweep


 
1344491823180.jpg
↑所狭しと通路が続く

ロープウェイ乗り場すぐのところにある、ジュースやさん。
アイスも売っています。

 
あやしい日本語で「おいしいレモンのジュース(だったかな?)」の文字が。思いっきり胡散臭そうに見えて(ごめんんなさい)初めはパス…していたんだけど、あまりにおいしそうに見えてきて、気になってきました。

 

1344491823825.jpg
↑怪しい日本語のジュース屋さん

1344491824857.jpg
↑頼んでみる

1344491825504.jpg
↑フローズンレモンジュース


おいしそ~♪


 
1344491848016.jpg<
↑うまーheart01heart01heart01


疑って、ごめんなさいsweat01
体中に染み渡る~ヽ(´▽`)/


 
1344491848839.jpg
↑シチリアレモンも売ってるよ


 
1344491850970.jpg
↑レモン関連のお土産たち。いい香り。


 
1344491852309.jpg
↑マリーナ・グランデ近辺のレストラン


 
カプリ地区は、割高目のお値段が多い印象。
パット見ですが。


マリーナ・グランデ周辺は、そうですね。
高すぎるほどではないけど、やはり観光地なので安いということはないですね。

時間帯によっては、結構混んでました。


 
1344491853642.jpg
↑海


きれーだーsad


 
1344491854555.jpg
↑パラソル


はいりたーいyacht


 
1344491855234.jpg
↑土産物屋のわんちゃん


  
 
 

土産物通りの先に階段が続いていまして、ちょっと探検。

どこにつながっているのかな?


 
1344491855999.jpg


 
1344491863797.jpg
↑こんなところに住んでるなんて、いいですねぇ

 
 

1344491864517.jpg
↑可愛い表札


A4サイズくらいの、大きな表札。
名前は消してあります。

おうちによって、中の絵やフレームが異なっていて、これらの見学も楽しかった。陶器でできているようです。


 
1344491865422.jpg
↑お庭もステキ


 
お昼ごはんは、先ほどのレモンジュースでいいやぁと思っていたのだけど、ナポリといえばナポリピザじゃないの!と思いまして。カプリ島だけど。

 
帰りのフェリーが満員の為、時間ギリギリの便に乗る予定なので、駅周辺でナポリピザの店を探す時間はなさそう…と、いうわけで。ミニサイズピザが安かったので、それを注文することに。


 
1344491866430.jpg
↑カプリで食べるナポリピザ


おいしかった。


 
 
 
そして時間通りフェリーに乗ります。


先ほども書きましたが、日帰りでカプリを訪れる人も多数です。ナポリ泊ならまだしも、私のように電車で帰る予定の方は、帰りのフェリーのチケットを早めに確保しておくことをおススメします。特に夏は混むようです。


 
また、総じてカプリ島(正確にはナポリの港から)はクレジットカードがほとんど使えませんでした。フランスもドイツもクレジットが結構使えたので、そのつもりであまり両替していませんでした。

カプリ分の現金は一応用意していましたが、これから訪れる予定の方、なおかつクレジットメインに考えている方、カプリは注意です。あ、でもブランド店はさすがに使えるかな…。多分。


 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+* 
 
 
  

 
そして無事に駅に到着。


1344491867143.jpg
↑これ乗って帰ります


 
1344491868374.jpg
↑ナポリ駅


 
帰りの電車はもうもう…

疲れが出たのか、酔い止めがまだきいているのか、爆睡でしたcoldsweats01

 

この日は、宿でフリーパスタパーティがあったのですが、時間に間に合わずなので自分で用意。

昨日スーパーで仕入れたインスタントリゾットと、モッツァレラチーズです。このモッツァレラ、私の拳くらいあります。やたらフレッシュな気がしておいしかった。

1344491869421.jpg
↑夕飯


 
 

明日はまた、ローマ散策予定。


今日はへとへと。
でも楽しかった~。

今度は是非、カプリで宿泊もしてみたいです。

 
夜はあっという間に夢の中でした。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

 
 

先日、友人を訪ねに静岡へ行ったときのこと。


このイタリア紀行の話題がでまして、青の洞窟の話をしました。友人の知人が7月にここを訪れたそうですが、その時はカプリまで来たものの、洞窟内には入れなかったようです(私が行ったのは6月)。うーむ。


夏だから、なんだかんだ入れるだろうと若干高をくくっていましたが、やっぱり入れないこともあるようで。。無事にカプリプチ旅行を終えられたことに感謝ですm(_ _)m

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉* | *15’那須*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ