世界の時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウントダウン

フォト

・自然

2015年8月 4日 (火)

【グアム】OP予約完了

オプションの予約が完了しました。

悩んで悩んで、決まったのはこちら。

 
 

ジャングルハイキング・エコアドベンチャー


グアムのジャングルの中を歩く、ハイキングツアーです。見たところ山歩きはこのジャングルハイキング2種と秘境探検2種の計4種あるようで、難易度はジャングル<秘境探検。

秘境探検の方は洞窟プールなどもあるようで、ジャングル&洞窟を歩きたいと言っていた弟は始め秘境探検の方を希望していたのですが、
 

・歩く時間や距離、難易度は秘境探検の方が上
・同行する父はキツイのが嫌
・弟も運動不足の為、秘境探検に不安を感じている
・洞窟プールは楽しそうだけど、ビショビショになるのが不安


ということで、結構悩んでエコアドベンチャーになりました。

ついでに、秘境探検の方は他の方のブログを見るとお昼はおにぎりなのですが、エコの方はガイドブックによく載っているパイレーツコーブでのハンバーガー付き。秘境はエコの1.5倍の料金なのに、こんなにお昼に差が(笑)。行程が長いから、お弁当じゃないと多分間に合わないのかなと思いますけども。


第一希望の潜水艦を連呼していた父だけど、第二希望がジャングルクルーズだったので、同じジャングルつながりでこれでもいい?と聞いたところ、やや渋っていたけどOKとのこと(フィッシュアイに行くということでOKした)。

こちらは参加日が偶数か奇数かでコースが変わるようで、奇数だと洞窟探検(秘境探検の洞窟とは別なのでたぶんプールはない)、偶数だと川歩きとのこと。

私たちが参加するのは偶数日なので川歩きコースです(弟も了承済み)。 
 
 
ちなみに、ベルトラやてるみくらぶのオプションなど見比べていたのですが、秘境探検はどちらも110ドルだったものの、エコアドベンチャーはベルトラだと70ドルですが、てるみからだと63ドル。2人分で14ドル分とかなりお得です。

てるみくらぶでツアーを予約していない人でも申し込めるので、かなりおススメです。

 
あ、ただ私達が泊まる「アクアスイーツグアム」には迎えが来ないので、最寄のヒルトンまでタクシーで来てくれと言われました(;´Д`A ```。

レオパレスみたいにめっちゃ遠いわけでもないし、というかヒルトンまで車で5分なんだから、来てくれてもいいのにと思うのだけど・・・。バスとか停まらないから不便だというのに、その上タクシーで来いってなんだかなぁ(本音が漏れたよ)。

一応レンタカーが確保できたので、送迎は私達でやる予定です。 
 
 
 
 
 
 
セスナ体験操縦


もうひとつはセスナになりました。

これは私が行きたいなぁ~と思っていたもの。まぁー間を取って皆でジャングルクルーズとかでも良かったのだけど、弟がジャングル行きたいといいだし、ハイキング・トレッキング系は私も母も行かないので、それなら好きなのやってもいいかなと。 
 

また、これもてるみくらぶのオプションで、安いセスナ体験があったのも決めた要因です。

大体セスナは120~300ドルのものが多いのですが、その内訳は参加する人の年齢が低いかどうか(小さな子供でもできる!のですが、小さいほど高い)、操縦時間の長短、経験者がもうちょっと難易度の高いものをやるかどうか。などなど。

あとびっくりしたのは、同乗者2名は無料で乗れるということ!


セスナはナスカの地上絵を見た時に乗ったのですが、機体が小さい分決して乗り心地がいいものというわけではないんですよね(特に後ろに乗る人)。私はその時酔い止めを飲んでいたので特に酔わなかったのですが、一緒に乗り合わせた男の子はグロッキー状態でした・・・。

そんなわけで、後ろに母が乗る予定もあり、操縦時間はそんなに長くなくてよいなと。で、1番短いフライト時間のものが95ドルでした。

これはベルトラには載っていないので、ちょっとだけセスナを体験してみたいわ!なんて人にはおすすめです。 
 
 
 
 
 
 
【おまけ・フィッシュアイマリンパーク】


母と父に自分で行ってもらいます(笑)。

ツアーもあるのだけど、ランチ込みで36ドル。ランチがあるから時間は1つしか選べないのだけど、わが家が行きたいのは午後&自分で行った方が安いということで、自分で行ってもらいます。


今回父が海で泳げるかわからんということで、潜水艦を希望していたのですが、それがかなわなかったためこちらを勧めました。

私と弟が海で泳いでいる間に、行ってきてもらおうと思います。

2015年2月 1日 (日)

【ラスベガス&グランドサークル】ガイドブック

家にいくつかラスベガスに着いて書かれたガイドブックがあったので、それで十分かなぁと話していましたが、実際手に取ってみるとそれなりに詳しく書いてあり、また私が持っていたものから年数も経っていたので新しい情報も増えていたり。

今回家族は初ラスベガスということもあるので、購入しました。


どこに何のお店があるかわかればよいので、ストリップの地図さえあればいいかなぁと思っていたけど、細かい情報などがあると、やはり便利だなと思います。 
 
  

【地球の歩き方:ラスベガス&グランドサークル】 
 


ラスベガスのお店はもちろん、郊外のモールなども詳しく載っています。

無料・有料のショーの紹介、カジノのやり方、グランドサークルの情報もそこそこ載っているので、これ1冊あれば十分。ラスベガスくらいならいらないかな~と思っていたけど、やっぱりあると便利!!

家族はこれを購入。

 
 
【地球の歩き方:グランドサークル&セドナ】


↑よりも詳しくグランドサークルについて書かれた本。

読み物的な感じもあって、おススメです。 
  

 
【地球の歩き方:アメリカの国立公園】


更に詳しい国立公園の本。

グランドサークル以外アメリカ国立公園についても載っています。多少昔の本でも、基本情報は変わらないので、1冊あると読み物としておもしろいです(オープン時間や値段などはその都度調べればよいし)。

グランドサークルに行った時も、前にセコイアに行った時も役に立ちました。 


自分でドライブしながら回る人を想定して書かれていますが、ツアーで行かれる方にも十分な情報量です。 
 
 
 
【地球の歩き方:アメリカ・ドライブ】


アメリカの国立公園を中心に、その他見どころを載せたドライブのガイドブックとなっています。

アメリカでのドライブの注意事項など、読んでおくと安心かと。 
 
  

【るるぶ:ラスベガス】


るるぶのラスベガス。
ビジュアルでイメージをふくらましながら楽しむには、うってつけの本ですよね。わくわくします。

地球の歩き方もラスベガスは写真が多目です。 

 
 
【るるぶ:アメリカ西海岸】


ロス、テーマパーク、サンフランシスコ、シアトル、ラスベガスなどなどをかいつまんで紹介。

最低限の情報をサクッとつかむには良いのですが、1か所のページの割合はどうしても↑などにくらべ少なくなるので、情報量も少ないです。

仮にここに書かれているところ2か所以上行くとしても、それぞれの本を手に入れる事をおススメします。 
 
 
ちなみに私がこれを購入した理由は、以前ロスとサンフランシスコに行ったとき、地球の歩き方は文字が細かくて読みにくい・・・という母のために、ビジュアルイメージをしてもらうために購入しました。中古で確か1円だったのでまあいっかなと。 
 
 
 
  

あ~、私も行きたくなってきたなぁhappy02

2015年1月29日 (木)

【ラスベガス】手配その2(私じゃないです)

家族が行くラスベガスの旅・手配の続きです。

覚書用に書いておきます。 
 
 
 
 
今回の旅は飛行機・ホテルのみのフリープランですので、現地ツアーを使ってグランドキャニオンなどへ向かいます。

本人の希望は、グランドキャニオン、アンテロープキャニオン、モニュメントバレー・・・・だけどどれがいいのかな??という感じ。 
  
   
 
 
日程は全部で3泊5日。

初日は夜11時ごろラスベガスに着くので、何かをするのは無理。2・3日目が丸々自由時間。4日目は14時半初の飛行機に乗るので、午前中は遊べる模様。

ということで、2日半の時間しかないので中々キツキツです。


 
いくつか現地ツアーをピックアップしてみたので、まとめてみたいと思います。 
 
 
ラスベガスの現地発着ツアーを扱うところは結構あるのですが、中には内容が全く同じで、下請けに委託しているのかなぁ?というところも。と考えると実際はそんなにたくさんあるわけでもないのかな。

基本的には送迎、ショーチケット、ゴルフ、グランドサークル関連が多いです。
   
 
 
HIS ラスベガス現地ツアー

メジャーなところがまんべんなくという感じですが、思ったより数は多くないかな。グランドサークルは最長2泊までです。 そこまで激安でもないですが、セール対象で値引きすることも。
 
個人的には化石発掘が楽しそうです。

 
JTBラスベガス現地ツアー
 
HISと似ていますが、若干違う感じ。HISにない内容のものもあります。数は大体HISと同じ。
こちらもグランドサークルは日帰り~最長2泊。セールあり。

 
トラベルドンキー

HISやJTBよりもツアー内容・数が豊富。
グランドサークル関連も日帰りから3泊、4泊と長い期間のものもあります。

スポーツ欄にはほかにない実弾ツアーも。HISやJTBにないツアーがあるので、細かい希望に添えそう。値段もやや安めです。


ベルトラ

トラベルドンキーよりやや多いツアー数。

グランドサークル以外のものも豊富なので、探すのも楽しい。メジャーなヘリやセスナ以外にも、ラフティングや乗馬にバーベキュー、気球、バギー、(なぜか)重機器体験などなど。スパや日本語ガイド動向のカジノ体験、ロスへ行くツアーなどもあります。もちろんショーや送迎、バスツアーも。

グランドサークルもメジャーなグランドキャニオン、セドナ、アンテロープ、モニュメントバレー以外の国立公園へ行くツアーも多いので、より細かい希望に添えそう。

個人的には乗馬&バーベキューがめっちゃ気になります(笑)!


英語ツアーも含まれるので、その分ツアー数が多い模様。

「英語ができなくても、ガイドも優しく不自由はなかったし楽しかった」という口コミも見かけるので、ツアー内容によってはチャレンジするのも面白そう。一人参加も多いようです。


ラスベガスコンシェルジュ
 

グランドサークルを中心に結構数があります。
ネット早割も。


パークツアー

グランドサークルのメジャー箇所を回る1泊ツアーが安いです。
が、時期によっては休止のものも・・・。


エレファントツアー
 
 
 

他にも現地ツアーを扱う会社はいくつかありますが、参考にしたのはこのあたり。

どこの会社も似たようなツアーがありますが、内容が若干異なっていたり、値段も違いがあるので、色々見比べてみるといいかも。でもほぼ同じ内容の1泊ツアーで、値段が2万円以上違うってのは何が違うんだろう・・・ホテルのグレードとか食事が違うのかな。。。?
 
 
 
また、これが結構重大なのですが、どのツアーも毎日催行しているというわけではないということ。

日帰りツアーや会社によっては毎日催行しているというのもあるのですが、多くの会社は、例えば【グランドキャニオン・セドナ・アンテロープ1泊ツアー  月・水・金のみ催行】のように、毎日催行していないものも。

日にちに余裕のある方はいいのですが、行ける曜日が限られている場合は、ツアーによっては参加できない場合もあるので確認が必要です。 

 
 
というわけで、↑の中で見比べたのはこちら。 
(2015年1月現在) 

 
 

【1泊2日のツアー】


セドナ、グランドキャニオン、アンテロープキャニオンに行くもの。

本当はグランドキャニオン・アンテロープ・モニュメントバレーに行きたかったそうなのですが、モニュメントバレーを含む1泊2日のツアーがなぜか少ない!!&しかも出発の曜日が合わない(家族が参加できるのは月・火なので、火曜出発はアウト)。。。

というわけで、月曜出発でかつツアー数が多いセドナ・グランドキャニオン、アンテロープの組み合わせになりました。
 
 
 
★トラベルドンキー 475ドル
http://www.traveldonkey.jp/america/las_vegas/10752.cfm

夕日はないけど、グランドキャニオンにて朝日見学がある。セリグマン(カーズの町に似たところ)に寄れる。
 


★ベルトラ 474ドル
http://www.veltra.com/jp/north_america/las_vegas/a/103317

トラベルドンキーとほぼ同じ。
JTBも全く同じ内容のものがある。こっちは朝日と夕日が見られるけど、季節的に夕日は?(冬だと暗くて間に合わないのでは)な感じ。セリグマンはない。

ベルトラ経由だと、10日前までの申し込みで割引あり。 
 


 

【1泊2日のツアーその2】

グランドキャニオン、アンテロープキャニオン、モニュメントバレー、ホースシューベント、セリグマンに寄るツアー。


★ベルトラ 639ドル
http://www.veltra.com/jp/north_america/las_vegas/a/14868

モニュメントバレー含むやつは、ここが1番安い。
 
 

【日帰りーグランドキャニオン】


★グランドキャニオンサウスリム

・トラベルドンキー 100ドル
http://www.traveldonkey.jp/america/las_vegas/11461.cfm

英語だけど多分1番安い。


 
★グランドキャニオン1日

・パークツアー  148ドル
http://www.park-tour.net/japan/tour/day/gc/

火曜のみ、日本語。
日本語で1番安いのは多分ここ。
エレファントツアーも同じ値段内容でやってる。

 
 
  

【日帰りその他】


メインのグランドキャニオンを日帰りにして、もう1日を別のツアーにしてもおもしろいかな?と思い、少しだけ調べてみました。

個人的には乗馬バーベキューがすっごく魅力的だったのですが、どちらかと言えば時間に余裕がある方や、グランドサークルは行ったことあるよという人が行く方がいいのかも。まずはやっぱりグランドサークルに行きたいですよね。
 
 

★ブラックキャニオンラフティング

・ベルトラ―$160、昼食つき、9.5h、毎日催行、英語

http://www.veltra.com/jp/north_america/las_vegas/a/6805


 
★カウボーイ体験

・ベルトラ―$144、英語(だけどレビュー見ると問題なさそう)、BBQの夕飯つき、毎日催行

http://www.veltra.com/jp/north_america/las_vegas/a/107983

14時〜20時くらいまでなので、午前中と夜はベガスで遊べる。本物のカウボーイに教えてもらって、大自然を馬で歩くのも楽しそう。列になって歩くから、初めてでも心配ないらしい。星をみたり、本場のBBQも良さげ。レビュー満足度は高い。

$195で日本語ガイドが同行するのもある(エレファントツアー)。HISにもあるが更に高い。


 
★デスバレー

・パークツアー―$140、日本語、タンデスビュー、バットウォーター、デビルズゴルフ、ザブリスキーを巡る、曜日指定

http://www.park-tour.net/japan/tour/ichiran/deathv/

 

★ザイオン

・パークツアー―$145、日本語、曜日指定

http://www.park-tour.net/japan/tour/day/zion/

 

★セドナ

・パークツアー―$165、日本語、曜日指定

http://www.park-tour.net/japan/tour/day/sedona/

 

★アンテロープキャニオン

・パークツアー―$225、日本語、曜日指定

http://www.park-tour.net/japan/tour/day/antelope/

アッパーとロウアーの二箇所行ける(アンテロープキャニオンは2箇所ある)、アンテロープの日帰りで1番安いのは多分ここ。


 
★ブライスキャニオン

・パークツアー―$195、日本語、サンセット・サンライズ・ブライスを巡る、曜日指定

http://www.park-tour.net/japan/tour/day/bryce/


 
★実弾ツアー

・トラベルドンキー―$105か130、毎日、日本語、2種48発(130は4種66発)、2時間程度

http://www.traveldonkey.jp/america/las_vegas/2593.cfm
 
 
 
  
  
 
 
と、ざっと調べてこんな感じです。

現地ツアーを扱う会社は結構たくさんあって、見比べるのが結構大変でした・・・。なので、値段が明らかに高いところはじっくり見ていません。似たようなところで調べてみました(ちなみに学生なので安さ重視で調べました)。
 


悩みに悩んで、「せっかくだからメジャーなところを色々見てみたい」ということで、トラベルドンキーの1泊ツアーに決定しました。グランドキャニオン、セドナ、アンテロープキャニオン、セリグマンへ行くツアーです。

ほぼ同じ内容&値段のものが、ベルトラとJTBにもあったのですが、そちらはセリグマンへは寄らないのでトラベルドンキーにしたようです。セリグマンは規模も小さいですが、とってもノスタルジックで、機会があるのならおすすめです。。

 
また、希望の1つモニュメントバレーを含むツアーは出発日が合わないものか、もっと値段が高いものしかなかった為、今回は断念ということになりました。代わりにセドナが入っているので、そちらを楽しんでもらおう。 
 
   
 

というわけで、なんとか無事に飛行機・ホテル・ツアーが決まったcoldsweats02。急なのでどうなることかと思った(笑)。

私が行くたびではないけれど、楽しい旅になるといいな。
 

 

2014年10月26日 (日)

【清里】私のカントリーフェスタに行ってきました・2014

主婦の友社から発行されている、「私のカントリー」という雑誌があるのですが、その雑誌主催で年に1度開催される、私のカントリーフェスタに行ってきました。 
 
会場は山梨県清里にあります、萌木の村という場所です。 
 

 
 
 


去年は台風で中止になったそうで、2年ぶりの開催です。

 
会場となっている萌木の村へは以前に行ったことがありますが、カントリーフェスタは初参加です。
 
  
 
私のカントリーHP

私のカントリーフェスタのHP
 
  

今年は10月25日・26日の2日間の開催です。 
 
 
会場は山梨ですが、結構遠くから来られる方もたくさんいるようで。以前行かれた方のブログを見ると、朝9時にはもう駐車場が満車との情報がΣ(゚д゚;)。。。

今回は8時半到着を目指して5時に埼玉を出発しました(早い(;;;´Д`))。
 

ちなみに、近くの宿泊施設に前泊する方もいらっしゃるそうです。

我々も一瞬そうしようかとも考えたのですが(10月頭くらい)、すでに周辺の宿は満室ばかり・・・。カントリーフェスタ関係の人ばかりが泊まるわけではないと思いますが、宿泊を考えている方は早めの予約がお勧めです。
 
 
 
1414466969229.jpg


こちらは9月発売の私のカントリーふろくの、今回のフェスタのガイドブック。

会場にいるほとんどの方がこれを持っていました。
 
 
 
1414466973791.jpg


このガイドブックには、萌木の村の地図や出店するお店などが掲載されています。

 
 
1414466971360.jpg


こちらが全体図。

中央の広場部分にはカントリー雑貨のお店のテントが並んでいます。


加えて、左上ROCKというレストラン前と、右下のオルゴール館の前にもテントが並んでいます。こちらは飲食の出店や雑貨、ドライフラワー、野菜や果物などなど。

  

1414466257525.jpg


結局出発は5時20分ごろ。

8時40分くらいに到着。


無事に会場に近い駐車場に停める事ができましたー\(;゚∇゚)/.。だけどすでにたくさんの車が。皆来るの早いな~。

 
会場はハロウィンモード。

テンションも上がるーヽ(´▽`)/!!! 
 

1414466260351.jpg


個人的にはこの切り株がいい感じだと思う。
 
 

1414466261587.jpg


奥に隠れたシャベルにも顔が着いています。 
 
  

1414466975903.jpg


レストランロック周辺です。

 

1414466262791.jpg


ロックはまだ準備中ですが、お手洗いを借りられます。

ここでやっている、ソーセージの腸詰体験が気になります。
 
 

1414466263992.jpg


ロック前には、飲食の出店が。 
 


1414466265556.jpg


八百屋さん発見。

野菜を売るところは全部で3か所ほどあったのですが、どこも安い!朝採れで新鮮!!!


こちらでは、購入後名前を伝えて野菜を預かってくださいました。
 
 

1414466267706.jpg


なんて太い牛蒡だw(゚o゚)w

野菜は結局、じゃがいも、ごぼう、レタス、ブロッコリー、大根、キャベツを購入。白菜買ってくるの忘れたー(;ω;)。


あとは林檎屋さんにて、紅玉を購入。

すごく真っ赤。
酸味があっておいしかったです。

これでアップルパイ作る!
 
 

1414466269546.jpg


奥にはほかにも出店が広がっています。
 
 

1414466271799.jpg


中央広場の会場へ。

既にたくさんの人でにぎわっています。
 
 

1414466273342.jpg


地面は木のチップが敷き詰められています。

ふかふか~。
 
 

1414466274768.jpg


すっごくいい天気!

ところどころ紅葉も始まっていて、とてもきれいです~(゚▽゚*).
 
 

1414466277363.jpg


1414466281122.jpg

 
お店に入るにも行列。 


1414466282874.jpg


とんでもなくかわいい犬小屋発見!!!

なんだこれほしい~(≧∇≦)!!!


左側は15万円ちょっとでした。。。 
 


1414466284694.jpg


奥にはステージもあります。

時間で抽選会やペットショー、楽器演奏など色々な催し物をしていました。 
 
 

1414466286849.jpg


かわいい車。

 
1414466287968.jpg
 
 
1点物やB級品を安く売っているお店や、最終開催日だからか値下げしているお店もあります。
 
 

1414466289300.jpg
 
 
もともと萌木の村にあるお店を見るのも楽しいです。 
 


1414466290548.jpg


ステージ裏。

  

1414466292780.jpg


アントステラのお店。

やっぱりここは雰囲気があります。 
 
 
アメリカ製のパイ皿ないかなーと思ったけど、なかった(´Д⊂。
 
 

1414466293803.jpg


ハロウィン商品もたくさん並んでいました。

シュールすぎる、ハロウィンの人形もちらほら・・・(笑)。 
 
 

1414466294737.jpg


サンクスギビングのディスプレイ。

懐かしいなぁ。
 
 
ドラマとタイアップした福袋なども売られていました。

アントステラの商品が使われているらしいです。
 
 

1414466295813.jpg

 
まだお昼前ですが、ちょっと小腹がすいたので、つまみ食い。
 
プリップリでおいしかった~♪ 
 
 

1414466296463.jpg


葉っぱがきれいに紅葉しています。
 
 

1414466297382.jpg


キレイですねェ~♪

秋を感じる。
 
 

1414466298103.jpg

 
続いて別会場?へ向かいます。

全体地図右下にある、オルゴール館の前です。
 
  

1414466978888.jpg
 


私のカントリーのテントはこちらにはありませんが、野菜や雑貨、ドライフラワーのテントなどがあります。 
 

1414466299020.jpg

 

1414466299838.jpg


こちらも中々にぎわっています。
 
 

1414466300835.jpg
 
 
苺みたいな花。 
 
生花なのですが、ドライフラワーにもなるということでお連れが購入。濃いピンク・白・赤が多目と色々種類があります。赤か白多目がかわいかった。
 
 

1414466301680.jpg


うん、苺みたい。
 

1414466302741.jpg

 
こちらは萌木の村奥にある、別の施設からの風景。

地図には載っていませんが、そのまま歩いていけます。


豆乳屋さん(豆乳製品―湯葉やドーナツ、豆腐に豆乳などなど)やアイスクリーム、ジャムなどのお店が並んでいます。 
 
 

1414466303730.jpg
 
 
続いてメリーゴーランドのある場所へ。

全体地図右上の場所です。 
  
 
森の中に1つだけメリーゴーランドが置いてあるところが、ノスタルジック感満載ですね~。

 

1414466304853.jpg

 
ちびっこに大人気です。
  
 
 
 
この後ロック前の出店コーナーでお昼ご飯を食べ、萌木の村を後にしました。
 
お昼すぎから厚い雲が多くなってきていたのですが、帰り道にある忍野八海に立ち寄ってから帰ることにしました。 
 
 
 
 
 
本当は晴れているときに来たかったなぁー。゜゜(´□`。)°゜。
 
 

1414466305775.jpg

 
ほぼ全部見に行ってきました。

やはり曇りなので真っ青感は低いですが、それでも水がきれいなのは十分伝わってきました。きれいだなぁ。 
 

1414466306802.jpg 
 

お釜池。

小さいですが、泉のようできれいです。 


1414466307620.jpg


1414466308820.jpg


一か所深くなっています。

色んな池が地下でつながっているらしい。


この水の澄み具合といい、セノーテみたいですね~。
 
 

1414466310689.jpg


歩道を歩いて、有名な湧池があるエリアまで行きます。

一気に人がたくさん。
 
 

1414466311709.jpg


外国人観光客がとても多い!!
 
 

1414466312734.jpg


こちらが1番有名な湧池。

池が反射してしまって、肉眼でも青さが若干見づらい。カメラだともっと見づらい。
 
 
だけどとてもきれいです。 
 

1414466313551.jpg


1414466314290.jpg


1414466315319.jpg


上手くすれば、こんな感じに映るんですね。

青い!! 
 


1414466316826.jpg


1414466317955.jpg


軒下には、トウモロコシが干してありました。

ここにあるのは多分ディスプレイだと思うのですが、別の場所で、「これは干したあと何に使うんですか?」とお連れが聞いたところ、「ポップコーンにする」と答えられたそうです。


ぽ…ポップコーン!?

ほんとに∑(゚∇゚)!?!?
 
 

1414466318867.jpg

 

1414466319898.jpg


雪解け水を触るコーナー。 


1414466320717.jpg


めっちゃ冷たい!
 
 
こちらは触るコーナーですが、実際に汲むこともできます。 
 
 

1414466321639.jpg


ここと、もう1箇所にて水をくむことができます。

おいしいですよー。 


1414466322968.jpg


その前にある丸い池。

こちらは深さが8mあるそうで、かなり青々していました。


青が濃くてかなりキレイですね~。

魚が気持ちよさそうに泳いでいました。


ここで素潜りしたら気持ちいいだろうなぁ。 

 

1414466324809.jpg
 
 

1414466325631.jpg
 
 
ザ・ジャパンていう風景ですね~。

だから外国人も多いのかな。
 
 

1414466326551.jpg
 
 
ブドウ100%ジュース!

一升瓶に入ってる。おいしそ~。 
 


その後周辺のお店をふらふら見ながら帰宅。

時刻は4時半ごろだったのですが、そろそろ店じまいな様子です。
 

1414466327267.jpg


ドラえもん煎餅。


1414466328392.jpg


ミニトマトのようですが、ナスだそうです。


それでは、家路につきます。 
 
 

 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
 
 
朝早かったこともあり、なんだか1泊旅行したような気分。


初めてのカントリーフェスタでしたが、楽しかったです。

私はカントリー大好き!!という程ではないですが、色んなお店を見たり紅葉を見てのんびりしたり、面白かったです。付き添いでもきっと楽しめますよ。


行ってみたかった、忍野八海にも行けて満足!

ですが、今度は晴れている日にリベンジしたいです。 
 
 
  

とても楽しい週末でした!

2013年10月29日 (火)

【セコイア国立公園】2日目ーセコイア国立公園へ

今日はいよいよセコイア国立公園へ出発です。

私にとっては、今回の旅のハイライト。唯一の私の希望です。


ツアーの会社により、朝7時にピックアップ。今回は私と母の2人だけの参加ですが、この会社ではセコイアに関わらず、1ツアーMAX9人まで行けるそうです。ミニバンなど借りれば、20人までOK。


さてさて。
ロサンゼルスからは、片道およそ4〜5時間。300キロ程離れています。


道中は基本的には田舎道や山路を走行しますが、途中に見えるオレンジ畑がすごかったです。広大な土地にモッサモッサとどこまでも続くオレンジの木。私は初めて見たのですが、幹の部分が短いというか、枝や葉に覆い隠されていて、まるで大きな植木のようです。


オレンジの他にもぶどう畑やオリーブ畑、石油の採掘などいろんな景色が見えます。ロスの街並みから一変するので、おもしろい。


途中スタバで休憩を挟み、フリーウェイを降りていよいよセコイアへ。

ロスも寒かったけど、こちらもかなり肌寒い。数日前には雪が降ったようで、入口にてチェーンの有無など聞かれました。


1383127514121.jpg


↑入り口

結構大きいです。
これもセコイアの木を使ってるんだって。

昔はこの土地にもネイティブの方が暮らしていたそう。


1383127522658.jpg


↑続いてビジターセンターへ

ミニミュージアム付きです。
少ないですが、お土産も少々売っています。


1383127527445.jpg


↑これがセコイアの種

セコイアは杉科なんだそう。
松ぼっくりみたい。なんにせよ、世界最大の生き物に成長する生物の種がこの大きさとはびっくり。


1383127532259.jpg


↑こちらは別の種類の松ぼっくり。

横についているカサ?はグラグラしていて、ポキと折れそうな感じ。

そういえば小学校の校長室の前に、「アメリカの松ぼっくり」と題して、こんな感じの松ぼっくりが飾ってありました。あの時の松ぼっくりは、これと同じ種類だろうか。


1383127536970.jpg


↑こちらが昔の看板
色を塗ったのは最近だそう。


1383127542165.jpg


↑岩トンネルです

昔はこの下を車が通れたらしい。今は通行止め。ザンネン。

この岩の上に登ることもできます。


ここでホスピタルロック横のピクニックエリアへ。

お昼の詳細が書かれていなくて尋ねたところ、持参か途中で買うか、レストランかと案内されました。持参もいいのでは?と言われていたのでそうしたのですが、持ってきた人は初めてらしい(笑)。普段は道中のメキシカン料理屋さんに注文して、それをお昼にするのだとか。もしくは、公園内にある唯一のホテルにあるレストランで食事が可能だそうです。


同じ国立公園でもヨセミテの方が飲食店の環境は整っているそうです。レストランや商店や売店だけでなく、飲み物を売っているところもありません。レストランを利用しない場合は、それなりに準備が必要です。なおピクニックエリアはBBQもできるそうです(これはちょと意外)。


1383127547414.jpg


↑後ろにはモロロック


本当ならモロロックも登る予定だったのですが、今日は雪の為通行止めだそうで、そちらは中止に。ざんねん〜(;´༎ຶД༎ຶ`)。

個人的には、モロロックよりもセコイアの木をくり抜いたトンネルなどが見られないのがザンネンでした。それらはモロロック方面にあるそう。


1383127552241.jpg


↑こちらはホスピタルロック横にある場所。

かつてネイティブアメリカンの方が、ここでドングリをすりつぶしていたそう。食用だったんだそうです。後ろは崖というか急な坂というか…結構危ないところにあります。


1383127557721.jpg


↑ホスピタルロック入り口


1383127562669.jpg


ホスピタルロックには、赤い象形文字のようなものが描かれています。一体なんて書いてあるのだろうか。ガイドさん推理曰く、何か薬などの調合を記したのではないかということです。ちょうど岩の下は影になっていて、雨風をしのげる場所なので、そこで治療などしたのでは?と。あくまで推理の一つです。


1383127567279.jpg


↑続いて川へ行きます


1383127572808.jpg


↑モンスターボールみたいなドングリ?発見!!


1383127577927.jpg


↑ナニコレ珍百景な岩も発見

ここの他にも、よく崩れないなーというような大きな岩がゴロゴロ。


1383127583283.jpg


結構流れが早いです。
丸みのある大きな岩ががたくさん。水もキレイです。


1383127588681.jpg


では、メインのシャーマン将軍の木を目指します。

先ほどのホスピタルロックから更に山を登っていきます。段々と雲も暑くなってきました。そして雪も。進めば進む程、どんどん雪も深くなって行きます。シャツに薄手のセーターにパーカーなんですが、外大丈夫だろうか꒰。・ω・`;꒱。。。。


1383127594003.jpg


↑シャーマン将軍のトレイル


ここからトレイルスタート。
みんなめっちゃ厚着してるー(;ω;)。手袋だけお借りしたのですが、寒い!!


行きは緩やかな下り。
雪かきを一部してくださっていますが、氷状の部分もあり、滑りそうで怖い。


でも、うっすら雪をかぶった木々はこれまた幻想的でキレイ。空も曇っているのですが、この情景なら全然アリです!! 晴れは晴れできれいなのだろうけど、雪景色も中々ステキだー♪


1383127599228.jpg


進みます。


1383127604554.jpg


ずんずん進みます。


1383127609980.jpg


↑この広場、シャーマン将軍の直径と同じ長さなのだそう。広いねぇ。


1383127615102.jpg

1383127619504.jpg


↑そしていよいよシャーマン将軍の木!


確かに大きい〜。
これが世界最大の生き物だそう。クジラよりも大きいんだからすごい。

写真だとわかりにくいですが、人と比べるとわかりやすいと思います。上の方についている枝でさえ、枝とは思えない大きさです。


シャーマン将軍の木は、これを取り囲むようにしてトレイルができていますので、後ろから見ることも可能。落雷により落ちた、大きすぎる枝は目の前で見られます。ちなみに囲いがしてあり、シャーマン将軍の木に直接触ることはできません。


1383127624111.jpg


1383127629546.jpg


↑幅の図
とんでもない。


1383127633534.jpg


↑これが折れた枝。
枝じゃないよね、木だよねこれ。


1383127638151.jpg


セコイアの木は表面はふかふかと柔らかく、反対に木の中心部はとても硬いそうです。

またタンニンを多く含むことから、腐りにくいのだとか。それなら家を作る材木に向いているのでは?と思うのだけど、ヒビが入りやすいんだって。

ちなみに、このセコイアの木が生息する為には豊富な水とある程度の標高が必要だそうです。そういったこともあり、生息地が限られているのだそう。


1383127642557.jpg


↑奥にも道は続きますが、時間により少し進んでUターン


1383127647255.jpg


入口からずーっとまっすぐ行くと、Y字路にぶつかります。それを右へ進むとシャーマン将軍の木なのですが、左へ行くと、この双子セコイアの木が見られます。こちらはタッチ可能。

穴のように黒くえぐれた部分がありますが、落雷の跡だそうです。


1383127651314.jpg


こんなに大きな木なのに、意外な事にセコイアの根は浅いのだそう。

それじゃあどうやってあんなに大きな体を支えるのかいうと、縦ではなく横に根が広がっているのだそうです。

よく行かれた方のブログで、この大きな根っこと一緒に写真を撮っているものを見かけますが、今日はそう言った事はありませんでした。車窓からそれらしいものは見たのだけど、降りてそばに行ってーというのはなかったなぁ。ちょっとザンネン。


1383127655036.jpg


↑こちらは囲いがないのでさわれます。


セコイアの木、本当にフカフカしていました。
コルクのような、コルクとはまた違った柔らかさというような。叩くと中身が詰まっていないような、ポコポコという音がします。

おもしろいです。


1383127659746.jpg


↑雪を恐れずにだきつく(笑)


1383127663859.jpg

1383127667732.jpg


↑表面には毛のようなものが生えています
モフモフ…まではいかないんだけど、ファサファサしてる。


1383127672852.jpg


↑誰かが作ったのかな? 雪だるま。


ここでシャーマントレイルは終了。

この後ミュージアムと別のトレイルのどちらがいいかと聞かれ、寒かったけどもトレイルを選択しました。ビッグツリートレイルです。


1383127677325.jpg


ビッグツリーは、開けた原っぱのようなところをぐるっと1周するトレイル。

ここはほとんど雪かきがしていなかったのと、時間もなかったので1周はせず入口付近の木を見学してきました。ここはさっきのシャーマントレイルよりもセコイアの木が多い気がする。大きな木も多いです。囲いがないところも多いので、触る事もできます。


1383127682375.jpg

1383127686060.jpg


↑コケが生えている木もたくさん


1383127689921.jpg


↑セコイアの隣にある木。
これはこれで大きいのですが、やっぱり小さく感じる。


•**••**••**••**••**••**••**•


これにてセコイア国立公園は終了。

あっという間、感動した!
天気が崩れたのは残念だったけど、幻想的な雪景色が見られたのはとても満足です。


ただ、ちょと物足りない感じも。
予定は9時までだったのですが、帰宅は7時過ぎでした。雪で通行止めなど仕方ないこともあるけど、もっと色んなトレイルをゆっくり見てみたいなぁ。今度の宿題にします(*^▽^*)。


それと、防寒対策は必須ですね。
まだ雪が降るには早いそうですが、今の時期最悪雪が降ればこれだけ寒いよーというのを教えて欲しかったかな。事前に聞いた時は、雲があれば肌寒いくらいにしか聞いていなかったので。。。

自分でも気温など調べていたけど、入口と標高の高いところと何カ所か温度計があり、場所により全然温度が違うのだそう。私が調べていたのは低い標高の気温だったようで、予想以上に寒かったということでした。

雪が降る可能性がある時に行かれる方、防寒と防水性のある靴を準備して行かれることをオススメします。


•**••**••**••**••**••**••**•


帰り道、安くてオススメだという無人のフルーツ販売所に立ち寄りました。


周りはオレンジ畑だらけ。
そこで採れるオレンジの他、今日は柿とザクロもありました。畑の熟れたオレンジを食べた鶏が生んだ卵とやらもたまにうっているそうですが、これが中々おいしいそうです。


1383127693708.jpg


↑オレンジスタンド・かわえぇ。


1383127697738.jpg


↑大きないちじく(75セント)とオレンジ(4つで1ドル)を買ってみました

2013年8月18日 (日)

【安曇野・白馬】1日目その1・長野へパラグライダーをしに

突然ですが、ただいま長野県は安曇野に来ています。


1泊で旅行へ行こうということになりまして。メンバーの一部は熱気球に、私を含む2人は明日パラグライダーを体験予定です。

 

まずやってきたのは安曇野にある大王わさび農場。

HPはこちら←


ここは何かというと、広大なわさびの農場が広がるところ。そこに食事どころや遊歩道が設けられており、バスツアーなどでもよく立寄る模様。

私達は11時ころ着いたのですが、既に駐車場はバスや乗用車でほぼ満車でした。


お昼ごはんを食べたあと、おつれの一人が、トンボ玉に挑戦することに。私は以前小笠原で造ったことがあるので、今回はお連れ一人のみ挑戦です。

前々からやってみたかったそうで、初心者コースを申し込み。予約などは不要で、その場で申し込みできます。15分の体験に完成まで30分だそうです(できあがったトンボ玉を冷やす時間)。対象年齢は小学五年生以上(4年生は要相談)です。
 


1376822095324.jpg
↑こちらが料金一覧
値段によって、つけられる模様が異なります


1376822096453.jpg
↑見本。ここから好きな色を選択


1376822097369.jpg
↑エプロンに着替えます


エプロン短っ(笑)


1376822098479.jpg
↑お姉さんから説明を受けます


1376822099600.jpg
↑ガラスを巻きつける棒を熱します


1376822100713.jpg
↑ベースになるガラスを溶かします


1376822101685.jpg
↑それを巻きつけて


1376822102624.jpg
↑星屑柄をつけます


ほかにはマーブルや水玉模様などが作れるそうです。


1376822103617.jpg
↑こちらがお店入り口


一つの建物に、いくつかの店舗が入っています


1376822105006.jpg
↑お昼ごはんを食べたおそばやさん


私達はこちらのお蕎麦屋さんで食べました。

私はわさび葉入りの書き上げそば。ほかにレストランもあります。


1376822106551.jpg
↑黒いネットの下にはわさび畑が


1376822107492.jpg
↑水がきれい!!


 
続いて、別のお連れ希望でクリアボートというのを体験することに。

大きなゴムボートで川を渡るというものです。水深は1mほど。ライフジャケット着用なので安心です。濡れることもないです。

ただこの日は気温30度を超えたからという理由で、未就学児は乗船禁止と書かれていました。気温によって禁止とかあるんですね。。。。

 

1376822108740.jpg
↑これです


1376822109908.jpg
↑料金表


私達は15分コースを。


1376822110761.jpg
↑くだりは足を水に入れていいらしい。気持ちよさそう~!!


のぼりはみんなでパドル(オール?)をこぎます。結構力がいるので大変。

下りは何もしなくても勝手に進んでいくので、みんなで川に足を入れて涼みながら進みます。水温は13度だそうで、ひんやり気持ちいい♪


1376822111986.jpg


1376822113003.jpg

1376822114254.jpg
↑黒澤監督の映画に使われた水車だそう


 
クリアボート体験が終わったころ、トンボ玉が完成しました。


1376822115957.jpg


こちらが完成図。
なかなかキレイに丸まったようです。


1376822117082.jpg
↑レストランにはまいうーも来たみたい


1376822118081.jpg


帰りはわさびソフトを食べて帰りました。

あまりというか、ほとんど辛くないので子供でも食べられる感じ。さっぱりした甘さでした。


 
 
1度宿にチェックインをして荷物を置いたあとは、近くの温泉へ。

白馬には温泉がたくさんあるそう。ペンションにて割引券もいただきました。


1376822119071.jpg
↑こちらに


行こうと思っていたところが混んでいたとの情報を得たので、別のところへ行って見ました。そんなに大きなところではなかったけど、なかなか良かったです。お肌もすべすべ。


1376822120112.jpg


お風呂上りは畳でしばし夕涼み。

田舎のおばあちゃんち(ほんとのおばあちゃんちはぜんぜん田舎ではないんだけど)みたいです。


1376822121161.jpg


1376822122943.jpg
↑お約束の牛乳


1376822124371.jpg
↑ごちそうさまでした


 
それでは宿に戻ります。

2013年4月 4日 (木)

【埼玉】今年のお花見

今年は桜の開花が本当に早かったですね。


3月中旬にぶわ~っと暖かくなったかと思ったら、下旬はぐずついた天気。気温も低くかなり寒かったです。

そんなこんなでここ最近は必ず行っていた地元の桜も見に行けずじまい、花見できずじまいでした。残念weep


毎年、近くの桜並木と公園、ゴルフ場、民家の4か所は必ずと言っていいほど見に行きます。

桜並木はちょっとした名所になっているので、車で行くのは結構大変ですが、残り3か所は割と気軽に行けます。

最後の「民家」ですが、会社?事務所?の駐車場の一角に立派な桜の木がありまして。それを見にたくさんの人がやってくるわけなのですが、ここの方もそれを知ってか、時期になると赤い布がかかった椅子を用意したり(よく時代劇でお団子食べてるやつ)、夜にはライトアップしたりと、かなりステキなおもてなしです。


 
今年は天気も予定も合わなくて、満開時・夜にゴルフ場と3分落ちの頃民家をすこーしだけ見に行けただけでした。

3分落ちだともうやっぱりさみしい感じですが、地面は桜の海でこれはこれでキレイshine。もうちょっともっさぁ~としていてもいい感じですが、少しでも見られて良かったです。


1365671114504.jpg


もうだいぶ散っていますdespair
 

1365671121428.jpg

2012年10月11日 (木)

【埼玉】幸手市の曼珠沙華祭り

先日訪れた曼珠沙華祭りをすこし。


場所は埼玉県幸手市。
ここは春に咲く桜が有名ですが、秋には曼珠沙華も咲いてるんですねぇ〜。

家から割りと近いので桜はよく見に行くのですが、曼珠沙華は初めて!


桜祭りに比べるとまだまだ歴史が浅いので、露店などもなくお祭り感は少ないですし、日高の曼珠沙華と比べちゃうと規模も小さいですが、それでもキレイでした〜。


1349907973910.jpg
↑今年の曼珠沙華祭りポスター
(かなり画質悪いですが…)


初めに訪れたのは、10月入ってすぐの平日昼間。

桜祭りのときには駐車場料金がかかる、土手の目の前の駐車場が無料! 6〜7割くらいは埋まっていましたので、思ったより人がいる感じ。ただ平均年齢はかなり高めです。この日擦れ違った人々の中では、私が最年少だったのでは(笑)。


1349907975418.jpg
↑おろろ…⁈


ネットで見た画像(今年のではなく)は、まさに「赤いカーペット!」状態だったのですが…。思ったよりもチラホラな感じ。まさかまさか、もうピークは過ぎてしまったのでしょうか。


1349907976651.jpg
↑でもこれはこれで見事でした。


1349907977471.jpg
↑桜の木の下に植えられているんですね
もっと早く(去年とか一昨年とか)来れば良かった


帰宅して「そうだ!開花状況見てみよう」と思いつき、幸手市のホームページを検索。

私はてっきり見頃は終わったのかと思ったのですが、どうやらこれからが見頃のよう。今年は10月6〜8日の連休が見頃のようです。

と、いうわけで体育の日にリベンジ!


1349907978505.jpg
↑おぉ〜゚+。(*゚Д゚*)。+゚
まさに「赤いカーペット!!」


1349907979421.jpg


1349907980467.jpg


1349907981668.jpg


1349907982585.jpg


人も前回の平日の数倍くらい。
駐車場も、ほぼ満車でした。


同じく露店は出ていませんでしたが、「峠の茶屋」というお店は平日・祝日ともにオープン(平日のどこかで休業あり)。パンやアイス、ドリンク、軽いお弁当(かやくご飯や海苔巻きなど)が売られています。平日に行った時は、暑くてここでアイスを食べたのですが、体育の日は行列が出来ていて…寄らずに帰りました。

お弁当を持って来て、シートをひいて食べている方も結構見かけました。気持ちいいだろうなぁ。。


と、いうプチ曼珠沙華鑑賞でした。
来年も時間があれば見に行ってみたいです。

大体は斜面に植えてあるのですが、横からみるとかなり奥行を感じます。曼珠沙華が奥へ奥へとわさ〜っと広がっている様子は圧巻! 予想以上にキレイでした\(^o^)/


【幸手市観光協会ホームページ】
http://www.satte-k.com/

2012年8月30日 (木)

【静岡】2、3年ぶり井田海水浴♪

先日、静岡県は西伊豆にあります、井田へ海水浴に行ってきました。


初めて行ったのは、中学1年生の夏。
それ以来気に入ってしまって、何度か足を運びました。今回は2,3年ぶりの井田です。


伊豆と言えば海ですが、実際砂で濁っていたりして、必ずしも全ての伊豆の海がキレイな海shineというわけではないんですよね。でも井田がある西伊豆は比較的キレイ。上から眺めると、透明で、水面もキラキラ光っていい感じ。

中でも井田は、首都圏から行ける海の中では、かなりの透明度だと思います(個人的にね)。そして何より魚が沢山泳いでいるので、シュノーケルにぴったりです。


あまり大きな海水浴場ではないため、人には知られたくないのですが…。興味のある方はおススメです。集落には、民宿やダイビングセンターもあります。釣りもできますよ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


と、いうわけで井田へ出発!!


1346637939137.jpg
↑首都高大好き


今回はスケジュールの都合上、夕方出発の1泊旅行でした。
海は次の日に昼ごろまで楽しんで、その後埼玉に戻ります。


1346637940277.jpg
↑もうすぐ夕日


1346637941516.jpg
↑富士山登場!


道が思いの外混んでいて、6時ごろ宿に到着。
いつもお世話になっている、「青海」さんです。


女将さんと明るくて元気な若女将が笑顔いっぱいでもてなしてくれます。ご飯もおいしいんですhappy02


早速荷物を置いて、まずはお風呂へ!
さっぱりしたところで夕飯を頂きますrestaurant


1346637942209.jpg


1346637943542.jpg
↑ながらみ


この間静岡の友達のところでご馳走してもらった、「ながらみ」が登場!! まさかこんなに早く再会するとは(笑)。おいしかったです。


1346637944874.jpg
↑アワビも最高


この日は24時間テレビがやってましたねー。
昨日まで過密スケジュールだったので、夜はみんなあっという間に熟睡……sleepy


1346637945823.jpg


昨日あんなに食べたのに、朝からたくさん食べられる不思議。


1346637946649.jpg
↑今日も富士山がよく見えます


実はこの時、南の方に台風がきていました(小笠原のあたりだったかな)。
直接本島に影響が出るまでではなかったのですが、やはり海はうねり気味。そして海水が混ざってしまっていて、井田100パーセントではなかった…残念。


1346637947630.jpg
↑まだ人は少なめ


私の井田のお気に入りポイントは、

・砂浜ではない
 →なので足が汚くならない

・入るとすぐに水深が深くなる
 →シュノーケル向き。小さい子は水辺で遊ぶか浮き輪が良い。

・魚が沢山いる
 →堤防の反対側ではダイバーがダイビングをするくらいです。30センチくらいの魚から、小魚の群れやイカの群れも!

・透明度がいい
 →シュノーケルが楽しい♪

・熱海のように混まない
 →とはいえ、最近は昔より混んでいる印象。特にピーク時。

・四角いはんぺんみたいなのが浮いている
 →海水スペース内の奥に2か所、人が乗れる浮きがあります。柔らかくはないですが、そこから飛び込んだり、上でごろごろしたりと、楽しいですよ~。

などなど。


水に入って少し泳ぐと、もう足はつきません。
深いとこで泳ぎなれていない人や、泳ぎの苦手な人は、初めは躊躇するかもしれませんが、シュノーケルとフィンがあれば誰でも浮くので、ぜひシュノーケルを楽しんでほしいです。

浮き輪やライフジャケットを持参している方もよく見かけますが、シュノーケルならライフジャケットの方が体勢は楽かと思います。


1346637949062.jpg
↑準備万端


1346637949799.jpg
↑やっぱりちょっと波荒め


ちなみに。
この井田海水浴場、海の家や売店などはありません。

ダイビングセンターが兼ねている?(関係ないのかな?)お食事処がありまして、そこでご飯ものを食べる事はできますが(そこが海の家っぽい感じ)、いわゆる海の家や露店なんかはありません。


集落に商店も多分無いと思うので、必要なもの、おやつなどは事前に準備しておく方が吉です。

浮き輪やバケツなど、民宿によっては貸出しているところもありますので、問い合わせてみてください。


海水浴場付近にあるお店的なもの、公共施設的なものといえば、先ほどの食事処、ダイビングセンター、自動販売機と公衆トイレくらいです。


1346637950598.jpg
↑なんか捕獲


1346637951728.jpg
↑青いさかな


前に来たときは、幼馴染のお父さんがバケツでウツボを捕まえていました(笑)。まさか本人もバケツで捕れると思わなかったようで、はしゃいでいました(波で押されて偶然水際のそばにいたらしい)。


1346637952480.jpg
↑いい天気


写真左手にあった、堤防に行ってみます。

ここはよく釣り人が釣りをしていますねー。
上から海を覗くと、魚が沢山泳いでいるのがわかります。

海の中にいる魚を見ながらの釣りです(笑)。
小さい魚なら、おもしろいように釣れます。


それから、この堤防。
木村拓哉主演のドラマ、「HERO」のロケ地にもなった場所なんですよ~。

確かスペシャル?か何かの時。
キムタクが堤防から飛び込むシーンがありましたが、それがこの堤防なんだそう。へぇ~。


1346637953173.jpg


1346637954093.jpg
↑小魚の群れ
今日はあまり魚は見られず


今度は、カニを捕獲。
小さくてかわいい。

1346637955757.jpg


1346637956631.jpg
↑海を背に振り返ると、田園風景が広がっています。田舎に来たような感じも好きです。


1346637960130.jpg
↑癒されます


と、いうわけで楽しい時間はあっという間に終わり。。。

一度民宿に戻って荷物を取り、埼玉に戻ります。


1346637961090.jpg
↑民宿「青海」


シャワーだけお借りする予定でしたが、ご厚意でお風呂に入れていただきました。私たちが帰る日がちょうど宿がお休みだったらしく、他にお客さんもいないからいいですよーと言っていただきました。本当にありがとうございましたhappy01


身体も温まり、さっぱりしたところで女将さんたちとお別れ。
また必ず戻ってきますconfident


→【民宿・青海】
http://business1.plala.or.jp/seigai/


そして、井田集落を出た道。
帰り道は左へ曲がるのですが、ちょっと寄り道をして右の道へ。

展望台があり、そこから井田の景色が一望できるのです!


1346637961973.jpg


1346637962781.jpg
↑ハイキングコース


こんなのもあるんですねー。
中々ハードそうだと思うのは私だけ?


1346637963570.jpg
↑この池も井田の観光ポイントに載っています


さて、道中お土産さがしもかねて、道の駅へ寄り道。
ここは前回井田に来た帰りに初めて立ち寄った所です。


→【伊豆 村の駅】
http://www.muranoeki.com/


1346637964216.jpg


魚介、野菜、酒、パン、生菓子、土産物、卵をテーマにした土産などがそろいます。

海鮮丼、そば、卵料理のフードコーナーや、ちょっとつまめる軽食などもあります。


1346637964932.jpg
↑駿河丼

この道の駅で食事するのは初めてです。

一番初めに目についた海鮮丼のお店で食事をすることに。ベタすぎますが、駿河丼を頂きました。


1346637965756.jpg
↑桜エビおいしー!


1346637966792.jpg
↑地元の野菜も販売。安いです。


1346637967495.jpg
↑静岡サイダーを発見!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


久しぶりの井田、楽しかったです。

台風のせいで、100パーセントじゃなかったのが残念だったけど、雨も降らなかったし、それこそ台風で中止になんてならなかったので良かったのかな。


私が前回来たときは日帰りダイビングで訪れていたため、宿には泊まりませんでした。なので「青海」の皆さんに会うのは5年ぶりくらい!? みなさん元気そうで何よりでした。


来年の夏もまた、行けたらいいなぁ♪
以下井田情報です。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【井田の観光ページ】
http://www.izu-ita.com/


【民宿・青海】
http://business1.plala.or.jp/seigai/


【井田ダイビングセンター】
http://itadc.com/
以前利用させていただいたところです


【西伊豆観光協会】
http://www.nishiizu-kankou.com/


【伊豆 村の駅】
http://www.muranoeki.com/
立ち寄った道の駅です

2012年6月27日 (水)

【カプリ島】3日目・いざ、青の洞窟へ!

2012年6月7日木曜日(晴)

 

イタリア3日目!
今日は青の洞窟を見るため、南イタリアにあるカプリ島を目指します。


見られるかどうか、つまり洞窟に入れるかどうか…。とっても不安でした。


夏場は入れる確率が上がるものの、全体の確立そのものが年々下がってきていること。夏でも「絶対」入れるわけではないこと。雨など降ってしまったらアウトだということ。晴れていても、風や波の状況など、簡単に入れなくなってしまうということ。天候に恵まれたとして、混雑具合、到着時間などによりきれいに見られないこともあること……などなど心配事をあげたらきりがありませんcoldsweats01


一応、確立が高いというその為だけに、この時期に思い切ってイタリアに行くことを決めました。さらに、直前の天気予報を確認してカプリ島に行く日を決めました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


 
午前中がきれいに見られるということで、ナポリ行きの1番早い電車を予約。


朝7時ころの電車です。
さすがに昨日あんなに歩き回ったので、ちょっと眠いsleepy

電車移動も初めてなので、色々と不安です。


 
予約した紙をもって、駅のホームへ。


当日券を購入した場合は、飛行機のチケットのような大きな切符に、自分で日付を刻印しなくてはなりません(駅のあちこちに黄色い刻印機があるので、それにチケットを入れる)。

ウェブ予約は、刻印の必要なしとのことですが、念のためインフォメーションで確認してから乗車しました。

 
 
1344491799545.jpg
↑時刻表

 
時間ギリギリまで、自分の電車がどこのホームに入ってくるのかわかりません。


ただ唯一わかりやすかったことと言えば、駅は1階建てのフラットな構造なので、ホームなどがわかりやすいということ。例えば向かって左が1番ホームなら、右に行くほどホーム番号の数も大きくなっていきます。日本の駅のように構造が複雑ではないので、外国人旅行者にとってはわかりやすかったです。


 
1344491800643.jpg
↑駅のホーム


日本の駅のように、改札口はありません。故に浮浪者などもいることもあるので、貴重品の取り扱いには注意。


 
1344491802325.jpg
↑電車の中


思ったよりキレイ。
新幹線みたいー。


ここからナポリ駅までは、ノンストップ。
所要時間は2時間くらいです。

 
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


 
無事にナポリに到着。
電車はガラガラでした。
 


昨日市内散策中に出会ったMさん夫妻によると、ナポリは相当治安の悪い場所なんだとか…。

イタリア人でも、あまり近寄りたくないんだそう(個人的主観もあるかもしれないので、全員そう思っているかどうかはわかりませんが)。とくに旦那さんいわく、女一人でナポリだなんて、絶対に反対だそう(汗)。彼女や奥さんが一人でナポリに行くなんて言ったら、何が何でも止めると言われました。。。


そ…そんなに恐ろしいのかナポリはcoldsweats02。 


でももう電車も予約しちゃったし、何より1番楽しみにしている青の洞窟に行くためには、ナポリに行かないといけないし……。お二人のアドバイスをしっかりと自覚し、ナポリに乗り込んだのでした。

 

ちなみに、ナポリ駅もかなり治安が悪いそうです。Mさんも鞄をひったくられそうになったらしい。電車でナポリを訪れる際は、皆様もお気を付け下さい。

 
 
 
 
 


気を取り直して。

まずは、ナポリ駅からカプリ島行きのフェリーが出る港へと移動しなければなりません。駅前からのトラムに乗る予定が、駅前数百メートルが工事中で様子がよくわからず、乗り場がわからない!


とりあえず道なりに進んでうろうろしていると、「どうしたの? 何さがしているの?」と声をかけてくる男性が。


やばい、来たーーー!!(゚ロ゚屮)屮!!!!
逃走体勢ーーーーーーーー!!!!!!


 
と思ったら、警官でした(笑)。
しかも、目的のトラム乗り場はすぐ目の前(汗)。


 
ようやく自分が乗るトラムに乗ったと思ったら(バス停にいた人に聞いた)、なんと違うトラムcrying。トラム内で、地元のイタリア人のおじさんとおばさんに「どこから来たの?」「どこに行くの?」と聞かれ、答えていたときの事でした。
 

「このトラムじゃ港にはいかないから、乗り換えないと!」と言われ、急きょ下車wobblysweat01。さらに、おばさんが「教えるから、ついてきて」と言ってくれてweep。すいませんーsweat01。 


結構通りの多い大きな道路を横断、数百メートル歩き、別のバス停へ。ところが待てども待てどもお目当てのトラムは来ず…。仕方なく、当初乗る予定だった番号のトラムが来るバス停を目指して、更に100mほど歩き、連れて行ってくれました。

 
 
バス停着後、グッドタイミングでトラムがflair。おばさんも、わざわざ一緒に乗ってくれました(ほんと、すいません(´□`。)。

「このトラムに乗っても(自分の目的地に)着くから、大丈夫よ」と、明るく笑ってくれました。「ここで降りるのよ、フェリー乗り場はあっちだからねhappy01」と。


 
 
確かにナポリは怖いところかもしれない。けど、こんなに優しい人たちもいました。本当に、ありがとうございましたbearing


 
 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 
 


さてさて。
ようやく港に到着!

 

そこで今度は韓国の女の子に声をかけられました。
 
スペインに留学中で、同じく青の洞窟が見たくてイタリア一人旅。私が電車の中で地球の歩き方を開いているのを見て、日本人だとわかったようです。同じ女一人旅同士、一緒に島を目指すことにしました。


いくつかのフェリー会社がある中から、チケット購入。
無事に買えたのはいいけど、ここを出るころにはもう10時過ぎ…。間に合うだろうか。

1344491803364.jpg
↑船のチケット


 
カプリ行きの船は酔うとのうわさを聞いていましたが、全くでした。一応アネロンという酔い止めを飲んでいたのもあったけど、波はほとんどないベタ凪。冬だと揺れるのでしょうか?

 
 

またカプリへの道中、日本人カップルにも声をかけられました。

洞窟への行き方、ツアー船の予約の有無などを問われました。地球の歩き方「イタリア」では、カプリのページが少なく、ほとんど情報がありません。地歩も事前のブログ情報などを見ても、予約はなしで、当日島に行ってツアーを申し込むことがほとんどと書かれていたので、その旨を伝えました。


 
 

ようやく島に到着!
思ったよりも大きいです。そして、断崖絶壁というか、ごつごつしている。


 
韓国の女の子とは、ここでお別れ。
彼女は陸路で、私は船で洞窟を目指します。私も陸路は散々考えたのですが、悩んだ末に海から目指すことにしました。


 
と、お別れしたのはいいけど、洞窟へ行くツアー船どこにしよう、早くしなくちゃとキョロキョロ。とりあえず、フェリーを降りて真っ先に目に入ったツアー船に申し込むことにしました。

列に並んでいると、前には見覚えのあるカップルが。フェリーで声をかけられた方たちでした。

 

いよいよ私の番!
青の洞窟直行ツアーは次回(30分?1時間後?)まで売り切れ。カプリ島一周ツアーなら空きがあるとのことで、そっちのチケットを購入。 


3,400円の差で島1周できるなら、よし。
今すぐ出発できるなら、なおよしです。

しかも、直行ツアーは予約などできないそうで、そちらがよければまた時間を空けて来いと言われました。時間通り来たところで、またこの列にならばねばならないとしたら、次回の船に乗れる保証なんてないんじゃ…sad

 
 

チケットをもって船に乗り込もうとしたその時。先ほどのカップルに声をかけられました。どうやらチケットが買えなかった模様…。島一周なら買えましたよと伝えると、もう一度列に並んでいきました。


確かに、私の時も最初の一言は「チケットはない」でした。自分で看板(ツアーメニュー?)を見て、「これ(島一周)はないのか?次はいつ出るのか?」と聞いていくと、チケットが買えました。

 
「NO」と言われてもあっさりあきらめず、自分から色々聞くことも大事なのかもしれません。ガイドさんがいないのなら、自分しか問題は解決できないわけですから…。今までの経験上、納得いくまで誰かに聞くが吉です。

 
 

1344491805492.jpg
↑いよいよクルーズ出発


 
船の運転手さんというか、ガイドさんかっこよかった(笑)。


外国人のお客さんもいるとのことで、イタリア語に加え英語でも観光名所の説明をしてくれます。

どのタイミングで洞窟に行くんだろうと思っていたけど、どうやら1番最後のようでした。


 
何が何でもお昼には行きたいこちらとしては、やはり直行便の方がよかったのかなーbearing

島を外から見られること(見どころも一応色々あるのです)、海が本当にキレイでshine。時間に余裕さえあればこちらの方が良いですが、時間ギリギリですとなんとも言えない。とはいえ、次の直行便がいつ出発したのかもわからないし…これでよかったと信じることに。


 
 

1344491806240.jpg
↑小笠原の海みたい
入りたいー!!!


 
1344491807454.jpg
↑一応他にも見所があるよ

 
 

そしてようやくcrying
待ちに待った青の洞窟の入り口前に到着!!!


 
 

…と思ったら。。。
別のクルーザー(もっと大きい)に乗り換えて待つことに。

 
 
びっくりしたのは、なんのためにほかの舟に乗り換えるのかということ。なんとここまで来て青の洞窟に入らずに帰る人がいるのです。ナゼ!? もう何度も来た事があるのか…!!??

 
私が乗っていた船では、乗客の3分の2がそのまま港へ。私は別の船に乗り換えて待機です。海の上での船の移動、初めてだったのでちょっと怖かったsweat01

 

1344491808061.jpg
↑他の船に乗り換えて待つ

 
 
 
待ち時間は2~3時間だとのアナウンス。
ナ、長い……saddash

 
 
 
 
1時間ほど経つか経たないかというところで、小さな小舟に乗り換えるよう指示がでました。そろそろか!?
  

1344491808879.jpg
↑これに乗り換え

洞窟の入り口では、さらに小さな小舟に乗り換えるのですが、この順番待ちをクルーザーでするそう。波が荒れているとキツイですね。海上での静止はちょっと苦手なので、酔わないことを祈るのみです。

また、暑さもあるので結構体力を消耗します。

 
 

どうやらいよいよ洞窟内部へ行けるらしい。

3時間と聞かされていたので拍子抜け。4人一組になって乗れと言われ、どうしようかと思っていたら(まわりは家族などのグループばかり)、台湾から来た男の子2人l組が声をかけてくれ、一緒に乗せてもらえることに。ありがとうございますーsweat01


 
1344491809609.jpg
↑ようやく小舟

 

本当に小さい舟です。


洞窟入口手前で、入場料と小舟代をお支払い。ツアーに、この料金は入っていないので要注意です。日本からの団体ツアーなんかだと含まれている場合あり。


また、それとは別に小舟の船頭にチップを渡します←これは最後に。相場は5ユーロくらい? というか、向こうが「自分のサービスに満足したら、5ユーロね」と言ってきました。


入場料、チップともにお釣りはないものと考え、細かいお金も持っていくが吉です。


また、船頭によっては多くのチップを要求する人がいるとの情報も耳にしました。あるいは、初めにチップを徴収し、少ないとサッサと洞窟から出てしまうなど…。こればっかりは運ですが、小舟に乗り換える際に様子がうかがえるようでしたら、人の好さそうな船頭さんの時にのるのがいい…のかな?

 

いろんな意味で、運まかせすぎですねココは(^-^;。
 
 
 
 
 

いよいよ洞窟へ!


ほんっとうに小さな入口から中に入ります。

ぶつかるんじゃないかと、恐怖感さえ覚えるような小さな入口。皆舟に寝そべって、船頭さんが鎖を引き引き中へと入っていきます。

 

中に入ると、入口からは想像できないくらいの広い空間が。そして濃い青色に輝いている。

船頭さんが、「今奥に行くからね」と言い、進んでいきます。奥から入口をのぞむのが、いわゆる有名な青の洞窟の写真などの絵図。

 

1344491810550.jpg
↑青の洞窟内部


 
ほんっとうに、ほんっとうにキレイでしたヾ(;□;)э


青く、蒼く、碧く輝いていました。底からライトが当たっているような、なんとも言えない輝き。写真も十分キレイだけど、これは自分の目で見ないと感動は伝わりきらない!!! それくらいキレイ!!!!!


私の「死ぬまでに行った方がいい場所リスト」に、リストアップ決定です(笑)。


 
船頭さんは歌を歌いながら、洞窟内をゆっくりと2周まわってくれました。声が響いていい感じです。

1344491811439.jpg
↑出口付近<

そしていよいよ出口へ。 

他の舟が入ってくるため、タイミングを見て外に出ます。次から次へと小舟が入ってくるので、しばらく待機。入口付近は水色に輝いていて、それはもうキレイ。ここでだったら、いくらでも待機します~(笑)♪


 
1344491812137.jpg
↑出口付近2

出口近く、動画はこちら↓


 

1344491812873.jpg
↑まだまだ待つ人


 
外では、まだまだ待つ人。
奥には、陸路から来た人々の姿も見えます(壁沿い階段にズラっと並んでいる人たち)。

 
 
なんと、私が洞窟に入る直前。
行きのフェリーをともにした韓国人の女の子が階段に。思わぬ再会。到着時刻に大差はないようでした。


 
 
 
 
 

あ~~~~~。
見られてよかった!


 
1344491813708.jpg
↑戻ってきました


 

折角なので、ロープウェイでカプリ地区へ行ってみます。

マリーナ・グランデ周辺はいくつかおお土産屋さんとレストラン、海水浴場がありますが、そんなに広くはないです。ロープウェイで山をのぼったところにある、カプリ・アナカプリ地区に食事・ショッピングどころが広がっている模様。

 

1344491814510.jpg
↑ロープウェイに乗って、上へ


 
上から海を見下ろす景色。
きれ~~いsmile


 
1344491815433.jpg
↑もうすぐ到着・結構急な坂です


 

上に到着です。
結構人がいますね。


 
1344491816147.jpg
↑すごい景色lovely


 
1344491816985.jpg
↑気持ちいい~sun


 
付近の動画はこちら↓


 
 
ロープウェイ乗り場から、少し歩いてみます。

フェリーの時間があるので、あまり時間はありませんが、ちょっとうろうろ。お土産屋さんや、反対方面に行くと細くて狭い路地が入り組んでいて、ブランドショップが軒を連ねています。


 
1344491817579.jpg
↑上はショッピング街

 

1344491818232.jpg
↑皆海見てのんびり


 
1344491818914.jpg
↑南イタリアも最高


 
1344491819637.jpg
↑お土産屋さん


 
1344491820792.jpg
↑カプリ島全図


 
1344491821720.jpg
↑街並み


 
1344491822400.jpg
↑やっぱりお土産はリモンチェッロ


 
ローマにはリモンチェッロ以外にメロンチェッロなども。ですがここはガンガンにレモン推しですね(笑)。

レモングッズもたくさんあって、かわいい。でもお土産は陶器が多くて、バックパッカー、しかもまだ旅はじめの私にはちょっと厳しいweep


 
1344491823180.jpg
↑所狭しと通路が続く

ロープウェイ乗り場すぐのところにある、ジュースやさん。
アイスも売っています。

 
あやしい日本語で「おいしいレモンのジュース(だったかな?)」の文字が。思いっきり胡散臭そうに見えて(ごめんんなさい)初めはパス…していたんだけど、あまりにおいしそうに見えてきて、気になってきました。

 

1344491823825.jpg
↑怪しい日本語のジュース屋さん

1344491824857.jpg
↑頼んでみる

1344491825504.jpg
↑フローズンレモンジュース


おいしそ~♪


 
1344491848016.jpg<
↑うまーheart01heart01heart01


疑って、ごめんなさいsweat01
体中に染み渡る~ヽ(´▽`)/


 
1344491848839.jpg
↑シチリアレモンも売ってるよ


 
1344491850970.jpg
↑レモン関連のお土産たち。いい香り。


 
1344491852309.jpg
↑マリーナ・グランデ近辺のレストラン


 
カプリ地区は、割高目のお値段が多い印象。
パット見ですが。


マリーナ・グランデ周辺は、そうですね。
高すぎるほどではないけど、やはり観光地なので安いということはないですね。

時間帯によっては、結構混んでました。


 
1344491853642.jpg
↑海


きれーだーsad


 
1344491854555.jpg
↑パラソル


はいりたーいyacht


 
1344491855234.jpg
↑土産物屋のわんちゃん


  
 
 

土産物通りの先に階段が続いていまして、ちょっと探検。

どこにつながっているのかな?


 
1344491855999.jpg


 
1344491863797.jpg
↑こんなところに住んでるなんて、いいですねぇ

 
 

1344491864517.jpg
↑可愛い表札


A4サイズくらいの、大きな表札。
名前は消してあります。

おうちによって、中の絵やフレームが異なっていて、これらの見学も楽しかった。陶器でできているようです。


 
1344491865422.jpg
↑お庭もステキ


 
お昼ごはんは、先ほどのレモンジュースでいいやぁと思っていたのだけど、ナポリといえばナポリピザじゃないの!と思いまして。カプリ島だけど。

 
帰りのフェリーが満員の為、時間ギリギリの便に乗る予定なので、駅周辺でナポリピザの店を探す時間はなさそう…と、いうわけで。ミニサイズピザが安かったので、それを注文することに。


 
1344491866430.jpg
↑カプリで食べるナポリピザ


おいしかった。


 
 
 
そして時間通りフェリーに乗ります。


先ほども書きましたが、日帰りでカプリを訪れる人も多数です。ナポリ泊ならまだしも、私のように電車で帰る予定の方は、帰りのフェリーのチケットを早めに確保しておくことをおススメします。特に夏は混むようです。


 
また、総じてカプリ島(正確にはナポリの港から)はクレジットカードがほとんど使えませんでした。フランスもドイツもクレジットが結構使えたので、そのつもりであまり両替していませんでした。

カプリ分の現金は一応用意していましたが、これから訪れる予定の方、なおかつクレジットメインに考えている方、カプリは注意です。あ、でもブランド店はさすがに使えるかな…。多分。


 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+* 
 
 
  

 
そして無事に駅に到着。


1344491867143.jpg
↑これ乗って帰ります


 
1344491868374.jpg
↑ナポリ駅


 
帰りの電車はもうもう…

疲れが出たのか、酔い止めがまだきいているのか、爆睡でしたcoldsweats01

 

この日は、宿でフリーパスタパーティがあったのですが、時間に間に合わずなので自分で用意。

昨日スーパーで仕入れたインスタントリゾットと、モッツァレラチーズです。このモッツァレラ、私の拳くらいあります。やたらフレッシュな気がしておいしかった。

1344491869421.jpg
↑夕飯


 
 

明日はまた、ローマ散策予定。


今日はへとへと。
でも楽しかった~。

今度は是非、カプリで宿泊もしてみたいです。

 
夜はあっという間に夢の中でした。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

 
 

先日、友人を訪ねに静岡へ行ったときのこと。


このイタリア紀行の話題がでまして、青の洞窟の話をしました。友人の知人が7月にここを訪れたそうですが、その時はカプリまで来たものの、洞窟内には入れなかったようです(私が行ったのは6月)。うーむ。


夏だから、なんだかんだ入れるだろうと若干高をくくっていましたが、やっぱり入れないこともあるようで。。無事にカプリプチ旅行を終えられたことに感謝ですm(_ _)m

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ