世界の時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウントダウン

フォト

☆フィレンツェ(イタリア)

2012年8月 9日 (木)

【イタリア】6日目・フィレンツェちょっとだけ街歩き

宿に荷物を置いて、街歩き開始です。

と言っても、フィレンツェの街観光は明後日がメインの予定なので、今日はどんなもんかんぁ~という下見。街の概要なんかもみたいし。


と、いうわけで街歩き開始です。


1354764134162.jpg


宿は街の中心地から少し離れているので(って言っても歩きでのんびり15分くらい)、まずは街の真ん中へ。フィレンツェと言えば、ドゥオーモですよね~。

駅を降り立って、まだ宿との往復しかしていないけど、ローマとは全然雰囲気が違います。

もっとこう、ぎゅっとしているというか、小さな感じ。赤い屋根も目立ちます。


結構道がクネクネとしていて、途中若干迷いながらも中心地へ近づいてきました。


1354764135705.jpg
↑ドゥオーモが見えてきた!


正直、テレビや本で見る感じかなーと思っていたのですが、思いのほか感動してしまった。

美しいよ、教会!!!!
なんですか、あの色使い!!!!!

あれは目の前で見ないとダメですね。
すごさが伝わらないとい思う!!

とても大きな建物だけど、外壁の模様というか、本当に繊細で、色づかいも細やかで……。後ろのドゥオーモもクーポラ(でしたっけ)の形といい、実際に見てみるとその圧倒的な存在感など感動したけど、それ以上に私はその手前(というか下というか)の教会に感動しましたよーcryingshine


しばし圧倒された後は、お先にヴェッキオ橋へ。
後でまた戻ってきます。


1354764136435.jpg
↑ヴェッキオ橋


これがそうなんだ~。

よくツアーなんかだと、ここ組み込まれていますよね。
橋の上は両脇にお店があって、人がわさわさといて、あんまり橋という感じはしない。

遠目から見たほうが、ヴェッキオ橋は好きかも。


1354764137371.jpg
↑橋の上


現在では、橋の上には宝石屋さんが立ち並んでいます。

ヴェッキオ橋と言えば、この建物の上だか下だかに、ウフツィ美術館から延びる回廊があるんですよね。秘密の通路みたいですねぇ。


1354764138363.jpg
↑広場


1354764139117.jpg
↑川沿い


川沿いも気持ちいいですね。
小さな町に観光客が集まるので、ローマを歩くよりも人がたくさんいるような感じがしました。日曜っていうのもあるのかしら。


1354764140131.jpg
↑イノシシ

このイノシシの鼻を触ると幸運になるそうです。
みんなが触るから、ピッカピカになってました(笑)。

また、このイノシシの口にコインを置き、手を離したときにコインが下の排水溝?に落ちると、願いが願いが叶うそうです。

日本の東京駅だかどこかにも、このイノシシがいるらしいですよ。


1354764141174.jpg


散歩中、路上アートをしている人を発見!
うまくてびっくりcoldsweats02


1354764141981.jpg


歩いていると、ちょっとした広場が。
何やらあれはメリーゴーランド??


1354846764597.jpg


近づいてみると、やっぱりメリーゴーランド。

しかも飾りではなく、普通に動いています。なんか周りの雰囲気とマッチしていて、ノスタルジックな感じ。なぜこんな街中にメリーゴーランド。


1354846765935.jpg


戻ってきました。

やぁ~。
やっぱりすごいわぁーbearing

広い場所にどーんとあるよりも、この街中の決して広くはない広場にどんと建ってると、また違う意味で迫力がありますね~。

クーポラへはいきませんでしたが、中には入ってみました。

代わりに?横の塔へ登ってみました。

塔初体験(笑)!
当たり前だけど、階段なんですね。


階段の横幅はあまり広くなく、というか空間自体広くはなく、降りる人登る人がすれ違うと、結構きつきつ。

階段も歪んでいて、登りやすいとは言えません。


1354846766497.jpg
↑結構たかい


ところどころ窓が。
結構高いです。


1354846767419.jpg
↑ドゥオーモ見えてきた


1354846768438.jpg
↑頂上に到着


絶景だぁ~shine
これは登った甲斐がありますねー!!!

すっごくいい景色♪


1354846769981.jpg
↑頂上から


1354846771007.jpg


ちょっと天気が悪いですねぇ。
ケータイの天気予報では、しばらく雨や曇りマークがついていました。

明日はピサへ行くからいいけど、せっかくのフィレンツェも晴れないかしら。。。


1354846771514.jpg


塔の後も時間があったので、美術館に行こうかと。

ウフツィ美術館は長蛇の列だったので明後日に回し、アカデミア美術館へ行ってみました。

ここも結構並ばないとかなーと思ったのですが、それほどでもなく。15分ほど並んですぐに中に入れました。閉館時間に近かったのが良かったのか、なんだったのか。


1354846772680.jpg
↑美術館横の美術師


アカデミア美術館、思ったより小さかったです。普通に周りの家と同化していた。


中は撮影禁止だったので写真は撮れませんでしたが、彫刻がメインですね。中世イタリアの絵画や企画展?もありました。

中でも有名なミケランジェロのダヴィデ像は圧巻でした。世界史の教科書に、絶対載ってますよね、彼。思っていたよりも大きくて、迫力満点。あとあと、教科書とか写真だとおなじみのポーズしか見られませんが、美術館ではその後ろ姿も見られました。

あとこのダヴィデ像。
パロディのお土産もたくさん売ってました(笑)。


 
 
その後は、駅近くのスーパーでお買い物。

水分とパン、トマトソースを購入。
これは当分の主食にします。

ジャムでもよかったんだけど、しょっぱいもののほうが(私は)食事感があるのでトマトソースを。普段トマトソースをパンに塗って食べることってないですけど、ローマのホステルでこれを食べてる人がいまして。おいしそうだなーと思ったので買ってみました。


今日の夕飯は、ローマで買っておいたサンドイッチと簡単な惣菜。

フィレンツェのスーパー事情が分からなかったので、とりあえず買っておきました。レストランは探せばすぐにあるだろうけど、ちょっとまだ節約したいので。


では、帰って夕ご飯食べますrestaurant

2012年8月 8日 (水)

【イタリア】6日目・ローマからフィレンツェへ

2012年6月10日日曜日・晴れ。

いよいよローマを出発。

昨日は寝たのが深夜だったので、まだ眠い…。
でもすっごく楽しい夜だったから良し!

買ったチケットを取り出し、黄色の打刻機へ。
ガチャンと音がして、見ると小さ~く日付なんかが打刻されている。

これを忘れると、チケットを持っていても罰金なんだとか。ひえ~(@Д@;。

前日のハプニングのおかげで、買ったチケットは各駅停車。

ローマからフィレンツェまで約4時間です。

1354717340424.jpg
↑電車

私が乗ったのは、写真右に写る車両。
この間ナポリへ行った時の電車に比べると、大分グレードダウンですね。

中も年季入ってるなぁという感じ。
人はまばら。

1354717341909.jpg
↑イタリアの車窓から

ちょっと街を出ると、ずーっと草原。
小さな町?村のようなものがぽつぽつ見えるくらい。

線路沿いがこういう町並みなのか、イタリアって全体的に(大きい都市以外は)こんな感じなのか。よくわかりませんが、日本とくらべるとのどかです。

1354717343144.jpg

ちょっとだけ動画はこちら↓。

途中、オルビエート(Dくんおすすめの街)では本当に崖の上に町が見え、中々面白そうでした。

1354717344467.jpg

1354717345289.jpg

 

ま~いっか。
のんびりフィレンツェへ行こうと思っていたのですけどね。

ね。。。。

まさかの4時間半トイレなしーーーっ\(;゚∇゚)/!!!!!!

朝から考えたら6時間くらいトイレなしーーーーっ\(;゚∇゚)/!!!!!!

普段6時間トイレに行かないことも普通にありますけど、朝紅茶飲んだりしてたし、ナポリ行の電車にはあったトイレが車内で見当たらず(たまたま近くの車両になかっただけかも)、「まさか4時間トイレ行けないのか!?」って考えたらますますトイレ行きたくなっちゃうじゃないのーっwobbly

案の定そんなこと考えてると、本当にトイレ行きたくなるんですよね…(汗)。

フィレンツェに到着後、真っ先に向かったのは駅構内のマクドナルド。

「心の声:すみません、トイレ貸してくださいーっщ(゚Д゚щ)sweat01」と、2階へ駆け上がるも、トイレには長蛇の列。

うぉっ……早く早く早くーsweat01
うがぁーーーーーーっヽ(#゚Д゚)ノsweat01sweat01sweat01

 
 

10分こらえて落ち着きを取戻し、ひとまず宿へ。

フィレンツェの宿は、駅から10分強歩きます。
フローレンス・ホステル
という、相部屋のホステル。

いくつかの系列を持つホステルらしい。
建物は大きくて、ホテルのよう。中もわりとキレイというか新しめ。

プールやバー、食堂(レストラン)にパーティルームまであるというスーパーホステルです。

チェックインを終え、荷物を置き(宿についてはまた後程)、しばし休憩ののち、午後からフィレンツェの街歩き開始です!

2012年5月26日 (土)

【イタリア・(中国)】ついに始動!

ついに!

ついに!!!


イタリア旅行を決めてしまいましたー\(;゚∇゚)/sweat01


いやぁ~、一応これくらいかかるだろうと予想はしておいたのですが、のそのそしている間にどんどんと夏のシーズンに近づいて値段も上がり(MAXでないのが救い)、いい意味でハプニングもあったりして、予想予算がどんどん削られております(泣)。

でもせっかく決めたのだし、そうそうは行けない旅ですから、上手に節約しつつ、楽しい旅になるよう計画をねっていきたいと思います。


と、いうわけで。
本日は朝の飛行機チケット予約から始まり、宿と電車の確保で1日が終わった……sad。疲れたよーぅ。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


まず飛行機airplane

前から目をつけていた、ANAマイルもたまる、中国国際航空・中国乗継便を手配。

本当はミラノinローマout希望だったのですが、あいにく満席。中国までは行けるらしいが、そこからが空いていないみたい。仕方ないのでルートをぐるっと変更。ローマinミラノoutにしました。


それでもってなんでこのめんどくさそうな乗り継ぎチケットに目をつけていたかといいますと、48時間以内なら中国滞在が無料なのです!

北京には前にツアーで行ったことがあるので、いわゆる有名どころは大体行ったのですが、地球の歩き方にちょこっと載っていた、北京の浅草と呼ばれる地域や、筆なんかが売っている清の時代のような通りを見てみたいなぁと思って。

加えて何かおいしいものを食べ、ふらっと散歩でもできたら、そう物価の高い国でもないし行きたいわと思ったのです。


前にチケットのことを確認するために、このチケ会社に連絡したときは、(別日程で)上海乗り継ぎなら空いていると言われ、(北京だと思っていたから拍子抜けしたのだけど)初上海もおもしろそーsunと、ちょっと楽しみにしていたのに、結局取れたのは北京乗り継ぎの便だったため、最初の思惑通り北京の浅草に行くことになりました。

現地1泊か2泊かで迷ったのだけど、バイトもそうそう長く休めないし、無駄遣いもしないようにと1泊にしました。13時着、翌17時ごろ北京を発ちます。ちょっと急ぎ足かな……。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


そして宿。

ガイドブックに載っていたものは値上がり&満室。

うーん……参った(;;;´Д`)。

結果ホステルクラブ.comで安いところから順に別途HPを見たり口コミを参考にしながら決めました。

人の価値観はさまざま、事情もさまざまなもので、良いとレビューしている人がいる一方、酷評している人もいるのです。ウェブ上の他人の印象ですから、100パーセント鵜呑みにはできないけど、具体的なレビューなんかは参考になるものもありますよね。


私が泊まるつもりの宿はいわゆるホステルですから、多少の不便さや不清潔さ、部屋の狭さなどは仕方ない部分もあると思っています(ホステルでもキレイな宿がたくさんある日本ってすばらしいとつくづく思います)。

だけど…だけど…
いくら安くても、最低限安全なところ(危険ならいくら安くてもパス)、そして安心して眠れるくらいの清潔さは欲しい…ですよね、やっぱり。

高級ホテル並みにしろとは思わないけど、一応宿なんだからいくら安くてもきれいにする義務はあると思う。いくつかの宿のレビューを見ていて、「本当にヨーロッパか!?」と思うような汚いエピソードレビューがちらほらあって、今から少し心配です(一応そこはパスしたけど)。布団の上の虫だけは本当に勘弁crying!!

以下は各都市の宿探し印象。


【ローマ】

ホステルクラブを見る前に決めてしまった。
ら、相場より少し高め(駅からものすごく近いのは利点だけど…)。

宿も安宿も、ほかの都市に比べて数が多い気がします。値段も手ごろなものからあった。

私はバックパックの予定+到着時間が遅い日がある(初日&カプリ遠征)ので、なるべく駅から近いところを探しました。


【フィレンツェ】

泊まろうと思ったところ(ホステル・アルキ・ロッシ)が意外とドミよりプライベートルームが多く、すでに満室。

でも大型のホステル(フローレンス・ホステル)が近くにあり、そちらを予約。ここは地球の歩き方には載っていませんでした。

プールやサウナもあるらしいので、ちょっと期待lovely


【ヴェネツィア】

気になったのは「ベネチアが蚊は多い→つぶした跡が部屋の壁中に……」というレビュー。

まずベネチアって蚊が多いんだ~って思いました(笑)。言われてみれば、確かに水辺です。部屋のなかにも大量の蚊が…っていうレビューもあったなぁー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 私の泊まるところは大丈夫だろうか。。。


総じてローマの宿数に比べると、他都市は安宿はそう多くありません。早めの予約をおススメします。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


つづいて鉄道bullettrain

飛行機と宿と鉄道だけは押さえないと、どうにもなりません。アジアの放浪旅が懐かしい。


1・ローマ―ナポリ(往復)
2・ローマ―フィレンツェ
3・フィレンツェ―ピサ(往復)
4・フィレンツェ―ベネチア
5・ベネチア―ミラノ(往復) ★
6・ベネチア―ミラノ

の、6パターンを購入せねばなりません。
5はちょっと緊急事態なので、おいておいて……。


チケット予約はイタリアの国鉄?HP(←ココをクリック)から可能です。

英語表記もあります。
日本語は残念ながらありませんが、行先・日付などを入力すれば、値段や座席(1等2等など)の順に表示されます。

続いて乗りたい列車を選んで、席自動振り分け・席選択を選んで購入ボタンへ。住所やクレジットの情報を入力して予約OKです。

IDを登録してしまえば、過去の予約も見られるようですが、なぜか登録ができなかった……despair。加えて予約確定後、確認メールが送られてくるはずなのですが、Eチケットの画面に「エラーによりメールは送信できませんでした」との表示。

一応このEチケットはプリントして持参する予定ですが、これで大丈夫かな( ̄Д ̄;;!?


3は予約の必要がない路線のようなので、現地で買う予定です。


加えて1のカプリ島行き。

ローマの日程は動かせないのですが、そのローマの中でなるべく条件のいい日に行きたいので、天気がわかるまでもう少しだけ保留にしてあります(晴れているからって見られるものでもないんだけど(^-^;)。

リトライできるよう着いた翌日に行こうかなーとか考えているのですが、ダメだったからといってまた往復5~8千円かけてナポリまで行くのもなぁ…(そこからまた船だなんだとかかります)。お財布と相談。できたら1回で見たい!


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


そして最後に棚から牡丹餅な「最後の晩餐」heart01

以前、最後の晩餐の予約に合わせて日程を決めようと思った時期があったのですが、「あと○人」と表示されているところをクリックしてもチケット購入のページに進まず、実際の予約状況とウェブ上の表記とでタイムラグがあるのか(つまりもう満席)なぁとがっくりきていたのですが、今日何気なく見たら購入ページに進めるじゃないですかshine!!!


何がどうしたのかサッパリですが、わあわあと言いながら、予約手配完了happy02

本当はミラノ滞在はやめて、ベネチアから出国当日の朝ミラノへ行き、かるーく街並みを見て帰ろうと思っていたのですが、夕方着しか電車がなくて、さあどうしたものかと思っていたときの予約完了です(笑)。

最後の晩餐の空き日が1日前なら、フィレンツェから直接ミラノへ行くことも考えたのですが、そうはいかず…。ほかの宿や電車も予約した後でしたので、往復5000円弱の電車賃を払ってミラノへ日帰りで見に行くか否かという状況でした。


前のブログでも書いたのですが、決してお金に余裕はないので一瞬躊躇もしたのですが(だって数日後またミラノに戻ってくるんだもん…weep)、行きたくても断念したあの最後の晩餐が見られる! という機会がどれだけラッキーな事かと思えば、5000円くらい単発バイトでも残業でもして稼ぐわ!と、決意したのでした。

ついでにさらっとミラノ観光をして、夕方ベネチアへ戻る予定です。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


と、いうわけで。

まだ一部宿保留(ローマの宿をもう少し安いところにしようか検討中)な件と、ローマ・ナポリの電車予約が残っていますが、ひとまず宿と移動の足が確保できたので一安心です。

ひとまず締切間近なレポート作成に集中します。

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’仙台* | *15’四万温泉*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ