世界の時間

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウントダウン

フォト

☆ローマ(イタリア)

2012年8月 8日 (水)

【イタリア】6日目・ローマからフィレンツェへ

2012年6月10日日曜日・晴れ。

いよいよローマを出発。

昨日は寝たのが深夜だったので、まだ眠い…。
でもすっごく楽しい夜だったから良し!

買ったチケットを取り出し、黄色の打刻機へ。
ガチャンと音がして、見ると小さ~く日付なんかが打刻されている。

これを忘れると、チケットを持っていても罰金なんだとか。ひえ~(@Д@;。

前日のハプニングのおかげで、買ったチケットは各駅停車。

ローマからフィレンツェまで約4時間です。

1354717340424.jpg
↑電車

私が乗ったのは、写真右に写る車両。
この間ナポリへ行った時の電車に比べると、大分グレードダウンですね。

中も年季入ってるなぁという感じ。
人はまばら。

1354717341909.jpg
↑イタリアの車窓から

ちょっと街を出ると、ずーっと草原。
小さな町?村のようなものがぽつぽつ見えるくらい。

線路沿いがこういう町並みなのか、イタリアって全体的に(大きい都市以外は)こんな感じなのか。よくわかりませんが、日本とくらべるとのどかです。

1354717343144.jpg

ちょっとだけ動画はこちら↓。

途中、オルビエート(Dくんおすすめの街)では本当に崖の上に町が見え、中々面白そうでした。

1354717344467.jpg

1354717345289.jpg

 

ま~いっか。
のんびりフィレンツェへ行こうと思っていたのですけどね。

ね。。。。

まさかの4時間半トイレなしーーーっ\(;゚∇゚)/!!!!!!

朝から考えたら6時間くらいトイレなしーーーーっ\(;゚∇゚)/!!!!!!

普段6時間トイレに行かないことも普通にありますけど、朝紅茶飲んだりしてたし、ナポリ行の電車にはあったトイレが車内で見当たらず(たまたま近くの車両になかっただけかも)、「まさか4時間トイレ行けないのか!?」って考えたらますますトイレ行きたくなっちゃうじゃないのーっwobbly

案の定そんなこと考えてると、本当にトイレ行きたくなるんですよね…(汗)。

フィレンツェに到着後、真っ先に向かったのは駅構内のマクドナルド。

「心の声:すみません、トイレ貸してくださいーっщ(゚Д゚щ)sweat01」と、2階へ駆け上がるも、トイレには長蛇の列。

うぉっ……早く早く早くーsweat01
うがぁーーーーーーっヽ(#゚Д゚)ノsweat01sweat01sweat01

 
 

10分こらえて落ち着きを取戻し、ひとまず宿へ。

フィレンツェの宿は、駅から10分強歩きます。
フローレンス・ホステル
という、相部屋のホステル。

いくつかの系列を持つホステルらしい。
建物は大きくて、ホテルのよう。中もわりとキレイというか新しめ。

プールやバー、食堂(レストラン)にパーティルームまであるというスーパーホステルです。

チェックインを終え、荷物を置き(宿についてはまた後程)、しばし休憩ののち、午後からフィレンツェの街歩き開始です!

2012年8月 1日 (水)

【イタリア】5日目・夜のローマに繰り出す!

昼間の惨事(単なる私のミスか)を終え、最後のローマ観光を終え、フリーパスタパーティを待っていた時のこと。


近くに座っていた韓国人の女の子Gに声をかけられました。

イギリス留学中、ふと思い立ってイタリアに来たとのこと。この日にローマについたばかりで、どこへ行こうかとガイドブックとにらめっこしていました。


話が弾んで、おすすめの場所だとか、青の洞窟への行き方だとかを教えて、パスタを食べていた時のこと。

Gが「これから街歩きしようよ!」と、提案してきました。

 

G:「女ひとりだと夜って怖いから私も出歩けないけど、今私たち二人じゃん!! 行こうよ(≧∇≦)」


私:「そう…だよねっ!!!出歩いちゃおうか!!!」


 
と、いうわけで夜の街歩き決定。

なんだかうれしい。
海外一人旅で、夜の街へ繰り出すのって初めてかもしれない(移動の時なんかは別で)。


10分後ロビーで待ち合わせ。
Gと同室だった、同じ韓国人の男の子Sも一緒に行くことになりました。


Sはフランス留学中の同い年の男の子。
Gとは、ついさっき会ったばかりだそうで。でも、数日前からこの宿に泊まっていたらしい。

ここ数日ひたすらローマを歩いていたらしく、「街案内は任せて」とのことです(笑)。


 
では、夜のローマへ出発foot
ローマの中央駅付近の宿から出発して、約5~6時間、ローマ市内中を歩き回りました。結構ハードだった(笑)。

コロッセオやスペイン広場、トレヴィの泉にナヴォーナ広場、バチカンにと観光名所をSの案内で回っていきます。

 

Sの何がすごいって、ローマの路地という路地がもう頭に入っているんですよ。たまに地図を確認したりするんですけど、まるでローカルかというくらい、ずんずん進んでいく。

しかもそれだけじゃなくて、めっちゃ博識なS。自分で観光していた時に現地の人を捕まえて、その歴史なんかを聞いていたそうですが、建築様式から歴史やトリビアまで出てくる出てくる。私とGは、そんなSを「歩くiPadもしくは図書館」と呼んでいました(笑)。


 
1344692647109.jpg
↑夜なコロッセオ


(iphoneカメラなので、画像悪いですが。。。)


1344692649561.jpg
↑夜のトレビの泉


夜のローマはほんと素敵ですね~happy02

黄色っぽいというか薄オレンジというか、ライトアップや街灯が本当にキレイでしたshine。Sも言ってたけど、フランスの夜景とはまた違うんですよ。


1344692651420.jpg


途中ジェラートやケバブを買い食い。

最後はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂近くで飲んでから宿へ戻りました。

 

この、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世。
イタリアの初代国王で、まあそれなりに偉いお方でして。この↑記念堂以外にも、彼の名前がついた建物や場所が多々あるんですけども。


Sがヴィットーリオ・エマヌエーレ2世について説明するんだけど、Gがその名前にツボってしまって(笑)。


というのも、その長い名前を毎回フルネームで呼んで話すSが面白いっていうのもあるんですが、その言い方がSいわく「イタリア人っぽい発音」なのに、最後の2世だけは英語という(笑)。

「だってイタリア語で2世ってよくわかんないから」というのがその理由なんだけども、ことあるごとに「ヴィットォーリオ・エマヌエェーレッ・ツー(2世)」というSに大爆笑のGと、それを見て大爆笑の私でした。


もうあれです。
3人の合言葉は「ヴィットォーリオ・エマヌエェ~レ・ツー!」でした(笑)。


 
や~~~~。
こんなに楽しい夜の出歩きは初めてでした!

誘ってくれたG、ありがとうheart01
Sもとっても面白くて、楽しかったhappy02

夜のローマも、すごく幻想的で素敵でした。


あ、あと夜のローマ。
思ったよりも人が多かった。

欧米の観光客がすごく多かったです。ある意味昼間よりにぎやかだったかも。車も夜遅くまでたくさん通ってました。

 
真夜中に宿に戻って、シャワーを浴びて就寝。

翌日は朝早かったのですが、二人が起きてきて見送ってくれましたweep


また会えるといいなぁ。
最高のローマ最終日でした!!

2012年7月25日 (水)

【イタリア】5日目・ローマ最後の日

えー。
先ほど、駅から戻りまして。

一度お昼ご飯を食べて、エネルギー充電です。


1344692620683.jpg
↑お昼ご飯のサンドイッチ


味は見た目ほどではなかった。
同じような見た目でも、フランスで食べたやつの方がおいしかったなぁ。フランスはカフェで、これは出来あいだからか。


1344692622023.jpg
↑チョコレートプリン


プリンと言うには柔らかい感じでしたが、甘すぎずふつうにおいしかったheart
なんであんなに安かったんだろ。結構大きいです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


午後はどうしようか考えたのですが、時間的に小旅行はNG。

それならばと、観光初日に真実の口のある教会で、通りすがりのおじさんが教えてくれた「バラ園」はどうかと。


調べてみると、アヴェンティーノの丘というところにあるそうで。その近くには、有名な鍵穴があるのでそれも見たいということで、その辺を中心に散歩しに行くことに決定!


と、いうわけで地下鉄に乗ってアヴェンティーノの丘を目指します。

門?のようなものを通っていくと、両サイドにバラ園が広がっています。びっしりバラ!!!という感じではなく、芝生の中にところどころバランスよく、バラが植えてある感じ。

もう一つの目的地である「鍵穴のある建物」は、この道のもう少し奥にあるので、こちらから先に見に行きたいと思います。

 
 
 

【マルタ騎士団の鍵穴】


この鍵穴。
正式名称?は「サンピエトロ寺院が見えるマルタ騎士団の鍵穴」っていうらしい。いや、多分通称です。


ちなみに。
私はこの鍵穴、ちょっと前にテレビで見て知りました。その名も「ベタではないローマの観光スポットSP」。

どのくらいベタじゃないのかはわかりませんが、確かに地球の歩き方には地図のページにその所在地が記載されているのみで、説明などはありませんでしたし、時間帯によっては鍵穴の前に誰もいないという事も。


1344692623232.jpg
↑鍵穴をのぞいている


この建物の鍵穴を覗くと、バチカンのサンピエトロ寺院が見えるんですねぇ。しかも鍵穴をのぞくと見える、この建物内の庭園も素晴らしい! 私は勝手にハリーポッターみたいだ~と思いました(映画ハリポタ4、最後の課題の中で出てくる背の高い迷路のような庭です)。


例のバラ園を通り過ぎ、サンタ・マリア・イン・コズメディン教会を道なりに歩いていくと、行き止まりが見えます。その行き止まりの右手にある建物がこちら↑。

誰かしらが覗いているので、わかりやすいと思います。が、いるのは欧米人観光客(しかもちらほら)で、日本人には一度も出会いませんでした。


1344692624875.jpg


1344692626545.jpg


周りは住宅街。
訪れる観光客も多くないので、静かなイタリア住宅街を歩くのも、また違った趣があって楽しかったです。


 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【サンタ・サビーナ教会】

マルタ騎士団の鍵穴を背に、もと来た道を戻っていくと、左手にはサンタ・サビーナ教会があります。


見た目古ーい教会。

礼拝堂?の中は見学自由です。

ごてごてした感じの装飾は一切なく、よい意味で質素な感じの内装と雰囲気。歴史ある教会なのかしら。いわゆる観光客が訪れるような教会とは雰囲気が全く異なり、少しさみしい感じもしますが、厳かな雰囲気がなんとも言えず、新鮮でした。

こちらも観光客は少な目。
日本人は見かけずでした。


1344692628191.jpg
↑教会内のなぞの噴水


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【サヴェッロ公園】


先ほどの教会のお隣に、公園があります。

草木が植えられていて、住宅街の中にしてはいい感じの広さと雰囲気の公園。地元の方なのか観光客なのかわかりませんが、ベンチにすわってのんびりしたり、地面にシートを広げてお弁当を食べている人も。


そしてなにがいいってこの公園、奥に進むと丘からローマが一望できるのですっ!


1344692629963.jpg


1344692631479.jpg
↑いい景色~♪


1344692632976.jpg
↑いい感じ


1344692634605.jpg
↑この庭の横にも、別の出入り口があるもよう


ローマ観光に疲れたら、サンドイッチをもってこの公園にくるのもおススメです。

本当に静かで、のんびりしていて。。。
景色もいいし。

や~。
心癒されました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


メインディッシュのバラ園へ!

入場料などはもちろんかかりません。


1344692636306.jpg
↑バラ園


1344692637685.jpg
↑黄色いバラ


看板のようなもを見ると、期間限定の様子。
時期によって、植えるものが違うのかな?


1344692639456.jpg
↑バラ園


園の中では、新婚さんが結婚式のドレスとタキシードを着て写真撮影をしていました。いいですねぇconfident


1344692641055.jpg
↑結構いろんな種類のバラがあります


1344692642604.jpg
↑道路の両側


おじさん、バラ園教えてくれてどうもありがとうヽ(´▽`)/


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


意外と時間があまったので、何かないかとローマのお土産探し。


結構あちこちに似たような土産物屋があります。ポストカードやキーホルダー、マグネットなどを売っているベタ系の土産物屋さんです(私はこういうのも結構好き)。


そうそう、そういえばflair

初めは特に気にしていなかったのですが、ギャグ土産にと「真実の口」のマグネットを一つ余分に買おうと思ったんですよ。なんだけど、中々売ってないんですよこれが。

街のマグネット売り場を見ても、全っ然かわいくない、変な顔の真実の口ならたまーに見かけるのですが、それですら数が少ない。

なんだろー。
人気で売り切れたのか、はたまた人気なくて売れないから仕入れない・作らないのか。。。真実の口はローマの定番でしょーっ!!!


と、いうわけで真実の口グッズが欲しい方は、真実の口がある教会併設のお土産屋さんで買うのがベストです。そこはもうほぼ95%真実の口グッズという、真実の口パラダイスですscissors


1344692988525.jpg
↑アコーディオンおじさん


まあ色々ありましたが、中々充実したローマ最終日でした。

今晩はフリーパスタ・パーティがあるので、それに出るため夕方には宿に戻ります♪

2012年7月18日 (水)

【イタリア】5日目・ハプニング発生

2012年6月9日土曜日(午前中たまに小雨・午後晴れ)


イタリア5日目の朝です。


今日でローマは最終日。
明日、フィレンツェに向けて旅立ちます。


今日は何をするか、特に予定はなし。

ローマ市内も、とりあえず行きたかったところは行けたし。お気に入りのナヴォーナ広場周辺をお散歩か、Dくんおススメのオルビエートへ小旅行か、はてさてどうするかなーと考えながらの朝食です。


1344692617430.jpg
↑朝食


今日の朝食は、昨日購入した生野菜!

日本のスーパーにも、サラダ用にカットされた袋入りの野菜って売ってますよね。あれです。いざお皿にあけてみると、かなりのボリューム!! これでまだ全体の3分の1あるかないかです。

ドレッシングは買わなかった(手ごろなものがなくて買えなかった)ので、代わりに買ったゴーダチーズをトッピング。チーズもたくさんあるので、中々豪華なサラダに♪


味は…
おいしかったー!

チーズうまし!
久々の生野菜もうましーっ!!


と、朝食も済んだところでサササっと明日の支度から。

荷物の確認と、明日の電車のチケットなどを確認していました(自宅からプリントアウトしてきたやつ)。こないだナポリに行ったときに電車には乗ったので、大体はつかめましたが、明日は荷物を背負っての移動ですからね。
 
 
 
 
 


………あれ。

 
 

………う………うん???
 
 
 


……もしかして…?
 
 
 


NOOOOOOOOOOOO!!!!!!

 
 
 

ないよーーーヾ(;□;)э!!!!!


チケットないーーーーーーーっっっcoldsweats02!!!!!!!

 
 

嘘だといってくれーーーー!!!!!!
 
 
 
 
 
ええ。
その後、すべての荷物をひっくりかえしたのですが、やはりフィレンツェ行きのチケットだけ見つかりませんでした。

自宅の机の上に必要書類をドカッとおいて、来るときそれをゴソっと持ってきたつもりだったのだけれど、なぜだかない。忘れたのかcrying!?


自宅の者へメールを送り、もしそれらしき書類があったら一報くださいと連絡し、私は私でどうにかならんかと、まずはインターネットを開く。

イタリア国鉄のHPを開いて、自分の購入したチケットを確認(履歴的な)!と思ったけど、会員登録してなくて見られずheart03

イタリア国鉄からの確認メールは届いていないかと、もう一度メールBOXをチェックするも、やっぱり届いておらず(エラーだったから)heart03


えー、もうどうしたらいいのと思ったその時、自宅のモノからのメールが。机のまわりを探しても、それらしきものは見当たらないとの事heart03。そんなーweep
 


仕方がないので、ローマ・テルミニ駅へ。
そこのインフォメーションセンターに聞くだけ聞いてみようと思ったのです。


こういう時、駅から近い宿っていいですね。もう先に言っちゃうと、このチケット事件以外も含め、この日は宿とテルミニ駅を5,6往復しました(;;;´Д`)。


【テルミニ駅・インフォメーションセンター着】


私:すみません、Eチケットの事で伺いたいことがあるのですが

駅員さんA:はい、なんでしょう

私:実は先日、インターネットでEチケットを購入したんです。しかしながら、その用紙を忘れてしまったのですが、こちらで予約の確認などはできないでしょうか。購入した電車の便名と座席はわかるのですが…あと一応身分証明のためのパスポートも持ってきました。

駅A:予約番号はわかりますか? 予約完了後、あなた宛に送られたメールに記載されています。

私:わかりません。予約完了画面は出たのですが、その時に「エラーでメールは送信されませんでした」と表示されたため、メールは受け取っていないのです。

駅A:それでしたら、あなたのアドレスにもう一度メールを送りましょう。アドレスを教えてください。


ほんとですかー!?
めっちゃ優しい~~~heart02heart02
どうにかなったーーーー(嬉)!!!!!


と、喜び勇んで宿へ帰り、メールチェックです(Wifiが宿でないと使えないため)。


ら……。

ちょっと駅員さーん!!!
確認メール着てはいるけど、これって【ローマ→フィレンツェ】じゃなくて、【フィレンツェ→ヴェネツィア】のやつじゃないですかぁ!!!!!


と、いうわけで再びテルミニ駅へ。

15分並んで、ようやくインフォメーションの係の人のもとへ到着(結構インフォメーション混んでます。そして長蛇の列だというのに、たまにスタッフが消えたりするもんだから、さらに待たされます)。

そして今度は恰幅のいいおばさま駅員が担当です。


私:かくかくしかじかで、先ほど私のアドレスにメールを送っていただいたのですが、違う日程のものがきていたのです。もう一度【ローマ→フィレンツェ】の確認メールを送ってくださいますか?

駅員さんB:それはできないわ。あなたIDは?

私:さっき別の方に事情を話したら、メールを送ってくれたのですが。それと、会員登録はしていないので、IDはないです(IDは必須ではない)。

駅B:私はメールは送れないの。それと、IDがないのならコンピューター上であなたの履歴を確認することはできないから、無理ね。新しくチケットを買うしかないわ。

私(心の声):えぇ!? さっきめっちゃ笑顔でメール送ってくれたのはなんだったの!!??

私:あ、でも先ほどはメール送っていただいたのですが…。便と座席番号で、予約者の名前なんかはわからないですか? そして、その人物と私が同一であると証明されれば、もう一度予約フォームのようなものは受け取れないですか?

駅B:何を言ってもこちらではメールは送れません。チケット買ってください。はい、次の人!!!
 
 
 
 
うそぉぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉsaddash


やーもう。
でも仕方ないのかなぁ…。


チケット、買ってなかったのかなぁ。
でも買わなきゃ自分の座席なんてわかんないしなぁ。。。。

あーーーー。゜゜(´□`。)°゜。


恐る恐る、フィレンツェ行のチケットを検索。

特急券。
2等席で約60ユーロ!

たっかっ!!!!


もうこれは本当に無理なので、各駅停車的なものを探すと、17ユーロのものを発見!

片道4時間…長いな。
でももう選択の余地はなく、購入。

17ユーロならまだ許せる額かぁ。。。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


と、いうわけで。

忘れ物はしないというのが1番なのですが、Eチケットを買うさいは予約番号を必ず控えておいてください(皆多分そうしていると思いますが)。


また、イタリア国鉄のHPでチケットを買う際、必ずしもID登録をする必要はないのですが、ここで登録をしておくと、その人が過去に購入したチケットの履歴が見られます。それを確認することで、今回のようなケースに陥ったとしても再び発行してもらうことができるそう(駅員によって言う事や態度が違う場合があったので、必ずとは言えませんが)。


です。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
 
 
 
ちょっとショックを受けながら、チケットを手にし、気付けばもうすぐお昼。


そっか、お昼かぁ。
じゃ、気になってたサンドイッチでも食べてやるぅ!!と、駅の地下にあるスーパーへ!

行く前に、本屋さんへ寄り道。


もともと本屋さん好きなのですが、海外の本屋さんも大好き!

本の装丁が日本と異なって、ハードカバーが多いし、カラフルなものやシックなものなど、わくわくするような本が沢山あります。読めなくても、見ているだけでも楽しい。

最近はMANGAコーナーもありますから、日本で人気のあるマンガがその国ではどんな感じで売られているかを見るのも楽しいですよ。


ローマ・テルミニ駅の本屋さんは3階建て。
ローマやイタリアに関する本、観光客向けの本から、一般向けの本や、マニアックな本、画集などアート系の本もあれば、子供用の本も充実。

日本語で書かれた本も、少しだけありました。

私も、ここでじゃなくていいんだけど、何か1冊イタリア語の本買いたいなぁ。


と、3階に上がって変な本を発見。


1344692619053.jpg
↑マフィアの本


なんだこれ(笑)。

マフィアの本って。
しかも日本語ヽ(*≧ε≦*)φ


なんでしょう。
「日本のヤクザ≒イタリアのマフィア」ってかんじなのかな。


 
そしてその後は、例のスーパーへ!

なぜだかめっちゃ安かったチョコプリン(50円くらい)と、おいしそうだったサラミのサンドイッチ(フランスパンみたいなのに挟まってる)を購入!


(また)宿に戻って昼食後は、気を取り直してローマ最後の1日を楽しんできます♪

2012年7月12日 (木)

【イタリア】4日目・初めてのフリーパスタパーティ

イタリア4日目にして、初めてのフリーパスタパーティです。


私が泊まっている宿、アレっサンドロ・ダウンタウンは、週に何度かこのフリーパスタパーティがあります。以前はピザもあったようだけど、今はパスタのみ。

開始時間が決まっていて、参加したい人は朝ロビーで名前を書いておきます。


パーティと言っても、宿のスタッフが大きな鍋でパスタを作り、それを配って各々が勝手に食べるという感じ。あんまりパーティという感じはしないかな(^-^;。おかわりは自由です。


ここ数日は、パーティの時間に間に合わなかったり、はたまたパーティ開催日ではなかったりで、本日が初のパーティ参加でした。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


まあとりあえず食堂に向かいまして…
パスタ(ペンネのアラビアータ・1週間滞在しましたが、メニューはいつも同じ)を食べていた時の事。

日本人の男の子(Dくん)に声をかけられました。

1か月前から、世界1周旅行にでかけているらしい。ベトナム→タイ→インド→エジプトとまわって、イタリアに来たようです。イタリアはローマとその周辺の小さな町に行くのみで、すぐにフランスへ行くそう。3か月で世界をまわってくると話していました。


先日のMさんなどもそうですけど、一人旅の道中のこうした出会いっていいですね。やっぱり会話するのって楽しいなぁと思います。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


それでそれで。
Dくんとの話がかなり盛り上がっていた時のこと。

同じテーブルに一人で座っていた女の子が、私たちに話しかけてきました。スペイン語?で満面の笑みで「○▽★×Дш~~~sign03」。


ヾ(.;.;゚Д゚)ノ!?


え?
いやちょっy…!?


「Sorry,but we don’t understand Spanish.」


「ш●☆ИЮфΘ◆◎△~~~~!!!!!!!!」


私:あ…うん(汗)!?

Dくん:何言ってんだろ?


「◎○☆о×рШ¶*~~!!!!」


「Can you speak English!?」


「×△■★*∥□ВЙ~~~(笑)!!!」


なんていうか…・

もうダメでした(笑)。

私もDくんも相当困った顔をしながら、なんとかかんとか英語で意思疎通を図ろうとするも、全く通じず。と、いうか彼女はこちらの話を聞く気はなく、ひたすら何かを話しています。笑っています。


無視するわけにもいかんし、はてどうしたものかと思っていると彼女は去っていきました。「ホッ」としたのもつかの間、また戻ってきては謎の会話がスタートcoldsweats02。もうどうしたらいいのか。。。


「日本人って、日本語が通じないってわかれば日本語で話そうとしないし、英語でもうまく通じなければ、会話するの諦めちゃう場合多いよね。相手がこんなに困ってるにも関わらず、しかも話せないって言ってるにも関わらず、共通語でもないスペイン語でひたすら話し通そうとするのって、すごいね」と、Dくん。


確かにね(笑)。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


その後女の子が去った後も、おしゃべり。

Dくんは翌日オルビエートへ行くとのことでしたので、解散。


よくわからん絡みもありましたが(笑)、今日も1日充実していました。

2012年7月 4日 (水)

【イタリア】4日目・ローマ市内観光その2

2012年6月8日金曜日(晴・暑)


イタリアはローマ4日目。
今日は、残りの市内観光の予定です。


昨日カプリ島遠征したので、今日は少し寝坊。
9時頃起きて、朝ごはん(桃)を食べ、支度をして準備OK。


同室の欧米人たちは、朝遅いですねー。
今までなんどかドミに泊まったことがありますが、大体アジアンは早起き、欧米は遅起きな印象。その分アジアンは早寝、欧米は夜遊び歩いて部屋にいないことが多かったです。

ま、楽しみかたは人それぞれですからね。
私も一人じゃなかったら、夜の街も少しくらい出歩いてみたいのだけれど…。


宿・アレッサンドロ・ダウンタウンはダイニングスペースを自由に使えます。

朝食を注文している人も、ここで食べるのですが、そうでない人も空いている席を自由に使用可能。自前朝食だからといって、アウェーな雰囲気もありません。

キッチンはレンジ、お湯、冷蔵庫、皿のみ使用可能。残念ながら火は使えないので、調理はできません。


1344524605644.jpg
↑宿の外


5?6?階。
この辺のアパートに住んでる気分。


1344524607262.jpg
↑部屋


今まで泊まったドミのなかで、1番の部屋です。

私の部屋(予約の都合上2部屋泊まった)は二段ベッド×4の8人部屋。一人一つロッカーが与えられ(錠前はもちろん自前)、鏡と机が置いてあります。そして何よりも部屋が広い! 天井が高い!!  ドミ特有の狭苦しさ、圧迫感は一切ありませんでした。本当に快適だった!!

ちなみに、洗面所兼トイレ兼シャワールームは、各フロアに男女別で1か所。でもそこそこ数もあったし、汚くないし、問題なしです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


それでは、まずはバチカンに向けてしゅっぱーつ♪


バチカン市国は、宿のあるテルミニ駅近くからは、ローマ市内でいうと一番遠いところにあります。ので、まずはテルミニ駅からバスにのって、バチカン近くまで行くことに。そのまま観光がてら、歩きで帰る予定です。


バスは64番のバス。
乗り換えなしで、バチカンまで行けます。

ただ、一つ注意なのは下車するバス停の名前。

私はてっきり終点のSt.ピエトロがピエトロ広場の下車バス停なのかと思っていたのですが、ここは駅の名前でしたcoldsweats01

バチカンに行くためのバス停は、Porta Cavalleggeriです。お間違いないように。


ただし、万が一Porta~を通り過ぎてしまっても大丈夫。終点で一度降り、また同じバスに乗れば、今度は逆方向でテルミニ駅に向かいますので、先ほどのPorta~のバス停にももう一度停まります。


1344524620653.jpg
↑バス内部

始発からなので、座れました。
チケットの日付刻印を忘れずに。バスの中の機会に通して、日付を印刷します。これを忘れると、チケットをもっていても罰金。


一応…
チェックする係の人が抜き打ちで乗り込んでこない限り、極端に言えばチケットを持っていなくても乗ることができます(タダ乗り)。しかもMさん情報では、日本人はまじめなのでチェックの際もチケット見せろと言われないことが多いとのこと。

確かにラッキーな場合もあるけど、もし万が一を考えると罰金の金額も高いので、まじめにチケットを買った方がいいのかな…? 


1344524607854.jpg
↑バチカン市国

ここがバチカンかぁ~という印象。
って、おとといMさんと来ているのですが(笑)。

先日は広場だけだったので、内部に入るのは初めてです。


1344524608775.jpg
↑バチカン広場


ちなみに、バチカン内部に入るにはノースリーブはNG。また、下品な言葉がプリントしてある、おふざけTシャツなどもNGです。


そういえば、もひとつここでMさん情報。

バチカンを目の前にして、向かって右手に、水道があります。ローマ市内でよく見かける、水流しっぱなしの水道です。Mさんのだんなさんいわく、このバチカン右手にある水道の湧水がローマで1番おいしいのだとか!


また、この湧水のある水道からバチカンに向かって奥へ進んでいくと、お手洗いがあります(土産物やの先)。ここのトイレは比較的どの時間帯でも空いている印象でした。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


続いて、歩いてナヴォーナ広場へ。

こちらも先日1度来たのですが、再度向かいます。カラバッジョの絵がある教会もあるので、そちらも見に行きたい。

1344524610731.jpg
↑ナヴォーナ広場への小道


この、ナヴォーナ広場周辺。
細い小道が沢山入り組んでいて、まるで迷路のよう。

でも、その一つ一つが趣があって、雰囲気があって。少し時間をとって、このあたりをうろうろするのもおススメです。

私はローマで、このあたりが1番好きかもしれないですlovely


1344524611999.jpg
↑雰囲気のある建物


1344524612665.jpg
↑ラクガキ

なんだこのシュールな落書き(笑)。


1344524613385.jpg
↑狭い路地には、カフェなんかもあちこちにあります


1344524614235.jpg
↑ナヴォーナ広場には、レストランも


1344524615127.jpg
↑ナヴォーナ広場


この広場、絵を売っている方が沢山いました。

油絵、水彩画、プリント? ヨーロッパ的な絵画を売っている人がたくさん。その場で書いている人たちもいました。なぜこの広場に絵画系の人たちがたくさん集まっているのかは、不明ですが、1つ1つ見て回るのもおもしろいです。


1344524615946.jpg
↑噴水も見事

1344524616668.jpg
↑観光客もたくさん


そして。
ナヴォーナ広場といえば、パンテオンがすぐそこ!

先日Mさんと行った、あのコーヒー屋さんにもう一度行ってみました。初めての1人バールで注文。


1344524617481.jpg
↑コーヒーやさん


1344524618423.jpg
↑中もいい感じ


バールという、日本のカフェのような感じ。
お店にもよりますが、飲み物がメインです。

場所によって、軽食が合ったり、スイカが売っていたり、ジェラートもおいていたり。


あと、カウンター席とテーブル席というのがありまして。

立ち飲みだと普通の値段。座って飲むと+○ユーロと、ちょっと割高になります。注文したコーヒーをササッと飲んで立ち去るのがローマ流なんだとか。

もちろん、ゆっくりお茶してしゃべるようなカフェもあります。


1344524619221.jpg
↑今日はカプチーノを注文confident


1344524619936.jpg
↑パンテオンの近くなので、観光客も


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


コーヒーを飲んで、カラヴァッジョの絵がある教会・サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会を目指します。


地球の歩き方によると、開いている時間が10~12時半、16~19時と表記されていました。この教会に合わせて1日行動していたわけではなかったので、ちょうどこのお昼の長い休みにあたってしまって…bearing。仕方ない、4時まで待つかーと、ひとまず教会前に向かったのが3時ころ。

なんと、開いていたのですflair


ラッキーbleah
そのまま中へ。


カラヴァッジョの絵は、入って左の奥にあります。思っていたよりも大きいサイズ。圧巻です。

教会内部は全体的に暗いため、絵もよく見えません。ですが、何分かに一度下からライトで照らされます。それがねらい目! 幻想的でした。


教会なので、料金は無料。
入口近くに、カラヴァッジョの絵のポストカードやポスターなどが売っている売店があります。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


観光後、駅のショッピング街を散策。

ショッピングというほど、というか日本の駅ビルほどいろんなお店がガッシリ詰まっているわけではありませんが(^-^;。お土産やさんとか、洋服や雑貨店、本屋さんなど見どころ色々。


続いて、少し時間があったので三越ローマ店へ。

別に何の目的があってというわけではないのですが、どんな感じなのかしら?と思って。

ビルの1階と地下1階?かな。思っていたよりも狭いです。店内は日本の三越というよりも、ツアーなどで連れて行かれるお土産屋さんといった感じ。ブランドショップの小さいブースがずらずらと並んでいます。

そしてやっぱり日本からの団体ツアーの皆様が、お買いものをしていました。当然ですが、日本人スタッフだらけで日本語OKです。イタリア人スタッフの方たちでさえ、日本語で話していました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


最後にスーパーへ。

最近生野菜というか、野菜の摂取量が少なくて、どうにもこうにも野菜が食べたい!


と、いうわけでカット野菜を購入。なんかのキャンペーンで中身増量パックです(笑)。小さいドレッシングないかしらと思って探したのですが、普通の大きさのドレッシングが3種類あるのみ…。イタリア人て、サラダに何かけて食べてるんだろう?

さすがにこんなにドレッシングはいらないので……考えた挙句、スライスチーズ(ゴーダ)を購入。これをちぎって乗せて食べてみます。

2012年6月20日 (水)

【イタリア】2日目。スーパー探検

イタリア2日目。

市内観光を終えて、宿に向かいます。
まだ外は明るいのと、宿から徒歩5分くらいのところにスーパーがあるそうなので、夕飯探しがてら見学に。


私、海外のスーパー大好きなのです!
1番、その国の生活感が垣間見れる気がするので。わくわく~♪


テルミニ駅付近には、スーパーは3つ(かな?)。

駅の地下に一軒。ここは結構大き目。惣菜なども豊富。値段もそこそこ安い。さらに駅から宿までの道Via Gioberti通りにコンビニ程の小さなスーパーが一軒。この通りをS.Mマッジョーレ教会に向かって歩くと、ビルの地下にスーパーが一軒。ここは駅地下と同じくらいの広さでしょうか。こちらも大手。野菜・果物なども安いです。


では、内部へ。


1344403594192.jpg
↑鮮魚コーナー

ヨーロッパはパック売りではなく、量り売りが多いですね。


1344403602318.jpg
↑なんて魚だろ?


1344403605699.jpg
↑タコ・イカも!


1344403608380.jpg
↑野菜ゴロゴロ

イタリアでは、野菜・果物も量り売りが主流でした。パック・網に入ったものもありましたが。

自分が欲しい野菜・果物を、好きなだけ取って、専用の袋に入れる。その際商品の札に書いてある番号をチェック。青果売り場中央にある秤に品物を乗せ、重さを測る。商品の番号を押すと値段が表示されるとともに、横からシールが出てきます(重さ、値段、バーコードが書いてある)。それを袋にはって完成!


1344403610988.jpg
↑同じ野菜でも、形が違うのも楽しい


1344403613852.jpg
↑ハム!
生ハム安い♪


1344403617181.jpg
↑チーズ!

パック入りのチーズも安いし、種類も豊富。モッツァレラの安さにはビックリ。日本でよくあるサイズの1.5~2倍の大きさで、大体100円。


1344403621171.jpg
↑お菓子!
そんなに種類は多くなかったかなぁ。


1344403624311.jpg
↑量り売りのチーズコーナー
こちらも種類豊富!試食もできます。


1344403629976.jpg
↑日本人てクセのあるチーズ苦手な人多いですからね…(私も)。色々試したいけど、おっかなびっくり。


1344403632957.jpg
↑お肉屋さんコーナー


1344403635574.jpg
↑お惣菜コーナー


1344403904702.jpg
↑パン屋さんコーナー


1344403639540.jpg
↑焼き菓子コーナー

クッキー、パイ、マドレーヌ、マフィン、ケーキなどなど…おいしそう


1344403641972.jpg
↑某輸入食品のバイト先で散々並べていたパスタ


1344403645341.jpg
↑ワイン安っ


1344403649218.jpg
↑今日の夕ご飯

写真が悪いので、まずそうに見えますが…coldsweats01
中身はシーフードマリネと、トマトの器に入ったお米と、その付け合せのフライドポテト。

お米は日本のごはんというより、サラダっぽい感じの味付け。お米も日本人の感覚からすると、ちょっと固めでした。ポテトはもうしんなりしすぎて…ちょっと…うんcoldsweats01。でも、おいしかった。結構おなか一杯になりました。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


イタリア初のスーパー。

楽しかったけど、アメリカのスーパー程ではなかったかなぁ。


その国らしさ…うーんチーズとか? でもドイツにもフランスにも同じくらいチーズはあったし、パスタも多いっちゃ多いけど、他の国でもありますしね。ワインも取り立ててというわけでもないし。魚介が豊富だったかしら? うーん。

思ったより普通感はあったかもしれません。あるいはスーパーが小さかったっていうのもあるかも。


あと思ったのは、パン屋さんやお肉屋さんなど、フランスドイツにはあった街の○○屋さんを、ローマではあまり見かけなかったかな。城壁内だと少ないのかもしれないし、私が見落としていただけかもしれませんが。あるいは、スーパーがその役割を果たしてしまっているのかしら。


なにはともあれ、初スーパー。
とっても楽しかったですーhappy01heart02

お菓子や生パスタ、お酒、雑貨など、お土産探しにもおススメですよ♪

2012年6月13日 (水)

【イタリア】2日目・ローマ市内を散策

2012年6月6日水曜日(晴・暑い)


イタリア2日目の朝。
ちょっと早起きして、早速市内観光に出発です。


ローマ市内で行きたいところは…

・真実の口
・フォロ・ロマーノ
・コロッセオ
・スペイン広場
・トレビの泉
・バチカン市国
・ナヴォーナ広場
・サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会(カラヴァッジョの絵がある)
・パンテオン


など。
ローマは見どころが多いということで、一応日数も余裕を持たせました。でも、行きたいところから攻めていって、行けるところまで見られればOK。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


と、いうわけで出発~♪

経費節減のため、遠くに行く場合は地下鉄・バスを使用。可能な限り歩きます。なので、ワンデイパスその他は購入しませんでした。ちなみに、私がローマに来る1週間前に電車・バスの乗車券が値上がりしたそうです。2012年6月現在、1回券は1.5ユーロでした。


まずは宿のあるテルミニ駅から、真実の口を目指して地下鉄を利用。B線テルミニ駅からチルコ・マッシモ駅へ。

駅を降りて、右手奥にパラティーノの丘、手前にチルコ・マッシモを望みながら、教会を目指します。海外ガッカリで、よく真実の口もその一つと聞きますが、せっかくローマに来たのだから、見てみたい!


1344402106264.jpg
↑奥にはコロッセオ


1344402109653.jpg
↑地下鉄
そんなに嫌な雰囲気はしなかったです。


地下鉄を降りて、徒歩10分。
目的の教会に到着!

なのだけど…
ここでいいのかしら? というようなくらい小さな、そして目立たない教会coldsweats01


さらにびっくり、まだ開いてない~wobbly
2012年6月現在、オープンは9時半でした。いきなりフライングしてしまった。

仕方なく、教会前で待機。
ところで、あの「口」ってどこにあるのかしら? 教会の中かしら?  と思いながら、教会前をうろうろしていたら、柵の隙間から「口」発見! あっさり発見(笑)!


あ…こんなところに。

ここから見られるなら、わざわざ中に入らなくても……? と一瞬思ってしまったのですけども(実際、通り過ぎるだけで写真を撮って終わりの観光客、ツアー客はたくさんいました)、せっかくイタリアのローマにいるんじゃないか、自分!と思いまして。あと30分待てば、手に口を入れられる(笑)と、待機続行しました。


1344402114913.jpg
↑檻のそとからの真実の口
大分表面ツルツルなのね。


ようやく中へ!
この日1番乗りで、真実の口にタッチdelicious
間近で見ると、結構大きい~。そしてやっぱりツルツル。


1344402117975.jpg
↑真実の口


1344402120256.jpg
↑お土産


真実の口グッズ、ローマ市内の土産物屋にもあることはあるのですが(マグネットとか)、思いのほか数は多くありませんでした。真実の口グッズが欲しい方は、ここで探すのがいいと思われます。


教会オープンの間、前で待っていた時の事。

通りすがりのイタリアおじさんが、「ここ(教会)まだ開かないよ。あっちにバラ園があるから、時間つぶしに見てきたら? キレイだよ」と教えてくれました。地図を見ると、アヴェン・ティーノの丘の方かな。来るときに確かに庭園っぽいものが見えました。ローマ滞在中時間があったら、行ってみたいと思います。


1344402127183.jpg
↑結構並んでる


口タッチ後、付属の教会→お土産屋さんを見学後、入り口に戻るとすでに行列が…。真実の口にこんなに並ぶのも…うーん。朝一で行って正解だったかもしれません。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


続いて、フォロ・ロマーノを目指します。

地図を見ててくてく歩いたのですが、まさかの行き止まり…crying。丘へ続く道路の警備員さんに道を聞き、カンピドーリの丘(タルペイヤの岩がある方から登って行きました)からぐるっとフォロ・ロマーノを目指します。


上に上ると、カンピドーリ広場に到着。
階段側の正面入り口から登った場合、左奥にフォロ・ロマーノへと続く道があります。

ちなみにこの広場にあるカンピドーリ美術館、ローマ人におススメされました。その方はローマで一番好きな美術館だそう。私も美術館は好きですが、今日はパスsweat01


1344474635811.jpg
↑手鏡チェック?
広場にいた彫刻。身だしなみチェックっぽかった(笑)。


広場からさらに15分くらい?
フォロ・ロマーノ入口に到着です。

フォロ・ロマーノはコロッセオとの共通入場券。
コロッセオ入口・チケット売り場は激混みとの話を聞いていたので、こちらの入口も多少覚悟はしていたのですが、待ち時間は5分shine。チケット購入を考えている人は、こちらからの入場をおススメします(その後も何人かの旅人に話を聞きましたが、やはりフォロ・ロマーノの入口の方が空いている模様)。


1344402129009.jpg
↑カンピドーリの丘から見たフォロ・ロマーノ
上から見渡せるので、この丘もおススメ!


1344402131799.jpg
↑日本の遺跡とはまた雰囲気が違っていいですねぇ~heart01


1344402134225.jpg
↑ラピュタを思い出した


1344402138467.jpg
↑日陰が少ないので、結構暑いです


1344402140650.jpg
↑修復中
じっくり見ると、結構おもしろいです


1344402143362.jpg
↑パラティーノの丘
朝遠くに見た場所です。かつての馬場だとか。


1344402145592.jpg
↑スティック・セニョールに見えて仕方なかった(笑)


続いて、いよいよコロッセオに移動します。
フォロ・ロマーノ→パラティーノの丘→コロッセオです。

近くで見ると、コロッセオ大きい!
思わず「お~!!」と、声が出ます。


そして人人人!!
コロッセオ周辺にも人が沢山!

さらにチケット売り場に長蛇の列coldsweats02
ものっすごい列!!!

さすがコロッセオ、すごい人気ですね。
ツアーなんかだと、車窓や下車しても外からの見学というパターンも多いので、余計人も増えるのかな。


1344402147871.jpg
↑コロッセオきたーhappy02


1344402149615.jpg
↑内部


1344402152964.jpg
↑下は猛獣の収納室だったそう。
奥に見える板が床。


コロッセオ、すごかったです。
その存在感から、外から見ただけでもだいぶ満足してしまいますがcoldsweats01、これは是非中に入ってほしい。中に入ってこそです。出土品やかつてのコロッセオの様子などの展示もあります。

あ~。
帰ったら、グラディエーターのDVD見たいです(笑)。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


続いて、スペイン広場へ。

ちょっと距離があるので地下鉄を利用。コロッセオ駅からテルミニ駅で乗り換えて、A線スパーニャ駅で下車。駅からスペイン広場まではすぐ。人が沢山いるので、わかりやすいです。


1344474636772.jpg
↑スペイン広場


ここも、おもわず「わ~happy02」ってなる(笑)。
皆階段に座っています。
日差しが強いので、木陰席が人気。
ジェラートを食べている人も。

1344474638260.jpg


1344402160622.jpg
↑噴水周辺はバラを持った人多し


スペイン広場にある舟の噴水。

その周辺には、バラを持った男の人が沢山います。男女構わず(女の人の方が声かけられやすいかな)、「プレゼント」といって、かなり無理やりにバラを渡そうとしてきます。

ですが、このバラ。受け取ったら最後「バラ代」を請求されるので要注意です。バラ・ローマに限らず、こういう人多いです。万が一受け取ってしまっても、無理やり押し返すか、ひたすらに無視するのがよさそう。ただし、男性で下手に安すぎるお金(10円くらい)を渡して、顔面パンチをくらったという話も聞きましたので、これも注意。いずれにせよ関わらない方がよさそうです。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


続いて、トレビの泉を目指します。

遺跡系は結構時間がかかると思っていたのですが、朝が早かったからか思いの外調子よく進んでいます。調子よすぎるくらい。


スペイン広場からトレビまでは徒歩。
トレビの泉は入り組んだ場所にあるため、バスは通れないそう。

一応標識みたいなものもあるのですが、ちょっとわかりにくかった。


道中、あまりに暑くてジェラートを食べましたheart04
一応節約旅なんだけど…せっかくのイタリアだし、ジェラートは食べなければ!

地元の人もたくさんいた、カフェのジェラートをテイクアウトbleah。あちこちでスーツ姿のサラリーマン?達もジェラートをほおばっていたのが、なんだか微笑ましかったです。


1344402164345.jpg
↑イタリア初のジェラート!


お店によって変わりますが、ここは1コーンに2種類のアイス+クリームのトッピングが無料。

私はチョコレートに、お店のおじさんおススメの栗アイス(栗がごろごろ入ってる)をチョイス。生クリームもトッピングしました。アイスも最高だったけど、この生クリームがまた…heart01。おいしかった~。


そうこうしているうちに、トレビの泉に到着。

けっして広くはない広場に、人人人~coldsweats02。そしてすごい存在感~!!想像していたよりも大きいです。彫刻を含めて、ものすごい迫力!!!


1344474639078.jpg
↑トレビの泉


1344474639768.jpg
↑彫刻もすごいです


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


歩き疲れたので、泉のそばで休んでいた時の事。
日本人の女性(Mさん)に「写真を撮ってもらえますか」と、声をかけられました。

聞けば、旦那さんがイタリアの方で、里帰りしているそう。昼間旦那さんは地元の友達と遊ぶため、奥さん(といっても、若い方です)は一人でローマをぶらぶらしているとのことでした。

「折角ですから、よければ一緒にまわりません?」と、声をかけて頂き、それから数時間はMさんと一緒に市内を回りました。こういう旅の出会いって、いいものです。


トレビから無印良品を見て(日本と同じものが、そのまま売ってる! けど、ものによっては高め)、パンテオン→ナヴォーナ広場→バチカン広場とまわりました。


パンテオンでは、Mさんおススメのコーヒー屋さんへ。

ラ・カーサ・デル・タッツァ・ドーロというお店。イタリアでは結構有名なようです。Mさんにならって、私もエスプレッソを注文。さらにイタリア式にならって、ミルクは入れずに砂糖はたっぷり。立ち飲みで頂きます。

ここのお店、観光客向け?にフローズンコーヒーなんかも用意していました。エスプレッソもおいしかったし、何より安い!

ヨーロッパって、スタバのようなチェーン店てあまり見かけませんが、その代わりとなるおいしいバール(コーヒー屋さん)がたくさんあるんですね。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


夕方、バチカン広場へMさんの旦那さんが車で迎えに来てくれました。

これまたせっかくだからと、ローマ市内を車でグルっとドライブ。さらにローマの方行きつけのジェラート屋さんに連れて行ってもらいました(場所を控えるのを忘れてしまいました…チャイナタウン近く)。

本日2度目のジェラート。
ここでは、チョコレート、マンゴー、そしてお二人おススメのお米のジェラートに挑戦!

お米のジェラートは、さっぱりとしたバニラのようなアイスに、つぶつぶとお米が入っているのです。どれも味が濃くて本当においしかった♪


その後、お二人に宿まで送ってもらいました。
何から何までありがとうございます…。

イタリアについたばかりで、ステキな出会いでした。色々お話できて楽しかったhappy01。それにしても、観光初日とは思えない程、あちこち周ったな~(笑)。


まだ外は明るいので、一度宿に戻り、夕飯探しがてら近くのスーパーに行ってみたいと思います。

2012年6月 6日 (水)

【イタリア】1日目・ローマ到着

2012年6月5日火曜日


ついに出発の日。
いつものように夜から準備を始めました。

今回は朝9時の飛行機だったため、始発の電車で出発。一睡もできませんでした…眠い(; ̄O ̄)。

1338926584476.jpg


中国・北京での乗り換えを経て、ようやくイタリアはローマに到着!
いよいよ旅の始まりです。


空港からは、地下鉄を使おうと思っていたのだけど(11ユーロとお高めだが、バスは夜間しかないとの記載があったため)、4ユーロのバスを発見!

テルミニ駅まで行ってくれます。
所要時間は大体1時間強。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


私が泊まる宿アレッサンドロ・ダウンタウンは、ここから歩いて5分強。


が!!
さっそくトラブル発生!!!


宿の地図コピーするの忘れたぁ~wobbly
住所はケータイに入れてあるので、地図を開こうとしたら、空港でWifiが使えない!! ネットにつながらない!! 地球の歩き方も、地図が細かくないため詳細な場所がわからないcrying!!!


昼間だったらいいけど、夜だし暗いし、ちょっと怖いなー……と。インフォメーションを頼るも、時間が時間で(夜8時過ぎ)空港もテルミニ駅も、インフォメーションはクローズ。


結局、宿泊予約をした際にメールに記載されていた行き方(テルミニ駅の○○通りを右に進み、そのまま直進して…てゆうやつ・英語)をもとに地図の上をたどり、それを頼りに駅から歩いていきました。


駅沿いのある一角は見るからに治安が悪そうで…ちょっと怖かったsweat01。ですが、無事に宿に到着。インターホンを押さないとドアが開かないことを知らなかったため、2,3分ほど入口で「???」状態でした(汗)。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


夜9時・ひとまずチェックインをして、夕飯の買い出しに向かいます。

アレッサンドロ〜は、中々良さげ。
キレイだし、そこそこ大きくて、広さにゆとりがある感じです。ドミの部屋もベッドギュウギュウなんかじゃなくて、とっても広くて感動しました(笑)。

キッチンやランドリー、パソコン数台に各種自販機、食堂もそれなりに大きく、スタッフもいい感じです。

曜日限定でパスタ・ピザパーティがあったり。朝の朝食はビュッフェで3ユーロ。昼は頼めば4ユーロでお弁当も作ってくれるみたい(量の割に良心的な値段だと思う)。


とりあえず今夜は、ピザをテイクアウトして宿の食堂で食べました。
これで3ユーロ。中々の大きさです。

1338926612331.jpg


明日はどこから行こうかなー。

長旅の疲れというより、足の浮腫みがひどい(笑)。
お風呂に入って、今日は早く寝るとします。

2012年5月26日 (土)

【イタリア・(中国)】ついに始動!

ついに!

ついに!!!


イタリア旅行を決めてしまいましたー\(;゚∇゚)/sweat01


いやぁ~、一応これくらいかかるだろうと予想はしておいたのですが、のそのそしている間にどんどんと夏のシーズンに近づいて値段も上がり(MAXでないのが救い)、いい意味でハプニングもあったりして、予想予算がどんどん削られております(泣)。

でもせっかく決めたのだし、そうそうは行けない旅ですから、上手に節約しつつ、楽しい旅になるよう計画をねっていきたいと思います。


と、いうわけで。
本日は朝の飛行機チケット予約から始まり、宿と電車の確保で1日が終わった……sad。疲れたよーぅ。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


まず飛行機airplane

前から目をつけていた、ANAマイルもたまる、中国国際航空・中国乗継便を手配。

本当はミラノinローマout希望だったのですが、あいにく満席。中国までは行けるらしいが、そこからが空いていないみたい。仕方ないのでルートをぐるっと変更。ローマinミラノoutにしました。


それでもってなんでこのめんどくさそうな乗り継ぎチケットに目をつけていたかといいますと、48時間以内なら中国滞在が無料なのです!

北京には前にツアーで行ったことがあるので、いわゆる有名どころは大体行ったのですが、地球の歩き方にちょこっと載っていた、北京の浅草と呼ばれる地域や、筆なんかが売っている清の時代のような通りを見てみたいなぁと思って。

加えて何かおいしいものを食べ、ふらっと散歩でもできたら、そう物価の高い国でもないし行きたいわと思ったのです。


前にチケットのことを確認するために、このチケ会社に連絡したときは、(別日程で)上海乗り継ぎなら空いていると言われ、(北京だと思っていたから拍子抜けしたのだけど)初上海もおもしろそーsunと、ちょっと楽しみにしていたのに、結局取れたのは北京乗り継ぎの便だったため、最初の思惑通り北京の浅草に行くことになりました。

現地1泊か2泊かで迷ったのだけど、バイトもそうそう長く休めないし、無駄遣いもしないようにと1泊にしました。13時着、翌17時ごろ北京を発ちます。ちょっと急ぎ足かな……。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


そして宿。

ガイドブックに載っていたものは値上がり&満室。

うーん……参った(;;;´Д`)。

結果ホステルクラブ.comで安いところから順に別途HPを見たり口コミを参考にしながら決めました。

人の価値観はさまざま、事情もさまざまなもので、良いとレビューしている人がいる一方、酷評している人もいるのです。ウェブ上の他人の印象ですから、100パーセント鵜呑みにはできないけど、具体的なレビューなんかは参考になるものもありますよね。


私が泊まるつもりの宿はいわゆるホステルですから、多少の不便さや不清潔さ、部屋の狭さなどは仕方ない部分もあると思っています(ホステルでもキレイな宿がたくさんある日本ってすばらしいとつくづく思います)。

だけど…だけど…
いくら安くても、最低限安全なところ(危険ならいくら安くてもパス)、そして安心して眠れるくらいの清潔さは欲しい…ですよね、やっぱり。

高級ホテル並みにしろとは思わないけど、一応宿なんだからいくら安くてもきれいにする義務はあると思う。いくつかの宿のレビューを見ていて、「本当にヨーロッパか!?」と思うような汚いエピソードレビューがちらほらあって、今から少し心配です(一応そこはパスしたけど)。布団の上の虫だけは本当に勘弁crying!!

以下は各都市の宿探し印象。


【ローマ】

ホステルクラブを見る前に決めてしまった。
ら、相場より少し高め(駅からものすごく近いのは利点だけど…)。

宿も安宿も、ほかの都市に比べて数が多い気がします。値段も手ごろなものからあった。

私はバックパックの予定+到着時間が遅い日がある(初日&カプリ遠征)ので、なるべく駅から近いところを探しました。


【フィレンツェ】

泊まろうと思ったところ(ホステル・アルキ・ロッシ)が意外とドミよりプライベートルームが多く、すでに満室。

でも大型のホステル(フローレンス・ホステル)が近くにあり、そちらを予約。ここは地球の歩き方には載っていませんでした。

プールやサウナもあるらしいので、ちょっと期待lovely


【ヴェネツィア】

気になったのは「ベネチアが蚊は多い→つぶした跡が部屋の壁中に……」というレビュー。

まずベネチアって蚊が多いんだ~って思いました(笑)。言われてみれば、確かに水辺です。部屋のなかにも大量の蚊が…っていうレビューもあったなぁー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 私の泊まるところは大丈夫だろうか。。。


総じてローマの宿数に比べると、他都市は安宿はそう多くありません。早めの予約をおススメします。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


つづいて鉄道bullettrain

飛行機と宿と鉄道だけは押さえないと、どうにもなりません。アジアの放浪旅が懐かしい。


1・ローマ―ナポリ(往復)
2・ローマ―フィレンツェ
3・フィレンツェ―ピサ(往復)
4・フィレンツェ―ベネチア
5・ベネチア―ミラノ(往復) ★
6・ベネチア―ミラノ

の、6パターンを購入せねばなりません。
5はちょっと緊急事態なので、おいておいて……。


チケット予約はイタリアの国鉄?HP(←ココをクリック)から可能です。

英語表記もあります。
日本語は残念ながらありませんが、行先・日付などを入力すれば、値段や座席(1等2等など)の順に表示されます。

続いて乗りたい列車を選んで、席自動振り分け・席選択を選んで購入ボタンへ。住所やクレジットの情報を入力して予約OKです。

IDを登録してしまえば、過去の予約も見られるようですが、なぜか登録ができなかった……despair。加えて予約確定後、確認メールが送られてくるはずなのですが、Eチケットの画面に「エラーによりメールは送信できませんでした」との表示。

一応このEチケットはプリントして持参する予定ですが、これで大丈夫かな( ̄Д ̄;;!?


3は予約の必要がない路線のようなので、現地で買う予定です。


加えて1のカプリ島行き。

ローマの日程は動かせないのですが、そのローマの中でなるべく条件のいい日に行きたいので、天気がわかるまでもう少しだけ保留にしてあります(晴れているからって見られるものでもないんだけど(^-^;)。

リトライできるよう着いた翌日に行こうかなーとか考えているのですが、ダメだったからといってまた往復5~8千円かけてナポリまで行くのもなぁ…(そこからまた船だなんだとかかります)。お財布と相談。できたら1回で見たい!


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


そして最後に棚から牡丹餅な「最後の晩餐」heart01

以前、最後の晩餐の予約に合わせて日程を決めようと思った時期があったのですが、「あと○人」と表示されているところをクリックしてもチケット購入のページに進まず、実際の予約状況とウェブ上の表記とでタイムラグがあるのか(つまりもう満席)なぁとがっくりきていたのですが、今日何気なく見たら購入ページに進めるじゃないですかshine!!!


何がどうしたのかサッパリですが、わあわあと言いながら、予約手配完了happy02

本当はミラノ滞在はやめて、ベネチアから出国当日の朝ミラノへ行き、かるーく街並みを見て帰ろうと思っていたのですが、夕方着しか電車がなくて、さあどうしたものかと思っていたときの予約完了です(笑)。

最後の晩餐の空き日が1日前なら、フィレンツェから直接ミラノへ行くことも考えたのですが、そうはいかず…。ほかの宿や電車も予約した後でしたので、往復5000円弱の電車賃を払ってミラノへ日帰りで見に行くか否かという状況でした。


前のブログでも書いたのですが、決してお金に余裕はないので一瞬躊躇もしたのですが(だって数日後またミラノに戻ってくるんだもん…weep)、行きたくても断念したあの最後の晩餐が見られる! という機会がどれだけラッキーな事かと思えば、5000円くらい単発バイトでも残業でもして稼ぐわ!と、決意したのでした。

ついでにさらっとミラノ観光をして、夕方ベネチアへ戻る予定です。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


と、いうわけで。

まだ一部宿保留(ローマの宿をもう少し安いところにしようか検討中)な件と、ローマ・ナポリの電車予約が残っていますが、ひとまず宿と移動の足が確保できたので一安心です。

ひとまず締切間近なレポート作成に集中します。

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉* | *15’那須*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ