世界の時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウントダウン

フォト

☆奈良

2012年5月17日 (木)

【奈良】いざ吉野山へ・その2

続いて中千本周辺を目指します。


ゆるい上り坂が続きますが、周りはお店が立ち並びにぎやかなので、歩いているだけでも楽しい。

途中、吉水神社の小さな入口を発見。

ここは、ロープウェー乗り場で、おじさんたちに教えてもらったおススメスポットです。


「これかぁ!」


と、思ったのもつかの間。

その先には階段と下り坂が続いているではありませんか…coldsweats02

せっかくここまでえっちらおっちら登ってきたのに、下るのーbearing!?と、正直一瞬行くのを躊躇したのですが(実際、入口を前にして「(帰り道に)また登るなんて嫌だsad」と、立ち寄らない人々もちらほらいました)、おじさんを信じて下り坂を進んでいきます。


【吉水神社】

階段や坂を下って、登ってを少し繰り返すと入口が見えてきます。

ここで茅葺屋根修復の募金をして、中へ。

入ってすぐ右手に人がたくさん集まっているので、そこを目指すと山一面の桜が!!


おじさん、疑ってごめんなさいbearing

そしてこんなきれいなところ教えてくれてありがとうhappy02!!


という、絶景ですfuji

写真やテレビで見る、あの山一面の桜が眼下に広がっているlovely!!!


とってもきれいで、おススメです。
秀吉がお花見をしたのも、この場所なんだとか。

あの小さな入口からのぞく、下りの階段なんて気にしちゃダメです(笑)。ここまで来たのだから、少しくらい疲れたって見る価値はありますっ!!!


1337244337806.jpg
↑写真だと、全然迫力が伝わらない

1337242408527.jpg
↑ここにも桜が

1337242409696.jpg
↑奥にある世界遺産の建物の中にあった、義経の鎧
 


【中千本周辺】

吉水神社を後にして、中千本、その上の上千本を目指します。


中千本に入るのかな?

清水ちっくな坂が二手に分かれ、その一方は狭ーい道。車の通りも激しい上に、傾斜がかなり急になってきました。


ま…また上り坂sadsweat01
ひーっ!!!!!!


と、登り続け、しばらくすると上千本の入口が。


ここもまたかなり急な上り坂…coldsweats02


ここまで来たんだ、行ったるかー!

と、進んだ右手に何やら広場のような場所があり、みなさん宴会中。

お昼も過ぎていたことだし、私もここで一休み。

ベンチに座っておにぎり弁当riceballを食べます。

1337242411371.jpg
↑最高に気持ちよかった~cherryblossom

1337242412827.jpg
↑山だからもっと涼しいかと思ったけど、ちょっと暑いくらい
 


【上千本】

お腹もいっぱいになったことだし、上千本を目指します。

坂はここが一番急なのではないかなbearing
はじめはずーっと一本道。

しばらくすると道がひらけてきて、いろは坂のような道に変わります。

相変わらず道は急だけど登っても登ってもまだ先があるという、なんともしんどい道でした(^-^;。


途中、(実際どこまで行けばいいのか、よくわからなかったこともあるのですが)ここまででいいかな。桜は十分きれいだし。

と、何度か心折れそうになったのだけれど、目に見える坂の一番上までは行ってみようということで、少し登っては写真を撮りつつ休み、また少し登っては水飲んで休みと、のろのろと上を目指しました。


ら、ここでもまた絶景がcrying


吉水神社やその先でも標高は徐々に高くなっているので、キレイはキレイなんですが、上から見る桜は本当に絶景です。

今までの桜をすべて見下ろす形になるのですが、山一面の桜がとてもとてもきれいでした。

1337242413695.jpg
↑上千本 いろは坂の上から

1337242414895.jpg
↑思わず沿道に座って見入ってしまいます


先ほど書いたように、今までのルートを見下ろせる位置にあるわけで、下千本の方のお店が立ち並ぶあたりから、寺などが遠くの方に見渡せます(一眼を望遠鏡がわりにいろいろ見回す)。

こんなに歩いてきたんだぁ~と、我ながらビックリ(笑)。
さて、それでは駅に向かって帰りたいと思います。


 
【帰り道】

下りはなんと早いこと(笑)。

あんなに時間がかかった行きが嘘のようです。

ただ、下りといっても坂が急なので、下るのもそれはそれで足がプルプルします。

1337242416115.jpg
↑みんなに「もっさりやなぁ」と言われていた桜

1337242417328.jpg
↑タケノコ発見

1337242418865.jpg
↑ちょっと欲しかったけど、お値段を見て断念weep


無駄な買い食いは控えていました。

が、どおしても食べたくてお茶タイム!

1337242419873.jpg
↑吉野くずもちと抹茶
おいしかったぁ~heart02


帰り道に、もみじ発見。
春と秋のコラボですね。

秋はもみじもキレイなのかな?

1337242420835.jpg


駅入口に到着。

ホームもすごい人ですーdash

1337242421908.jpg

乗り換えの駅まで1時間強。
できたら座って帰りたいですね。

1337242771199.jpg

1337242423813.jpg
↑よしのぷれーと撮るの忘れてた


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


17時頃吉野を出発。

19時頃、京都駅に到着しました。


【電車】

乗り換えの駅から吉野駅までは特急も出ています。

追加料金で座席確保も可(ただし前売り券?で完売の模様)。

また、この乗り換えの駅から乗る乗客の9割以上は吉野を目指しているので、座っていきたい方は時間に余裕をもって出られることをおススメします。


【ロープウェーとバス】

吉野からのロープウェーとバスについて。

ロープウェーは乗らなくてもよいと思います。足に自信がない方でも、ゆっくり景色を楽しむうちにつける距離です。

バスは、中千本行き、上千本行き、奥千本行きがありました。

こちらも長蛇の列だったので、そういった意味での覚悟は必至です。一気に上・奥千本へ行きたいという方には便利かもしれません。

また、ご年配の方、体力に自信のない方でも気軽に訪れることができるという意味で、バスやロープウェーの存在は大きいかと思います。


【トイレ】

思ったよりあちこちにあって、急ぎでなければ待てる範囲(女性)。

駅には簡易トイレもあります。

トイレ事情さっぱりだった私は、次いつ入れるのかと思うと、トイレを見つけるたびに立ち寄っていました(笑)。


【開花状況】

http://www.yoshinoyama-sakura.jp/top.htm

吉野の観光協会です。
私はこれと、iphoneの「るるぶお花見特集(ちょっと遅い気もする)」を見て、参考にして出かけました。


【混み具合】

私が今回訪れたのは、4月の18日。

今年は遅咲きだったため、下千本と中千本がほぼ同時に見ごろを迎えていたそうです。

駅に着いたときは、あまりの人ごみに圧倒されたのですが、その後道を歩いているときは「人でにぎわっているけど、混雑しているというほどではない」といった感じでした。

平日だったのもよかったのかも。

ロープウェーのおじさん曰く、土日はもっと混雑するとか。道の脇にお食事処のほか、宿もかなりあったのですが、混雑するときは、こういったところに宿泊して、朝早く、観光客がまだ来ないうちに散策するのが良いと言っていました。

桜の開花具合と、平日・休日、さらに自分の休みを合わせるのって中々大変ですからね…dash。色々難しい気もします。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


国内の一人旅って久しぶりなので、なんだか出発してから緊張してしまったりしたのですが(笑)。

とても楽しかったですhappy01


ついでだった京都も、天気にも恵まれ自分の好きな場所をのんびりぶらりできて。1日だけの観光でしたが、満足度は高かったです。


そして奈良・吉野。

写真や映像で見る吉野の桜って、色がバラバラというか、悪くいうと汚く映っている印象があって、「行ってみたいな」、「でも折角行っていまいちだったらどうしよう」と、ずっと思っていたのです。

でも!
写真と本物がこれほどまでに違うのも、久しぶりでした!!

本当に、吉野の桜は自分の目で見ないとあの感動は伝わらない。それくらい、きれいでした。


私の勝手な「死ぬまでに行った方がいいおススメスポット」に、リストアップ決定です(笑)。


またいつか、行ってみたいと思います。

【奈良】ついに吉野山へ・その1

午前6時起床。
とっても眠いです(ノ_-。)。

シャワーを浴びて、同室の方とおしゃべりをして(京都市内の大学に通っている方でした)、昨日買ったおにぎりを食べて、出発です。

1337232483653.jpg
↑お世話になりました!

吉野山について。
家を出るまでに調べた事は以下の3点。

・京都から吉野山までの行き方(2時間もかかる!)
・吉野山のアバウトな地図をケータイに保存
・下千本、中千本、上千本、奥千本というエリアにわかれている(下から順番に桜が咲いていくので、4月の1か月間、常にどこかが満開になるそうです)

それだけです(笑)。

よくテレビや写真で見る、山一面の桜はどこで見られるのかしらと思ったんだけどよくわからず、なんとか展望台っていうのがあるから、そこに行けばいいのかな。というくらいの知識でしたcoldsweats01

2時間後、ようやく吉野駅に到着。

すごい人人人wobbly

し、しかもおじさんおばさん・おじいちゃんおばあちゃん率が高い。

とりあえず駅にあった地図(これも大分アバウトな感じだった)をもらって、道なりに進みます。

事前情報では、ここからロープウェーが出ているとのことだったので、その乗り場(物凄い列)に並んでみることに。

前にいたおじさんグループに色々聞いてみると、歩道の入口まで徒歩でも行けるらしい。その入口までの歩道が結構キツくて長い(いろは坂みたいな感じ)とのことで、みなさんロープウェーに並んでいるそう(見どころまで教えてもらいましたscissors)。

ロープウェーに加えて、バスもありました(こっちも長蛇の列)。

はじめは列に並んでいたのですが、一向に進まず。

「若いんだから、歩けるよ〜。あっはっは。」というおじさんの言葉におされて、徒歩を選択しました。

【下千本入口まで】

確かにキツい(笑)。
汗がどっと流れてきました。

1337184112083.jpg
↑途中急なショートカットもあり

でも歩けない距離ではないです。

むしろあの時間並んで待つのだったら、ゆっくり景色を見ながら歩いて行った方が気持ちいいかもしれません。

1337184117124.jpg

【下千本周辺】

ロープウェー到着駅の少し手前から、お食事処や土産物など、お店が所狭しと並んでいます。

1337184121255.jpg

まるで、清水寺に続く道みたい。

時間配分がよくわからないので、あんまりのんびりしすぎない程度に進んでいきます。

1337184123328.jpg
↑ここキレイだったなぁ

下千本は終わりかけでした。

一面の桜も、本当にキレイだったのだけれど、あちこちで見た桜吹雪が感動するくらいにキレイでした。文字通り「吹雪」というくらい、はらはらはら~っと桜がlovely

動画はこちら↓

その2へ続く→

2012年5月16日 (水)

【京都・奈良】いざ吉野山へ〜序章〜

最近の旅から振り返ってみたいと思います。


まずは先月の京都・奈良の旅。
京都・奈良といっても、今回の目的は奈良の吉野山。


前々から、吉野山の桜を見てみたかったのです。


行きたいなぁ。

でも遠いしなぁ。

時期が合うか問題だしなぁ。

混んでるだろうしなぁ。

写真だと、ちょっと微妙だしなぁ。

云々…。


と、なんだかんだで行ったことのなかった吉野山。


今年、ふと思いついたように吉野を調べていたら、いい感じに桜が咲いているとのこと。

しかも、偶然の4連休!

これはもう行くしかない!!!!


と、いうわけで16日の朝決意。
チケットを取って、その日の夜に出かけてきました。


奈良の日帰りも考えたのですが、奈良発着のバスって意外と少ないのです。

ならゲストハウスもたくさんある京都に一泊して、ついでに好きな京都も観光してしまおう!という、スケジュールになりました。


というわけで、思いつき奈良・吉野の旅が始まりました。

その他のカテゴリー

○お土産 | ○その他 | ○カメラ | ○スケジュール | ○宿 | ○旅の計画 | ★アメリカ | ★イタリア | ★ケニア | ★ペルー | ★ボリビア | ★中国 | ★台湾 | ★日本 | ★韓国 | ☆アナハイム(アメリカ) | ☆アンキアーノ(イタリア) | ☆アンテロープキャニオン(アメリカ) | ☆ウユニ(ボリビア) | ☆カプリ島(イタリア) | ☆クスコ(ペルー) | ☆グアム(アメリカ) | ☆グランド・キャニオン(アメリカ) | ☆サンタローザ(アメリカ) | ☆サンフランシスコ(アメリカ) | ☆セコイア国立公園(アメリカ) | ☆セリグマン(アメリカ) | ☆ソウル(韓国) | ☆ナイロビ(ケニア) | ☆ナスカ(ペルー) | ☆ニューヨーク(アメリカ) | ☆ハワイ(アメリカ) | ☆ピサ(イタリア) | ☆フィレンツェ(イタリア) | ☆ブエナパーク(アメリカ) | ☆マサイ・マラ国立保護区(ケニア) | ☆マチュピチュ(ペルー) | ☆ミラノ(イタリア) | ☆ラスベガス(アメリカ) | ☆ラパス(ボリビア) | ☆リマ(ペルー) | ☆ロサンゼルス(アメリカ) | ☆ローマ(イタリア) | ☆ヴィンチ(イタリア) | ☆ヴェネツィア(イタリア) | ☆九份(台湾) | ☆京都 | ☆北京(中国) | ☆千葉 | ☆台北(台湾) | ☆埼玉 | ☆大阪 | ☆奈良 | ☆宮城 | ☆小笠原諸島(東京) | ☆山梨 | ☆東京 | ☆栃木 | ☆群馬 | ☆茨城 | ☆長野 | ☆静岡 | ・お店 | ・お祭り | ・ものづくりなど | ・アクティビティ | ・ガイドブック | ・ステッカー | ・スーパー・市場・DS | ・テーマパーク&アトラクション | ・ハプニング | ・ポストカード | ・マグネット | ・ワッペン | ・体験活動 | ・地図&交通 | ・山 | ・希望的観測 | ・旅道具 持ち物 | ・日本で買う世界のお土産(緊急編) | ・本(買ったもの) | ・本屋さん | ・植物 | ・海 | ・海外でドライブ | ・温泉/マッサージ他 | ・現地ツアー | ・美術館&博物館(展示系) | ・自然 | ・調理(主に旅先) | ・調理実習(お菓子編) | ・調理実習(食事編) | ・買い物 | ・食べ物&飲み物 | ・飲食料品 | *12' イタリア&中国* | *12' 京都&奈良* | *12' 静岡* | *12' 静岡2* | *13' アメリカ* | *13' ケニア* | *13' ボリビア&ペルー* | *13' 台湾* | *13' 長野* | *14' 台湾* | *14' 韓国* | *14'鬼怒川温泉* | *15'USJ・大阪* | *15’グアム* | *15’仙台* | *15’四万温泉* | *15’那須*

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ