世界の時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウントダウン

フォト

« 【グアム】今年もフォトブックを作りました | トップページ | 【那須】モンゴリアビレッジへ »

2015年9月11日 (金)

【練習覚書】2015・アメリカンアップルパイ1号

おいしいアメリカンパイが食べたい&うまく作れるようになりたい!というマイブームで、1年くらい前から暇とやる気を見つけては相変わらず練習しています。 
  
 

先日家にりんごが4つあったので、アップルパイ作りに挑戦。

去年初めて作ってみてから知ったのですが、アップルパイにはグラニースミスという酸味の強い林檎が向いているそうで。日本ではそれに代わって紅玉で作るのが一般的だそう(もちろん紅玉でないパイの種類もある)。
 
 

まずはレシピ通り林檎の指定があるならそれで作った方が良いのでしょうが、常に紅玉が家にあるわけもなく。今日は家にあったりんごで作ります。今年は紅玉でも作ってみたいな。 
 

更に言えば、私はあまりお菓子に入っているスパイスが得意ではなくてですね…シナモンは少し香る程度ならいいのだけど無いものを選べるならそうしたいし、他のスパイスも入らない方が好みなのです。

もうそれってレシピ逸脱しまくりじゃないかと言われればそれまでなのだけど、自分にとっておいしいパイを目指したいので、スパイス抜きで作ろうと思います。そんななのでパンプキンパイにもスパイスは入れません(^-^;)。
  
  
 
  
今回は、平野顕子さんの本、「ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本」に載っているスタンダードなアップルパイを作ってみます。



平野さんには申し訳ないですが、先述の通りスパイスは抜きです。

ちなみに昨年は「アメリカをたべるパイ」という本に載っているアップルパイのレシピで作っていました。



アメリカ式アップルパイは、基本的にスライスした林檎に粉類をまぶしたものをそのまま焼く(煮林檎にしない)ので、とても簡単。こちらの本のレシピもとても簡単でおいしいのでおススメです(他のパイもおいしい)。

 

1442304707154.jpg


りんご4コ分を投入。
18センチのパイ皿と迷ったけど、りんごが4つあったので9インチで作成。


りんごにまぶすものの1つとしてレモン汁が使われることが多いのですが、このレシピはレモン汁は使わずヨーグルトを使っています。どんな感じになるのか楽しみ。


1442304708542.jpg


もう1枚のパイ生地をかぶせます。

今回も練習でパイの端を波型にしたのですが、9インチしかもダブルクラストできれいに素早く波型にするのはハードルが高かった( ̄Д ̄;;!!

早くしないと生地だれそうだし、でもきれいに作らなきゃだしでアワアワ…。


波の形は相変わらずいびつですが、ひとまず整えて急いで空気穴の切れ込みを入れ、艶出しに牛乳を塗ります(家用なので卵は省略)。

 
 

1442304711101.jpg


完成っ!

焼いている途中、淵が焦げそうになったので前回ベリーパイを焼いたときに使った、マーサのパイ淵カバーを使用したのですが、淵を波型にしたことによってカバーの内側に淵がきてしまい、うまくカバーできなかった(泣)。あのカバーは波型対応ではないのかしら…。


1442304713611.jpg


この厚み!

ダブルクラストを波型にすると、すっごくザクザクになるということがわかりました(笑)。これはただの飾りじゃない!パイ生地好きにはたまりませんな( ̄ー+ ̄)。


1442304712286.jpg


カット!!

林檎に火が通って嵩が半分ほどに減るので、上に空洞ができてしまうのですが、これで良いのかしら。去年はダイソーのタルト皿で作っていたので林檎もドーム型になるほど詰めておらず、こんなに膨れなかったのです。

1ピース分にカットすればペタンとなって空洞は消えます↓。


1442304716995.jpg

スパイスを使っていないのでクセはなく、レモン汁ではなくヨーグルトを使っているので優しい味。レモン汁を入れると味が引き締まっておいしいのだけど、これはこれでおいしいです。

甘さがあまり強くなかった(うちの砂糖の都合かも)のでちょっとぼやっとした感があるけど、紅玉を使ったりレシピ通りスパイスを入れればまた違う味わいになるのかも。


あとはいつも思う、ブラウンシュガー。三温糖や黒砂糖で代用と書いてあり、今回三温糖を使いましたが、そのうちちゃんとブラウンシュガーで作ってみたいなぁ。コクがでそう。 
 
 

作成後寝かせたため翌日から3日かけて食べきりましたが、最終日もオーブントースターで少し温めるとパイ生地もサクサクのままでした。

 
  

おいしく作れるようになるよう、またがんばろう。 
ごちそうさまでした!

« 【グアム】今年もフォトブックを作りました | トップページ | 【那須】モンゴリアビレッジへ »

・調理実習(お菓子編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1690036/61622452

この記事へのトラックバック一覧です: 【練習覚書】2015・アメリカンアップルパイ1号:

« 【グアム】今年もフォトブックを作りました | トップページ | 【那須】モンゴリアビレッジへ »

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ