世界の時間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウントダウン

フォト

« 【2015】夏の旅行の話し合いが始まった | トップページ | 【覚書】ライスクリスピーを作ってみた »

2015年7月10日 (金)

紫陽花のドライフラワーを作る

先日行った権現堂のあじさいまつりで、咲き終わった紫陽花を頂いてきました。

最終日に紫陽花の剪定が行われるのですが、切られたものは自由に頂けるのです! 
 
 
頂いてきたときのブログはこちら

  

それを使って、紫陽花のドライフラワーを作ってみました。


そもそも、ドライフラワーを作りたい!と言っていたのは母。

母が大好きなカントリー雑貨を扱うお店などでは、紫陽花のドライフラワーがよく売られているのですが、小さな花束が1000円前後。大きな花は1本800円前後と、中々のお値段。かわいいからたくさん飾りたいけど、いっぱい買うと高い!だから自分で作ってみたいというわけです。
 

実は以前家の庭に咲いている紫陽花(手毬)を使ってドライフラワーに挑戦したことがあったのですが、失敗してしまったのです・・・。

紫陽花のドライフラワーには「アナベル」という品種が向いているとの情報を得たのと、今回権現堂でアナベルを頂けたので、それを使ってドライフラワーを作りたいと思います。早くて2~3日でできるとのこと!意外と早くできるんだなヽ(´▽`)/ 
 
  

 
何やらネットを見ると紫陽花のドライフラワーを作るポイントは、


・アナベルなどの西洋紫陽花が向いている

→日本の品種は水分が多くて、上手く乾燥しないらしい。確かに前に日本の品種で作った時は、シュンと小さく萎れてしまいました


・満開の花を使うのではなく、枯れかかったものを使う
 
→これも水分を短い時間で抜くためだそう。満開状態のものはまだまだ水分がたくさん残っているので、↑のようにシュンと萎れてしまいます


・短期間で一気に乾かす

→除湿機やクーラーの前に置いたり、晴れた日を狙って一気に乾燥させるのが良いとの事。とは言えこの時期雨が続くことも多いですからね・・・。除湿機は必須です。
 
 
 
 
一先ずこんな具合かしら。 
というわけで、ドライフラワーを作ってみます。

まずは葉っぱと汚くなっている花を取り除きます。虫がいないかもチェック。

半日ほど水に刺して花を元気にしておくと良いという記事を見かけたので、切り花をバケツに刺しておきます。


 
半日後。

バケツの水を捨て、乾燥に入ります。外は雨なので玄関で乾燥。一気に乾かすのが良いとのことなので、除湿機を目の前に設置します。 
 

1436543537816.jpg


1436543540255.jpg


白のアナベル。
枯れかけがいいとのことなので、まだ花が咲いている状態のこれはあまり期待できないかも?


切り花をもらう前に、どういう状態の花が向いているのか調べて行けばよかったです(;;;´Д`)。というか自分のなんだから、調べておいておかん。
 

1436543541495.jpg


アナベル以外にもいくつかきれいなのを持ち帰ってきました。+家に咲いていたものも。

家のものは枯れかけの色あせたものを選んだのだけど、権現堂で選んだものは満開状態だし、アナベルではないので(水分が多いから)うまくいかないかもしれない。

一応やってみよう。


1436543543017.jpg


アナベルは大きいので、玄関ですごい存在感を放っています。
 
 
  

 
【2日後】
 

1436543543831.jpg


こちらが2日後。

花を触るとパリパリしている!!!


すごい、本当に2日で(ほぼ)できてる(*゚▽゚)。
 

1436543544920.jpg


が、やはり花が咲いている状態のものはダメなんですね・・・。ちょりちょりに萎れてしまっているー。ドライフラワーにするには緑色のものが最適なようです。 

 
茎の部分がまだ乾燥しきっていません。もう少し乾燥させます。 
 

 
 
 
 
 
【5日後】


1436543546030.jpg


大分乾燥してきた。
けど、茎がまだもうちょっとかな~。 
 
 
実は水曜日にもう数本アナベルを追加したので、半分はまだまだ乾燥が必要です。 
 

1436543548844.jpg


水曜日にもらってきた、もっと緑なやつ。
中々濃くていい色をしている(と思う)。

きれいなドライフラワーになってくれたらうれしいなぁ。


1436543551915.jpg


いい感じにパリパリしてきた。 
 

1436543554983.jpg


1436543556233.jpg


いくつかは壁などにぶら下げて乾燥させています。

花の形など、どちらの方が良いのかな。 
 

1436543557251.jpg


ちなみにアナベル以外の花は、やはりちょりちょりになってしまいまして・・・。前に作った時よりは良かったのだけど、やっぱりアナベルのようにはうまくいきませんでした。

というわけで母が寄せ植えのようにして(入れ物に入れているだけ)、玄関前に飾っています。


1436543558669.jpg


これきれい。
ポップコーンみたいなやつです。

シュンとなっているのがちょっと残念だけど、青が濃くてきれいです。


1436543559949.jpg


これは多分うちの庭に咲いていたもの。

前に作った時よりは、キレイにできています。


1436543561332.jpg


これはミニアナベル。

まだ制作途中なのに待ちきれない母。

 
 

1436543562600.jpg


そしておまつりで購入した紫陽花も、まだまだきれいに咲いています。 
 
  
 
 
 
アナベルのドライフラワーはどんなものが向いているかなど、実際に作ってみてわかった事も多いので、来年以降の参考になりそうです。

来年はもう少し上手なものができるかも?  
  
 

今年の分の完成まで、あと少しです。

« 【2015】夏の旅行の話し合いが始まった | トップページ | 【覚書】ライスクリスピーを作ってみた »

★日本」カテゴリの記事

☆埼玉」カテゴリの記事

・植物」カテゴリの記事

・ものづくりなど」カテゴリの記事

・お祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花のドライフラワーを作る:

« 【2015】夏の旅行の話し合いが始まった | トップページ | 【覚書】ライスクリスピーを作ってみた »

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ