世界の時間

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウントダウン

フォト

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月25日 (水)

【イタリア】5日目・ローマ最後の日

えー。
先ほど、駅から戻りまして。

一度お昼ご飯を食べて、エネルギー充電です。


1344692620683.jpg
↑お昼ご飯のサンドイッチ


味は見た目ほどではなかった。
同じような見た目でも、フランスで食べたやつの方がおいしかったなぁ。フランスはカフェで、これは出来あいだからか。


1344692622023.jpg
↑チョコレートプリン


プリンと言うには柔らかい感じでしたが、甘すぎずふつうにおいしかったheart
なんであんなに安かったんだろ。結構大きいです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


午後はどうしようか考えたのですが、時間的に小旅行はNG。

それならばと、観光初日に真実の口のある教会で、通りすがりのおじさんが教えてくれた「バラ園」はどうかと。


調べてみると、アヴェンティーノの丘というところにあるそうで。その近くには、有名な鍵穴があるのでそれも見たいということで、その辺を中心に散歩しに行くことに決定!


と、いうわけで地下鉄に乗ってアヴェンティーノの丘を目指します。

門?のようなものを通っていくと、両サイドにバラ園が広がっています。びっしりバラ!!!という感じではなく、芝生の中にところどころバランスよく、バラが植えてある感じ。

もう一つの目的地である「鍵穴のある建物」は、この道のもう少し奥にあるので、こちらから先に見に行きたいと思います。

 
 
 

【マルタ騎士団の鍵穴】


この鍵穴。
正式名称?は「サンピエトロ寺院が見えるマルタ騎士団の鍵穴」っていうらしい。いや、多分通称です。


ちなみに。
私はこの鍵穴、ちょっと前にテレビで見て知りました。その名も「ベタではないローマの観光スポットSP」。

どのくらいベタじゃないのかはわかりませんが、確かに地球の歩き方には地図のページにその所在地が記載されているのみで、説明などはありませんでしたし、時間帯によっては鍵穴の前に誰もいないという事も。


1344692623232.jpg
↑鍵穴をのぞいている


この建物の鍵穴を覗くと、バチカンのサンピエトロ寺院が見えるんですねぇ。しかも鍵穴をのぞくと見える、この建物内の庭園も素晴らしい! 私は勝手にハリーポッターみたいだ~と思いました(映画ハリポタ4、最後の課題の中で出てくる背の高い迷路のような庭です)。


例のバラ園を通り過ぎ、サンタ・マリア・イン・コズメディン教会を道なりに歩いていくと、行き止まりが見えます。その行き止まりの右手にある建物がこちら↑。

誰かしらが覗いているので、わかりやすいと思います。が、いるのは欧米人観光客(しかもちらほら)で、日本人には一度も出会いませんでした。


1344692624875.jpg


1344692626545.jpg


周りは住宅街。
訪れる観光客も多くないので、静かなイタリア住宅街を歩くのも、また違った趣があって楽しかったです。


 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【サンタ・サビーナ教会】

マルタ騎士団の鍵穴を背に、もと来た道を戻っていくと、左手にはサンタ・サビーナ教会があります。


見た目古ーい教会。

礼拝堂?の中は見学自由です。

ごてごてした感じの装飾は一切なく、よい意味で質素な感じの内装と雰囲気。歴史ある教会なのかしら。いわゆる観光客が訪れるような教会とは雰囲気が全く異なり、少しさみしい感じもしますが、厳かな雰囲気がなんとも言えず、新鮮でした。

こちらも観光客は少な目。
日本人は見かけずでした。


1344692628191.jpg
↑教会内のなぞの噴水


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【サヴェッロ公園】


先ほどの教会のお隣に、公園があります。

草木が植えられていて、住宅街の中にしてはいい感じの広さと雰囲気の公園。地元の方なのか観光客なのかわかりませんが、ベンチにすわってのんびりしたり、地面にシートを広げてお弁当を食べている人も。


そしてなにがいいってこの公園、奥に進むと丘からローマが一望できるのですっ!


1344692629963.jpg


1344692631479.jpg
↑いい景色~♪


1344692632976.jpg
↑いい感じ


1344692634605.jpg
↑この庭の横にも、別の出入り口があるもよう


ローマ観光に疲れたら、サンドイッチをもってこの公園にくるのもおススメです。

本当に静かで、のんびりしていて。。。
景色もいいし。

や~。
心癒されました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


メインディッシュのバラ園へ!

入場料などはもちろんかかりません。


1344692636306.jpg
↑バラ園


1344692637685.jpg
↑黄色いバラ


看板のようなもを見ると、期間限定の様子。
時期によって、植えるものが違うのかな?


1344692639456.jpg
↑バラ園


園の中では、新婚さんが結婚式のドレスとタキシードを着て写真撮影をしていました。いいですねぇconfident


1344692641055.jpg
↑結構いろんな種類のバラがあります


1344692642604.jpg
↑道路の両側


おじさん、バラ園教えてくれてどうもありがとうヽ(´▽`)/


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


意外と時間があまったので、何かないかとローマのお土産探し。


結構あちこちに似たような土産物屋があります。ポストカードやキーホルダー、マグネットなどを売っているベタ系の土産物屋さんです(私はこういうのも結構好き)。


そうそう、そういえばflair

初めは特に気にしていなかったのですが、ギャグ土産にと「真実の口」のマグネットを一つ余分に買おうと思ったんですよ。なんだけど、中々売ってないんですよこれが。

街のマグネット売り場を見ても、全っ然かわいくない、変な顔の真実の口ならたまーに見かけるのですが、それですら数が少ない。

なんだろー。
人気で売り切れたのか、はたまた人気なくて売れないから仕入れない・作らないのか。。。真実の口はローマの定番でしょーっ!!!


と、いうわけで真実の口グッズが欲しい方は、真実の口がある教会併設のお土産屋さんで買うのがベストです。そこはもうほぼ95%真実の口グッズという、真実の口パラダイスですscissors


1344692988525.jpg
↑アコーディオンおじさん


まあ色々ありましたが、中々充実したローマ最終日でした。

今晩はフリーパスタ・パーティがあるので、それに出るため夕方には宿に戻ります♪

2012年7月18日 (水)

【イタリア】5日目・ハプニング発生

2012年6月9日土曜日(午前中たまに小雨・午後晴れ)


イタリア5日目の朝です。


今日でローマは最終日。
明日、フィレンツェに向けて旅立ちます。


今日は何をするか、特に予定はなし。

ローマ市内も、とりあえず行きたかったところは行けたし。お気に入りのナヴォーナ広場周辺をお散歩か、Dくんおススメのオルビエートへ小旅行か、はてさてどうするかなーと考えながらの朝食です。


1344692617430.jpg
↑朝食


今日の朝食は、昨日購入した生野菜!

日本のスーパーにも、サラダ用にカットされた袋入りの野菜って売ってますよね。あれです。いざお皿にあけてみると、かなりのボリューム!! これでまだ全体の3分の1あるかないかです。

ドレッシングは買わなかった(手ごろなものがなくて買えなかった)ので、代わりに買ったゴーダチーズをトッピング。チーズもたくさんあるので、中々豪華なサラダに♪


味は…
おいしかったー!

チーズうまし!
久々の生野菜もうましーっ!!


と、朝食も済んだところでサササっと明日の支度から。

荷物の確認と、明日の電車のチケットなどを確認していました(自宅からプリントアウトしてきたやつ)。こないだナポリに行ったときに電車には乗ったので、大体はつかめましたが、明日は荷物を背負っての移動ですからね。
 
 
 
 
 


………あれ。

 
 

………う………うん???
 
 
 


……もしかして…?
 
 
 


NOOOOOOOOOOOO!!!!!!

 
 
 

ないよーーーヾ(;□;)э!!!!!


チケットないーーーーーーーっっっcoldsweats02!!!!!!!

 
 

嘘だといってくれーーーー!!!!!!
 
 
 
 
 
ええ。
その後、すべての荷物をひっくりかえしたのですが、やはりフィレンツェ行きのチケットだけ見つかりませんでした。

自宅の机の上に必要書類をドカッとおいて、来るときそれをゴソっと持ってきたつもりだったのだけれど、なぜだかない。忘れたのかcrying!?


自宅の者へメールを送り、もしそれらしき書類があったら一報くださいと連絡し、私は私でどうにかならんかと、まずはインターネットを開く。

イタリア国鉄のHPを開いて、自分の購入したチケットを確認(履歴的な)!と思ったけど、会員登録してなくて見られずheart03

イタリア国鉄からの確認メールは届いていないかと、もう一度メールBOXをチェックするも、やっぱり届いておらず(エラーだったから)heart03


えー、もうどうしたらいいのと思ったその時、自宅のモノからのメールが。机のまわりを探しても、それらしきものは見当たらないとの事heart03。そんなーweep
 


仕方がないので、ローマ・テルミニ駅へ。
そこのインフォメーションセンターに聞くだけ聞いてみようと思ったのです。


こういう時、駅から近い宿っていいですね。もう先に言っちゃうと、このチケット事件以外も含め、この日は宿とテルミニ駅を5,6往復しました(;;;´Д`)。


【テルミニ駅・インフォメーションセンター着】


私:すみません、Eチケットの事で伺いたいことがあるのですが

駅員さんA:はい、なんでしょう

私:実は先日、インターネットでEチケットを購入したんです。しかしながら、その用紙を忘れてしまったのですが、こちらで予約の確認などはできないでしょうか。購入した電車の便名と座席はわかるのですが…あと一応身分証明のためのパスポートも持ってきました。

駅A:予約番号はわかりますか? 予約完了後、あなた宛に送られたメールに記載されています。

私:わかりません。予約完了画面は出たのですが、その時に「エラーでメールは送信されませんでした」と表示されたため、メールは受け取っていないのです。

駅A:それでしたら、あなたのアドレスにもう一度メールを送りましょう。アドレスを教えてください。


ほんとですかー!?
めっちゃ優しい~~~heart02heart02
どうにかなったーーーー(嬉)!!!!!


と、喜び勇んで宿へ帰り、メールチェックです(Wifiが宿でないと使えないため)。


ら……。

ちょっと駅員さーん!!!
確認メール着てはいるけど、これって【ローマ→フィレンツェ】じゃなくて、【フィレンツェ→ヴェネツィア】のやつじゃないですかぁ!!!!!


と、いうわけで再びテルミニ駅へ。

15分並んで、ようやくインフォメーションの係の人のもとへ到着(結構インフォメーション混んでます。そして長蛇の列だというのに、たまにスタッフが消えたりするもんだから、さらに待たされます)。

そして今度は恰幅のいいおばさま駅員が担当です。


私:かくかくしかじかで、先ほど私のアドレスにメールを送っていただいたのですが、違う日程のものがきていたのです。もう一度【ローマ→フィレンツェ】の確認メールを送ってくださいますか?

駅員さんB:それはできないわ。あなたIDは?

私:さっき別の方に事情を話したら、メールを送ってくれたのですが。それと、会員登録はしていないので、IDはないです(IDは必須ではない)。

駅B:私はメールは送れないの。それと、IDがないのならコンピューター上であなたの履歴を確認することはできないから、無理ね。新しくチケットを買うしかないわ。

私(心の声):えぇ!? さっきめっちゃ笑顔でメール送ってくれたのはなんだったの!!??

私:あ、でも先ほどはメール送っていただいたのですが…。便と座席番号で、予約者の名前なんかはわからないですか? そして、その人物と私が同一であると証明されれば、もう一度予約フォームのようなものは受け取れないですか?

駅B:何を言ってもこちらではメールは送れません。チケット買ってください。はい、次の人!!!
 
 
 
 
うそぉぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉsaddash


やーもう。
でも仕方ないのかなぁ…。


チケット、買ってなかったのかなぁ。
でも買わなきゃ自分の座席なんてわかんないしなぁ。。。。

あーーーー。゜゜(´□`。)°゜。


恐る恐る、フィレンツェ行のチケットを検索。

特急券。
2等席で約60ユーロ!

たっかっ!!!!


もうこれは本当に無理なので、各駅停車的なものを探すと、17ユーロのものを発見!

片道4時間…長いな。
でももう選択の余地はなく、購入。

17ユーロならまだ許せる額かぁ。。。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


と、いうわけで。

忘れ物はしないというのが1番なのですが、Eチケットを買うさいは予約番号を必ず控えておいてください(皆多分そうしていると思いますが)。


また、イタリア国鉄のHPでチケットを買う際、必ずしもID登録をする必要はないのですが、ここで登録をしておくと、その人が過去に購入したチケットの履歴が見られます。それを確認することで、今回のようなケースに陥ったとしても再び発行してもらうことができるそう(駅員によって言う事や態度が違う場合があったので、必ずとは言えませんが)。


です。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
 
 
 
ちょっとショックを受けながら、チケットを手にし、気付けばもうすぐお昼。


そっか、お昼かぁ。
じゃ、気になってたサンドイッチでも食べてやるぅ!!と、駅の地下にあるスーパーへ!

行く前に、本屋さんへ寄り道。


もともと本屋さん好きなのですが、海外の本屋さんも大好き!

本の装丁が日本と異なって、ハードカバーが多いし、カラフルなものやシックなものなど、わくわくするような本が沢山あります。読めなくても、見ているだけでも楽しい。

最近はMANGAコーナーもありますから、日本で人気のあるマンガがその国ではどんな感じで売られているかを見るのも楽しいですよ。


ローマ・テルミニ駅の本屋さんは3階建て。
ローマやイタリアに関する本、観光客向けの本から、一般向けの本や、マニアックな本、画集などアート系の本もあれば、子供用の本も充実。

日本語で書かれた本も、少しだけありました。

私も、ここでじゃなくていいんだけど、何か1冊イタリア語の本買いたいなぁ。


と、3階に上がって変な本を発見。


1344692619053.jpg
↑マフィアの本


なんだこれ(笑)。

マフィアの本って。
しかも日本語ヽ(*≧ε≦*)φ


なんでしょう。
「日本のヤクザ≒イタリアのマフィア」ってかんじなのかな。


 
そしてその後は、例のスーパーへ!

なぜだかめっちゃ安かったチョコプリン(50円くらい)と、おいしそうだったサラミのサンドイッチ(フランスパンみたいなのに挟まってる)を購入!


(また)宿に戻って昼食後は、気を取り直してローマ最後の1日を楽しんできます♪

2012年7月12日 (木)

【イタリア】4日目・初めてのフリーパスタパーティ

イタリア4日目にして、初めてのフリーパスタパーティです。


私が泊まっている宿、アレっサンドロ・ダウンタウンは、週に何度かこのフリーパスタパーティがあります。以前はピザもあったようだけど、今はパスタのみ。

開始時間が決まっていて、参加したい人は朝ロビーで名前を書いておきます。


パーティと言っても、宿のスタッフが大きな鍋でパスタを作り、それを配って各々が勝手に食べるという感じ。あんまりパーティという感じはしないかな(^-^;。おかわりは自由です。


ここ数日は、パーティの時間に間に合わなかったり、はたまたパーティ開催日ではなかったりで、本日が初のパーティ参加でした。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


まあとりあえず食堂に向かいまして…
パスタ(ペンネのアラビアータ・1週間滞在しましたが、メニューはいつも同じ)を食べていた時の事。

日本人の男の子(Dくん)に声をかけられました。

1か月前から、世界1周旅行にでかけているらしい。ベトナム→タイ→インド→エジプトとまわって、イタリアに来たようです。イタリアはローマとその周辺の小さな町に行くのみで、すぐにフランスへ行くそう。3か月で世界をまわってくると話していました。


先日のMさんなどもそうですけど、一人旅の道中のこうした出会いっていいですね。やっぱり会話するのって楽しいなぁと思います。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


それでそれで。
Dくんとの話がかなり盛り上がっていた時のこと。

同じテーブルに一人で座っていた女の子が、私たちに話しかけてきました。スペイン語?で満面の笑みで「○▽★×Дш~~~sign03」。


ヾ(.;.;゚Д゚)ノ!?


え?
いやちょっy…!?


「Sorry,but we don’t understand Spanish.」


「ш●☆ИЮфΘ◆◎△~~~~!!!!!!!!」


私:あ…うん(汗)!?

Dくん:何言ってんだろ?


「◎○☆о×рШ¶*~~!!!!」


「Can you speak English!?」


「×△■★*∥□ВЙ~~~(笑)!!!」


なんていうか…・

もうダメでした(笑)。

私もDくんも相当困った顔をしながら、なんとかかんとか英語で意思疎通を図ろうとするも、全く通じず。と、いうか彼女はこちらの話を聞く気はなく、ひたすら何かを話しています。笑っています。


無視するわけにもいかんし、はてどうしたものかと思っていると彼女は去っていきました。「ホッ」としたのもつかの間、また戻ってきては謎の会話がスタートcoldsweats02。もうどうしたらいいのか。。。


「日本人って、日本語が通じないってわかれば日本語で話そうとしないし、英語でもうまく通じなければ、会話するの諦めちゃう場合多いよね。相手がこんなに困ってるにも関わらず、しかも話せないって言ってるにも関わらず、共通語でもないスペイン語でひたすら話し通そうとするのって、すごいね」と、Dくん。


確かにね(笑)。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


その後女の子が去った後も、おしゃべり。

Dくんは翌日オルビエートへ行くとのことでしたので、解散。


よくわからん絡みもありましたが(笑)、今日も1日充実していました。

2012年7月 4日 (水)

【イタリア】4日目・ローマ市内観光その2

2012年6月8日金曜日(晴・暑)


イタリアはローマ4日目。
今日は、残りの市内観光の予定です。


昨日カプリ島遠征したので、今日は少し寝坊。
9時頃起きて、朝ごはん(桃)を食べ、支度をして準備OK。


同室の欧米人たちは、朝遅いですねー。
今までなんどかドミに泊まったことがありますが、大体アジアンは早起き、欧米は遅起きな印象。その分アジアンは早寝、欧米は夜遊び歩いて部屋にいないことが多かったです。

ま、楽しみかたは人それぞれですからね。
私も一人じゃなかったら、夜の街も少しくらい出歩いてみたいのだけれど…。


宿・アレッサンドロ・ダウンタウンはダイニングスペースを自由に使えます。

朝食を注文している人も、ここで食べるのですが、そうでない人も空いている席を自由に使用可能。自前朝食だからといって、アウェーな雰囲気もありません。

キッチンはレンジ、お湯、冷蔵庫、皿のみ使用可能。残念ながら火は使えないので、調理はできません。


1344524605644.jpg
↑宿の外


5?6?階。
この辺のアパートに住んでる気分。


1344524607262.jpg
↑部屋


今まで泊まったドミのなかで、1番の部屋です。

私の部屋(予約の都合上2部屋泊まった)は二段ベッド×4の8人部屋。一人一つロッカーが与えられ(錠前はもちろん自前)、鏡と机が置いてあります。そして何よりも部屋が広い! 天井が高い!!  ドミ特有の狭苦しさ、圧迫感は一切ありませんでした。本当に快適だった!!

ちなみに、洗面所兼トイレ兼シャワールームは、各フロアに男女別で1か所。でもそこそこ数もあったし、汚くないし、問題なしです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


それでは、まずはバチカンに向けてしゅっぱーつ♪


バチカン市国は、宿のあるテルミニ駅近くからは、ローマ市内でいうと一番遠いところにあります。ので、まずはテルミニ駅からバスにのって、バチカン近くまで行くことに。そのまま観光がてら、歩きで帰る予定です。


バスは64番のバス。
乗り換えなしで、バチカンまで行けます。

ただ、一つ注意なのは下車するバス停の名前。

私はてっきり終点のSt.ピエトロがピエトロ広場の下車バス停なのかと思っていたのですが、ここは駅の名前でしたcoldsweats01

バチカンに行くためのバス停は、Porta Cavalleggeriです。お間違いないように。


ただし、万が一Porta~を通り過ぎてしまっても大丈夫。終点で一度降り、また同じバスに乗れば、今度は逆方向でテルミニ駅に向かいますので、先ほどのPorta~のバス停にももう一度停まります。


1344524620653.jpg
↑バス内部

始発からなので、座れました。
チケットの日付刻印を忘れずに。バスの中の機会に通して、日付を印刷します。これを忘れると、チケットをもっていても罰金。


一応…
チェックする係の人が抜き打ちで乗り込んでこない限り、極端に言えばチケットを持っていなくても乗ることができます(タダ乗り)。しかもMさん情報では、日本人はまじめなのでチェックの際もチケット見せろと言われないことが多いとのこと。

確かにラッキーな場合もあるけど、もし万が一を考えると罰金の金額も高いので、まじめにチケットを買った方がいいのかな…? 


1344524607854.jpg
↑バチカン市国

ここがバチカンかぁ~という印象。
って、おとといMさんと来ているのですが(笑)。

先日は広場だけだったので、内部に入るのは初めてです。


1344524608775.jpg
↑バチカン広場


ちなみに、バチカン内部に入るにはノースリーブはNG。また、下品な言葉がプリントしてある、おふざけTシャツなどもNGです。


そういえば、もひとつここでMさん情報。

バチカンを目の前にして、向かって右手に、水道があります。ローマ市内でよく見かける、水流しっぱなしの水道です。Mさんのだんなさんいわく、このバチカン右手にある水道の湧水がローマで1番おいしいのだとか!


また、この湧水のある水道からバチカンに向かって奥へ進んでいくと、お手洗いがあります(土産物やの先)。ここのトイレは比較的どの時間帯でも空いている印象でした。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


続いて、歩いてナヴォーナ広場へ。

こちらも先日1度来たのですが、再度向かいます。カラバッジョの絵がある教会もあるので、そちらも見に行きたい。

1344524610731.jpg
↑ナヴォーナ広場への小道


この、ナヴォーナ広場周辺。
細い小道が沢山入り組んでいて、まるで迷路のよう。

でも、その一つ一つが趣があって、雰囲気があって。少し時間をとって、このあたりをうろうろするのもおススメです。

私はローマで、このあたりが1番好きかもしれないですlovely


1344524611999.jpg
↑雰囲気のある建物


1344524612665.jpg
↑ラクガキ

なんだこのシュールな落書き(笑)。


1344524613385.jpg
↑狭い路地には、カフェなんかもあちこちにあります


1344524614235.jpg
↑ナヴォーナ広場には、レストランも


1344524615127.jpg
↑ナヴォーナ広場


この広場、絵を売っている方が沢山いました。

油絵、水彩画、プリント? ヨーロッパ的な絵画を売っている人がたくさん。その場で書いている人たちもいました。なぜこの広場に絵画系の人たちがたくさん集まっているのかは、不明ですが、1つ1つ見て回るのもおもしろいです。


1344524615946.jpg
↑噴水も見事

1344524616668.jpg
↑観光客もたくさん


そして。
ナヴォーナ広場といえば、パンテオンがすぐそこ!

先日Mさんと行った、あのコーヒー屋さんにもう一度行ってみました。初めての1人バールで注文。


1344524617481.jpg
↑コーヒーやさん


1344524618423.jpg
↑中もいい感じ


バールという、日本のカフェのような感じ。
お店にもよりますが、飲み物がメインです。

場所によって、軽食が合ったり、スイカが売っていたり、ジェラートもおいていたり。


あと、カウンター席とテーブル席というのがありまして。

立ち飲みだと普通の値段。座って飲むと+○ユーロと、ちょっと割高になります。注文したコーヒーをササッと飲んで立ち去るのがローマ流なんだとか。

もちろん、ゆっくりお茶してしゃべるようなカフェもあります。


1344524619221.jpg
↑今日はカプチーノを注文confident


1344524619936.jpg
↑パンテオンの近くなので、観光客も


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


コーヒーを飲んで、カラヴァッジョの絵がある教会・サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会を目指します。


地球の歩き方によると、開いている時間が10~12時半、16~19時と表記されていました。この教会に合わせて1日行動していたわけではなかったので、ちょうどこのお昼の長い休みにあたってしまって…bearing。仕方ない、4時まで待つかーと、ひとまず教会前に向かったのが3時ころ。

なんと、開いていたのですflair


ラッキーbleah
そのまま中へ。


カラヴァッジョの絵は、入って左の奥にあります。思っていたよりも大きいサイズ。圧巻です。

教会内部は全体的に暗いため、絵もよく見えません。ですが、何分かに一度下からライトで照らされます。それがねらい目! 幻想的でした。


教会なので、料金は無料。
入口近くに、カラヴァッジョの絵のポストカードやポスターなどが売っている売店があります。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


観光後、駅のショッピング街を散策。

ショッピングというほど、というか日本の駅ビルほどいろんなお店がガッシリ詰まっているわけではありませんが(^-^;。お土産やさんとか、洋服や雑貨店、本屋さんなど見どころ色々。


続いて、少し時間があったので三越ローマ店へ。

別に何の目的があってというわけではないのですが、どんな感じなのかしら?と思って。

ビルの1階と地下1階?かな。思っていたよりも狭いです。店内は日本の三越というよりも、ツアーなどで連れて行かれるお土産屋さんといった感じ。ブランドショップの小さいブースがずらずらと並んでいます。

そしてやっぱり日本からの団体ツアーの皆様が、お買いものをしていました。当然ですが、日本人スタッフだらけで日本語OKです。イタリア人スタッフの方たちでさえ、日本語で話していました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


最後にスーパーへ。

最近生野菜というか、野菜の摂取量が少なくて、どうにもこうにも野菜が食べたい!


と、いうわけでカット野菜を購入。なんかのキャンペーンで中身増量パックです(笑)。小さいドレッシングないかしらと思って探したのですが、普通の大きさのドレッシングが3種類あるのみ…。イタリア人て、サラダに何かけて食べてるんだろう?

さすがにこんなにドレッシングはいらないので……考えた挙句、スライスチーズ(ゴーダ)を購入。これをちぎって乗せて食べてみます。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

カテゴリー

日本時間

  • 日本時間
無料ブログはココログ